ホワット・ライズ・ビニース
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■映画レヴュー
ホワット・ライズ・ビニース (2000)
WHAT LIES BENEATH
ホワット・ライズ・ビニース
ホワット・ライズ・ビニース

【『 ホワット・ライズ・ビニース 』の解説】
 映画『 ホワット・ライズ・ビニース (2000) WHAT LIES BENEATH 』を紹介します。映画『 ホワット・ライズ・ビニース (2000) WHAT LIES BENEATH 』の監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」『 フォレスト・ガンプ/一期一会 (1994) FORREST GUMP 』のロバート・ゼメキス。映画『 ホワット・ライズ・ビニース 』は、ハリソン・フォード(『 K−19 (2002) K-19: THE WIDOWMAKER 』『 ハリウッド的殺人事件 (2003) HOLLYWOOD HOMICIDE 』等)とミシェル・ファイファー(『 真夏の夜の夢 (1999) WILLIAM SHAKESPEARE'S A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM 』等)が初競演のサスペンス・スリラー。映画『 ホワット・ライズ・ビニース 』では、いつもと違うハリソン君が楽しめる。
 映画『 ホワット・ライズ・ビニース 』の主人公クレアは、湖のそばの美しい家に暮らし、遺伝学者の夫ノーマンと一人娘のケイトリンと幸せな生活を送ってきた。しかし、ケイトリンが大学進学で家を出ることになり、彼女を溺愛していたクレアの心にはぽっかりと穴があいたようだ。そんなクレアに次々と怪奇現象が起こる。その原因を探っていくクレアが見つけた真実とは…。
 映画『 ホワット・ライズ・ビニース 』の監督ロバート・ゼメキスが「ヒッチコックが生きていたら作るようなものを」と語っていることもあって、浴室が殺害現場であったり、隣の家を覗き見したり、ハリソン・フォードの役名がノーマンだったりと、現在の映像テクノロジーを駆使したヒッチコックライクな映画だ。
映画『 ホワット・ライズ・ビニース WHAT LIES BENEATH 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタばれ)ご注意:『 ホワット・ライズ・ビニース WHAT LIES BENEATH 』の内容やネタばれがお好みでない方は読まないで下さい。
映画『 ホワット・ライズ・ビニース 』の感想(ネタばれご注意)
>>「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)

■「映画の森てんこ森」内にあるサスペンス・ミステリー映画レヴュー
ユージュアル・サスペクツ (1995) THE USUAL SUSPECTS
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW
ボーン・コレクター (1999) THE BONE COLLECTOR
ギフト (2000) THE GIFT
クリムゾン・リバー (2000) THE CRIMSON RIVERS / LES RIVIERES POURPRES
ドニー・ダーコ (2001) DONNIE DARKO
プロフェシー (2002) THE MOTHMAN PROPHECIES
ブラッド・ワーク (2002) BLOOD WORK
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
“アイデンティティー” (2003) IDENTITY 』等があります。
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
■『 ホワット・ライズ・ビニース 』のデータ
 上映時間 130 分
 製作国 アメリカ
 公開情報 FOX
 初公開年月 2000/12/09
 ジャンル サスペンス/ミステリー
 《公開時コピー》彼は 完璧な夫だった たった一度の過ちを 犯すまでは
【『 ホワット・ライズ・ビニース 』のスタッフとキャスト】
監督: ロバート・ゼメキス Robert Zemeckis
製作: スティーヴ・スターキー Steve Starkey
     ロバート・ゼメキス Robert Zemeckis
    ジャック・ラプケ Jack Rapke
製作総指揮: ジョーン・ブラッドショー Joan Bradshaw
    マーク・ジョンソン Mark Johnson
原案: サラ・ケルノチャン Sarah Kernochan
    クラーク・グレッグ Clark Gregg
脚本: クラーク・グレッグ Clark Gregg
撮影: ドン・バージェス Don Burgess
衣装デザイナー: スージー・デサント Susie DeSanto
編集: アーサー・シュミット Arthur Schmidt
音楽: アラン・シルヴェストリ Alan Silvestri
プロダクションデザイナー: リック・カーター Rick Carter
    ジム・ティーガーデン Jim Teegarden
 
