ブリッツ@映画の森てんこ森
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集映画ゲーム思い出映画
| 映画レヴュー10000字超 | 映画解説タイトル一覧表 | 幸のカレンダー | ぼろくそパパの独り言 | livedoorブログ | 旅行の森てんこ森 |
| ブロードバンドB版 | 恭子の動画映像ブログ | 恭子の「YouTube」 | サイト内検索 |

 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー
ブリッツ (2011)
BLITZ
※クリックでYouTube『ブリッツ BLITZ』予告編へ
※予告編はYouTube「リンク」モードで掲載。Trailer Courtesy of UpcomingSilverScreen
(C) 2010 Blitz Films Limited. All rights reserved.
| 「目次」Topページ | 「B版」Topページ | 本ページ更新 | 本ページ最終更新 |
【 目次 】
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』映画データ
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の解説
 ネタバレが含まれている場合があります。
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』のディテイル&トリビア
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』のスタッフとキャスト
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』のあらすじ・ストーリー
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。
 ※ご注意:映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の評論×感想
映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』予告編や関連映像映画『 ブリッツ 』の予告編や関連映像を観る→
映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』ビデオ動画映像映画『 ブリッツ 』の色々なビデオ映像を観る→
映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』写真・スチル画像映画『 ブリッツ 』の色々な写真やスチルを観る→
映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』ポスター画像映画『 ブリッツ 』の色々なポスターを観る→
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の更新記録

映画『 ブリッツ 』あらすじ・ストーリーのネタバレ/結末まで完全ネタバレ

by ネタバレンタイン犬@映画の森てんこ森 映画『ブリッツ』のネタバレ⇒別ファイル「ブリッツのネタバレ」へ
★2011年10月15日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー


>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』映画データ
ブリッツ
映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』ポスター
Links:  Official Web Site(日本語)
Official Web Site(英語)
Trailers:  日本語予告編
海外予告編
IMDb予告編
Poster Courtesy of IMDb
■邦題:ブリッツ
■英語題・原題:BLITZ
■メディア:映画/カラー
■上映時間:97 分
■製作国:イギリス
■言語:英語
■制作会社:Blitz Films(ブリッツ・フィルムズ)、Lionsgate(ライオンズゲート)
■製作年:2011年
■製作費:N/A(推定)
■興行収入:イギリス国内=N/A
■海外興行収入: N/A
■全世界興行収入: N/A ※2011年9月22日調査現在
■イギリス公開年月:2011年5月20日全英公開
■日本公開年月:2011年10月15日全国公開
■日本配給情報:劇場公開(ショウゲート)
■ジャンル:犯罪/サスペンス
■映倫:PG12
■公式サイト(日本)
 『ブリッツ
 http://blitz-movie.jp/
■公式サイト(英語版)
 『BLITZ
 http://www.blitzmovie.co.uk/
■IMDb情報
 『BLITZ
 http://www.imdb.com/title/tt1297919/
■キャッチコピー:
 この刑事、凶暴。ゆえに天職。
 相手は英国史上最凶の愉快犯!
 全てを知ったとき、刑事は一線を越える――。
■劇場公開情報:2011年10月15日(土)
 2011年10月15日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー

※旧作の映画は公式サイトや予告編は閉鎖・削除される場合がありますのでご了承ください。
編集:小沢栄三 
© Images copyright their respective owners; usually the distributor of the above titled movie unless otherwise noted.
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』解説
【映画『ブリッツ』解説】#01
 「BLITZ(ブリッツ)」とは……
 (動)急襲する (名)(ドイツ軍による1940〜41年の)ロンドン大空襲「電撃戦」。

 2002年『 トランスポーター 』、2005年『 トランスポーター2 』そして2009年『トランスポーター3』、『アドレナリン2』、2010年『エクスペンダブルズ』、そして2011年『 メカニック 』。
 スタントなしのアクションと英国なまりのハスキーボイスが特徴で、悪人、変人、クールな殺し屋等、なんでも演じる。
 現存するアクション俳優の中では人気No.1且つ唯一無二の存在――それがジェイソン・ステイサム。


