猫は、なんでも知っている
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
猫は、なんでも知っている (2002)
TOY LOVE
 映画『 猫は、なんでも知っている (2002) TOY LOVE 』を紹介します。

 映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』の主なスタッフ
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』はニュージーランド映画
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』のロケーション
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』のあらすじ
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』のスタッフとキャスト
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 猫は、なんでも知っている 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 猫は、なんでも知っている (2002) TOY LOVE 』のポスター、予告編および映画データ
猫は、なんでも知っている
猫は、なんでも知っているた。

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:28
製作国 Country: ニュージーランド
New Zealand
製作会社
Production Company:
John Swimmer Productions [nz]
NZ配給会社 Distributer: New Zealand Film Commission [nz]
NZ初公開 Release Date: 2003/05/08
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/06/19
日本公開情報 : 巴里映画
ジャンル Genre: コメディ/ロマンス/ドラマ
Comedy / Romance / Drama
MPAA Rating 指定: New Zealand:R16
日本語公式サイト
http://www.pariseiga.com/nekonan/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』の解説

 『 猫は、なんでも知っている 』はニュージーランドのナンセンスな男と女の恋愛ゲームのお話。『 猫は、なんでも知っている 』の原題直訳は「玩具の恋」、それが何か猫に関係あって『 猫は、なんでも知っている 』となるのだろうか? 知りたいところだ。

▲TOPへ

■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』の主なスタッフ

 『 猫は、なんでも知っている 』の監督は、
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003) THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING
でイシルドゥア Isildur の役に出演のハリー・シンクレアである。ロード・オブ・ザ・リングと大分イメージが違うけれど…。

▲TOPへ

■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』はニュージーランド映画

 『 猫は、なんでも知っている 』がニュージーランド映画と言うことで、ニュージーランドの監督といえば、
ピアノ・レッスン (1993) THE PIANO
イン・ザ・カット (2003) IN THE CUT 』のジェーン・カンピオン Jane Campion が先ず思いつく。

それに、ニュージーランド生まれの俳優は、
グラディエーター (2000) GLADIATOR
ビューティフル・マインド (2001) A BEAUTIFUL MIND
マスター・アンド・コマンダー (2003) MASTER AND COMMANDER: THE FAR SIDE OF THE WORLD 』等に出演、ただし
X−メン (2000) X-MEN 』のローガン/ウルヴァリン役は降りたラッセル・クロウ Russell Crowe が代表格だろう。

▲TOPへ

■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』のロケーション

 『 猫は、なんでも知っている 』の舞台ニュージーランドは大都会と大自然の両面を持っていて、映画ロケ地としてもよく使われている。
ピアノ・レッスン (1993) THE PIANO 』をはじめ、
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
ムーラン・ルージュ (2001) MOULIN ROUGE!
『 クジラの島の少女 (2002) WHALE RIDER 』
ピーター・パン (2003) PETER PAN
ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI
レジェンド・オブ・ジョニー・リンゴ (仮題) (2003) THE LEGEND OF JOHNNY LINGO 』等である。

▲TOPへ

■映画『 猫は、なんでも知っている TOY LOVE 』のあらすじ
※本作『 猫は、なんでも知っている 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 映画『 猫は、なんでも知っている 』の主人公はベン(ディーン・オゴーマン)という若い男性で、恋人エミリー(マリサ・ストット)には平気で嘘をついたり騙したり浮気したりと、何とも不道徳限りないダメ男だ。そういうベンが、セクシーで意表をつく女性クロー(ケイト・エリオット)と出会うと、すっかりはまり込んでしまい、クローにベッタリ付きまとうことに。ところが、このクローという女性は、ベン以上に不純な恋愛のやり手。それに、登場人物全員が唖然とさせられる変人ばかりだとか。ロマンティック・コメディでありながらナンセンス満載というこの『 猫は、なんでも知っている 』は、米国映画『 アメリカン・パイ 』シリーズ(『 アメリカン・パイ3: ウェディング大作戦 (2003) AMERICAN WEDDING 』参照)と似たタイプなのかもしれない。
▲TOPへ
【『 猫は、なんでも知っている 』のスタッフとキャスト】
監督: ハリー・シンクレア Harry Sinclair (Directed by)
製作: ジュリエット・ヴィバー Juliette Veber (producer)
製作総指揮: フィオナ・コップランド Fiona Copland (executive producer)
脚本: ハリー・シンクレア Harry Sinclair (Writing credits)
撮影: グラント・マッキノン Grant McKinnon (Cinematography by)
編集: マーゴット・フランシス Margot Francis (Film Editing by)
音楽: ヴィクトリア・ケリー Victoria Kelly (Original Music by)
    ジュースト・ラングヴェルド Joost Langeveld (Original Music by)

出演: ディーン・オゴーマン Dean O'Gorman as Ben ベン
    ケイト・エリオット Kate Elliott as Chlo クロー
    マリサ・ストット Marissa Stott as Emily エミリー
    マイケル・ローレンス Michael Lawrence as Francois フランソワ
    ジュヌヴィエーヴ・マクリーン Genevieve McLean as Nancy ナンシー
    ピーター・フィーニー Peter Feeney as Jim ジム
    クイントン・ヒータ Quinton Hita as Mat マット
    ミリアマ・スミス Miriama Smith as Hinemoa ヒネモア
    キム・ミハリス Kim Michalis as Imogen アイモグン
    ローズ・マッカイヴァー Rose McIver as Lucy ルーシー
    リネット・フォーデイ Lynette Forday as Empathy エンパシー

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 猫は、なんでも知っている (2002) TOY LOVE 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
■映画『 猫は、なんでも知っている (2002) TOY LOVE 』の更新記録
2004/04/27新規: ファイル作成
2004/12/13更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.