トリプルX
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画レヴュー
トリプルX (2002)
XXX
 映画『 トリプルX (2002) XXX 』をレヴュー紹介します。

 映画『 トリプルX (2002) XXX 』を以下に目次別に紹介する。
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の解説及びポスター、予告編
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の映画データ
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の主なキャスト
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』のスタッフとキャスト
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 トリプルX 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 トリプルX (2002) XXX 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の結末
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の鑑賞評価: 8つ星 
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の解説及びポスター、予告編
トリプルX
トリプルX
Links:  Official Web Site
Trailers:  Quick Time 1Mb
Quick Time 2.2Mb
Quick Time 4.9Mb
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の解説

 映画『 トリプルX (2002) XXX 』の主演ヴィン・ディーゼル(『 ノックアラウンド・ガイズ (2002) KNOCKAROUND GUYS 』『 ブルドッグ (2003) A MAN APART 』『 リディック (2004) THE CHRONICLES OF RIDDICK 』等)という俳優は「プライベート・ライアン」(1998)と「ワイルド・スピード」(2001)くらいしか主だった映画の出演はないようだが、主演するとなると、案外と言っては失礼かもしれないが、アメリカでは大ヒットするという変わったキャラクターだ。「ワイルド・スピード」では若者の彼を真似した危険行動で社会問題になったほどの思わぬ大ヒット。そして、この『 トリプルX 』も全米興行収入が2週連続で第1位を記録、その上、 2002 年夏の全米封切アクション映画の中でも第1位の興行収入だというから凄い。
 映画『 トリプルX 』は、ヴィン・ディーゼル演じる主人公のシークレット・エージェントが、ボンドやオースティン・パワーズやM:I−2のトム・クルーズのような洗練された善玉でなく、スキン・ヘッドで筋肉隆々、しかも刺青まで彫った"ワル"が一種無理やりにエージェントをさせられるという点が、普通のスパイ・アクションと完全に違う所。また、権力側の人間にサミュエル・L・ジャクソンが立派な背広姿で何度も映画『 トリプルX 』に顔を出す。
 映画『 トリプルX 』は、ロブ・コーエン監督作品。
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の映画データ
 上映時間:124分
 製作国:アメリカ/チェコ
 公開情報:東宝東和
 アメリカ初公開年月:2002/8/9
 日本初公開年月:2002/10/26
 ジャンル:アクション/ドラマ/犯罪
 《米国コピーTagline》A New Breed Of Secret Agent.
▲TOPへ
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の主なキャスト
●ヴィン・ディーゼル as ザンダー・ケイジ
レナードの朝 (1990) AWAKENINGS
ノックアラウンド・ガイズ (2002) KNOCKAROUND GUYS
ブルドッグ (2003) A MAN APART
リディック (2004) THE CHRONICLES OF RIDDICK

●サミュエル・L・ジャクソン as アウグスト・ギボンズ
交渉人 (1998) THE NEGOTIATOR
アンブレイカブル (2000) UNBREAKABLE
ケミカル51 (2002) THE 51st STATE (原題) / FORMULA 51 (米題)
チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES
閉ざされた森 (2003) BASIC
S.W.A.T. (2003) S.W.A.T.
ツイステッド (2004) TWISTED
キル・ビル Vol.2 (2004) KILL BILL: VOL. 2
Mr.インクレディブル (2004) THE INCREDIBLES 』
▲TOPへ
【『 トリプルX 』のスタッフとキャスト】
監督: ロブ・コーエン Rob Cohen
製作: ニール・H・モリッツ Neal H. Moritz
製作総指揮: ヴィン・ディーゼル Vin Diesel
    トッド・ガーナー Todd Garner
    アーン・シュミット Arne Schmidt
    ジョージ・ザック George Zakk
脚本: リッチ・ウィルクス Rich Wilkes
撮影: ディーン・セムラー Dean Semler
編集: クリス・レベンゾン Chris Lebenzon
    ジョエル・ネグロン Joel Negron
    ポール・ルーベル Paul Rubell
音楽: ランディ・エデルマン Randy Edelman
主題歌: イヴ Eve
歌: オービタル Orbital
    DMX DMX
    カシーム・ディーン Kaseem Dean
    ジェイ=Z Jay-Z
    ギャヴィン・マグレガー・ロスデイル Gavin McGregor Rossdale

