ウィンブルドン
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ウィンブルドン (2004)
WIMBLEDON
 映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』を紹介します。映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』は 2004/09/23 の時点で邦題が分からなかったので「ウィンブルドン」としておいたら、そのまま「ウィンブルドン」となった。

 映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』の主なスタッフ
■映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』の主なキャスト
■映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』のあらすじ
■映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』のトリビア
■映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』のスタッフとキャスト
■映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ウィンブルドン 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ウィンブルドン WIMBLEDON 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』のポスター、予告編および映画データ
ウィンブルドン
ウィンブルドン
Links:  Official Web Site
Trailers:

QuickTime

上映時間 Runtime: 1:40
製作国 Country: イギリス/フランス
UK / France
製作会社
Production Company:
Studio Canal [fr]
Working Title Films [gb]
全米配給会社 Distributer: Dimension Films [us]
Universal Pictures [us]
Universal Studios Inc. [us]
全米初公開 Release Date: 2004/09/13 (Beverly Hills, California) (premiere)
2004/09/17
日本初公開 R. D. in Japan: 2005/04/23 予定
日本公開情報 : UIP
ジャンル Genre: コメディ/ロマンス
Comedy / Romance
MPAA Rating 指定: Rated PG-13 for language, sexuality and partial nudity.
日本語公式サイト
http://www.uipjapan.com/wimbledon/index.htm
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』の解説

 映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』は、『 フォー・ウェディング (1994) FOUR WEDDINGS AND A FUNERAL 』『 ノッティングヒルの恋人 (1999) NOTTING HILL 』『 ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY 』等の製作スタッフが、世界最高のスポーツイベント、ウィンブルドンのテニス大会を舞台に描くラブ・コメディ。主演のキルスティン・ダンスト(『 ヴァージン・スーサイズ (1999) THE VIRGIN SUICIDES 』『 スパイダーマン (2002) SPIDER-MAN 』等)と、ポール・ベタニー(『 マスター・アンド・コマンダー (2003) MASTER AND COMMANDER: THE FAR SIDE OF THE WORLD 』等)らは、 1987 年ウィンブルドン・チャンピオンのパット・キャッシュ Pat Cash 〔豪州出身〕からテニスの指導を受けたそうだ。

▲TOPへ

■映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』の主なスタッフ

○『 ウィンブルドン 』の監督: リチャード・ロンクレイン
『 リチャード三世 (1995) RICHARD III 』< 1997 年英国アカデミー賞脚色賞ノミネート>

○『 ウィンブルドン 』の製作: ライザ・チェイシン
エリザベス (1998) ELIZABETH 』 (co-producer)
ハイ・フィデリティ (2000) HIGH FIDELITY 』 (executive producer)
ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY 』 (co-producer)
アバウト・ア・ボーイ (2002) ABOUT A BOY 』 (co-producer)
サーティーン/あの頃欲しかった愛のこと (2003) THIRTEEN 』 (executive producer)
ジョニー・イングリッシュ (2003) JOHNNY ENGLISH 』 (co-producer)
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY 』 (co-producer)
サンダーバード (2004) THUNDERBIRDS 』 (executive producer)
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12カ月 (2004) BRIDGET JONES: THE EDGE OF REASON 』 (executive producer)等、プロデューサー達はこれらと同じ作品に携わっている人が多い。

○『 ウィンブルドン 』の製作: エリック・フェルナー
『 フォー・ウェディング (1994) FOUR WEDDINGS AND A FUNERAL 』 (executive producer)
ファーゴ (1996) FARGO 』 (executive producer)
『 ノッティングヒルの恋人 (1999) NOTTING HILL 』 (executive producer)等

○『 ウィンブルドン 』の製作: メアリー・リチャーズ
『 リチャード三世 (1995) RICHARD III 』 (associate producer)
シルヴィア (2003) SYLVIA 』 (line producer)

○『 ウィンブルドン 』の製作総指揮: ティム・ビーヴァン
ハイ・フィデリティ (2000) HIGH FIDELITY 』 (producer)等

○『 ウィンブルドン 』の音楽: エド・シェアマー
 7 歳のときにウェストミンスター寺院の聖歌隊で歌い始めたシェアマーは、イートン校 Eton College の音楽特待生だったらしい。