【映画『ブリッツ』解説】#02
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』では、ロンドン市警に勤務する荒くれ刑事ブラントを演じるのは、ジェイソン・ステイサム(『 エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』『 SAFE/セイフ (2012) SAFE 』『 キラー・エリート (2011) KILLER ELITE 』『 ブリッツ (2011) BLITZ 』『 メカニック (2011) THE MECHANIC 』『 トランスポーター2 (2005) LE TRANSPORTEUR 2 / THE TRANSPORTER 2 』『 セルラー (2004) CELLULAR 』 『 コラテラル (2004) COLLATERAL 』『 トランスポーター (2002) LE TRANSPORTEUR / THE TRANSPORTER 』『 ザ・ワン (2001) THE ONE 』)。
 ポーター・ナッシュ巡査部長には、『 ボーン・アルティメイタム (2007) THE BOURNE ULTIMATUM 』 『 シンデレラマン (2005) CINDERELLA MAN 』『 イン・アメリカ/三つの小さな願いごと (2002) IN AMERICA 』のパディ・コンシダイン。
 警察官連続殺人犯ブリッツことバリー・ワイスを演じるのは、『 12 ラウンド (2009) 』『 THE WIRE/ザ・ワイヤー(TVシリーズ) 』『 シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』のアイダン・ギレン。
 ジェームズ・ロバーツ警部には、『 ブーリン家の姉妹 (2008) 』『 インティマシー/親密 (2000) 』のマーク・ライランス。
 ブラウン警視には、『 シリアナ (2005) SYRIANA 』のニッキー・ヘンソン。
 クレイグ・ストークス警部補には、『 ワイルド・スピード EURO MISSION (2013) FAST & FURIOUS 6 』『 推理作家ポー 最期の5日間 (2012) THE RAVEN 』『 インモータルズ -神々の戦い- (2011) IMMORTALS 』『 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』『 ブリッツ (2011) BLITZ 』『 タイタンの戦い (2010) CLASH OF THE TITANS 』のルーク・エヴァンス。
 そしてエリザベス・フォールズ女警官には、イギリスのTVシリーズ『 SHERLOCK(シャーロック)(2010) SHERLOCK 』『 MOBILE モバイル (2007) MOBILE』等で活躍のザウエ・アシュトン。


【映画『ブリッツ』解説】#03
 監督は、エリオット・レスター。原作に『 ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD- (2010) LONDON BOULEVARD 』のケン・ブルーエン。脚本は、『 月に囚われた男 (2009) 』のネイサン・パーカー。
 製作プロデューサーは、本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』はじめ、『 キラー・エリート (2011) KILLER ELITE 』『 トランスポーター3 アンリミテッド (2008) 』『 トランスポーター2 (2005) LE TRANSPORTEUR 2 / THE TRANSPORTER 2 』『 ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG 』『 トランスポーター (2002) LE TRANSPORTEUR / THE TRANSPORTER 』『 ザ・ワン (2001) THE ONE 』『 キス・オブ・ザ・ドラゴン (2001) KISS OF THE DRAGON 』のスティーヴ・チャスマン、『 アメリカン・ホーンティング (2006) 』『 ベッカムに恋して (2002) BEND IT LIKE BECKHAM 』『 スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする (2002) SPIDER 』のジギー・カマサ、『 エヴァンジェリスタ (2004) BLESSED / SAMANTHA'S CHILD 』『 モンスター (2003) MONSTER 』のドナルド・カシュナーとブラッド・ワイマン。
 音楽は、『 ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 (2011) JOHNNY ENGLISH REBORN 』『 キック・アス (2010) KICK-ASS 』『 ヴィクトリア女王 世紀の愛 (2009) THE YOUNG VICTORIA 』『 スターダスト (2007) 』『 レイヤー・ケーキ (2004) LAYER CAKE 』のアイラン・エシュケリ。
 撮影は、『 おじいさんと草原の小学校 (2010) 』『 BOY A (2007) 』のロブ・ハーディ。
 編集は、『 バンク・ジョブ (2008) 』『 テラビシアにかける橋 (2007) 』『 世界最速のインディアン (2005) 』のジョン・ギルバート。
 視覚効果監修スーパーバイザーは、『 アンノウン (2011) UNKNOWN 』『 キック・アス (2010) KICK-ASS 』『 ファンタスティック Mr.FOX (2009) FANTASTIC MR. FOX 』『 ボーン・アルティメイタム (2007) THE BOURNE ULTIMATUM 』『 サイレントノイズ (2005) WHITE NOISE 』『 チャイルド・プレイ/チャッキーの種 (2004) SEED OF CHUCKY 』のトム・コリアー。そして、エグゼクティヴ・スーパーバイザーは、『 アンノウン (2011) UNKNOWN 』『 天使と悪魔 (2009) ANGELS & DEMONS 』『 ファンタスティック Mr.FOX (2009) FANTASTIC MR. FOX 』『 ダ・ヴィンチ・コード (2006) THE DA VINCI CODE 』『 ファイヤーウォール (2006) FIREWALL 』『 バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』『 ヴェニスの商人 (2004) THE MERCHANT OF VENICE 』『 ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方 (2004) THE LIFE AND DEATH OF PETER SELLERS 』『 エヴァンジェリスタ (2004) BLESSED / SAMANTHA'S CHILD 』のショーン・ファロー。