出演: ヴィン・ディーゼル Vin Diesel as ザンダー・ケイジ
    サミュエル・L・ジャクソン Samuel L. Jackson as アウグスト・ギボンズ
    アーシア・アルジェント Asia Argento as エレーナ
    マートン・ソーカス Marton Csokas as ヨーギ
    マイケル・ルーフ Michael Roof as トビー・リー・シェイヴァース
    イヴ Eve as J.J.
    ダニー・トレホ Danny Trejo as エル・ジェフ
    トム・エヴェレット Tom Everett as ディック・ホチキス上院議員
    トーマス・イアン・グリフィス Thomas Ian Griffith as ジム・マクグラス
    リッキー・ミューラー Richy Muller as ミラン・ソーヴァ

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『 トリプルX 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー
 私は日本公開前に字幕スーパーなしの英語で観たので、わかる範囲でレヴューします。映画データについては調査した時点と公開される時点で異なる場合があります。本作の内容については、語学力と経験・常識不足のため、間違いや勘違いや適切でない表現があるかもしれません。どうかご理解賜りますようお願いいたします。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。
▲TOPへ

【トリプルX 第01段落】  先ずビックリした。何という勢い、音量、喧騒。その直後は、近代的なスマートなビルのNSA( NATIONAL SECURITY AGENCY の略)。米国政府の国防省の「国家安全保障局」をNSAというそうだ。ここのやり手のエージェントであるアウグスト・ギボンズ(サミュエル・L・ジャクソン)は旧ソ連が絡んでいるテロ犯罪の捜査に手をこまねいており、誰か最適な人材はいないかと色々な顔写真を映し出して思案中だ。サミュエル・L・ジャクソンはここではキリっとした立派な背広姿で、同じ 2002 年の
チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES 』での風貌の上がらない中年男の役と大違いだ。

【トリプルX 第02段落】  シーンは変わって、高級レストランかホテルのエントランスへ乗りついた客の真っ赤なポルシェ(?)。これを駐車場に止める係のふりをしてカッパラッたのが、首の後ろに xXx というタトゥ(刺青)をしているスキンヘッドの怪しい男。この男、パトカー数台に追いかけられても何のその、道路を疾走する。渓谷にかかる橋の手前で何やらケータイで連絡。どうやら仲間に何かの合図をしているらしい。橋のど真ん中に車のリフター(乗り上げる装置)が置いてあり、その男の乗った赤いスポーツカーは勢いをつけてそのリフターに乗り上げ、スピードを出したまま橋の欄干を飛び越え、 120 メートル下の地面に向けて空中をダイヴィングしている!着地ギリギリになると、パラシュートで男はフワフワ、そして地上に待機していた仲間の車に見事ピッタリ着地した。ここらへん、
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー (2002) AUSTIN POWERS IN GOLDMEMBER 』の冒頭にちょっと似てるかも。赤いポルシェは無残にも大破。橋の上からは、パトカーの警官たちが恨めしそうにその一部始終を見ている。

【トリプルX 第03段落】  このワルっぽいけどやり方が爽やかなほど手際よい連中は、今の様子を逐一ヴィデオに収録し、若者たちにインターネットで売っているのだ。この中心人物、スキンヘッドの男の名前はザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)、 Xander Cage と書くので、頭文字がXなのだ。それに以前、 Extreme Sports (スケートボード、スノーボード、インライン・スケート、マウンテン・バイク、フリースタイル・バイク等を総称してエクストリーム・スポーツと呼ぶ)の花形でもあった。 Extreme はエックスの発音で始まるからXスポーツまた X Games とも呼ぶらしい。そういう事で、首の後ろに xXx と刺青されているのだろう。袖なしの白いTシャツから両腕が丸出しで、肩の盛り上がった筋肉は普通じゃないし、上腕は顔と同じくらいの太さ。その腕には派手なタトゥが一面に。ヴィン・ディーゼルはこの役作りのために体作りを随分させられたらしい。

【トリプルX 第04段落】  ザンダーが自宅に戻ると、仲間が大勢集まって賑やかなパーティをしている。この場面やいろいろな場面に、歌手やスポーツの分野の有名人が何人もカメオ出演しているので、詳しい方が観たら嬉しいことだろう。
ズーランダー (2001) ZOOLANDER 』でもカメオ出演が大勢で、やはり"通"の方が観たらヨダレが出そうなほどだ。「オースティン…ゴールドメンバー」のカメオ出演は、文字通り豪華なメンバーだから、格が違うけど。さて、ここに警察かNSAかが乗り込んできて、麻酔銃のようなものでザンダーは撃たれる。