チャーリーズ・エンジェル (2000) CHARLIE'S ANGELS
デンジャラス・ビューティー (2001) MISS CONGENIALITY
光の旅人 K−PAX (2001) K-PAX
モンテ・クリスト伯 (2002) THE COUNT OF MONTE CRISTO
クリスティーナの好きなコト (2002) THE SWEETEST THING
サラマンダー (2002) REIGN OF FIRE
ジョニー・イングリッシュ (2003) JOHNNY ENGLISH
チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル (2003) CHARLIE'S ANGELS: FULL THROTTLE
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (2004) SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW 』等

○『 ウィンブルドン 』の撮影: ダリウス・コンジ
 イラン人の父とフランス人の母を持つテヘラン Tehran, Iran 生まれの映画カメラマンは 1m91cm と大男。

『 エビータ (1996) EVITA 』< 1997 年アカデミー撮影賞ノミネート>
ナインスゲート (1999) THE NINTH GATE
僕のニューヨークライフ (2003) ANYTHING ELSE 』等

○『 ウィンブルドン 』の編集: ハンフリー・ディクソン
眺めのいい部屋 (1986) A ROOM WITH A VIEW
キャメロット・ガーデンの少女 (1997) LAWN DOGS
スターリングラード (2000) ENEMY AT THE GATES 』等

○『 ウィンブルドン 』の美術: ブライアン・モリス
『 エビータ (1996) EVITA 』< 1997 年アカデミー美術賞ノミネート>
運命の女 (2002) UNFAITHFUL
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL 』等

○『 ウィンブルドン 』の衣装: ルイーズ・シュターンスワード
ドット・ジ・アイ (2003) DOT THE I
ドリーマーズ (2003) THE DREAMERS 』等

▲TOPへ

■映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』の主なキャスト

☆キルスティン・ダンスト as リジー・ブラッドベリ
若草物語 (1994) LITTLE WOMEN
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (1994) INTERVIEW WITH THE VAMPIRE: THE VAMPIRE CHRONICLES
ジュマンジ (1995) JUMANJI
わたしが美しくなった100の秘密 (1999) DROP DEAD GORGEOUS
ヴァージン・スーサイズ (1999) THE VIRGIN SUICIDES
スパイダーマン (2002) SPIDER-MAN
ケイナ  (2003) KAENA LA PROPHETIE (原題) / KAENA THE PROPHECY (米題)
モナリザ・スマイル (2003) MONA LISA SMILE
エターナル・サンシャイン (2004) ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND
スパイダーマン2 (2002) SPIDER-MAN 2
エリザベスタウン (2005) ELIZABETHTOWN 』等

☆ポール・ベタニー as ピーター・コルト
ビューティフル・マインド (2001) A BEAUTIFUL MIND
ドッグヴィル (2003) DOGVILLE
マスター・アンド・コマンダー (2003) MASTER AND COMMANDER: THE FAR SIDE OF THE WORLD 』等

☆ニコライ・コスター・ワルドー as ディーター・Prohl
エニグマ (2002) ENIGMA
ブラウン夫人の秘めごと (仮題) (2002) 24 HEURES DE LA VIE D'UNE FEMME (原題) / 24 HOURS IN THE LIFE OF A WOMAN (英題) 』等

☆ジョン・ファヴロー as ロン・ロス〔ピーターのエージェント〕
デアデビル (2003) DAREDEVIL
ELF (2003)
恋愛適齢期 (2003) SOMETHING'S GOTTA GIVE 』等