【映画『ブリッツ』解説】#04
 アクション映画の王道を行くジェイソン・ステイサムが、母国英国を舞台に新たなる挑戦をした最新作が映画『ブリッツ』。ロンドン市警に勤務する荒くれ刑事ブラントを演じる。
 曲がったことは大嫌いで、組織や法ではなく、あくまで自分のルールに従うが、その情熱のあまり犯罪者に対して過度な制裁を加えてしまうことも数多いハードボイルドな男だ。

 ある日、警官ばかりを狙った連続殺人事件が発生するが、犯人の最後の目的はブラントだった…。
 荒くれ刑事が英国史上最凶の愉快犯を相手に英国ロンドン市内を駆けまわる、クライムサスペンスの新たな傑作が誕生した。

 この刑事、凶暴。ゆえに天職。
 相手は英国史上最凶の愉快犯!
 全てを知ったとき、刑事は一線を越える――。


※参考資料:『ブリッツ』EPK、公式サイト『ブリッツ』、『ブリッツ BLITZ』-Wikipedia

Text編集:安藤奈津

| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲予告編 | ▲目次 |
■映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』のディテイル&トリビア
ネタバレご注意:以下の『 ブリッツ (2011) BLITZ 』のディテイル&トリビアにはネタバレが含まれている場合があります。映画『ブリッツ』をまだご覧になっていない方はご注意ください。
 Warning!Trivia items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#01
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の監督は、エリオット・レスター Elliott Lester である。エリオット・レスターのフィルモグラフィーを見ると、この映画の森てんこ森では、本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』 で、エリオット・レスター監督を初めて紹介することになる。また原作は、『 ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD- (2010) LONDON BOULEVARD 』のケン・ブルーエンである。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#02
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、脚本を担当するネイサン・パーカー Nathan Parker のフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 脚本
『 月に囚われた男 (2009) 』 脚本
等の映画作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#03
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、製作プロデューサーのスティーヴ・チャスマン Steve Chasman 、又はスティーヴン・チャスマン Steven Chasman のフィルモグラフィーを見ると、
キラー・エリート (2011) KILLER ELITE 』 製作
ブリッツ (2011) BLITZ 』 製作
『 トランスポーター3 アンリミテッド (2008) 』 製作
『 バンク・ジョブ (2008) 』 製作
『 ローグ アサシン (2007) 』 製作
『 DOA/デッド・オア・アライブ (2006) 』 製作総指揮
トランスポーター2 (2005) LE TRANSPORTEUR 2 / THE TRANSPORTER 2 』 製作
ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG 』 製作
トランスポーター (2002) LE TRANSPORTEUR / THE TRANSPORTER 』 製作
『 インビンシブル (2001)<TVM> 』 製作
ザ・ワン (2001) THE ONE 』 製作
キス・オブ・ザ・ドラゴン (2001) KISS OF THE DRAGON 』 製作
等の映画・TV作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#04
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、製作プロデューサーのジギー・カマサ Zygi Kamasa のフィルモグラフィーを見ると、
砂漠でサーモン・フィッシング (2011) SALMON FISHING IN THE YEMEN 』 製作総指揮
ブリッツ (2011) BLITZ 』 製作
『 ゴースト・ライト (2006) 』 製作総指揮
『 アメリカン・ホーンティング (2006) 』 製作総指揮
『 マッド・カンニバル (2004) 』 製作総指揮
ベッカムに恋して (2002) BEND IT LIKE BECKHAM 』 製作総指揮
スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする (2002) SPIDER 』 製作総指揮
等の映画作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#05
