ホワイト・ライズ
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ホワイト・ライズ (2004)
WICKER PARK
 映画『 ホワイト・ライズ (2004) WICKER PARK 』を紹介します。『 ホワイト・ライズ (2004) WICKER PARK 』は 2004/06/21 の時点では邦題が確定していなくて配給の日本ヘラルド映画HPに従って「アパートメント (仮題)」としておいたら、「ホワイト・ライズ」と決定した。

 映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』の主なスタッフ
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』はリメイク
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』のあらすじ
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』のトリビア
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』のスタッフとキャスト
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ホワイト・ライズ 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ホワイト・ライズ (2004) WICKER PARK 』のポスター、予告編および映画データ
ホワイト・ライズ
ホワイト・ライズ
Links:  Official Web Site
Trailers: Quick Time:
56k
 ・ 100k ・ 300k
上映時間 Runtime: 1:55
製作国 Country: アメリカ
USA
製作会社
Production Company:
Lakeshore Entertainment [us]
Metro-Goldwyn-Mayer (MGM) [us]
全米配給会社 Distributer: Metro-Goldwyn-Mayer (MGM) [us]
全米初公開 Release Date: 2004/09/03
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/12/11 予定
日本公開情報 : 日本ヘラルド映画
ジャンル Genre: ドラマ/ロマンス/スリラー
Drama / Romance / Thriller
MPAA Rating 指定: Rated PG-13 for sexuality and language.
日本語公式サイト
http://www.herald.co.jp/official/white_lies/index.shtml
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』の解説

 『 ホワイト・ライズ 』原題の「 Wicker Park ウィッカー・パーク」は当初は「 Obsessed (直訳:取りつかれた・夢中の)」となっていた。そのタイトルが示す通り、この映画『 ホワイト・ライズ 』は、シカゴのウィッカー・パークを舞台に、主人公の男性が蒸発した恋人らしき姿を追って夢中になる心理ドラマである。『 ホワイト・ライズ 』は、ヴァンサン・カッセルとモニカ・ベルッチが共演してロマンスが芽生えたフランス映画『 アパートメント (1996) L' APPARTEMENT 』のハリウッド版リメイクで、今回はジョシュ・ハートネットが熱演する。

▲TOPへ

■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』の主なスタッフ

○『 ホワイト・ライズ 』の製作: ゲイリー・ルチェッシとトム・ローゼンバーグ
プリティ・ブライド (1999) RUNAWAY BRIDE
ギフト (2000) THE GIFT
プロフェシー (2002) THE MOTHMAN PROPHECIES
アンダーワールド (2003) UNDERWORLD
白いカラス (2003) THE HUMAN STAIN 』

○『 ホワイト・ライズ 』の音楽: クリフ・マルティネス
NARC ナーク (2002) NARC
ソラリス (2002) SOLARIS
ワンダーランド (2003) WONDERLAND 』

○『 ホワイト・ライズ 』の音楽: マイケル・A・レヴィン
ヴェロニカ・ゲリン (2003) VERONICA GUERIN 』
マッチスティック・メン (2003) MATCHSTICK MEN
シュレック2 (2004) SHREK 2

○『 ホワイト・ライズ 』の配役: デボラ・アキラとメアリー・トリシア・ウッド
ショーシャンクの空に (1994) THE SHAWSHANK REDEMPTION
ダブル・ジョパディー (1999) DOUBLE JEOPARDY
M:I−2 (2000) MISSION: IMPOSSIBLE 2 / M:I-2
ラスト・キャッスル (2001) THE LAST CASTLE
ストーカー (2002) ONE HOUR PHOTO
しあわせの法則 (2002) LAUREL CANYON 』
ザ・コア (2003) THE CORE
ニューオーリンズ・トライアル (2003) RUNAWAY JURY
砂と霧の家 (2003) HOUSE OF SAND AND FOG
ザ・リング2 (2004) THE RING 2 』

▲TOPへ

■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』はリメイク

●映画『 ホワイト・ライズ (2004) WICKER PARK 』は、フランス映画『 アパートメント (1996) L' APPARTEMENT 』のリメイク。フランス語発音なら「アパルトマン」であろうが。そのフランス版『 アパートメント (1996) 』の主人公マックスはヴァンサン・カッセル Vincent Cassel だった。
エリザベス (1998) ELIZABETH 』
ジャンヌ・ダルク (1999) JOAN OF ARC / THE MESSENGER: THE STORY OF JOAN OF ARC
クリムゾン・リバー (2000) THE CRIMSON RIVERS / LES RIVIERES POURPRES
ジェヴォーダンの獣 (2001) LE PACTE DES LOUPS (原題) / BROTHERHOOD OF THE WOLF (英題)
シュレック (2001) SHREK
リード・マイ・リップス (2001) SUR MES LEVRES (原題) / READ MY LIPS (英題)
ブルーベリー (2004) BLUEBERRY
オーシャンズ12 (2004) OCEAN'S TWELVE
今回のハリウッド版『 アパートメント (2004) 』つまり『 ホワイト・ライズ 』では、その役をジョシュ・ハートネットが演ずる。

