アンデッド
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
アンデッド (2003)
UNDEAD
 映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』を紹介します。

 映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の配給
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』はゾンビ映画
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』のあらすじ
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』のトリビア
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』のスタッフとキャスト
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 アンデッド 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』のポスター、予告編および映画データ
アンデッド
アンデッド

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:44
製作国 Country: オーストラリア
Australia
製作会社
Production Company:
Spierigfilm [au]
全米配給会社 Distributer: Lions Gate Films Inc.
全米初公開 Release Date: 2004/09/ 予定
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/03/20
日本公開情報 : アートポート
ジャンル Genre: ホラー/SF
Horror / Sci-Fi
MPAA Rating 指定: Rated R for strong violence and gore, and for language.
日本語公式サイト 調査中
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の解説

 映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』はオーストラリアのゾンビ映画。タイトル『 アンデッド Undead  』の意味は「死んでいない」。知らなかったが、これまでにオーストラリアではホラー映画は製作されたことがなかったそうだ。豪州国民に国産のホラー映画『 アンデッド 』を作って歓喜させた立役者は、まだ若いマイケルとピーターのスピーリグ(?)兄弟( Spierig 発音不明)。
 二人はこの映画『 アンデッド 』の監督・製作・脚本・編集の四役を務めている頑張りようだ。特殊効果も、9ヶ月かけて自宅のコンピュータで自分達で仕上げた。なんとこの映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の制作費のAUD 1,000,000(1オーストラリア ドル=¥80 換算で8千万円)だって、自分達と家族と友人とで捻出したそうだ。

▲TOPへ

■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の配給

 日本での配給はアートポート、ホラー部門による。
『 奇蹟の詩 サード・ミラクル (1999) THE THIRD MIRACLE
メイ (2002) MAY
私は「うつ依存症」の女 (2001) PROZAC NATION
キャビン・フィーバー (2002) CABIN FEVER
デッドロック (2002) UNDISPUTED
ザ・ボディガード (2002) AVENGING ANGELO 』
マーダー・ライド・ショー (2003) HOUSE OF 1000 CORPSES 』等も扱っている。

▲TOPへ

■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』はゾンビ映画

 『 アンデッド 』はゾンビの映画。ゾンビの好きな方は
バイオハザード (2001) RESIDENT EVIL
28日後... (2002) 28 DAYS LATER
ハウス・オブ・ザ・デッド (2003) HOUSE OF THE DEAD
ホーンテッド・マンション (2003) THE HAUNTED MANSION
マーダー・ライド・ショー (2003) HOUSE OF 1000 CORPSES
バイオハザード アポカリプス (2004) RESIDENT EVIL: APOCALYPSE
ドーン・オブ・ザ・デッド (2004) DAWN OF THE DEAD 』等、書いていますのでご参照を。

▲TOPへ

■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』のあらすじ
※本作『 アンデッド 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』のストーリー。
 『 アンデッド 』の舞台は、北オーストラリアのバークレイ Berkeley という海辺の漁村だ。のどかで平和そのもの、住民もおっとりと優しい。ヒロインのルネ(フェリシティ・メイソン)は、この村の美人コンテストで優勝するくらいの美人。子供時代の思い出の農場を銀行にとられたので、彼女はこの田舎から都会に出て行く決心をする。そして村を離れようとすると、隕石がたくさん空から降ってきて、地域一帯に衝撃を与え、地球に無い伝染病を広めてしまった。そこで足止めを食らったルネに、ゾンビたちが襲い掛かる。ゾンビは生きた人間の肉や脳みそを欲して、人間を襲うのだ。

 ゾンビに食われて、血や、内臓や、脳みそが辺りに飛び交う。この映画『 アンデッド 』では、血液に見える溶液は 600 リットルも撮影で使われたそうだ。ゾンビに噛まれれば、その人はゾンビになり、ねずみ算的にゾンビに変身していく村人たちは増え続ける。ルネは助けを求めて、マリオン(マンゴー・マッケイ)という男に保護される。彼は、伝染病はエイリアンからのものだと主張したので、村では気違い扱いされていた。ルネはマリオンの人里離れた農家に辿り着く。マリオンは自家製の三銃身ショットガンを振り回す、ヒーローっぽくないタフガイとして描かれる。

 マリオンのあばら家には、他にも四人の生存者たちが集まって来た。地元警察で任務第一日という女性副保安官モーリー(エマ・ランドール)は臆病で喘息もち。その上司のハリソン(ダーク・ハンター)は興奮症の無学の男。それに若い婚約者同士のウェイン(ロブ・ジェンキンス)とサリアン(リサ・カニングハム)の四人である。サリアンは妊娠8ヶ月を越えた身重という状態。この四人とルネとマリオンは、襲ってくるゾンビの連中と戦っていくという話だ。ゾンビをたたき切ったり、すぱっと切ったり、銃で撃ったり、首を切ったり、その攻撃法は工夫に富んでいるという。

 SF的ホラー・コメディというジャンルだがウェスタンの要素も十分とか。若き日のクリント・イーストウッド Clint Eastwood を髣髴とさせるガンマンが、銃身の三つもあるショットガンをぶっ飛ばすのだから! 多分、銃身三つのショットガンを構えたポスターの人物がマリオンなのだろう。スチルでは、お腹から腸がブチュブチュと出ているのとか、死人の目になったゾンビとか、気味悪いのがゾクゾク。このようにゾンビが映画の題材になるのは、ゾンビが人間の永遠の恐怖の対象だからだろう。

▲TOPへ

■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』のトリビア

 ハリウッド映画と違って、この映画『 アンデッド 』ではスタッフも出演者も知らない人ばかり。でもこれからハリウッドに進出して世界的知名度の上がる人も出てくるだろう。では、オーストラリア関連の俳優・女優を挙げてみよう。

