トランスポーター
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■映画レヴュー
トランスポーター (2002)
THE TRANSPORTER
 映画『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』をレヴュー紹介します。

 映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』の主なスタッフ
■映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』の主なキャスト
■映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』のトリビア
■映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』のスタッフとキャスト
■映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 トランスポーター 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の鑑賞評価:7つ星 
■映画『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』のポスター、予告編および映画データ
トランスポーター
トランスポーター

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:33
製作国 Country: アメリカ/フランス
USA/France
製作会社
Production Company:
Canal+ [fr]
Current Entertainment [us]
Europa Corp. [fr]
Seaside Productions [us]
TF1 Films Productions [fr]
全米配給会社 Distributer: 20th Century Fox Film Corporation
全米初公開 Release Date: 2002/10/11
日本初公開 R. D. in Japan: 2003/02/01
日本公開情報 : アスミック・エース
ジャンル Genre: 主にアクションと犯罪もの
Drama, Crime/Gangster, Thriller and Action/Adventure
MPAA Rating 指定: PG-13 for violent sequences and some sensuality
日本語公式サイト
http://www.transporter.jp/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』の解説

 映画『 トランスポーター 』は、リュック・ベッソン製作による派手なアクション映画。南フランスに暮らすプロの運び屋がとんでもないモノを運ぶ羽目になり、悪の組織と徹底的に戦うお話です。一応は‘運搬屋’さんなのでタイトルが「トランスポーター」というわけ。とにかく『 トランスポーター 』は西洋モノにしては物凄い迫力のアクション満載。『 トランスポーター 』ヒロインの中国女性は美しいし、ヒーローのマッチョマンはクールガイです。

▲TOPへ

■映画『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』の主なスタッフ

 映画『 トランスポーター 』のプロデューサー、リュック・ベッソンさんはアジアに題材をおくのが上手く、「WASABI」の広末涼子さんに続き、またもやアジアの女優スー・チーを起用しました。

 日本で先日<2002年10月 26日 (土)〜11月04日(月)>開かれた、第15回東京国際映画祭にオープニング上映映画「マイノリティ・リポート(Minority Report)」の宣伝のため、スティーヴン・スピルバーグ監督とトム・クルーズ氏が来日して話題になったらしいのですが、この『 トランスポーター 』は<特別招待作品>として上映され、上映前の舞台挨拶では、東京国際映画祭で審査委員長を務めたリュック・ベッソン氏、スー・チーさん、そして今作で監督デビューを飾ったルイ・レテリエ監督が登場したらしいのです。

 因みにこの映画祭の<特別招待作品>は、
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
「ゴジラ×メカゴジラ」「ジャム・フィルムズ」
ジョンQ−最後の決断− (2002) JOHN Q
K−19 (2002) K-19: THE WIDOWMAKER
「恋に唄えば」「裸足の1500マイル」「ラスト・ワルツ」
戦場のピアニスト (2002) THE PIANIST 』「ザ・リング」
オールド・ルーキー (2002) THE ROOKIE
『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』「風の絨毯」「壬生義士伝」の14本です。
 少し遠すぎるけど、幸も東京国際映画祭へ行きたかったなァ〜。

 それから、ジェット・リー様(『 SPIRIT (2006) 霍元甲 (原題) / FEARLESS (英題) 』等)(リー・リンチェイ 李連杰)が一足早く、10月02日の『 トランスポーター 』のプレミアに出席したそうです。製作がリュック・ベッソン氏なので、『 キス・オブ・ザ・ドラゴン (2001) KISS OF THE DRAGON 』でコンビを組んだ関係上、このプレミアに招待されたのでしょう。

▲TOPへ

■映画『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』の主なキャスト

 映画『 トランスポーター 』のフランク・マーティン役の主演俳優「ジェイソン・ステイサム」は失礼ながら見たことも聞いたこともありませんでした。しかし彼はなかなかやりますよ。首が太く逞しいです。『 トリプルX (2002) XXX 』のヴィン・ディーゼルのような新しいアクションスター(古い言葉desu!)としてブレイクするのではないかと予感します。後日追記:
ピンクパンサー (2006) THE PINK PANTHER
トランスポーター2 (2005) LE TRANSPORTEUR 2 / THE TRANSPORTER 2
セルラー (2004) CELLULAR
コラテラル (2004) COLLATERAL
トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER
ザ・ワン (2001) THE ONE 』等に出演しています。

 共演のライ・クワイ役を演じる香港女優スー・チーは、香港、台湾では『 クローサー (2002) SO CLOSE / 夕陽天使 (原題) 』など既に 50 本以上の出演経験がある有名でとっても綺麗な女優さん。香港映画「ゴージャス( 1999 )<GORGEOUS 玻璃樽>」でジャッキー・チェン(『 THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』等)と共演したあの女優です。彼女の名前はヴィデオやDVDやネットでは「Hsu Qi」「Hsu Chi」「Qi Shu」「Shu Kei」と色々あります。漢字では「舒淇」と書きます。幸は彼女を応援します。