出演: ハリソン・フォード Harrison Ford ノーマン・スペンサー
    ミシェル・ファイファー Michelle Pfeiffer クレア・スペンサー
    ダイアナ・スカーウィッド Diana Scarwid ジョディ
    ジョー・モートン Joe Morton ドクター・ドレイトン
    ミランダ・オットー Miranda Otto メアリー・フューアー
    アンバー・ヴァレッタ Amber Valletta マディソン・エリザベス・フランク
    キャサリン・トーネ Katharine Towne ケイトリン・スペンサー
    ジェームズ・レマー James Remar ウォレン・フューアー
<もっと詳しく>
ネタばれ御注意!
 このレヴューは「テキストによる映画の再現」を目指して作文しています。よって、ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『 ホワット・ライズ・ビニース WHAT LIES BENEATH 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー

※本作『 ホワット・ライズ・ビニース 』のあらすじは幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

【ホワット・ライズ・ビニース 第01段落】  以前優秀なチェロ奏者だった美しい女性クレア(ミシェル・ファイファー:『 恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ (1989) THE FABULOUS BAKER BOYS 』『 バットマン リターンズ (1992) BATMAN RETURNS 』『 真夏の夜の夢 (1999) WILLIAM SHAKESPEARE'S A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM 』『 ホワット・ライズ・ビニース (2000) WHAT LIES BENEATH 』『 I am Sam アイ・アム・サム (2001) I AM SAM 』『 ホワイト・オランダー (2002) WHITE OLEANDER 』『 シンドバッド 7つの海の伝説 (2003) SINBAD: LEGEND OF THE SEVEN SEAS 』等)は、愛する夫のために専業主婦となり、ヴァーモントの美しい湖のほとりで暮らしている。デュポン研究所で要職に就く遺伝学者の夫ノーマン(ハリソン・フォード:『 スター・ウォーズ (1977) STAR WARS 』『 レイダース/失われたアーク《聖櫃》 (1981) RAIDERS OF THE LOST ARK 』『 インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (1984) INDIANA JONES AND THE TEMPLE OF DOOM 』『 刑事ジョン・ブック/目撃者 (1985) WITNESS 』『 ワーキング・ガール (1988) WORKING GIRL 』『 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 (1989) INDIANA JONES AND THE LAST CRUSADE 』『 推定無罪 (1990) PRESUMED INNOCENT 』『 パトリオット・ゲーム (1992) PATRIOT GAMES 』『 逃亡者 (1993) THE FUGITIVE 』『 エアフォース・ワン (1997) AIR FORCE ONE 』『 ホワット・ライズ・ビニース (2000) WHAT LIES BENEATH 』『 地獄の黙示録・特別完全版 (2001) APOCALYPSE NOW REDUX 』『 K−19 (2002) K-19: THE WIDOWMAKER 』『 ハリウッド的殺人事件 (2003) HOLLYWOOD HOMICIDE 』等)は理想の夫だ。

【ホワット・ライズ・ビニース 第02段落】  ノーマンは高名な数学者の息子であるが、今は亡き父とよく間違えられ、それを快く思っていない。一人娘のケイトリンは、大学寮に入るので、家を巣立っていく。亡くなった前夫との娘であるケイトリンを手塩にかけて育ててきたクレアは、娘の自立を喜びつつも、悲しみを隠せない。一年前時速 130 キロの車で木に激突するという大事故を起こしたクレアは、ときどき不安に襲われることがある。そんな彼女が娘を失うのはショックが大きいだろうと、ノーマンも友人のジョディも気遣ってくれる。しかし、心の空洞は埋められない。

【ホワット・ライズ・ビニース 第03段落】  最近、隣に引っ越してきたフューアー夫妻は夫婦喧嘩が絶えない。夫のウォレンはノーマンの研究所の心理学部で働いている。ある日、庭の壁の向こう側から、泣く女の声が聞こえてくる。心配になったクレアは木の壁の隙間から隣をうかがうと、フューアーの妻メアリーだ。クレアが声をかけると、メアリーは夫のウォレンが怖いと訴える。

【ホワット・ライズ・ビニース 第04段落】  翌日、クレアは引っ越し祝いを持って隣を伺うが、誰かがいる気配はない。ポーチには血の付いたサンダルが一足ころがっている。その夜、寝付かれないクレアは、嵐の中で車のトランクに大きな荷物を積んでいるウォレンの姿を見る。ウォレンがメアリーを殺害したのではないかと疑いを持つようになるクレア。ノーマンにも訴えるが、ノーマンはクレアの話を信じようとはしない。

【ホワット・ライズ・ビニース 第05段落】  家の中でも奇妙な現象が起こり始める。ひとりでに空くドア、勝手に電源が入るコンピュータやラジオ、ささやくような声、そしてバスルームでは湯船に浮かぶ若い女の顔。クレアは、殺されたメアリーが自分に何か助けを求めているのではないかと思う。

