イエスタデイ YESTERDAY
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
イエスタデイ (原題) (2004)
YESTERDAY
 映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』を紹介します。

 映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の主なスタッフ・キャスト
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』のあらすじ
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の受賞
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』のトリビア
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』のスタッフとキャスト
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 イエスタデイ (原題) 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』のポスター、予告編および映画データ
イエスタデイ YESTERDAY

ポスターはhttp://www.altfg.com/
より引用・加工させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:36
製作国 Country: 南アフリカ South Africa
製作会社
Production Company:
Distant Horizon [za]
Dv8 [za]
Videovision Entertainment [za]
全米配給会社 Distributer: ADV Films [us]
全伊初公開 Release Date: 2004/09/03 (Venice Film Festival)
日本初公開 R. D. in Japan: 調査中
日本公開情報 : 調査中
ジャンル Genre: ドラマ Drama
MPAA Rating 指定: Rated R for pervasive strong violence.
日本語公式サイト 調査中
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の解説

 「イエスタデイ」と聞けばビートルズの「♪イエスタデイ」を先ず頭に浮かべるし、韓国映画で英語タイトルが同じ『 イエスタデイ 沈黙の刻印 (2002) YESTERDAY 』というのもある。でも、この映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』は南アフリカの作品で、第77回アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされたので、急いで調べた。今回のアカデミー外国語映画賞では
歓びを歌にのせて (2004) SA SOM I HIMMELEN (原題) / AS IT IS IN HEAVEN (英題) 』 スウェーデン Sweden
コーラス (2004) LES CHORISTES / CHORISTS 』 フランス France
ヒトラー 最期の12日間 (2004) DER UNTERGANG (原題) / THE DOWNFALL (英題) 』 ドイツ Germany
海を飛ぶ夢 (2004) MAR ADENTRO (西題) / MARE DENTRO (伊題) / THE SEA INSIDE (英題) 』 スペイン Spain ・・・との受賞合戦である。
 映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の「イエスタデイ」というのは、主人公の女性の名前。エイズ HIV/AIDS にかかり、自分と夫と、死を待つしかない。医療が行き届いていないからだ。でも、イエスタデイは、幼い娘が学校へ行くのを見届けるまで生きようと決心する…。

▲TOPへ

■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の主なスタッフ・キャスト

 南アフリカの映画なので、スタッフもキャストも知らない人が殆ど。馴染みの映画に携わっているのはこれだけ見つかった。

○『 イエスタデイ (原題) 』の助監督: マイケル・スワン
レクイエム (2004) WAKE OF DEATH / AFTER DEATH 』撮影

○『 イエスタデイ (原題) 』の製作:アナント・シン
天上の剣 The Legend of ZU (2001) 蜀山伝 / THE LEGEND OF ZU

○『 イエスタデイ (原題) 』の音響: ジム・ペトラック
ホテル・ルワンダ (2004) HOTEL RWANDA

●『 イエスタデイ (原題) 』の出演: レレティ・クマロ as イエスタデイ
ホテル・ルワンダ (2004) HOTEL RWANDA

●『 イエスタデイ (原題) 』の出演: Harriet Lehabe as 教師
ホテル・ルワンダ (2004) HOTEL RWANDA

▲TOPへ

■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』のあらすじ
※本作『 イエスタデイ (原題) 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』は南アフリカ共和国のクワズール-ナタール州 KwaZulu-Natal, South Africa で四週間で撮影され、内容も地元のズールー族 Zulu (南アフリカの種族)の人達のことである。その地は南アフリカ共和国の東部で、ズールーランド Zululand と呼ばれる。

 ヒロインの‘イエスタデイ’(レレティ・クマロ)という女性がこの映画で表現するのは、自己憐憫をせずに運命を受け止める質素で勇敢な主人公。イエスタデイは妻であり母親である。父親が彼女に‘イエスタデイ’と名づけたわけは、物事は今日( Today )より昨日( Yesterday )の方がよく感じられたから。実際、ズールー族の伝統では、生まれた子に‘最初の子 First Born ’とか‘明日 Tomorrow ’とか‘信頼 Confidence ’とかいう名をつけるそうだ。日本でも漢字でそういう風に表す同様の文化が見られる。あ、アメリカインディアンなんかもそうか。

 イエスタデイには幼い娘‘ビューティ Beauty ’( Lihle Mvelase )がいた。「美」だから、「美子」ちゃんみたいなもの。ビューティは若い母イエスタデイの誇りであり、喜びであり、よりよい将来への架け橋だった。そんなイエスタデイが体の調子が悪くなり、娘を連れて、長い距離を徒歩で旅して診療所へ行った。すると、医師(カミーラ・ウォーカーら)があまりにも少なく、逆に患者はあまりにも多いので、返されてしまう。これは病気を真剣に問題視しないというその国の政治と健康管理制度の弱点を突いている。地元の教師( Harriet Lehabe )と仲良くなると、見かねて、夜明けに診療所に着けるようにタクシーにお金を払ってくれた。そこでやっと病名が分かる。エイズ HIV/AIDS だった。

 イエスタデイの夫はヨハネスブルグ Johannesburg の鉱山に出稼ぎに行っており、帰宅した際にその恐ろしい病エイズを持って帰ってきて妻に移したのだった。イエスタデイは自分がエイズだと知ると、はるばる夫の出稼ぎ先まで旅して夫にその旨を伝えるが、夫は聞く耳を持たない。そうしている間に、夫自身のエイズの病状は悪化をたどり、もう働けなくなった。だから家に戻るしかない。これからイエスタデイは長く辛い思いをしていくことになる。夫と自分の死を見つめ、村という狭い地域社会でエイズという烙印に対処していかねばならないのだ。