▲TOPへ

■映画『 トランスポーター THE TRANSPORTER 』のトリビア

 リュック・ベッソンの作品は「映画の森てんこ森」にはこういう解説やレヴューがあります。
TAXi (1997) TAXI
ジャンヌ・ダルク (1999) JOAN OF ARC / THE MESSENGER: THE STORY OF JOAN OF ARC
TAXi 2 (2000) TAXI 2
YAMAKASI ヤマカシ (2001) YAMAKASI
キス・オブ・ザ・ドラゴン (2001) KISS OF THE DRAGON
ラ・タービュランス (2002) LA TURBULENCE DES FLUIDES (仏題) / CHAOS AND DESIRE (英題)
天使の肌 (2002) PEAU D'ANGE (原題) / ONCE UPON AN ANGEL (米題)
ブランシュ (2002) BLANCHE
マッハ! (2003) ONG-BAK / ONG BAK: MUAY THAI WARRIOR
TAXi 3 (2003) TAXI 3
これ以上の幸せはない (2002) LA FELICITA NON COSTA NIENTE (原題) / HAPPINESS COSTS NOTHING (英題)
ぼくセザール10歳半1m39cm (2003) MOI CESAR, 10 ANS 1/2, 1M39 (原題) / I, CESAR (英題)
花咲ける騎士道 (2003) FANFAN LA TULIPE
クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち (2004) CRIMSON RIVERS 2: ANGELS OF THE APOCALYPSE
TAXI NY (2004) TAXI
ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA
トランスポーター2 (2005) LE TRANSPORTEUR 2 / THE TRANSPORTER 2
アンジェラ (2005) ANGEL-A 』等。
▲TOPへ
【『 トランスポーター 』のスタッフとキャスト】
監督: ルイ・レテリエ Louis Leterrier (Directed by)
    コリー・ユン Corey Yuen (Directed by)
製作: リュック・ベッソン Luc Besson (Produced by)
    スティーヴ・チャスマン Steve Chasman (Produced by)
撮影: ピエール・モレル Pierre Morel (Cinematography by)
音楽: スタンリー・クラーク Stanley Clarke (Original Music by)

出演: ジェイソン・ステイサム Jason Statham as Frank Martin
    スー・チー 舒淇 Shu Qi as Lai Kwai
    マット・シュルツ Matt Schulze as Wall Street
    フランソワ・ベルレアン Francois Berleand as Tarconi
    リック・ヤング Ric Young as Mr. Kwai
    ダグ・ランド Doug Rand as Leader
    ディディエ・サン・メラン Didier Saint Melin as Boss

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、詳しくは現在まだ書けておりませんが、簡単に載せておきます・・・。

【トランスポーター 第01段落】  映画『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』の原題である[transporter]の「EXCEED英和辞典」からの検索結果は、 「n. 輸送する人; 運搬装置; 大型トラック」とある。初めてこの映画のタイトル『 トランスポーター 』を知ったとき「何だろう?でもリュック・ベッソン製作だし...。」ってところで、幸は「ひょっとして通信衛星のような電子送受信装置を題材にしたSFものかな?」ってイメージした。いやいや、全く想像に反していた。

【トランスポーター 第02段落】  映画『 トランスポーター 』のストーリーは、ジェイソン・ステイサムが演じる主人公フランク・マーティンは運び屋(麻薬のではありません)で、ワケ有り配送品を高額な報酬で扱ぶ人。ボールドヘッドでマッチョマンだけどマスクはちょっと地味かな。運び屋は依頼人や配達品については何も訊かないのがプロというもの。配送依頼契約はキッチリ厳守するフランクだが、思わず開いてしまうことになる。<Rules are made to be broken.掟は破られるために作るもの>

【トランスポーター 第03段落】  まあ、なんと梱包物には魅力的な女性ライ・クワイ(スー・チー)が入っていたのだ。さあ大変!掟を破ったフランクには次々と危険なことが起こり、そして戦う。実は、その若い中国女性ライの父親(リック・ヤング:『 セブン・イヤーズ・イン・チベット (1997) SEVEN YEARS IN TIBET 』『 キス・オブ・ザ・ドラゴン (2001) KISS OF THE DRAGON 』)は中国のギャング組織のボスで、大きなトラックの長いコンテナの中に中国人数十人を入れて運ぼうとしているのだった。

【トランスポーター 第04段落】  フランクはそのトラックから離れさせられても不死身のパワーで何度もトラックに近づこうとする。人間離れしたスタントで運転席の左右上下から攻撃するのだ。カーチェイスと無謀運転、車や家の派手な爆破シーン、誘拐、裏切りと報復、密輸、カンフー格闘技、パラシュート、スキューバダイヴィング、狙撃と銃撃シーン、アクションものなら何でもアリ。主人公‘ トランスポーター’のフランクは甘くないお顔なのだけど、中国美女ライとはロマンスに発展して味付けしてある。結構面白かった。是非『 トランスポーター 』をご覧下さい。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.transportermovie.com/
■映画『 トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』の更新記録
2002/11/10新規: ファイル作成
2005/03/15更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/03/31更新: ◆データ追加
2006/05/28更新: ◆リンク追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.