☆サム・ニール as デニス・ブラッドベリ〔リジーの父親〕
ピアノ・レッスン (1993) THE PIANO 』等

 サム・ニールの奥さんは、ハリウッドで活躍する日本人メイクアップアーティストのノリコ・ワタナベ Noriko Watanabe 氏。『 デッド・カーム/戦慄の航海 (1988) DEAD CALM 』という映画で二人は知り合ったそうだ。ノリコ夫人は、『 ピアノ・レッスン (1993) THE PIANO 』でホリー・ハンター Holly Hunter のヘア・スタイリスト等や、『 ギャング・オブ・ニューヨーク (2001) GANGS OF NEW YORK 』でキャメロン・ディアス Cameron Diaz 、『 キル・ビル (2003) KILL BILL: VOLUME 1 』でルーシー・リュー Lucy Liu 、『 エターナル・サンシャイン (2004) ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND 』でケイト・ウィンスレット Kate Winslet といった名立たるハリウッド女優のヘアメイク等を担当。そして『 スパイダーマン2 (2002) SPIDER-MAN 2 』に続き、本作『 ウィンブルドン 』でもキルスティン・ダンストのメイクを行っている。サム・ニールには、『 オーメン/最後の闘争 (1981) THE FINAL CONFLICT 』で共演したリサ・ハーロウ Lisa Harrow との間にできた息子ティム Tim と、ノリコ夫人との娘であるエレナ Elena と義理の娘マイコ Maiko がいる。ビヴァリーヒルズ Beverly Hills 、シドニー Sydney 、ニュージーランド New Zealand に家を持っていて、ニュージーランドのワインの産地オタゴにあるギブストン・ヴァリー the Gibbston Valley, Otago には彼のブドウ畑がある。ノリコ夫人、一体どんな生活をしていらっしゃるんですか?「 SmaSTATION-3 」(TV朝日 毎週土曜 23:00 )辺りで取り上げてくれないかなぁ、世界で活躍するワタナベ・ノリコさんのこと…。

☆オースティン・ニコルズ as ジェイク・ハモンド〔リジーの元カレ、アメリカのテニス・チャンピオン〕
デイ・アフター・トゥモロー (2004) THE DAY AFTER TOMORROW 』等

☆バーナード・ヒル as エドワード・コルト
タイタニック (1997) TITANIC
真夏の夜の夢 (1999) WILLIAM SHAKESPEARE'S A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM
ゴシカ (2003) GOTHIKA
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003) THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING 』等

☆セリア・イムリー as ケンウッド夫人
ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY
カレンダー・ガールズ (2003) CALENDAR GIRLS 』等

▲TOPへ

■映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』のあらすじ
※本作『 ウィンブルドン 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 ウィンブルドン 』のストーリー。
 イギリス人テニスプレイヤー、ピーター・コルト(ポール・ベタニー)の夢はスター選手だが、不完全燃焼なキャリアを持つ職人気質な選手。今までの世界ランクの最高位は 11 位。それが 119 位まで落ち、ピーターの選手としての自信はゆっくりと減退。嘗ては世界の名立たる選手達と対戦したピーターだが、今はテニスクラブで働き、有閑な年配のご婦人たちにテニスの指導をしている。そんなピーターの頭に引退の二文字が過ぎっている。プロ・テニスの世界から去ろうとしていた時、ピーターは全英テニス選手権大会のワイルドカードをゲットする。引退試合はなんとウィンブルドンだ! 1877 年に創設された全英テニス選手権大会は、言わずと知れた最も古く権威のあるテニス大会。ロンドン市南郊のウィンブルドンにある芝のコートで毎年 6 月〜 7 月に開催され、ウィンブルドン選手権大会や全英オープンとも呼ばれる。四大選手権大会〔グランドスラム:全豪・全仏・全英・全米オープンのこと〕の一つだ。

 アメリカ人テニスプレイヤー、リジー・ブラッドベリ(キルスティン・ダンスト)は国際的なテニス界の新星でありバッド・ガール。初出場となる今回のウィンブルドンでの活躍が期待されている。過保護なコーチであり父親のデニス(サム・ニール)との親子鷹で、リジーはトップレベルのプレイヤーへと成長してきた。誤審や予期しない返球、アメリカン・チャンピオン、ジェイク・ハモンド(オースティン・ニコルズ)との短いロマンスもリジーは意に介さず、勝利を目指してまっしぐら。リジーにとっては、グランドスラム・チャンピオンとなり、世界一の女性テニス・プレイヤーとなるのは当然。その夢のためにはウィンブルドンの優勝杯を逃すことはできない。

 静かな引退を思い描いていたピーター。ところが、聖地ウィンブルドンのコートはそうはさせなかった。ピーターはそこで偶然リジーと出会う。ニ人の関係が思いがけない情事に発展すると、ピーターは思いがけず初戦を突破。新発見の幸運と愛とコートでの勇気によって嘗てなく奮い立たされたピーターは連勝。ウィンブルドンの観客達は、消えかけていたが今再び輝きを取り戻したプレイヤーを喜んで応援するようになる。もう若くない英国人プレイヤーは、世界が愛するのは勝者だと実感し〔普段は不在のピーターのエージェント、ロン・ロス(ジョン・ファヴロー)も例外ではない〕、長く忘れていた勝利の味を有り難く思い始める。また、リジーには、勝者の心を持った嘗ての敗者であった英国人を好きになり始めるという思いがけないことが起こったとき、トーナメントでの躍進しか頭にない若いヤンキー・ガールの考えも変わっていく…。