●フランス版『 アパートメント (1996) 』で消えた恋人リザを演じたのは、ヴァンサン・カッセルの奥さんモニカ・ベルッチ Monica Bellucci だった。
マレーナ (2000) MALENA
ジェヴォーダンの獣 』
ミッション・クレオパトラ (2002) ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRE (原題) / ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRA (米題)
ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003) TEARS OF THE SUN
マトリックス リローデッド (2003) THE MATRIX RELOADED
シンドバッド 7つの海の伝説 (2003) SINBAD: LEGEND OF THE SEVEN SEAS
マトリックス レボリューションズ (2003) THE MATRIX REVOLUTIONS
パッション (2004) THE PASSION OF THE CHRIST
ブラザーズ・グリム (2005) THE BROTHERS GRIMM
ヴァンサン・カッセルと『 アパートメント (1996) 』共演で二人は 1999 年に結婚したという言わば記念作品。その役は、今度の『 アパートメント (2004) 』つまり『 ホワイト・ライズ 』ではディアーヌ・クルージェが挑戦する。

▲TOPへ

■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』のあらすじ
※本作『 ホワイト・ライズ 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 ホワイト・ライズ 』のストーリー。
今回の『 ホワイト・ライズ (2004) WICKER PARK 』の舞台は、米国イリノイ州シカゴ Chicago, Illinois 。マシュー(ジョシュ・ハートネット)
ヴァージン・スーサイズ (1999) THE VIRGIN SUICIDES
パール・ハーバー (2001) PEARL HARBOR
ハリウッド的殺人事件 (2003) HOLLYWOOD HOMICIDE
はシカゴの投資銀行に勤める男。

 『 トロイ (2004) TROY 』で王妃ヘレン [ヘレネ] Helen という大役に恵まれたディアーヌ・クルージェ扮する恋人のリザは、ある日、マシューから姿を突然消した。謎めいた蒸発で、思い当たるふしもなく、マシューは失恋の痛手は大きい。彼は失恋を癒すためにシカゴを去った。

 『 ホワイト・ライズ (2004) WICKER PARK 』のそれから二年後、マシューは過去を忘れて心機一転しようと心に決め、シカゴに戻ってきた。住まいはウィッカー・パークの辺りに落ち着いた。『 ホワイト・ライズ 』の原題にもなっている「 Wicker Park ウィッカー・パーク」とは、シカゴの人気エリアの名称らしい。バックタウン地区 Buck Town という流行の先端を行く地区の南西がウィッカー・パークと呼ばれる。映画『 ホワイト・ライズ 』では、シカゴの有名な場所や通りやお店が随分と映るようだ。リンカーンパーク Lincoln Park 、レイクショア・ドライブ Lake Shore Drive 、ダブルドア・クラブ Double Door Club 等々。

 ところで、ダブルドアとは、ザ・ローリング・ストーンズ The Rolling Stones がツアーでライブを開催したので有名なライブハウスだそうだ。ザ・ローリング・ストーンズは
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (2001) THE ROYAL TENENBAUMS
ブロンド・ライフ (2002) LIFE OR SOMETHING LIKE IT
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー (2002) AUSTIN POWERS IN GOLDMEMBER
ムーンライト・マイル (2002) MOONLIGHT MILE
アダプテーション (2002) ADAPTATION
N.Y式ハッピー・セラピー (2003) ANGER MANAGEMENT
ブルース・オールマイティ (2003) BRUCE ALMIGHTY
S.W.A.T. (2003) S.W.A.T. 』等で挿入歌、
エニグマ (2002) ENIGMA 』にミック・ジャガー Mick Jagger が出演。

