レクイエム
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
レクイエム (2004)
WAKE OF DEATH / AFTER DEATH
 映画『 レクイエム (2004) WAKE OF DEATH 』を紹介します。映画『 レクイエム 』は 2004/09/05 の時点で邦題が分からなかったので「ウェイク・オブ・デス」としておいたら『 レクイエム 』に決定。別題「 アフター・デス AFTER DEATH 」に決まるかもしれないとも思ったが完全に異なる邦題『 レクイエム 』になった。

 映画『 レクイエム WAKE OF DEATH 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 レクイエム AFTER DEATH 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 レクイエム WAKE OF DEATH 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 レクイエム AFTER DEATH 』の主なスタッフ
■映画『 レクイエム WAKE OF DEATH 』の国際性
■映画『 レクイエム AFTER DEATH 』のあらすじ
■映画『 レクイエム WAKE OF DEATH 』のスタッフとキャスト
■映画『 レクイエム AFTER DEATH 』の<もっと詳しく>

 <もっと詳しく>は映画『 レクイエム 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 レクイエム AFTER DEATH 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 レクイエム WAKE OF DEATH 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 レクイエム WAKE OF DEATH / AFTER DEATH 』のポスター、予告編および映画データ
レクイエム
レクイエム

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:30
製作国 Country: アメリカ USA
製作会社
Production Company:
Bauer Martinez Studios [us]
Frame Werk Produktion GmbH & Co. KG [de]
Lucky 7 Productions LLC [us]
The Tower Limited Liability Partnership [us]
全米配給会社 Distributer: Bauer Martinez Studios [us] (worldwide)
Blockbuster Video [us]
全米初公開 Release Date: 2004/12/28 (DVD premiere)
日本初公開 R. D. in Japan: 2005/03/05 予定
日本公開情報 : ギャガ・コミュニケーションズ
ジャンル Genre: アクション/アドベンチャー
Action / Adventure
MPAA Rating 指定: Rated R for strong violence, language and sexuality.
日本語公式サイト
http://www.action-movie.jp/requiem/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 レクイエム WAKE OF DEATH / AFTER DEATH 』の解説

 『 レクイエム 』は、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の純粋アクション映画だ。妻を中国マフィアに殺されて怒りに燃える主人公がJCVDの役。ラストはどんでん返しがあると予想される。下記あらすじにネタばれあり。
 アーノルド・シュワルツェネッガー Arnold Schwarzenegger (近年では
コラテラル・ダメージ (2001) COLLATERAL DAMAGE
ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン (2003) THE RUNDOWN 』
80デイズ (2004) AROUND THE WORLD IN 80 DAYS 』等)の映画のスタントから始まった武術俳優ヴァン・ダムは、若かった時はカッコよかったけど、もう四十過ぎているから、スナップ写真を見たらオジサンでびっくりした! でも映画『 レクイエム 』の中ではきっとカッコイイのでしょう。

▲TOPへ

■映画『 レクイエム WAKE OF DEATH / AFTER DEATH 』の主なスタッフ

 映画『 レクイエム 』の製作国は一応アメリカになっているけど、ドイツのスタジオ GmbH 社や英国が基点のプロダクション Lucky 7 社や南アフリカでのロケ等、色々な国が製作に当たって関与している。製作の一人シュテファン・ヨナスは
バレエ・カンパニー (2003) THE COMPANY 』に携わっている人だ。
メイクのジーノ・ザンプリオーリ Gino Zamprioli は
RIPLEY'S GAME (2002) 』も担当している。

 映画『 レクイエム 』の監督は三度も交替した。一人目がリンゴ・ラム Ringo Lam 、次がセス・シルヴェラ Cess Silvera 、そして落ち着いたのがフィリップ・マルチネスである。どうしてそんなに替わるのかと思うけど、「創造上の違い」という理由でだそうだ。

▲TOPへ

■映画『 レクイエム WAKE OF DEATH / AFTER DEATH 』の国際性

 映画『 レクイエム 』の撮影は三段階に分けられて国を移動した模様である。先ずクランクインはカナダのモントリオール Montreal, Canada で。

 次が南アフリカ共和国で、主にケープタウン Cape Town, South Africa でロケが行なわれた。
アリ (2002) ALI
雲 息子への手紙 (2001) NUAGES: LETTRES A MON FILS (仏題) / CLOUDS: LETTERS TO MY SON (英題)
ヤング・ブラック・スタリオン (2003) THE YOUNG BLACK STALLION
レーシング・ストライプス (2005) RACING STRIPES
等も南アフリカでロケが行なわれた映画だ。
 南アフリカは「国民も風土も美しい環境も映画をよくしてくれる」との理由で『 レクイエム 』のロケ地にされたそうだが、内容を調べると、別に南アフリカが出てくるのでなくて、舞台は米国なのだ。どういうわけでそこまで飛んでロケするのかしら?