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、製作プロデューサーのドナルド・カシュナー Donald Kushner のフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 製作
『 ファイナル・ミッション (2008) 』 製作総指揮
『 弾突 DANTOTSU (2008) 』 製作総指揮
『 パンプキンヘッド 禁断の血婚 (2007)<OV> 』 製作総指揮
『 LOOK (2007) 』 製作総指揮
『 ジャン=クロード・ヴァン・ダム ザ・ディフェンダー (2006) 』 製作
『 ウェズリー・スナイプス ハード・ラック (2006)<OV> 』 製作
『 パンプキンヘッド 復讐の謝肉祭 (2006) 』 製作
『 デトネーター (2006) 』 製作
『 ジャン=クロード・ヴァン・ダム ザ・コマンダー (2005) 』 製作
『 7セカンズ (2005) 』 製作総指揮
『 ザ・マークスマン (2005) 』 製作
『 パペットマスターと悪魔のオモチャ工場 (2004)<TVM> 』 製作総指揮
エヴァンジェリスタ (2004) BLESSED / SAMANTHA'S CHILD 』 製作
モンスター (2003) MONSTER 』 製作
『 ザ・ウルフ (2001)<TVM> 』 製作総指揮
『 サラ・ミシェル・ゲラーの ハーバード アクシデント (2001) 』 製作総指揮
『 ブラッダ (2000)<TVM> 』 製作総指揮
『 フランシスヴィル・エクスペリメント (2000) 』 製作総指揮
『 ドラキュラ・イン・ブラッド 血塗られた運命 (2000)<TVM> 』 製作総指揮
『 ヴァージン・ハンド (2000) 』 製作総指揮
『 ガールズ・ガールズ (1999) 』 製作総指揮
『 Go!Go!チアーズ (1999) 』 製作総指揮
『 スーザンズ・プラン 殺せないダーリン (1998) 』 製作総指揮
『 ベオウルフ (1998) 』 製作
『 ボーン・ダディ (1998) 』 製作総指揮
『 ピノキオ (1996) 』 製作総指揮
『 ママが軍服にきがえたら (1989)<TVM> 』 製作総指揮
『 リトル・トースター (1988) 』 製作総指揮
『 トロン (1982) 』 脚本
などの映画・TV作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#06
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、製作プロデューサーのブラッド・ワイマン Brad Wyman のフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 製作
『 LOOK (2010)<TV> 』 製作総指揮
『 LOOK (2007) 』 製作
『 ウェズリー・スナイプス ハード・ラック (2006)<OV> 』 製作
エヴァンジェリスタ (2004) BLESSED / SAMANTHA'S CHILD 』 製作
モンスター (2003) MONSTER 』 製作
『 ヤング・シャーロック・ホームズ 〜対決!モリアーティ教授〜 (2002)<TVM> 』 製作総指揮
『 ガールズ・ガールズ (1999) 』 製作
『 スーザンズ・プラン 殺せないダーリン (1998) 』 製作
『 連鎖犯罪/逃げられない女 (1996) 』 製作
『 ファイヤーワークス (1996) 』 製作
『 トゥリーズ・ラウンジ (1996) 』 製作
『 バーブ・ワイヤー/ブロンド美女戦記 (1996) 』 製作
『 ザ・チェイス (1994) 』 製作
『 スキナー (1993) 』 製作
『 12人のイカれた男たち (1991) 』 製作
『 沈黙のリベンジ (1990) 』 製作
『 ホワイト・アイズ/隠れた狂気 (1986) 』 製作
等の映画・TV作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#07
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、製作総指揮を務めるアルウィン・カシュナー Alwyn Kushner 、又はアルウィン・ハイト・カシュナー Alwyn Hight Kushner のフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 製作総指揮
『 弾突 DANTOTSU (2008) 』 製作
などの映画作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#08
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、音楽を担当するアイラン・エシュケリ Ilan Eshkeri のフィルモグラフィーを見ると、
ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 (2011) JOHNNY ENGLISH REBORN
ブリッツ (2011) BLITZ
『 センチュリオン (2010) 』
キック・アス (2010) KICK-ASS
『 ニンジャ・アサシン (2009)
ヴィクトリア女王 世紀の愛 (2009) THE YOUNG VICTORIA
『 バイオレンス・ブリット (2007) 』
『 スターダスト (2007) 』
『 ハンニバル・ライジング (2007) 』
『 ニーベルングの指環 (2004)<TVM> 』
レイヤー・ケーキ (2004) LAYER CAKE
