女は男の未来だ
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
女は男の未来だ (2004)
LA FEMME EST L'AVENIR DE L'HOMME (仏題)
WOMAN IS THE FUTURE OF MAN (英題)
 映画『 女は男の未来だ (2004) LA FEMME EST L'AVENIR DE L'HOMME (仏題) / WOMAN IS THE FUTURE OF MAN (英題) 』を紹介します。

 映画『 女は男の未来だ LA FEMME EST L'AVENIR DE L'HOMME / WOMAN IS THE FUTURE OF MAN 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』のトリビア
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の主なスタッフ
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の主なキャスト
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の配給会社
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』のあらすじ
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の受賞
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』のスタッフとキャスト
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 女は男の未来だ 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 女は男の未来だ (2004) LA FEMME EST L'AVENIR DE L'HOMME / WOMAN IS THE FUTURE OF MAN 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』のポスター、予告編および映画データ
女は男の未来だ
女は男の未来だ
ポスターはwww.filmdeculte.com/
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:28
製作国 Country: 韓国/フランス
South Korea / France
製作会社
Production Company:
Mirashin Korea
韓国配給会社 Distributer: CJ Entertainment
韓国初公開 Release Date: 20054/05/14
日本初公開 R. D. in Japan: 2005/10/29 予定
日本公開情報 : ビターズエンド
ジャンル Genre: ドラマ Drama
MPAA Rating 指定: Singapore:R21 / South Korea:18
日本語公式サイト
http://bitters.co.jp/mirai/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の解説

 『 女は男の未来だ (2004) LA FEMME EST L'AVENIR DE L'HOMME (仏題) / WOMAN IS THE FUTURE OF MAN (英題) 』は面白いタイトルの韓国・フランス合作である。『 女は男の未来だ 』はカンヌ映画祭でパルム・ドールにノミネートされたほどの話題作。ホン・サンスの監督と脚本、主演はユ・ジテとキム・テウとソン・ヒョナ。

▲TOPへ

■映画『 女は男の未来だ (2004) 』のトリビア

 『 女は男の未来だ 』の「 La femme est l'avenir de l'homme 」というフランス語タイトルも、「 Woman is the Future of Man 」という英語タイトルも、「女は男の未来だ」という意味。韓国語では「 Yeojaneun namjaui miraeda 」と発音するようだ。「未来だ」の部分は日本語とそっくり!

▲TOPへ

■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の主なスタッフ

○『 女は男の未来だ 』の製作: Pierre Rissient
グレースと公爵 (2001) L' ANGLAISE ET LE DUC (原題) / THE LADY AND THE DUKE (英題)

○『 女は男の未来だ 』の撮影: Kim Hyeon-gu
力道山 (2004) RIKIDOZAN

○『 女は男の未来だ 』の編集: ハン・ソンウォン
スカーレットレター (2004) 朱紅文字 / THE SCARLET LETTER

▲TOPへ

■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の主なキャスト

●ユ・ジテ as イ・ムンホ@女は男の未来だ
オールド・ボーイ (2003) OLDBOY

●キム・テウ as キム・ヒョンゴン@女は男の未来だ
『 JSA (2000) JSA: JOINT SECURITY AREA 』

●ソン・ヒョナ as パク・ソンワ@女は男の未来だ
スカーレットレター (2004) 朱紅文字 / THE SCARLET LETTER

●イ・ジソン as イ・ムンホの妻@女は男の未来だ
イエスタデイ 沈黙の刻印 (2002) YESTERDAY

●オ・ダルス@女は男の未来だ
甘い人生 (2005) A BITTERSWEET LIFE
オールド・ボーイ (2003) OLDBOY

▲TOPへ

■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の配給会社

○『 女は男の未来だ 』の韓国の配給会社は CJ Entertainment
甘い人生 (2005) A BITTERSWEET LIFE
力道山 (2004) RIKIDOZAN
マイ・ブラザー (2004) MY BROTHER
美しい夜、残酷な朝 (2004) THREE... EXTREMES
初恋のアルバム 人魚姫のいた島 (2004) MY MOTHER THE MERMAID
僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK
イエスタデイ 沈黙の刻印 (2002) YESTERDAY
復讐者に憐れみを (2002) SYMPATHY FOR MR. VENGEANCE
マイ・ボス マイ・ヒーロー (2001) 頭師父一体 / MY BOSS, MY HERO
MUSA−武士− (2001) MUSA