 さて、『 ホワイト・ライズ 』でシカゴに戻ったマシューは、バーかカフェで、二年前に姿を消した恋人そっくりな女性を目撃する。彼にはそれが元恋人に違いないと思われて、彼女の後を追っていくのだ。すると女性はあるアパートメントに入っていく。マシューはそれからは、尾行したりそのアパートメントで女性を待ったりして前後不覚になって執拗に彼女のことに没頭していく。実はマシューは今はフィアンセもいる立場なのだが、婚約を一時保留にしてしまうくらい夢中になってしまうのだ。だから『 ホワイト・ライズ 』の仮のタイトルが「アパートメント」であったし、別題が「 Obsessed (直訳:取りつかれた・夢中の)」なのだろう。

 映画『 ホワイト・ライズ 』でマシューが執着する女性は人違いかも知れないし、不運な一致はマシューに運命の悪戯をして彼の行く末を危険に落とし入れるのだ。どんどん深みにはまっていくマシュー。映画『 ホワイト・ライズ 』では、ヌードシーンが必要以上に多いとの評判だがR指定ほどではないのだろう。『 ホワイト・ライズ 』の他の出演者は、

シティ・オブ・ゴースト (2002) CITY OF GHOSTS
トロイ (2004) TROY 』のローズ・バーン
13ゴースト (2001) THIR13EN GHOSTS / 13 GHOSTS
スクービー・ドゥー (2002) SCOOBY-DOO
スクービー・ドゥー2 モンスター パニック (2004) SCOOBY-DOO 2: MONSTERS UNLEASHED 』のマシュー・リラード
タイムライン (2003) TIMELINE 』のステファニー・バックストン
ケイティ (2002) ABANDON
シークレット・ウインドウ (2004) SECRET WINDOW 』のジリアン・フェラビー
トータル・フィアーズ (2002) THE SUM OF ALL FEARS
テイキング・ライブス (2004) TAKING LIVES 』のマルセル・ジーニン
フロム・ヘル (2001) FROM HELL 』のスティーヴン・ミルトン
らである。

▲TOPへ

■映画『 ホワイト・ライズ WICKER PARK 』のトリビア

 『 ホワイト・ライズ 』のキャスティングの段階では、主人公マシューの役は
悪いことしましョ! (2000) BEDAZZLED
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS
『 愛の落日 (2002) THE QUIET AMERICAN
ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション (2003) LOONEY TUNES: BACK IN ACTION
等のブレンダン・フレイザー Brendan Fraser と
スクービー・ドゥー 』
スクービー・ドゥー2 モンスター パニック
等のフレディ・プリンゼ・Jr Freddie Prinze Jr. の名も上がったけれど、降りたそうだ。ブレンダン・フレイザーだったら『 愛の落日 (2002) THE QUIET AMERICAN 』で見せたように、もっとサスペンスっぽく、もっと貫禄ありすぎになっていたかもしれないナ。
▲TOPへ
【『 ホワイト・ライズ 』のスタッフとキャスト】
監督: ポール・マクギガン Paul McGuigan (Directed by)
製作: アンドレ・ラマル Andre Lamal (producer)
    ゲイリー・ルチェッシ Gary Lucchesi (producer)
    トム・ローゼンバーグ Tom Rosenberg (producer)
製作総指揮: ヘンリー・ウィンタースタン Henry Winterstern (executive producer)
脚本: ジル・ミモーニ Gilles Mimouni (film L'Appartement)
    ブランドン・ボイス Brandon Boyce (Writing credits)
撮影: ピーター・ソーヴァ Peter Sova (Cinematography by)
編集: アンドリュー・ヒューム Andrew Hulme (Film Editing by)
配役: デボラ・アキラ Deborah Aquila (Casting by)
    メアリー・トリシア・ウッド Mary Tricia Wood (Casting by)
音楽: クリフ・マルティネス Cliff Martinez (Original Music by)
    マイケル・A・レヴィン Michael A. Levine (additional music)

出演: ジョシュ・ハートネット Josh Hartnett as Matthew
    ローズ・バーン Rose Byrne as Alex
    ディアーヌ・クルージェ Diane Kruger as Lisa
    マシュー・リラード Matthew Lillard as Luke
    ジェシカ・パレ Jessica Pare as Rebecca
    ステファニー・バックストン Stefanie Buxton as Ticket Agent
    ジリアン・フェラビー Gillian Ferrabee as Robin
    マルセル・ジーニン Marcel Jeannin as Theatre Director
    スティーヴン・ミルトン Stephen Milton

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ホワイト・ライズ (2004) WICKER PARK 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.wickerparkmovie.com/
■映画『 ホワイト・ライズ (2004) WICKER PARK 』の更新記録
2004/06/21新規: ファイル作成
2004/10/05更新: ◆俳優についてリンク更新
2004/11/23更新: ◆一部データ
2004/12/10更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/08/26更新: ◆データ追加
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.