等の映画・TV作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#09
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、撮影を担当しているロブ・ハーディ Rob Hardy のフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ
『 おじいさんと草原の小学校 (2010) 』
『 レッド・ライディング I :1974 (2009) 』
『 BOY A (2007) 』
等の映画作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#10
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、編集を担当するジョン・ギルバート John Gilbert のフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ
『 アメリカン・パイ in ハレンチ教科書 (2009)<OV> 』
『 バンク・ジョブ (2008) 』
『 テラビシアにかける橋 (2007) 』
『 世界最速のインディアン (2005) 』
等の映画作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#11
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、衣装デザインを担当するスージー・ハーマン Suzie Harman のフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ
『 ロックンローラ (2008) 』
等の映画作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#12
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の視覚効果監修で、スーパーバイザーを務めるトム・コリアー Tom Collier のフィルモグラフィーを見ると、2011年9月22日現在までに視覚効果関連で、39タイトルの諸作業を担当しているが、日本で紹介されている作品を、所属団体・担当部署とともに掻い摘んで羅列すると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 (visual effects supervisor)
アンノウン (2011) UNKNOWN 』 (sequence supervisor: LipSync Post)
『 おじいさんと草原の小学校 (2010) 』
キック・アス (2010) KICK-ASS 』 (visual effects supervisor: LipSync Post)
ファンタスティック Mr.FOX (2009) FANTASTIC MR. FOX 』(visual effects supervisor: Lip Sync Post)
『 スリラー<未> (2008) KNIFE EDGE 』 (digital compositor)
『 ムーンプリンセス 秘密の館とまぼろしの白馬<未> (2008) THE SECRET OF MOONACRE / LE SECRET DE MOONACRE[仏] 』 (visual effects supervisor: LipSync Post)
『 フラッシュバック<未> (2008) FLASHBACKS OF A FOOL 』 (digital compositor)
『 ブロークン (2008) THE BROKEN / THE BRφKEN 』 (visual effects supervisor)
『 スターダスト (2007) STARDUST 』 (digital compositor: LipSync Post)
ボーン・アルティメイタム (2007) THE BOURNE ULTIMATUM 』 (digital compositor: LipSync Post - uncredited)
『 1408号室 (2007) 1408 』 (digital compositor: LipSync Post)
『 28週後... (2007) 28 WEEKS LATER 』 (digital compositor: LipSync Post)
『 ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン! (2007) HOT FUZZ 』 (lead compositor: LipSync Post)
『 ハイランダー ネクスト<未> (2007) HIGHLANDER: THE SOURCE 』 (lead compositor)
『 アメリカン・ホーンティング (2006) AN AMERICAN HAUNTING 』 (digital compositor)
サイレントノイズ (2005) WHITE NOISE 』 (digital compositor)
チャイルド・プレイ/チャッキーの種 (2004) SEED OF CHUCKY 』 (lead compositor)
『 天国へのシュート<未> (2004) IN ORANJE 』 (digital compositor)
等の映画作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#13