 三つ目のロケ地は、米国ロサンゼルス Los Angeles へと移動していった。上海 Shanghai ギャングとフィラデルフィア Philadelphia ギャングの闘争を描くらしいので、色々なロケ地が必要なんだろう。

 『 レクイエム 』はカンヌ国際映画祭で出品されるとか。こういう(失礼!)ジャンルの映画でもカンヌで観てもらえるのかな?

▲TOPへ

■映画『 レクイエム WAKE OF DEATH / AFTER DEATH 』のあらすじ
※本作『 レクイエム 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 映画『 レクイエム 』の主人公は、ベン・アーチャー(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)というフランスはマルセイユ Marseilles, France に住む男。彼はクラブのオーナーでありギャングでもある。でもそんな暮らしに疲れたので、足を洗って、愛する妻シンシア(リサ・キング)と息子ニコラスと共に新生活を平和に送りたいと思う。なお、奥さんの名は公式ページでは Cynthia となっていて、IMDb では Grace となっているので、どっちなんだろうか。

 妻のシンシアはソーシャルワーカーで、中国からの不法入国移民の組織的な流入を防ぐ仕事に従事している。ある夜、貨物船の手入れで、心を取り乱した中国移民たちの中に幼い少女を見つけた。その子はキム(ヴァルリー・ティアン:
サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪 (2002) THE SANTA CLAUSE 2: THE MRS. CLAUSE 』)といって、シンシアは同情する。それで、上司のマック・ホギンズ刑事(ダニー・キーオ)に許可を得て、一晩、家に連れて帰ってあげる。その女の子の養父はトミー、養母はママ・リー(ジャッキ・チェン)という。

 (あっ、
シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON
タキシード (2002) THE TUXEDOシャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS
ツインズ・エフェクト (2003) 千機變 (原題) /THE TWINS EFFECT (英題)
メダリオン (2003) 飛龍再生 (原題) / THE MEDALLION (英題)
失われた龍の系譜〜トレース・オブ・ア・ドラゴン (2003) TRACES OF A DRAGON: JACKIE CHAN & HIS LOST FAMILY 』
80デイズ (2004) AROUND THE WORLD IN 80 DAYS
香港国際警察/NEW POLICE STORY (2004) 新警察故事 (原題) / NEW POLICE STORY (英題)
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題) 』のジャッキー・チェン 成龍 Jackie Chan じゃないですよ、Jacqui Chan というスペルの女の人です。)

 その少女キムは、実は中国の犯罪的秘密結社つまりマフィアみたいな組織のボス、サン・カン(又はスン・カン/サイモン・ヤム:
フルタイムキラー 全職殺手 (2001) FULLTIME KILLER
トゥームレイダー2 (2003) LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE 』)の娘だったのだ。だから、娘を親切心から一晩預かったシンシアは危険に晒されることに。キムは母親を殺した男を目撃していて、その男から逃げているという事情があるらしい。どんな役か不明だが、ハンという役で
スパイ・ゲーム (2001) SPY GAME 』のホン・ピン・タンが出演。

 そんなところに、上海から別便で到着した中国マフィアのボス、サン・カンは、娘がシンシアの家にいるとホギンズ刑事から聞く。このホギンズ刑事は警察ともあろうに、今はサン・カンと手を組んで悪事を働いている身だ。サン・カンは中国からの不法入国者を使ってヒロイン(麻薬)を密輸入しているので、それにホギンズは手を貸しているのだ。こういう不法入国者の話は
リーサル・ウェポン4 (1998) LETHAL WEAPON 4 』等でよく使われるナ。

 映画『 ウェイク・オブ・デス (原題) (又はアフター・デス)』はジャン=クロード・ヴァン・ダムの映画だから、アクションはそれは派手らしい。SWAT(
S.W.A.T. (2003) S.W.A.T. 』参照)も登場するしFBIのパトカーもぞくぞく集まるし、BMW X5 なんていうゴージャスな車も出てくる。それに、ムエタイ Muay Thai (
マッハ! (2003) ONG-BAK / ONG BAK: MUAY THAI WARRIOR
トム・ヤム・クン! (2005) TOM YUM GOONG 』参照)の本物の元チャンピオンまで出演するそうだ。クエンティン・チョンといって、スーパーミドル級で世界ムエタイ大会で二度もチャンピオンに輝いた人。現在はプロのムエタイ戦士からは引退して、南アフリカでマーシャルアーツの学校経営に勤しんでいるそうだ。ジャン=クロード・ヴァン・ダムと戦う相手のスタントたちのインストラクターになっているという。