【ホワット・ライズ・ビニース 第06段落】  ノーマンのオフィスで自分の考えを言うクレアに、ノーマンは自分の半生をかけてきた論文が仕上がろうとしているときに、そんなことを言い始めるなんて、自分の邪魔をするつもりかと怒る。怒ったクレアは出て行くが、ノーマンは彼女の後を追う。外に出ると、クレアは建物の中にウォレンの姿を見つける。クレアはすぐさまウォレンの許へ走り、あなたがメアリーを殺したと怒りをぶつける。すると、後ろの部屋からメアリーが出てくる。呆然とするクレアに、周りを気遣うノーマン。

【ホワット・ライズ・ビニース 第07段落】  家の中の心霊現象はおさまらない。コンピュータの画面上に勝手に「 MEF 」の文字が打ち込まれる。クレアはインターネットで「 MEF 」を調べてみると、マディソン・エリザベス・フランクという若い美しい女性が失踪していること知る。何度も勝手に落ちる写真立。その写真立には、ノーマンが名誉ある現在の職についたときのパーティの新聞写真が入っている。勿論ノーマンの隣にはクレア。落ちた写真立を拾おうとすると、その新聞写真の後ろに、女学生マディソン・エリザベス・フランクの記事を発見。クレアは家の中にあらわれる霊はマディソン・エリザベス・フランクだと思い、彼女の家に行ってみる。

【ホワット・ライズ・ビニース 第08段落】  マディソンの母親は、温かくクレアを迎え入れる。マディソンは派手な生活を送っていたらしいが、成績はとても優秀な学生だったらしい。彼女の部屋に入れてもらったクレアは、壁に飾った彼女の髪の毛を見つけ、家に持ち帰る。霊と交信するには、その人の物が必要なのだ。

【ホワット・ライズ・ビニース 第09段落】  家に帰ってきたノーマンを、いつもとは違う激しい雰囲気で誘うクレア。その指にはマディソンの髪が絡みついている。机の上に押し倒したノーマンの上にのるクレアは、ふと何かを感じる。後ろを振り返ると、鏡の中にびしょぬれになった自分がいるのが見える。クレアはノーマンに「奥さんが気付いたみたいよ。」と言う。ノーマンは血相を変えてクレアを突き飛ばす。激しい衝撃にクレアは思い出す。事故を起こしたあの日、クレアが見たのは家の中で抱き合うノーマンとマディソンの姿だ。クレアの事故は、ノーマンの不倫を知った激情のうえの自殺未遂だったのだ。チェロ演奏のキャリアを犠牲にしてノーマンと結婚したのにと怒るクレアに、ノーマンは、チェロを失った穴埋めに娘を溺愛していくクレアとの間に感じた隙間にマディソンが入ってきたと弁明。クレアは家を出て、ジョディのところに行く。ジョディは芸術家達が集う小さな村にあるレストランで、ノーマンとマディソンが口論するのを見かけたことがあり、そのことをクレアに黙っていたのを謝る。

【ホワット・ライズ・ビニース 第10段落】  翌日クレアが家に戻ると、浴槽の中にコンセントと繋がったドライヤーと倒れているノーマンを発見、急いで救急車を呼ぶ。救急隊員の手当てを受け、ノーマンは無事だ。

【ホワット・ライズ・ビニース 第11段落】  ノーマンがマディソンに別れを切り出すと、彼女は自殺するか、クレアを殺すと言ったらしい。そして今彼女が姿を消しているのは自殺したからではないかとクレアに語るノーマン。そして、クレアの言うことを信じるといい、超常現象の専門家に電話をかける。電話中にふと外を見ると、湖のほうへ向かうクレアがいる。急いでクレアの元へ駆けつけると、クレアはなんと湖に飛び込む。底の方へ潜っていくクレア。湖の底の砂を掻き分けると、頑丈そうな木の箱を見つける。そこへ助けに飛び込んだノーマンがやってきて、クレアを引き上げる。家に戻ると、クレアが持っていたマディソンの髪の毛を暖炉の火で燃やす二人。

【ホワット・ライズ・ビニース 第12段落】  それから二人のもとに、今までどおりの平穏な生活が戻ってきたかのように思えたが、クレアはジョディがノーマンとマディソンを見つけた場所に行ってみる。そこでクレアは以前勝手に落ちた写真立のガラスの破片で足を切ったときに見つけた鍵と同じ形のマークを見つける。店の中をのぞくと、木の箱に同じ鍵がついている。そして、マディソンの写真に写っていたペンダントも見つける。・・・