▲TOPへ

■映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』のトリビア

(^ー^*) 元々ピーター・コルトの役には、ヒュー・グラント Hugh Grant (
ノッティングヒルの恋人 (1999) NOTTING HILL
ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12カ月 (2004) BRIDGET JONES: THE EDGE OF REASON 』等)が考えられていたそうだ。

(^ー^*) 一時的に、リジー・ブラッドベリ役には、リース・ウィザースプーン Reese Witherspoon (
キューティ・ブロンド (2001) LEGALLY BLONDE
メラニーは行く! (2002) SWEET HOME ALABAMA
キューティ・ブロンド/ハッピーMAX (2003) LEGALLY BLONDE 2: RED, WHITE & BLONDE 』等)が考えられていたそうだ。

(^ー^*) ジョン・マッケンロー(『 Mr.ディーズ (2002) MR. DEEDS 』出演)、クリス・エヴァートといった元テニスプレーヤーも本人役で出演。クリス・エヴァートは、スター扱いされるのが嬉しかったようで、「(撮影現場には)おいしいランチがあって、ヘアメイクしてもらえるのがナイスだった。」等とコメントしている。

(^_^;) 映画『 ウィンブルドン 』のロサンゼルスでのプレミアに、ロシアの 17 歳美人テニス・プレーヤー、マリア・シャラポワが現れた。シャラポワは、ハリウッド・スターのキルスティン・ダンストに会えたのがとても嬉しかったようだ。日本のニュースでは、シャラポワの方が女優よりキレイとのコメントがあったようで…。キルスティン・ダンストはキレイだよ!
▲TOPへ
【『 ウィンブルドン 』のスタッフとキャスト】
監督: リチャード・ロンクレイン Richard Loncraine (Directed by)
製作: ライザ・チェイシン Liza Chasin (producer)
    エリック・フェルナー Eric Fellner (producer)
    メアリー・リチャーズ Mary Richards (producer)
製作総指揮: ティム・ビーヴァン Tim Bevan (executive producer)
    デブラ・ヘイワード Debra Hayward (executive producer)
    デイヴィッド・リヴィングストン David Livingston (executive producer)
脚本: アダム・ブルックス Adam Brooks (written by)
    ジェニファー・Flackett Jennifer Flackett (written by)
    マーク・レヴィン Mark Levin (written by)
音楽: エド・シェアマー Ed Shearmur (Original Music by)
撮影: ダリウス・コンジ Darius Khondji (Cinematography by)
編集: ハンフリー・ディクソン Humphrey Dixon (Film Editing by)
美術: ブライアン・モリス Brian Morris (Production Design by)
衣装: ルイーズ・シュターンスワード Louise Stjernsward (Costume Design by)

出演: キルスティン・ダンスト Kirsten Dunst as Lizzie Bradbury
    ポール・ベタニー Paul Bettany as Peter Colt
    ニコライ・コスター・ワルドー Nikolaj Coster-Waldau as Dieter Prohl
    ジョン・ファヴロー Jon Favreau as Ron Roth
    サム・ニール Sam Neill as Dennis Bradbury
    オースティン・ニコルズ Austin Nichols as Jake Hammond
    ロバート・リンゼイ Robert Lindsay as Ian Frazier
    バーナード・ヒル Bernard Hill as Edward Colt
    カイル・ハイド Kyle Hyde as Monte Carlo Opponent
    セリア・イムリー Celia Imrie as Mrs. Kenwood
    ペニー・ライダー Penny Ryder as Mrs. Littlejohn
    アナベル・レヴェントン Annabel Leventon as Mrs. Rossdale
    ジェームズ・マカヴォイ James McAvoy as Carl Colt
    エレノア・ブロン Eleanor Bron as Augusta Colt
    バリー・ジャクソン Barry Jackson as Danny Oldham
    ジョン・マッケンロー John McEnroe as Himself
    クリス・エヴァート Chris Evert as Herself

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      Yahoo! Movies
      『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』の公式サイト
      Yahoo!ミュージック
■映画『 ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』の更新記録
2004/09/23新規: ファイル作成
2004/10/01更新:◆解説とネタばれおよび俳優についてリンク
2005/01/12更新:◆ファイル変更
2005/02/18更新:◆邦題タイトル決定
2005/08/26更新: ◆データ追加
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.