僕の彼女を紹介します。
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
僕の彼女を紹介します。 (2004)
WINDSTRUCK
 映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』を紹介します。

 映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の主なスタッフ
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の配給会社
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』について
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』のあらすじ
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』以外の韓国映画
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』のスタッフとキャスト
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 僕の彼女を紹介します。 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』のポスター、予告編および映画データ
僕の彼女を紹介します。
僕の彼女を紹介します。
ポスターはhttp://www.asiandb.com/
より引用させて頂きました。

ハングルですね。

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 2:03
製作国 Country: 韓国/香港
South Korea / Hong Kong
製作会社
Production Company:
EDKO Film Ltd. [hk]
iFilms [kr]
韓香配給会社 Distributer: CJ Entertainment [kr] (worldwide)
EDKO Film Ltd. [hk] (worldwide)
iLoveCinema [kr] (worldwide)
韓国初公開 Release Date: 2004/06/04
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/12/11 予定
日本公開情報 : ワーナー
ジャンル Genre: ロマンス/コメディ/犯罪/ドラマ/アクション
Romance / Comedy / Crime / Drama / Action
MPAA Rating 指定: Certification: 15
日本語公式サイト
http://www.warnerbros.co.jp/bokukano/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の解説

 映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』は『 猟奇的な彼女 (2001) MY SASSY GIRL / BIZARRE GIRL 』の主演女優と監督がコラボする第2弾。『 僕の彼女を紹介します。 』はロマンティック・コメディ路線は踏襲しながらも、後半はお涙…になるという最近の韓国映画だ。

▲TOPへ

■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の主なスタッフ

○『 僕の彼女を紹介します。 』の監督・脚本を兼任: クァク・ジェヨン
猟奇的な彼女 (2001) MY SASSY GIRL / BIZARRE GIRL 』で大成功。

○『 僕の彼女を紹介します。 』の編集: キム・サンボン
『 猟奇的な彼女 』
オールド・ボーイ (2003) OLDBOY

 映画『 僕の彼女を紹介します。 』は主に韓国人スタッフが占めるけれど、資金の面で香港のプロデューサーが加担しているので、一応、韓国・香港合作である。香港からは、こんな凄いヒット作を続出したメンバーが参画しているくらいだから、これもまた大ヒットさせるつもりのようだ。

○『 僕の彼女を紹介します。 』の製作: ウィリアム・コン(香港)
グリーン・デスティニー (2000) 臥虎藏龍 (原題) / CROUCHING TIGER, HIDDEN DRAGON 』『 HERO (2002) HERO (英題) / 英雄 (原題)
LOVERS (2004) 十面埋伏 (原題) / HOUSE OF FLYING DAGGERS (英題)

○『 僕の彼女を紹介します。 』の製作総指揮: フィリップ・リー(香港)
始皇帝暗殺 (1998) 荊軻刺秦王 (原題)/ THE EMPEROR AND THE ASSASIN (英題)
グリーン・デスティニー (2000) 臥虎藏龍 (原題) / CROUCHING TIGER, HIDDEN DRAGON
HERO (2002) HERO (英題) / 英雄 (原題)
トゥームレイダー2 (2003) LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE
LOVERS (2004) 十面埋伏 (原題) / HOUSE OF FLYING DAGGERS (英題) 』)

▲TOPへ

■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の配給会社

 映画『 僕の彼女を紹介します。 』の韓国の配給会社:CJエンターテインメント社
イエスタデイ 沈黙の刻印 (2002) YESTERDAY 』等を扱っている会社。

 一方、香港の配給会社:EDKO映画社
ボーン・コレクター (1999) THE BONE COLLECTOR
マグノリア (1999) MAGNOLIA
海の上のピアニスト (1999) THE LEGEND OF 1900
真夏の夜の夢 (1999) WILLIAM SHAKESPEARE'S A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM
ダンサー・イン・ザ・ダーク (2000) DANCER IN THE DARK
ハリー・ポッターと賢者の石 (2001) HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE / HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2002) HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS
マッハ! (2003) ONG-BAK / ONG BAK: MUAY THAI WARRIOR
みなさん、さようなら (2003) LES INVASIONS BARBARES (原題) / THE BARBARIAN INVASIONS (英題)
等、世界的規模の映画配給をしている。

▲TOPへ

■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』について

 映画『 僕の彼女を紹介します。 』の三年前に『 猟奇的な彼女 (2001) MY SASSY GIRL / BIZARRE GIRL 』が興行的に大成功し、韓国でそれまでマイナーだったロマンティック・コメディというジャンルが台頭することとなった。また、その大ヒットのお蔭で、韓国映画がグローバルに進出して世界の観客の関心を集めることも成し遂げたわけである。

 だから、その成功作の監督と主演女優のドッキングの映画をもう一つ作ろうとなったのも当然の成り行きだろう。それがこの『 僕の彼女を紹介します。 』である。中国のプロデューサー達と財政面でコラボしていることもあって、韓国と香港で同時公開というのも韓国映画にとって初めてのことだそうだ。(韓国 2004/06/04 で香港 2004/06/03 だから、正確には一日違い。) 邦題の『 僕の彼女を紹介します。 』も『 猟奇的な彼女 』と相通じるところがあって巧いと思う。

▲TOPへ

■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』のあらすじ
※本作『 僕の彼女を紹介します。 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の英語キャッチコピーは「 If only I can feel you....even as the wind (直訳:あなたに触れることができたらなぁ....風のようにでも)」という(『 イフ・オンリー (2004) IF ONLY 』参照)。だから英語タイトルは「 Windstruck (直訳:風に打たれて)」というのかな。