 しかしイエスタデイはへこたれない。娘が学校に通うのを見届けるまで死ぬことは出来ないと意志を固く持つ。そして極限の状況の中で、イエスタデイは強さと弾力性と快活さを持ち続ける。凄いのは、病気を移された当の夫を、憎まないこと。この映画は「許し」を描いてもいるそうだ。イエスタデイは、病床の夫に死期の近いときでもずっと付き添う。最期のとき、夫が娘ビューティの名を呼ぶと、私はイエスタデイよ、と妻は返事する。このシーンは映画で一番の感動的場面だそうだ。彼女自身、病魔に侵されていて、以前の美しさを失っていても、夫の最期には見守っているその姿。

 有刺鉄線、村の人々、石ころの道路、むらのある平野、坂のある丘、アフリカの強烈な太陽、そしてエイズという病気。陰口、無知、不貞、追放、ドメスティック・バイオレンス、こういうものが渦巻く中を、生きようとする意志で前向きな姿勢を見せるイエスタデイ。そんな状況で、「愛」の強さを見せ付ける。夫婦間の愛情、母子の愛情、イエスタデイと唯一の友人との絆。こういう愛情は未来への希望に繋がっている、愛情は未来を変える力を持ち、避けられない病魔や死と格闘する場合においても尊厳を添えてくれる、と『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』は伝えているそうだ。イエスタデイという女性は、結局、エイズに冒されている何百万人ものアフリカの男性、女性、子供達の代表として描かれているのだ。

▲TOPへ

■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の受賞

 『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』は 2005/01/29 の時点で受賞1つ、ノミネート2つという快挙を遂げた。

◎ヴェネチア国際映画祭 2004 Venice Film Festival
ダレル・ルート監督が Eiuc Award を獲得

○第77回アカデミー賞 2005 Academy Awards, USA
外国語映画賞にノミネート(南アフリカ) Best Foreign Language Film of the Year
 なお、アカデミー賞で南アフリカがノミネートを受けたのは初めてである。

○インディペンデント・スピリット賞 2005 Independent Spirit Awards
外国語映画賞にノミネート Independent Spirit Award Best Foreign Film
ダレル・ルート監督 / 南アフリカ

▲TOPへ

■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』のトリビア

・『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』はズル語(ズールー語 Zulu )の台詞の映画として国際マーケットに出される最初の映画。英語は字幕スーパーで。

・『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』は、ネルソン・マンデラ基金 Nelson Mandela Foundation が、アフリカでのエイズ教育の促進に使っているそうだ。劇中ではエイズの感染の仕方を色々教えてもいるそうだ。 2003 年末には南アフリカ共和国には五百三十万人ものエイズ患者がいると国連合同エイズ計画 UNAIDS は算出している。

・ Africa Action という活動団体によると、エイズはサハラ砂漠より南のアフリカ大陸の人の平均余命を 15 年、縮めているそうだ。しかも、エイズで亡くなる四分の一が子供だという。

・南アフリカ共和国のロケ映画は、「映画の森てんこ森」では『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』以外にもこういう解説やレヴューを書いています。
アリ (2002) ALI
雲 息子への手紙 (2001) NUAGES: LETTRES A MON FILS (仏題) / CLOUDS: LETTERS TO MY SON (英題)
ヤング・ブラック・スタリオン (2003) THE YOUNG BLACK STALLION
レクイエム (2004) WAKE OF DEATH / AFTER DEATH
ザ・インタープリター (2005) THE INTERPRETER
レーシング・ストライプス (2005) RACING STRIPES

・シャーリーズ・セロン Charlize Theron は南アフリカ共和国の出身。勿論、都会だろうけど。
サイダーハウス・ルール (1999) THE CIDER HOUSE RULES
スコルピオンの恋まじない (2001) THE CURSE OF THE JADE SCORPION
コール (2002) TRAPPED
モンスター (2003) MONSTER 』< 2004 年アカデミー主演女優賞>
トリコロールに燃えて (2004) HEAD IN THE CLOUDS
ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方 (2004) THE LIFE AND DEATH OF PETER SELLERS
スタンドアップ (2005) NORTH COUNTRY
イーオン・フラックス (2005) AEON FLUX 』等でますます躍進中。
▲TOPへ
【『 イエスタデイ (原題) 』のスタッフとキャスト】
監督: ダレル・ルート Darrell Roodt (Directed by)
助監督: マイケル・スワン Michael Swan (second unit director)
製作:アナント・シン  Anant Singh (producer)
    ヘレナ・スプリング Helena Spring (producer)
製作総指揮: スディール・プラグジー Sudhir Pragjee (executive producer)
    サニィーヴ・シン Sanjeev Singh (executive producer)
脚本: ダレル・ルート Darrell Roodt (Writing credits)
撮影: マイケル・ブリアーリー Michael Brierley (Cinematography by)
編集: Avril Beukes (Film Editing by)
音楽: Madale Kunene (Original Music by)
音響: ジム・ペトラック Jim Petrak (Sound Department)

出演: レレティ・クマロ Leleti Khumalo as Yesterday
    Lihle Mvelase as Beauty
    Kenneth Kambule as John Khumalo
    Harriet Lehabe as Teacher
    カミーラ・ウォーカー Camilla Walker as Clinic Doctor
    Nandi Nyembe as Village Sangoma

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      Shisa
       http://shisa.ukzn.ac.za/index.php?id=1312&cid=2
      Yesterday - Love has the power to change our tomorrow
       http://www.yesterdaythemovie.co.za/pr_1.asp
■映画『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』の更新記録
2005/01/29新規: ファイル作成
2005/04/01更新: ◆データ追加
2005/10/13更新: ◆追記
2005/11/21更新: ◆データ追加
2006/01/14更新: ◆データ追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.