 翌日、ジャン=クロード・ヴァン・ダム扮するベンが仕事中、家族に悲劇が襲っていた。ママ・リーの経営するレストランで、ベンの家族はサン・カンと手下達に殺されてしまうのだ。少女キムとベンの息子ニコラスだけは、どうにか難を免れて逃げることができた。それで父ベンがレストランに駆けつけると、拳銃を手にした男達が出てくるところだった。また、サン・カンのドラッグ・ディーラーのパートナーであるアンディ・ワン(又はウィリー・ワン/トム・ウー:
沈黙の標的 (2003) OUT FOR A KILL
沈黙の聖戦 (2003) BELLY OF THE BEAST 』)も同席していた。ここで激しい銃撃戦となる。その後レストランに入ってみて、ベンは最愛の妻シンシアが虐殺されているのを発見し、悲嘆に暮れる。

 奴らは人違いの男の妻を殺したのだった!・・・

◆ここからは、結末まで書いていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !

 それでデス、この映画『 レクイエム 』の原題「 ウェイク・オブ・デス WAKE OF DEATH 」にしても「 アフター・デス AFTER DEATH 」にしても、ここにキーワードが隠されている。「ウェイク・オブ・デス=死の目覚め」「アフター・デス=死後」ってことで、もしかしたらジャン=クロード・ヴァン・ダムが
シックス・センス (1999) THE SIXTH SENSE 』のようになるのではないかな、という情報を海外の記事で読んだ。死んでも死に切れない夫が妻の仇を討ち、命(死んでから?)を張って息子を護り通す。そんな風な展開になるかもしれないと推測される。これは 2004/09/05 現在で日本では未発表だけど・・・。
▲TOPへ
【『 レクイエム 』のスタッフとキャスト】
監督: フィリップ・マルチネス Philippe Martinez (Directed by)
製作: アラン・レイサム Alan Latham (producer)
    フィリップ・マルチネス Philippe Martinez (producer)
    ステファニー・マルチネス Stephanie Martinez (producer)
    リュック・カンポー Luc Campeau (co-producer)
    アントン・エルンスト Anton Ernst (co-producer)
    シュテファン・ヨナス Stefan Jonas (co-producer)
製作総指揮: ドナルド・A・バートン Donald A. Barton (executive producer)
    アントニー・ブレイキー Antony Blakey (executive producer)
    フアン・モンティッラ・エスラーヴァ Juan Montilla Eslava (executive producer)
脚本: ミック・デイヴィス Mick Davis (Writing credits)
    ローラン・フェルー Laurent Fellous (Writing credits)
    フィリップ・マルチネス Philippe Martinez (Writing credits)
    クリスティーナ・ハミルトン Kristina Hamilton (Writing credits-uncredited)
    フランク・レファルト Frank Rehwaldt (Writing credits-uncredited)
撮影: エマニュエル・カドシュ Emmanuel Kadosh (Cinematography by)
編集: デダン・ウジエル Dedan Ouziel (Film Editing by)
音楽: ガイ・ファーレイ Guy Farley (Original Music by)

出演: ジャン=クロード・ヴァン・ダム Jean-Claude Van Damme as Ben Archer
    サイモン・ヤム 任達華 Simon Yam as Sun Quan
    リサ・キング Lisa King as Cynthia/Grace
    ヴァルリー・ティアン Valerie Tian as Kim
    トニー・スキエーナ Tony Schiena as Tony
    ナターシャ・リス=デイヴィス Natasha Rees-Davies as Mocha
    トム・ウー Tom Wu as Andy/Willie Wang
    ホン・ピン・タン Hon Ping Tang as Han
    マイク・トムソン Mike Tomson as Dr. Walker
    モーン・ヴィッセル Morne Visser as Joey
    エイドリアン・ギャレー Adrian Galley as Customs Officer
    ウォリック・グライアー Warrick Grier as Da Costa
    アンドレ・ジェイコブス Andre Jacobs as Captain
    ダニー・キーオ Danny Keogh as Mac Hoggins
    ボー・ピーターソン Bo Peterson as Judge Brown
    ジャッキ・チェン Jacqui Chan as Mama Li
    ジュリアン・ルヌー Julien Renout as Josh
    クエンティン・チョン Quentin Chong as Muay Thai Fighter

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 レクイエム WAKE OF DEATH / AFTER DEATH 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.wakeofdeath.com/
■映画『 レクイエム 』の更新記録
2004/09/05新規: ファイル作成
2004/12/07更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/01/06更新: ◆タイトル変更
2005/10/13更新: ◆追記
2006/01/09更新: ◆データ追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.