●トニー・コレット Toni Collette :オーストラリア、シドニー出身 Sydney, New South Wales, Australia 。
シックス・センス (1999) THE SIXTH SENSE
チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES
アバウト・ア・ボーイ (2002) ABOUT A BOY
めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS
コニー&カーラ (2004) CONNIE AND CARLA 』等。

●レイチェル・グリフィス Rachel Griffiths :オーストラリア、メルボルン出身 Melbourne, Victoria, Australia 。
オールド・ルーキー (2002) THE ROOKIE 』等。

●ヒース・レッジャー Heath Ledger :オーストラリア、パース出身 Perth, Western Australia, Australia 。
パトリオット (2000) THE PATRIOT
サハラに舞う羽根 (2002) THE FOUR FEATHERS
ブラザーズ・グリム (2005) THE BROTHERS GRIMM 』等。

●ジェフリー・ラッシュ Geoffrey Rush :オーストラリア、クィーンズランド出身 Toowoomba, Queensland, Australia 。
エリザベス (1998) ELIZABETH 』
恋におちたシェイクスピア (1998) SHAKESPEARE IN LOVE
フリーダ (2002) FRIDA
バンガー・シスターズ (2002) THE BANGER SISTERS
ファインディング・ニモ (2003) FINDING NEMO
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL
ディボース・ショウ (2003) INTOLERABLE CRUELTY
ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方 (2004) THE LIFE AND DEATH OF PETER SELLERS 』等。

●メル・ギブソン Mel Gibson :米国ニューヨーク市生まれ、 12 歳の時にオーストラリア、ニュー・サウス・ウェールズ New South Wales, Australia に移住。オーストラリア国立演劇学校時代には上述ジェフリー・ラッシュとルームメイト。
リーサル・ウェポン4 (1998) LETHAL WEAPON 4
パトリオット (2000) THE PATRIOT
サイン (2002) SIGNS 』等に出演や
パッション (2004) THE PASSION OF THE CHRIST 』の監督・製作・脚本、等。

●ガイ・ピアース Guy Pearce :イギリス生まれ、3歳の時に父の英軍任地オーストラリア、ヴィクトリア Geelong, Victoria, Australia に移住。
モンテ・クリスト伯 (2002) THE COUNT OF MONTE CRISTO
タイムマシン (2002) THE TIME MACHINE
トゥー・ブラザーズ (2004) TWO BROTHERS 』等。

●ナオミ・ワッツ Naomi Watts :イギリス生まれ、 14 歳でオーストラリア(地名は不明)に移住、少女時代からニコール・キッドマンと仲がいい。
娼婦ベロニカ (1998) DANGEROUS BEAUTY / A DESTINY OF HER OWN
マルホランド・ドライブ (2001) MULHOLLAND DR. / MULHOLLAND DRIVE
ル・ディヴォース/パリに恋して (2003) LE DIVORCE
21グラム (2003) 21 GRAMS
キング・コング (2005) KING KONG
エリー・パーカー (原題) (2005) ELLIE PARKER 』等。

●ニコール・キッドマン Nicole Kidman :米国ハワイ生まれ、ワシントンDCに移転、3歳の時に父の故国オーストラリア、シドニー Sydney, New South Wales, Australia に帰国。
ムーラン・ルージュ (2001) MOULIN ROUGE!
めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS
イン・ザ・カット (2003) IN THE CUT
ドッグヴィル (2003) DOGVILLE
白いカラス (2003) THE HUMAN STAIN 』
コールド マウンテン (2003) COLD MOUNTAIN
ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES
バース (2004) BIRTH
奥さまは魔女 (2005) BEWITCHED 』等。

●最後に、オーストラリアでなくニュージーランドだが、ウェリントン Wellington, North Island, New Zealand 出身のラッセル・クロウ Russell Crowe :
グラディエーター (2000) GLADIATOR
ビューティフル・マインド (2001) A BEAUTIFUL MIND
マスター・アンド・コマンダー (2003) MASTER AND COMMANDER: THE FAR SIDE OF THE WORLD
シンデレラマン (2005) CINDERELLA MAN 』等。
▲TOPへ
【『 アンデッド 』のスタッフとキャスト】
監督: マイケル・スピーリグ Michael Spierig (Directed by)
    ピーター・スピーリグ Peter Spierig (Directed by)
製作: マイケル・スピーリグ Michael Spierig (producer)
    ピーター・スピーリグ Peter Spierig (producer)
脚本: マイケル・スピーリグ Michael Spierig (Writing credits)
    ピーター・スピーリグ Peter Spierig (Writing credits)
撮影: アンドリュー・ストラホーン Andrew Strahorn (Cinematography by)
編集: マイケル・スピーリグ Michael Spierig (Film Editing by)
    ピーター・スピーリグ Peter Spierig (Film Editing by)
音楽: クリフ・ブラッドレイ Cliff Bradley (Original Music by)

出演: フェリシティ・メイソン Felicity Mason as Rene
    マンゴー・マッケイ Mungo McKay as Marion
    ロブ・ジェンキンス Rob Jenkins as Wayne
    リサ・カニングハム Lisa Cunningham as Sallyanne
    エマ・ランドール Emma Randall as Molly
    ダーク・ハンター Dirk Hunter as Harrison

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.undeadmovie.com/
■映画『 アンデッド (2003) UNDEAD 』の更新記録
2004/02/08新規: ファイル作成
2004/07/14更新: ◆テキスト一部とリンクおよびファイル書式
2004/12/14更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/08/26更新: ◆データ追加
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.