 映画『 僕の彼女を紹介します。 』のヒロインは綺麗でお茶目でちょっとドジな女性キュンジン(『 猟奇的な彼女 』のチョン・ジヒョン)。彼女は警察官で、ある日、ひったくりを追いかけているうちに誤認逮捕してしまう。捕まってしまったのはミュンウ(チャン・ヒョク)という真面目で柔和な若い男性だった。ミュンウは高校で物理学を教えている教師だ。幸いにも誤認逮捕だと分かるが、数日後、二人はまた出会うのだ。

 ミュンウがボランティアのパトロールに参加した夜、女性警察官キュンジンは高校生達の不良の喧嘩に巻き込まれていた。更にドラッグディーラー達の争いの銃撃戦の真っ只中でキュンジンは大パニック。ミュンウは彼女を助けようとして、ひょんなことから、キュンジンとミュンウはお互いの手を手錠で繋いだまま一夜を一緒に過ごすこととなった。ミュンウは男勝りの彼女に魅了され、キュンジンの方も彼が好きになる。

 こうして恋に落ちた二人、それから二人はデートを重ねるのだ。映画前半はいわゆるロマコメで、恋ありドタバタありの楽しい展開が続く。家の飾り付けや夕食の料理を笑いながらしたり、雨の中で踊ったり、郊外でレジャーを楽しんだり。キュンジンは警察官として危険な犯人追跡をしている最中にケータイで彼に電話したり。ミュンウは輝く鎧(よろい)に身を包んで騎士の真似事をしてはしゃいで見せたり。モータウン(『 永遠のモータウン (2002) STANDING IN THE SHADOWS OF MOTOWN 』参照)の懐かしいメロディに乗せて、こういう幸福な恋人達のシーンが幾つも流れる。

 次の展開はアクション・スリラーとなる。キュンジンが悪名高い犯罪者を追跡している際、ミュンウはまた彼女の手助けをする。連続殺人犯がカラオケバーで数人を殴り倒していたり、人質女性の頭にナイフを突こうとしたり、そういうギャング的な展開がここで起きるのだが、ここで恐らくは、ミュンウが命を落とすのではないだろうか。

 キュンジンはピアノの黒鍵を決して弾かない。どうしてかと言うと、昔、彼女の姉(または妹)が生きていた頃は姉が黒鍵を弾いて自分は白い鍵を弾いていたからだ。すると、ミュンウは全ての鍵盤を白く変えて、彼女がどの鍵でも弾けるようにしてあげるのだ。ここら辺、感動的らしい。しかし、彼女がそのことに気付くのは、彼が死んだ後だった…。という風になるとか。つまり、前半のロマンティック・コメディの後がアクション・スリラーで、最後の部分は悲劇・お涙ちょうだいというプロットになる。だから後半は『 ゴースト/ニューヨークの幻 (1990) GHOST 』『 キス・オブ・ライフ (2003) KISS OF LIFE 』のように、亡き恋人がいつもそばにいてくれている。風のタッチのように、すぐそばに彼がいるのが感じられるのだ、という悲しいお話でしんみり終わる感じ。前半の陽気な展開と 180 度転換するので、観る場合は心の準備をしておいてネ。

▲TOPへ

■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』以外の韓国映画

 さて、映画『 僕の彼女を紹介します。 』も「韓流」。「韓国四天王」の裴勇俊(ペ・ヨンジュン)・張東健(チャン・ドンゴン)・元斌(ウォン・ビン)・李炳憲(イ・ビョンホン)は出演していないが、キュートなチョン・ジヒョンを観るのも楽しいだろう。ポスターの警察の制服姿の彼女も綺麗。「映画の森てんこ森」では、他には
MUSA−武士− (2001) MUSA
イエスタデイ 沈黙の刻印 (2002) YESTERDAY
酔画仙 (2002) CHIHWASEON (原題) / STROKES OF FIRE (英語)
復讐者に憐れみを (2002) SYMPATHY FOR MR. VENGEANCE
TUBE (2003) TYUBEU (原題) / TUBE (英題)
箪笥 (2003) 薔花、紅蓮 (原題) / A TALE OF TWO SISTERS (英題)
春夏秋冬そして春 (2003) SPRING, SUMMER, FALL, WINTER... AND SPRING
オールド・ボーイ (2003) OLDBOY
等の韓国映画の解説もしていますので、どうぞ。
▲TOPへ
【『 僕の彼女を紹介します。 』のスタッフとキャスト】
監督: クァク・ジェヨン Kwak Jae-yong (Directed by)
製作: チョイ・スヨン Su-yeong Choi (producer)
    ジョン・フンタク Hoon-tak Jung (producer)
    ウィリアム・コン 江志強 William Kong (producer)
製作総指揮: ジョン・フンタク Hoon-tak Jung (executive producer)
    フィリップ・リー Philip Lee (executive producer)
脚本: クァク・ジェヨン Kwak Jae-yong (Writing credits)
撮影: チョン・ハンチョル Han-cheol Jeong (Cinematography by)
編集: キム・ジェボン Jae-beom Kim (Film Editing by)
    キム・サンボン Sang-Beom Kim (Film Editing by)
音楽: チェ・スンヨン Seung-yeong Choi (Original Music by)

出演: チョン・ジヒョン 全智賢 Jeon Ji-Hyeon as Kyung-jin Yeo
    チャン・ヒョク 張赫 Hyuk Jang as Myung-woo Ko
    キム・スロ Su-ro Kim
    イ・キウ Ki-woo Lee
    キム・チャンワン Chang-wan Kim
    チャ・テヒョン Tae-hyun Cha

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(韓国版)
       http://www.yeochinso.com/
■映画『 僕の彼女を紹介します。 (2004) WINDSTRUCK 』の更新記録
2004/12/05新規: ファイル作成
2004/12/08更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.