○『 女は男の未来だ 』のフランスの配給会社は MK2 Diffusion [fr]
ウィスキー (2003) WHISKY
ジェリー (2002) GERRY
ピアニスト (2001) LA PIANISTE (原題) / THE PIANO TEACHER (英題)
クレア・ドーラン (1998) CLAIRE DOLAN

▲TOPへ

■映画『 女は男の未来だ (2004) 』のあらすじ
※本作『 女は男の未来だ 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 女は男の未来だ 』のストーリー。
 おかしなタイトルの映画『 女は男の未来だ 』の主人公の二人の男は酒飲み友達。一人は美術教師のイ・ムンホ(ユ・ジテ)、もう一人は映画製作にしくじった男キム・ヒョンゴン(キム・テウ)だ。二人は数年ぶりに再会する。ヒョンゴンがアメリカから帰国したからだ。ヒョンゴンは映画の道を究めるために米国に渡り映画製作を試みたが失敗して帰ってきた。祖国に戻って、昔の友人ムンホの家を訪れ、数日間一緒に過ごすことになる。

 ムンホの方は、学生時代は美術界へ進もうと夢を抱いてきたが、安全策をとって、大学で美術を教えている。それに、結婚もしている(妻の役はイ・ジソン)。ムンホはヒョンゴンを、郊外の抵当権がいっぱいついている自宅の中まで連れてくることができなくて、雪の積もった庭に案内する。芝生にはこの冬の初雪が真っ白に積もっている。その上で、ヒョンゴンは独特な歩き方をした。一、ニ歩踏み出して、同じ足跡の上にまた戻り、美しく積もった白い雪に一足分しか足跡を残さなかったのだ。このシーンは、ある女性との昔のことを回顧していくというこの映画のテーマを喩えているという。

 ムンホは結婚もして家も購入している。だから、現在の暮らしやキャリアの点の違いから、二人には緊張感と嫉妬心が生まれたのは明らかだった。これから映画は、色々な問題に直面したり、お酒に酔い潰れたり、女性を口説こうとしたり。ムンホとヒョンゴンがカフェで食事をしていて、ムンホがちょっと席を外したすきに、ヒョンゴンはウェイトレスを口説いて、自分のつくる映画のオーディションを受けないかと誘う。するとウェイトレスにやんわりと断られた。

 それで、ヒョンゴンは窓の外に何気なく目をやると、通りの真ん中に美しい女性が立っているのに目が釘付けとなる。そしてヒョンゴンがパク・ソンワ(ソン・ヒョナ)という女性と親密だった様子がフラッシュバックで出てくる・・・。ヒョンゴンが渡米することになると、関係を続けると約束したのに、実際には彼女を捨てたのだった。

 ヒョンゴンが用ができてカフェから出て行くと、今度はムンホがそのウェイトレスをつかまえて、ヌードモデルになってくれないかと頼む。やはりムンホは元来画家とかの芸術家志望だった男だ。でも、ヒョンゴンがそのウェイトレスに映画出演を断られたのと同様、ムンホもヌードモデルを断られてしまった。そして窓の外の同じ美しい女性をじっと見て、やはり同じく過去にフラッシュバック・・・。数年前、ムンホもヒョンゴンも同じ女性パク・ソンワに夢中だった。ある時、ヒョンゴンが帰った後にムンホがソンワに言い寄ったものだ。

 カフェにヒョンゴンが戻ると、話題は、二人とも関係したあの女性パク・ソンワのことになった。二人は彼女を探しに行こうということに決めた。二人の人となりは異なる。ヒョンゴンはハンサムで、感受性が強く、自信がなく、嫉妬心が強く、目立ちたがり屋で、子供じみて搾取的である。それに、自分の感情を適切に表現出来ないタイプ。一方、ムンホは女好きで、嘘つきで、わがままで、女性のことが無知だ。無知というのは、ソンワと‘寝た’後で、女性は脛の毛を剃るのだと知ったくらい。そして、妻よりも職業の安定の方に重きを置くという男。