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の視覚効果監修で、エグゼクティヴ・スーパーバイザーを務めるショーン・ファロー Sean Farrow 、又はショーン・H・ファロー Sean H. Farrow のフィルモグラフィーを見ると、2011年9月22日現在までに視覚効果関連で、52タイトルの諸作業を担当しているが、日本で紹介されている作品を、所属団体・担当部署とともに掻い摘んで羅列すると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 (executive visual effects supervisor)
アンノウン (2011) UNKNOWN 』 (executive visual effects supervisor: LipSync Post)
『 おじいさんと草原の小学校 (2010) THE FIRST GRADER 』 (visual effects supervisor)
天使と悪魔 (2009) ANGELS & DEMONS 』 (digital effects artist)
ファンタスティック Mr.FOX (2009) FANTASTIC MR. FOX 』 (visual effects supervisor: Lip Sync Post)
『 スリラー<未> (2008) KNIFE EDGE 』 (digital compositor)
『 ムーンプリンセス 秘密の館とまぼろしの白馬<未> (2008) THE SECRET OF MOONACRE / LE SECRET DE MOONACRE[仏] 』 (visual effects supervisor)
『 1408号室 (2007) 1408 』 (visual effects supervisor)
ダ・ヴィンチ・コード (2006) THE DA VINCI CODE 』 (digital artist: The Senate VFX)
ファイヤーウォール (2006) FIREWALL 』 (visual effects supervisor: The Senate Visual Effects)
バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』 (visual effects supervisor: The Senate VFX)
ヴェニスの商人 (2004) THE MERCHANT OF VENICE 』 (visual effects supervisor)
ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方 (2004) THE LIFE AND DEATH OF PETER SELLERS 』 (digital artist, senior visual effects compositor)
エヴァンジェリスタ (2004) BLESSED / SAMANTHA'S CHILD 』 (digital artist)
等の映画作品がある。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#14 ネタバレ
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、トム・ブラント部長刑事を演じるジェイソン・ステイサム Jason Statham は、1972/09/12生まれ、イギリス・ロンドン出身。ジェイソン・ステイサムは元イギリス代表の水泳の飛び込み選手。引退してからファッション・モデルなどを経て、1988年ガイ・リッチー監督作「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」で映画デビュー。続いてガイ・リッチー監督の「スナッチ」に出演して、2002年の『 トランスポーター (2002) LE TRANSPORTEUR / THE TRANSPORTER 』主役フランク・マーティンを演じ一躍人気アクション俳優になる。ジェイソン・ステイサムのフィルモグラフィーを見ると、
エクスペンダブルズ2 (2012) THE EXPENDABLES 2 』 リー・クリスマス
SAFE/セイフ (2012) SAFE 』 ルーク・ライト
キラー・エリート (2011)KILLER ELITE 』 ダニー・ブライス
ブリッツ (2011)BLITZ 』 トム・ブラント部長刑事
メカニック (2011)THE MECHANIC 』 アーサー・ビショップ
『 ロシアン・ルーレット (2010)』 ジャスパー・バッジェス
エクスペンダブルズ (2010) THE EXPENDABLES 』 リー・クリスマス
『 アドレナリン:ハイ・ボルテージ (2009)』 シェブ・チェリオス 
『 トランスポーター3 アンリミテッド (2008) 』 フランク・マーティン
『 デス・レース (2008) 』 ジェンセン・エイムズ
『 バンク・ジョブ (2008) 』 テリー・レザー
『 デス・リベンジ (2007) 』
『 ローグ アサシン (2007) 』 ジョン・クロフォード
『 アドレナリン (2006) 』 シェブ・チェリオス
ピンクパンサー (2006) THE PINK PANTHER
『 エクスタシー (2005) 』
『 リボルバー (2005) 』 ジェイク・グリーン
『 カオス (2005) 』 クエンティン・コナーズ
トランスポーター2 (2005) LE TRANSPORTEUR 2 / THE TRANSPORTER 2 』 フランク・マーティン