◆ここからは、結末まで書いていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


【ホワット・ライズ・ビニース 第13段落】  その夜家を忍び出したクレアは、びしょぬれになって戻ってくる。湖にもぐって、あの箱を取ってきたのだ。家で見つけたあの鍵で箱を開けると、中にはマディソンの遺品が。ペンダントもある。唖然とするクレアの前にノーマンが現れる。彼がある日家に戻ってくると、マディソンの死体があった。それを車に乗せて湖に沈めたというのだ。過去は忘れて、これまで通り自分と暮らしてほしいと頼むノーマンだが、クレアは車を引き上げようという。ノーマンは失踪中の女性のことで話があると警察に電話をかける。

【ホワット・ライズ・ビニース 第14段落】  クレアはマディソンのペンダントを首にかけ、警察が来るので服を着替えにいこうとする。ふとクレアは本当にノーマンが警察に電話をかけたのか疑わしく思い、受話器のリダイヤルを押してみる。警察じゃない。するとノーマンが薬を嗅がせようと、後ろから襲ってきた。逃げようとするが、薬が効いてきているようで、足が思うように動かず、階段から転げ落ちる。もう動けない。動けなくなったクレアをノーマンは浴槽に入れ、彼女が窒息するように水を入れ始めた。そして、マディソンを湯船につけて殺したと打ち明ける。ノーマンはクレアの首にあるものが何かと不思議に思い、クレアの上半身を起こす。マディソンのペンダントだ。ギョッとしてクレアを見ると、その姿は腐ったマディソンとなっている。驚いて立ち上がったときに足を滑らせ、洗面台で頭を打って倒れるノーマン。ノーマンは気絶している。薬が徐々に切れてきたようで、ほんの少し体が動かせるようになったクレアは、必死でお風呂の栓を抜く。倒れているはずのノーマンがいない。クレアは動きにくい体で何とかバスルームから出て行くと、階段の下でノーマンが倒れている。

【ホワット・ライズ・ビニース 第15段落】  電話をかけて助けを呼ぼうとするが、コードレス電話がノーマンの下敷きになり、受話器が上がった状態になって電話がかけられない。コードレス電話を取ろうとするが、衝撃を与えてはノーマンが気付いてしまうかもしれない。クレアはノーマンの携帯電話と車の鍵を持って急いで出て行く。自分の車に乗るが、持っている車の鍵が違う。鍵はボートを牽引しているトラックのだ。ノーマンが気付いたようだ。早く乗り換えなければならない。トラックに乗ったクレアは急いでエンジンをかける。携帯電話は橋の真ん中からではないと繋がらない。

【ホワット・ライズ・ビニース 第16段落】  やっと携帯電話が繋がるようになったが、後ろのボートに乗っていたノーマンが後ろのガラスを割って襲ってくる。すると道路にマディソンの姿が。急いでハンドルを切ると、車は道を外れて湖のほうへ行き、湖にはまってしまう。何とか逃げ出そうとするクレアだったが、ノーマンに抑えられて身動きできない。どんどん沈んでいく。沈められたマディソンの車が見える。すると中からマディソンの死体が浮いてきて、意思のある顔でクレアを見つめる。マディソンはノーマンを掴み、クレアを逃げさせ、ノーマンのことは放さない。やがて息絶えるノーマン。マディソンは満足したかのように再び水底へと戻って行く。

【ホワット・ライズ・ビニース 第17段落】  後日、助かったクレアはマディソンの墓前にバラの花を一輪供える。

【映画『 ホワット・ライズ・ビニース 』の感想】
 面白かったけど、やっぱりハリソン・フォードにはヒーローを演じて欲しい。オフィシャルサイトのイントロは、本当に怖い。うっかり SKIP するのを忘れて、夜中にとても恐ろしい目にあったことがある。

以上。
<もっと詳しく>からスペースを含まず5274文字/文責:幸田幸

参考資料:「ホワット・ライズ・ビニース」日本語版オフィシャルサイト
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com

(■解説とネタばれ:2002/11/07アップ ◆俳優についてリンク更新:2003/10/06)
■テキストとリンク一部およびファイル書式更新:2004/07/09
■テキストとリンク一部追記更新:2006/03/05
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
新作映画情報「読む映画試写会」へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2004 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved