Touch the Sound
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
Touch the Sound (2004)
TOUCH THE SOUND
 映画『 Touch the Sound (2004) TOUCH THE SOUND 』を紹介します。邦題は「タッチ・ザ・サウンド」でなくて『 Touch the Sound 』と表記。

 映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』の主なスタッフ
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』の主なキャスト
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』のあらすじ
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』の受賞
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』のトリビア
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』のスタッフとキャスト
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 Touch the Sound 』(タッチ・ザ・サウンド)の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 Touch the Sound (2004) TOUCH THE SOUND 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 Touch the Sound TOUCH THE SOUND 』のポスター、予告編および映画データ
Touch the Sound
Touch the Sound
ポスターは公式サイト
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers: ここで観られます。
上映時間 Runtime: 1:40
製作国 Country: ドイツ/イギリス
Germany / UK
製作会社
Production Company:
Filmquadrat GbR
Skyline Productions
全米配給会社 Distributer: Shadow Distribution Inc.
Shadow Releasing
全米初公開 Release Date: 2005/02/12 (Portland International Film Festival)
日本初公開 R. D. in Japan: 2006/03/11 予定
日本公開情報 : ソニーコミュニケーションネットワーク
ジャンル Genre: ドキュメンタリー/音楽
Documentary / Music
MPAA Rating 指定: Rating G
日本語公式サイト
http://www.touchthesound.jp/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 Touch the Sound (2004) TOUCH THE SOUND 』の解説

 『 Touch the Sound 』(タッチ・ザ・サウンド)は、グラミー賞2度受賞という偉業を成し遂げたパーカショニスト、エヴリン・グレニーを通して見つめた音の世界を描いたドキュメンタリー映画。『 Touch the Sound 』では、エヴリン・グレニーが聴覚障害を持ちながらも世界的パーカッショニストとして活躍する姿を追っている。エヴリンにとって、音は触れることができるもの。耳だけでなくエヴリンが体そのもので感じる音を追っていくうちに、私たちは聴こえなかった自分のまわりの音の存在に気づいていく。『 Touch the Sound 』は、精力的に活動を続ける彼女の日々の生活に密着、彼女が身体全体で感じとる音の世界を、映画を通して同じように体感することを目指して制作された画期的な音の映像詩なのである。<So-net 了承を得て引用>

▲TOPへ

■映画『 Touch the Sound (2004) TOUCH THE SOUND 』の主なスタッフ

○『 Touch the Sound 』の監督・製作・撮影: トーマス・リーデルシェイマー
 『 Touch the Sound 』で監督・製作・撮影の三役をこなすトーマス・リーデルシェイマーは 1963年ドイツ生まれ。ミュンヘンフィルム&テレビジョン学校に学び、ドイツをはじめソマリヤ、タンザニア、南アフリカなどで映像の監督・撮影を行なう。また同学校にて映像学のセミナー講師も勤める。2001年にはドイツ映画撮影賞、02年サンフランシスコ・ゴールデンゲート映画祭では最優秀賞、モントリオールでの最優秀賞、03年には前作『 Tide and Rivers 』にて最優秀ドキュメンタリー賞、最優秀カメラ賞を受賞。04年本作『 Touch the Sound 』がロカルノ国際映画祭で批評家賞を受賞。<So-net 了承を得て引用>

○『 Touch the Sound 』の音響: クリストフ・フォン・シェ−ンブルク
アナトミー2 (2003) ANATOMIE 2 (原題) / ANATOMY 2 (英題)

○『 Touch the Sound 』の照明: テレセ・アンデション
戦争のはじめかた (2001) BUFFALO SOLDIERS
 『 Touch the Sound 』のスタッフで、知っている作品に関与している人は少なかった。

▲TOPへ

■映画『 Touch the Sound (2004) TOUCH THE SOUND 』の主なキャスト

●エヴリン・グレニー@Touch the Sound
 1965年生まれ。スコットランド出身。 8歳の頃から聴覚を失い始め、12歳になる頃には殆ど聴覚を失うが、音楽への熱意を失わず、19歳で英国王立音楽大学を卒業。その後、世界屈指のパーカッショニストとなる。欧米を中心にクラシックからアヴァンギャルドまで精力的な音楽創造活動を続ける。1988年と2001年の2回、グラミ−賞クラシック部門受賞。オーケストラや多ジャンルのアーティストとの共演やソローパフォーマンスのほか、音楽教育に対しての活動にも熱心に取組み、様々な学校で音楽ワークショップなどを開催している。

 少女期に聴覚障害が発症したエヴリン・グレニーは、音楽家への勉強を続け、体を通して音を感じるようになっていく。エブリンにとって音は触れることができるものだ。耳だけでなくエヴリンが体そのもので感じる音を追っていくうちに、私たちも、聴こえなかった自分のまわりの音の存在に気づいていく。「聴くとは何かに触れること・・」とエブリンは言う。すべてのものに音が宿っていて、その音は命そのものであること。そして、先入観にとらわれず、自分の感覚をすべてオープンにしていくうちに、私たちの本来もっている感覚が開かれていく。