【トリプルX 第05段落】  ザンダーが目を覚ましたのはコーヒーショップのカウンター。太った中年のウェイトレスがカップの下の敷き紙に 911 (日本の 110 番に該当)と書いてあるのを目配せして見せて、カウンターの隣の男の方をチラッと見る。ショップ内の男達の変な目線を感じたその途端、大乱闘。"強盗"の男達はザンダーを襲ってくるが、ザンダーが逆に男達をやっつける。そこにNSAのギボンズがニヤニヤしながら現われる。シークレット・エージェントの適役をザンダーに絞って、腕っぷしを試しているのだ。またウェイトレスは立ち仕事だからハイヒールは履かない、従って、その太ったウェイトレスも偽者だと指摘する。すると、またザンダーは麻酔銃で撃たれる、そのハイヒールの"ウェイトレス"に。

【トリプルX 第06段落】  NSAが今取り組んでいる捜査は、旧ソ連が開発した生化学兵器を盗んだテロリスト・グループの"アナーキー 99 "の逮捕と撲滅。これまでいわゆる正規のシークレット・エージェント達を送り込んで捜査してきたが、全員見破られて殺されてしまい、失敗続きだったのだ。それで、NSAは考えを変えて、まともなシークレット・エージェントでは歯が立たないので、日頃からワルばかりしている強い男ザンダー・ケイジに目星をつけたというわけだ。

【トリプルX 第07段落】  次にザンダーが目を覚ましたのは飛行機の中。旅客機でなくて、軍隊のパラシュート隊のだ。ここでザンダーは無理やりパラシュートで降下させられるのだと思ったら、違った。飛行機がパラシュートを開いて急減速し、超低空飛行をして、ザンダーら三人を地上に落としたのだ。やはり、この映画、それにNSAのすることは並じゃないナ。草むらに隠れながら走って逃走するが、三人とも捕まってしまい、ザンダーは室内で両手首を縄でくくられて、吊るされる。そこにいかにも悪そうな男がナイフを鼻面にかざして脅す。ここは予想的中。ジェット・リー Jet Li の
ロミオ・マスト・ダイ (2000) ROMEO MUST DIE 』の拷問室のシーンと同様、吊るされてでも相手をぶちのめすのだ。

【トリプルX 第08段落】  そこを逃亡すると、外は敵がウジャウジャ。今度はザンダー、オートバイを盗んでかっ飛ばす。上空からはヘリコプターが追跡し、容赦なく銃撃してくる。進路に車があれば車を飛び越えるのなんて何のその。前方には有刺鉄線が迫ってくる。ここでビックリした凄いシーン。オートバイと体を真横に倒して飛んで有刺鉄線を乗り越えるのだ。こんなシーン初めて観た。スタントが際立っている。

【トリプルX 第09段落】  これもNSAのギボンズのテストだった。ここまでテストして、シークレット・エージェントにザンダーは合格。何もザンダーが望んでいるのではないが。ギボンズが勝手にザンダーを選んで試しているのだ。ここでギボンズはやっと本心をザンダーに告げる。これまでの危険で汚い非行の数々を、シークレット・エージェントになったら帳消しにして、自由を与えてやろうと。そしてコード・ネームは<トリプルX>。英語でエックスが三つ。この映画のタイトルが出てきた!我が国の為にチェコまで行くか、それとも俺のケツにキスするか、と迫られ、こうしてザンダーはトリプルXとして任務を果たしにチェコまで赴くことになる。

【トリプルX 第10段落】  チェコのプラハの美しい街並み。あッ、
9デイズ (2002) BAD COMPANY 』でもやはり舞台はチェコのプラハだった。撮影で効果的なのか、流行っているナ。また、テロや犯罪の巣ということで東欧がそれらしい雰囲気に仕上がるのだろうか。ここはアメリカの明るく暖かいシーンと正反対で、ザンダーは、長袖Tシャツの上に襟と裏にフアフアの毛のついた厚いコートを羽織っている。寒そうだ。チターで奏でる「第3の男」。いかにもヨーロッパ。プラハの下町の酒場街。ここでもサミュエル・L・ジャクソンのギボンズがケータイの小さい画面で出てきてザンダーに指示を与える。この街でテロリスト・グループ"アナーキー 99 "に近づき、深く入り込むようにと。

【トリプルX 第11段落】  元ロシア軍の将校のヨーギ(マートン・チョカーシュ)はテロ組織"アナーキー 99 "のボスだ。彼に先ず接近を試みるザンダー。ヨーギはザンダーのけた違いの強さに一目置く。そしてエレーナ(アーシア・アルジェント)という欧州系の女性がヨーギの女だとわかる。アーシア・アルジェントは黒髪でイタリア人らしく、英語が大変訛っている。それにしてもマートン・チョカーシュはニュージーランド出身なのに、よくロシア人っぽく芝居できているなと思った。

【トリプルX 第12段落】  ザンダーは内密に秘密兵器を支給される。すごい性能の拳銃リボルバー、たくさんの麻酔銃(ザンダー自身も撃たれたもの)、望遠鏡の格好をしたペネトレータ(人体でも何でも貫いて透き通って見えてしまうもの)、そしてリモート爆弾だ。それと肝心の車は赤や黄色のスポーツカーかと思えば、与えられたのは黒色の四角い大きなセダン。

【トリプルX 第13段落】  どこかのお屋敷に来た。外は雪の山肌が見える。何度も遭遇するボスの女エレーナに、自分はシークレット・エージェントだと言っても信じないだろうと話すザンダー。どこか陰のあるエレーナは徐々に心を許していき、実はこのテロ組織から足を洗いたいことをザンダーは知っていく。そうしている間に、旧ソ連が開発した恐ろしい生化学兵器を"アナーキー 99 "が遂にテロに使用するという情報をつかみ、ザンダーはNSAに知らせる。NSAとしては、その情報さえ入れば、作戦を立てて世界の滅亡を防ぐ行動に移せるので、<トリプルX>の役割は無事に済んだ筈だ。だからNSAのギボンズはザンダーに帰国の指示を出す。・・・

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


【トリプルX 第14段落】  ザンダーがNSAエージェントだと気付いたアナーキー 99 のボス、ヨーギは生化学兵器のテロを急ごうとする。でも、それを許せば世界の絶滅だ。ここからトリプルXのザンダーは大暴れ。寒い地が舞台だから、スノーボードで空中ダイヴィングやスノーボードを雪崩の中でしたりする。また海では高速潜水艦への向こう見ずな飛び移りまでする、とにかく物凄いアクション続出。スタントは本当に驚嘆だ。派手なアクションはザンダーの元々の特徴だが、大きな変化があるのだ。ザンダーは前半、シークレット・エージェントにスカウトされるまでは、自分の好き勝手にやっていた。法律も警察も無視して好き放題していた。それが、後半のアクションは、性質が違うのだ。自分の趣味で暴れているのではなく、世界の破滅を防ぐために、テロリスト相手に戦っているのだ。

【映画『 トリプルX 』の感想】
 アメリカでこの映画が大ヒットし、 xXx という新しいヒーローが大ウケしている理由は三つあると思う。一つは、アクション・スターの高齢化に伴う交代時期にあって、人々が新しいタイプのヒーローを求めていること(その旨は
リーサル・ウェポン4 (1998) LETHAL WEAPON 4 』のレヴューにも記述しました)。二つ目は、エクストリーム・スポーツを好むジェネレーションYという世代( 1983 〜 2001 年生まれの、デジタル化した生活の中で「クリックするために生まれてきた子供たち」と呼ばれる世代)から圧倒的支持と共感を得たこと。そして三つ目は、同時多発テロ以降、とみに激しくなっている他文化のテロ組織への挑戦という米国民の感情に、このストーリーが訴えていること…。真面目に分析するとこのようになるだろうが、この映画は、難しいことなしでも、これまでと一風変わったワルっぽいヒーローを観るだけでも面白いだろう。特に男性が観たら面白いかも!

以上。
<もっと詳しく>からスペースを含まず4763文字/文責:幸田幸

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      トリプルX 公式サイト(英語版)
      http://www.spe.sony.com/movies/triplex/
      Asia-Links, Linking The World to Asia!
      [シリコンバレー最新事情]Beyond Sports‐X Games (スポーツを超えたXゲーム)
      http://www.asia-links.com/japanese/oshiba/report7.htm
■映画『 トリプルX (2002) XXX 』の更新記録
2002/10/09新規: ファイル作成
2004/07/11更新: ◆テキストとリンク一部およびファイル書式
2005/01/03更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.