セルラー (2004) CELLULAR 』 イーサン
コラテラル (2004) COLLATERAL
ミニミニ大作戦 (2003) 』 ハンサム・ロブ
トランスポーター (2002) LE TRANSPORTEUR / THE TRANSPORTER 』 フランク・マーティン
『 ミーン・マシーン (2001) 』
ゴースト・オブ・マーズ (2001) 』 ジェリコ
ザ・ワン (2001) THE ONE
スナッチ (2000)
『 ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ (1998) 』 ベーコン
などの映画作品がある。本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の始まりは、トム・ブラント部長刑事(ジェイソン・ステイサム)が、棍棒を使って車を盗もうとしている三人の若者を袋だたきにしているところから。刑事ブラントは騒然としたロンドン市警南東管轄の熱血漢の警官である。刑事ブラントは、彼の過度の行動を制御するように上司のブラウン警視(ニッキー・ヘンソン)に警告もされている。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#15 ネタバレ
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、ポーター・ナッシュ巡査部長を演じるパディ・コンシダイン Paddy Considine は、1974/09/05生まれ、イギリス出身。パディ・コンシダインのフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 ポーター・ナッシュ巡査部長
『 レッド・ライディング I :1974 (2009) 』
『 レッド・ライディング II :1980 (2009) 』
『 ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン! (2007) 』 アンディ・ウェインライト刑事
ボーン・アルティメイタム (2007) THE BOURNE ULTIMATUM 』 サイモン・ロス
『 スパイラル・バイオレンス (2006) 』
『 ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 (2005) 』 フランク・ソログッド
シンデレラマン (2005) CINDERELLA MAN 』 マイク・ウィルソン
『 マイ・サマー・オブ・ラブ (2004) 』 フィル
『 マインド・ゲート 監禁少女のSOS (2002) 』
イン・アメリカ/三つの小さな願いごと (2002) IN AMERICA 』 ジョニー
『 24アワー・パーティ・ピープル (2002) 』 ロブ・クレットン
『 恋はサルサで! (2000) 』
などの映画作品がある。本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の劇中で、長期の有給休暇中のロバーツ警部の代わりに、ポーター・ナッシュ巡査部長(パディ・コンシダイン)が警視代行として西ロンドン支部から異動してくる。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#16 ネタバレ
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、バリー・ワイス/ブリッツを演じるアイダン・ギレン Aidan Gillen は、1968/04/24生まれ、アイルランドのダブリン出身。アイダン・ギレンのフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 バリー・ワイス/ブリッツ
『 刑事トム・ソーン 声なき目撃者 (2010)<TV> 』
『 12 ラウンド (2009) 』 マイルズ
『 ID(アイデンティティ)クライム (2009)<TV> 』
『 大暴落 サブプライムに潜む罠 (2009)<TVM> 』 ガス
『 THE WIRE/ザ・ワイヤー (シーズン5) (2008)<TV> 』 トミー・カルケティ
『 パニック・エレベーター (2007) 』
『 THE WIRE/ザ・ワイヤー (シーズン4) (2006)<TV> 』 トミー・カルケティ
『 THE WIRE/ザ・ワイヤー (シーズン3) (2004)<TV> 』 トミー・カルケティ
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS 』 ラスボーン卿
『 ファイナル・ステージ (2002) 』
『 ダークリング/暗黒のフォース (2000)<TVM> 』
『 バディ・ボーイ (1999) 』
『 サークル・オブ・フレンズ (1995) 』
『 ザ・クーリア (1988) 』
などの映画・TV作品がある。本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の劇中で、バリー・ワイス(アイダン・ギレン)がエリザベス・フォールズ巡査 (ザウエ・アシュトン)を襲撃するが、フォールズ巡査が護ろうとしていた少年が遮って代わりに殺されてしまう。トム・ブラント部長刑事(ジェイソン・ステイサム)とポーター・ナッシュ巡査部長(パディ・コンシダイン)はワイスのアパートに行くが、もう逃げた後なので、メディアにワイスの顔写真を公表することに決める。するとタクシー運転手がワイスの顔を見破って警察を居場所まで案内する。ワイスは短時間は逃げるが、刑事ブラントに追跡されてパディントン近くの駅構内で捕まる。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#17 ネタバレ
