ターンレフト ターンライト
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ターンレフト ターンライト (2002)
向左走・向右走 (原題) / TURN LEFT, TURN RIGHT (英題)
 映画『 ターンレフト ターンライト (2002) 向左走・向右走 (原題) / TURN LEFT, TURN RIGHT (英題) 』を紹介します。『 ターンレフト ターンライト (2003) 向左走・向右走 / TURN LEFT, TURN RIGHT 』は 2004/02/20 の時点では邦題は分からなかったので「ターン・レフト・ターン・ライト」「ターンレフト・ターンライト」としておいたら、『 ターンレフト ターンライト 』と決定した。

 映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 ターンレフト ターンライト (2003) 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』のあらすじ
■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』の受賞
■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』のトリビア
■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』のスタッフとキャスト
■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ターンレフト ターンライト 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタばれ)です。※ご注意:映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』の内容やネタばれがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ターンレフト ターンライト (2003) 』のポスター、予告編および映画データ
ターンレフト ターンライト
ターンレフト ターンライト
ポスターは us.yesasia.com
より引用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:39
製作国 Country: 香港/シンガポール
Hong Kong / Singapore
製作会社
Production Company:
Milky Way Image Co. Ltd. [hk]
Raintree Pictures Pte. Ltd. [sg]
全米配給会社 Distributer: Warner Bros. [us] (Singapore)
香港初公開 Release Date: 2003/09/11
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/10/30
日本公開情報 : ワーナー・ブラザース
ジャンル Genre: ロマンス/ドラマ
Romance / Drama
MPAA Rating 指定: Hong Kong:I / Singapore:PG
日本語公式サイト
http://www.warnerbros.jp/tltr/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』の解説

 映画『 ターンレフト ターンライト 』は、台湾 Taiwan のジミー・リャオ(漢字で幾米)という絵本作家の作品「 Separate Ways 君のいる場所」(小学館/[訳]宝迫典子)の映画化。『 ターンレフト ターンライト 』は、あのハンサム金城武さま(最近では『 LOVERS (2004) 十面埋伏 (原題) / HOUSE OF FLYING DAGGERS (英題) 』)主演の香港映画である。中国語の原題は「向左走・向右走」とも「向左去・向右去」とも書くらしく、広東語では“ Heung joh chow heung yau chow ”、北京語では“ Xiang zuo zou xiang you zou ”という発音表示のようだ。『 ターンレフト ターンライト 』はすごく切ないラブストーリーで、絵本も映画も若い女性をウルウルさせるのだろう。

▲TOPへ

■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』のあらすじ
※本作『 ターンレフト ターンライト 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 映画『 ターンレフト ターンライト 』のストーリーの舞台は大都会(恐らく台北 Taipei )のとあるマンション。新進ヴァイオリニストのジョン・リゥー(漢字で劉智康:金城武)と、プロの女流翻訳家イヴ・チョイ(漢字で蔡嘉儀:ジジ・リョン 梁詠h)は、同じマンションに暮らしながら、出会ったことはない。大都市に住む誰もがそうのように、二人は孤独の生活をし、それぞれ忙しく現実的な日々を送っていた。ジョンはハンサムこの上なく、イヴも綺麗な女性だ。

 カネシロ・タケシさまは中国語読みすると、 Jin Chengwu とか Sing-Mo Gum とか Wu Jincheng と表示されるそうで、ヘェって感心してしまった。そりゃ中国語圏では訓読みなんてしないものネ。金城武さまはTVの深夜放送の映画でよくお目にかかる。『 恋する惑星 (1994年) 重慶森林 (中国題) / CHUNGKING EXPRESS 』『 人魚伝説 (1994) 第六感奇縁 (中国題) / MERMAID GOT MARRIED 』『 冒険王 (1996) 冒險王 (中国題) / DR. WAI IN THE SCRIPTURE WITH NO WORDS 』『 不夜城 (1998) FUYAJO 』『 リターナー (2002) RETURNER 』等、カッコよく決めている。因みに『恋する惑星』の「重慶」は、
ションヤンの酒家(みせ) (2003) 生活秀 (原題) LIFE SHOW (英題) 』の舞台だ。金城武さまはまた、
グリーン・デスティニー (2000) 』に出演の声もあった。

 イヴ・チョイの役のジジ・リョンは、
『 ヒットマン<未> (1998) 殺手之王 (中国題) / HITMAN 』
再見 ツァイツェン また逢う日まで (2001) 我的兄弟姐妹 (原題) / ROOTS AND BRANCHES (英題) 』等に出演しているし、人気歌手でもあるらしく、この映画『 ターンレフト ターンライト 』でもサントラ三曲を歌っている。また、金城武『 冒険王 』とジジ・リョン『 ヒットマン 』は、ジェット・リー 李連杰 Jet Li 様と共演だったんだ! それに、視覚効果のスティーヴン・マ 馬文現 も、ジェット・リー様の
『 ブラックマスク (1996) 黒侠 (中国題) / BLACK MASK 』
(『 ブラックマスク2 (2001) BLACK MASK 2: CITY OF MASKS (英題) / 黒侠II (原題) 』の第1弾)に携わっていた。

 さて、『 ターンレフト ターンライト 』の物語に戻るが、ある日、公園の噴水で、ジョンとイヴは偶然に初めて顔を合わす。二人とも一目惚れ…。まるで前から知り合いのように二人は幸せに一時を過ごす。しかし、にわか雨が降ってきたのでその場は短時間で別れなければならなくなった。紙切れに(恐らくインクで)お互いの電話番号を書いて交換し、再会を約束する二人。なのに、雨のためにインクが滲んで番号が読めなくなってしまう。だからもう会うことが出来ない、なんてちょっと旧式な展開みたいに感じられるけれど、純愛ものってそんなもんかな、ハイ。

 その後、二人は会えないまま悶々と日を送り、二人とも病気になる。なお、食堂の女主人の役に、
フルタイムキラー 全職殺手 (2001) FULLTIME KILLER
のラム・シュー 林雪 が扮している。ジョンは弁当配達の女性ルビー(漢字で小紅:テリー・クワン 關穎)に介抱され、片やイヴは医師になっている同窓生のウー(漢字で胡:エドマンド・チェン 陳之財)に厄介になる。この介抱側の二人も知り合いらしく、どういうわけか、愛し合うジョンとイヴを再会させないように二人で計略するというのだ。きっと、観ている方は、気が気でないだろう。いつ再会できるか心配で心配で。でも純愛映画だから、最後は劇的に再会できるだろうと期待している。

▲TOPへ

■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』の受賞

 『 ターンレフト ターンライト 』は、第 40 回台湾金馬奨 Golden Horse Film Festival では、『 ターンレフト ターンライト 』の主題歌を歌ったチェット・ラム Chet Lam 林一峰が最優秀オリジナル映画ソング賞 Best Original Film Song に輝き、美術・衣装デザイン・音楽・脚本・視覚効果・助演女優賞(テリー・クワン)の各賞がノミネートされるという高い評価を得ている。

 因みに、前年までで台湾金馬奨の最優秀作品賞を受けて幸が知っている映画は、
2002 年が『 インファナル・アフェア (2002) 無間道 (原題) / INFERNAL AFFAIRS (英題) 』、
2000 年が『 グリーン・デスティニー (2000) 臥虎藏龍 (原題) / CROUCHING TIGER, HIDDEN DRAGON 』であった。

▲TOPへ

■映画『 ターンレフト ターンライト  TURN LEFT, TURN RIGHT 』のトリビア

 台湾なり、香港なり、大中国なり、中国語圏の映画も面白い。上記以外にも、
(香港・台湾を含む・製作年順)
少林寺 (1982) 少林寺 / THE SHAOLIN TEMPLE
少林寺2 (1983) 少林小子 / SHAOLIN TEMPLE 2
阿羅漢(あらはん) (1986) 南北少林 / MARTIAL ARTS OF SHAOLIN
マスター・オブ・リアル・カンフー/大地無限 (1993) 太極張三豊 (原題) / THE TAI-CHI MASTER (英題)
ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ 烈火風雲(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地雄覇)(1993) 黄飛鴻鐡雎門蜈蚣 (原題) / CRAWS OF STEEL / THE LAST HERO IN CHINA
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ/天地風雲 (1997) 黄飛鴻之西域雄獅 / ONCE UPON A TIME IN CHINA & AMERICA
宋家の三姉妹 (1997) 宋家皇朝 / THE SOONG SISTERS
グリーン・デスティニー (2000) 臥虎藏龍 (原題) / CROUCHING TIGER, HIDDEN DRAGON
MUSA−武士− (2001) MUSA
天上の剣 The Legend of ZU (2001) 蜀山伝 / THE LEGEND OF ZU
ハッピー・フューネラル (2001) BIG SHOT'S FUNERAL / THE FUNERAL OF THE FAMOUS STAR / 大腕 (原題)
ブラックマスク2 (2001) BLACK MASK 2: CITY OF MASKS (英題) / 黒侠II (原題)
少林サッカー (2001) SHAOLIN SOCCER / 少林足球 (原題)
再見 ツァイツェン また逢う日まで (2001) 我的兄弟姐妹 (原題) / ROOTS AND BRANCHES (英題)
藍宇(ランユー) 情熱の嵐 (2001) LAN YU 』
HERO (2002) HERO (英題) / 英雄 (原題)
CEO 最高経営責任者 (2002) 首席執行官 (原題) / C.E.O. (英題)
クローサー (2002) SO CLOSE / 夕陽天使 (原題) 』 
レディ・ウェポン (2002) 赤裸特工 (原題) / NAKED WEAPON (英題)
インファナル・アフェア (2002) 無間道 (原題) / INFERNAL AFFAIRS (英題)
インファナル・アフェア 無間序曲 (2003) 無間道II (原題) / INFERNAL AFFAIRS II (英題)
インファナル・アフェア 終極無間 (2003) 無間道III (原題) / INFERNAL AFFAIRS III (英題)
ションヤンの酒家(みせ) (2003) 生活秀 (原題) LIFE SHOW (英題)
ターンレフト ターンライト (2003) 向左走・向右走 (原題) / TURN LEFT, TURN RIGHT (英題)
ツインズ・エフェクト (2003) 千機變 (原題) /THE TWINS EFFECT (英題)
パープル・バタフライ (原題) (2003) 紫胡蝶 / PURPLE BUTTERFLY (英題)
ヘブン・アンド・アース (2003) WARRIORS OF HEAVEN AND EARTH
メダリオン (2003) 飛龍再生 (原題) / THE MEDALLION (英題)
2046 (2004) 2046
LOVERS (2004) 十面埋伏 (原題) / HOUSE OF FLYING DAGGERS (英題)
カンフーハッスル (2004) 功夫 (原題) / KUNG FU HUSTLE (英題)
シルバーホーク (2004) 飛鷹 (原題) / SILVER HAWK (英題)
等、話題の映画は山ほどある。映画タイトルや俳優・女優・スタッフ等の中国語の漢字表示に興味があるので、よけい楽しくなってくる。
▲TOPへ
【『 ターンレフト ターンライト 』のスタッフとキャスト】
監督: 杜h峰 ジョニー・トー Johnny To (Directed by)
    韋家輝 ワイ・カーファイ Ka-Fai Wai (Directed by)
製作総指揮: 杜h峰 ジョニー・トー Johnny To (executive producer)
    韋家輝 ワイ・カーファイ Ka-Fai Wai (executive producer)
原案: 幾米 ジミー・リャオ Jimmy Liao (illustrations)
脚本: 韋家輝 ワイ・カーファイ Ka-Fai Wai (screenplay)
    游乃海 Nai-Hoi Yau (screenplay)
    歐健兒 Kin Yee Au (screenplay)
    葉天成 Tin-Shing Yip (screenplay)
視覚効果: 馬文現 スティーヴン・マ Stephen Ma (Visual Effects by)
美術: 余家安 ユ・ガーオン Bruce Yu KarOn (Art Direction by)
衣装デザイン: 曾伯銓 Steven Tsang (Costume Design by)
    黄家寶 ウォン・カーボウ Stephanie Wong (Costume Design by)
音楽: 鍾志榮 チョン・ジーウィン Chi Wing Chung (Original Music by)
    張兆鴻 Ben Cheung SiuHung (Original Music by)
    梁詠h ジジ・リョン Gigi Leung (song "迴旋木馬的終端")

出演: 金城武 Takeshi Kaneshiro as John Liu 劉智康
    梁詠h ジジ・リョン Gigi Leung as Eve Choi 蔡嘉儀
    陳之財 エドマンド・チェン Edmund Chen as Dr. Wu 胡医師
    關穎 テリー・クワン Terri Kwan as Ruby 小紅
    林雪 ラム・シュー Suet Lam as Restaurant owner
    許紹雄 ホイ・シウホン

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ターンレフト ターンライト 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(海外版)
       http://www.turnleftturnright.com/
■映画『 ターンレフト ターンライト 』の更新記録
2004/02/20新規: ファイル作成)
2004/06/12更新: ◆タイトル変更と一部リンク
2004/12/14更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/07/29更新: ◆データ追加
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.