 ホン・サンス監督は、男性たちを、未熟で単純で、予想できて、女の尻を追いかけてばかりいる生き物として描いているそうだ。この主人公の男性二人、ムンホとヒョンゴンはなるほど性質は異なるけれど、一人の女性相手に飽き飽きした哀れなテクニックを用いるという点で同じなのだ。ウェイトレスを口説こうとしたのも、ムンホとヒョンゴンはお互いに相手には分からない時を狙って同じことをしているように。

 さて、ムンホとヒョンゴンの昔の共通の女性パク・ソンワというのは、無垢な大学生だったのが、今は疲れ果てた抜け目ないバーのオーナーになっている。彼女のこれまでの人生は、全てが男が絡んでいて不幸続きだったのだ。このソンワの居所をやっとムンホとヒョンゴンは探し当て、三人は再会した。三人が感情面でどんなに駄目になっているかは一目瞭然だった。三人はどんなに過去の出来事を修正したり清算したりしようとしても、この再会の一夜で溝はふさがれない。この映画は、物悲しさを秘めたおかしさがあり、完璧な人生への男性の曖昧な理想の夢についての映画だと言われている。カンヌでパルム・ドールにノミネートされたくらいだから、奥深い作品と言えよう。

▲TOPへ

■映画『 女は男の未来だ (2004) 』の受賞

 『 女は男の未来だ 』は、カンヌ国際映画祭 2004 Festival International du Film de Cannes / Cannes Film Festival でホン・サンス監督がパルム・ドール Palme d'Or / Golden Palm に受賞こそ逃したが、ノミネートされた。

 この時、
華氏911 (2004) FAHRENHEIT 9/11 』がパルム・ドール受賞、
『 女は男の未来だ 』と並んで
2046 (2004) 2046
CLEAN (2004)
みんな誰かの愛しい人 (2004) COMME UNE IMAGE (原題) / LOOK AT ME (英題)
モーターサイクル・ダイアリーズ (2004) THE MOTORCYCLE DIARIES
愛より強い旅 (2004) EXILS (仏題) / EXILES (英題)
レディ・キラーズ (2004) THE LADYKILLERS
ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方 (2004) THE LIFE AND DEATH OF PETER SELLERS
オールド・ボーイ (2003) OLDBOY
シュレック2 (2004) SHREK 2 』等がノミネートされていた。
▲TOPへ
【『 女は男の未来だ 』のスタッフとキャスト】
監督: ホン・サンス 洪尚秀 Hong Sang-soo (Directed by)
製作: イ・ハンナ Lee Hanna (producer)
    マラン・カルミッツ Marin Karmitz (producer)
    Pierre Rissient (associate producer)
脚本: ホン・サンス 洪尚秀 Hong Sang-soo (Writing credits)
撮影: Kim Hyeon-gu (Cinematography by)
編集: ハン・ソンウォン Ham Seong-weon (Film Editing by)
音響: アン・サンホ An Sangho (sound designer)
音楽: チョン・ヨンジン Jeong Yong-jin (Original Music by)

出演: ユ・ジテ Yu Ji-tae as Lee Mun-ho
    キム・テウ Kim Tae-woo as Kim Hyeon-gon
    ソン・ヒョナ Seong Hyeon-a as Park Seon-hwa
    キム・ホジョン Kim Ho-jung as Park Bo-yeong
    イ・ジソン Lee Ji-seon as Lee Mun-ho's wife
    オ・ダルス Oh Dal-su

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 女は男の未来だ (2004) LA FEMME EST L'AVENIR DE L'HOMME / WOMAN IS THE FUTURE OF MAN 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
■映画『 女は男の未来だ 』の更新記録
2005/07/08新規: ファイル作成
2005/09/25更新: ◆データ追加
2005/10/28更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.