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、ハロルド・ダンロップを演じるデヴィッド・モリッシー David Morrissey は、1964/06/21生まれ、イギリスはエヴァートン出身。デヴィッド・モリッシーのフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 ハロルド・ダンロップ
『 センチュリオン (2010) 』
『 刑事トム・ソーン 声なき目撃者 (2010)<TV> 』
『 レッド・ライディング I :1974 (2009) 』
『 レッド・ライディング II :1980 (2009) 』
『 レッド・ライディング III :1983 (2009) 』
『 ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ (2009) 』 ボビー
『 分別と多感 (2008)<TVM> 』
『 ブーリン家の姉妹 (2008) 』 トーマス・ハワード(ノーフォーク公爵)
『 ウォーター・ホース (2007) 』 ハミルトン大尉
『 リーピング (2007) 』 ダグ
『 氷の微笑2 (2006) 』 マイケル・グラス
『 すべてはその朝始まった (2005) 』
『 ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 (2005) 』 トム・キーロック
『 ステート・オブ・プレイ 〜陰謀の構図〜 (2003)<TV> 』 スティーブン・コリンズ
コレリ大尉のマンドリン (2001)
『 恋はサルサで! (2000) 』
『 ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ (1998) 』
『 ガルフ・ウォー/スカッドミサイル爆破指令 (1996)<TVM> 』
『 秘密 (1992) 』
『 ロビン・フッド (1991) 』
などの映画・TV作品がある。本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の劇中で、ジェームズ・ロバーツ警部(マーク・ライランス)の妻の葬式の夜、サンドラ・ベイツ巡査(エリー・フェアマン)が正体不明の襲撃者に撃ち殺される。狙撃犯のバリー・ワイス(アイダン・ギレン)が新聞記者のハロルド・ダンロップ(デヴィッド・モリッシー)に電話をかけ、自分が殺人の犯人だと告げる。犯人バリー・ワイスはダンロップに7か8か数字を選べというので、ダンロップは8を選ぶ。すると、犯人は、それはこれから殺そうとしている警察官の人数だと言う。ワイスは通りを歩いていくと、車内で座っていたテオ・ネルソン巡査(ジョセフ・デンプシー)を射殺する。ロンドン市警南東管轄内は連続銃撃事件で大混乱に陥る。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#18 ネタバレ
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、クレイグ・ストークス警部補を演じるルーク・エヴァンス Luke Evans のフィルモグラフィーを見ると、
ワイルド・スピード EURO MISSION (2013) FAST & FURIOUS 6 』 オーウェン・ショー
推理作家ポー 最期の5日間 (2012) THE RAVEN 』 エメット・フィールズ刑事
インモータルズ -神々の戦い- (2011) IMMORTALS 』 ゼウス
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011) THE THREE MUSKETEERS 』 アラミス
ブリッツ (2011) BLITZ 』 クレイグ・ストークス警部補
タイタンの戦い (2010) CLASH OF THE TITANS 』 アポロ
『 TABOO (2003) 』 ビリー
などの映画作品がある。本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の劇中で、クレイグ・ストークス警部補(ルーク・エヴァンス)は情報屋からエリザベス・フォールズ巡査 (ザウエ・アシュトン)がディーラーから麻薬を盗んでいると知り、トム・ブラント部長刑事(ジェイソン・ステイサム)と連絡を取る。ブラント部長刑事とストークス警部補の二人がフォールズ巡査の家に着くと、彼女が麻薬中毒になっているのを見つけ、麻薬を捨てて正気を取り戻す手助けをする。

◆『ブリッツ』 ディテイル&トリビア#19 ネタバレ
 本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』で、ジェームズ・ロバーツ警部を演じるマーク・ライランス Mark Rylance のフィルモグラフィーを見ると、
ブリッツ (2011) BLITZ 』 ジェームズ・ロバーツ警部
『 ブーリン家の姉妹 (2008) 』 トーマス・ブーリン卿
インティマシー/親密 (2000) 』 ジェイ
『 エンジェル&インセクト/背徳の館 (1995) 』
『 ベンヤメンタ学院 (1995) 』
などの映画作品がある。本映画『 ブリッツ (2011) BLITZ 』の劇中で、ジェームズ・ロバーツ警部(マーク・ライランス)は、バリー・ワイス(アイダン・ギレン)に自宅マンションまでつけられて、格闘の末、