●『 Touch the Sound 』では、アバンギャルド音楽の巨匠フレッド・フリスのギターやオラシオ・エルナンデスとのセッションも必聴。
<So-net 了承を得て引用>

▲TOPへ

■映画『 Touch the Sound (2004) TOUCH THE SOUND 』のあらすじ
※本作『 Touch the Sound 』のあらすじは、日本公開前に公式サイトより引用して幸田幸がまとめたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 Touch the Sound 』のストーリー。
 パーカッショニストのエヴリン・グレニー(本人)は、ギタリストのフレッド・フリス(本人)と共に、新しいCDの録音でドイツのケルン Köln (Cologne), Germany にある廃墟となった大きな工場跡にやってくる。二人にとって、周りにある様々な機械や手すりも楽器、そこから新たな音を紡ぎ出していく。聴覚障害のあるエヴリンは、非常に音が聞こえにくい。しかし、彼女は、体のあらゆる感覚を通して音を感じている。

 ニューヨーク New York 、日本、カリフォルニア California, USA 、イングランド England 、スコットランド Scotland ・・・と、私たちはエヴリンとともに、日常に潜む“音”を体験していく。ニューヨークの朝、街が目覚めて動き出す喧騒、騒音と思っていた音ですら、エヴリンには譜面の上の音符となる。ごみ収集トラック、建設現場、車の騒音、都市の街音、彼女は、音に触れることでコミュニケートしていく。街や空港や石庭や海岸でエヴリンがみつけた音、街にあふれる音のオーケストラをバックに、アーティストとの共演が始まる。エヴリンの音楽世界が、美しいポートレートように描かれていく。 エヴリンが行く先々の街や自然、人が持つリズムが色鮮やかに描かれる。

 映画 「Touch the Sound」は、まさに原題どおり、心と体で音楽に触れることのできる、独特のリズムを持った体感型ドキュメンタリー。エヴリン・グレニーの音楽世界を通じ、音楽を体感するという快感を映像の中で楽しめる。エヴリン・グレニーは、楽器の音を聴覚だけで感知しているのでなく、体そのもので感じている、彼女にとって、音は触れること。エヴリンとの旅を通して、私たちはこんなにも自分たちの周りに“音”があったのかと気づかされ、認知していなかった鼓動を「見」「聴き」そして「感じる」ことができることに気づく。眠っていた私たちの感覚、第六音感が呼び覚まされていくような映像である。

 日常のすべての中にリズムがあると、エブリン・グレニーは話す。動き、流れ、変化・・そのすべてにリズムがある。そのリズムを体のどこかで認知していることを我々は知らない。鋼とコンクリートでできた橋から、原子のまわりの陽子にいたるまで、すべてのものは振動している。“すべてのものは振動している”とうことは、“すべてのものが音を発している”ということになる。そこに今まで、気づかなかった、音とリズムの世界が展開する。

 エヴリン・グレニーは“呼吸”の持つリズムから“心臓”が打つビート、“静寂”から“音楽”ができる様をわたしたちに教えてくれる。それはまるで聴覚と視覚が入れ替わるような不思議な感覚。トーマス・リーデルシェイマー監督は、ポートレ−ト的映像美と、想像を喚起する音による感覚の世界をみごとに映像化した。(So-net 了承を得て公式サイトより引用・編集)

▲TOPへ

■映画『 Touch the Sound (2004) TOUCH THE SOUND 』の受賞

◎『 Touch the Sound 』は、スイスのロカルノ国際映画祭 2004 Locarno International Film Festival で批評家賞 Critics Week Award を受賞

◎『 Touch the Sound 』は、ドイツのライプチヒ国際ドキュメンタリー映画祭 2004 Leipzig DOK Festival で金賞 Golden Dove Long Footage を受賞

◎『 Touch the Sound 』は、ドイツ映画祭 2005 German Film Awards で音響金賞 Film Award in Gold Best Sound (Beste Tongestaltung) を受賞
 この時、
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (2005) SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE (原題) / SOPHIE SCHOLL - THE FINAL DAYS (英題) 』等も受賞、
 各賞ノミネートには:
ヒトラー 最期の12日間 (2004) DER UNTERGANG (原題) / THE DOWNFALL (英題)
ランド・オブ・プレンティ (2004) LAND OF PLENTY 』等も挙がっていた。

◎『 Touch the Sound 』は、英国アカデミ−映画&テレビアーツ賞 2005 BAFTA - The British Academy of Film & Television Arts (英国のアカデミー賞にあたる)で最優秀ドキュメンタリー賞 BAFTA Scotland Award best documentary film を受賞

◎『 Touch the Sound 』は、バンコク国際映画祭 2005 Bangkok International Film Festival で最優秀ドキュメンタリー賞 Special Mention Best Documentary Special Mention Best Documentary を受賞

▲TOPへ

■映画『 Touch the Sound (2004) TOUCH THE SOUND 』のトリビア

【Touch the Soundのトリビア その1】  『 Touch the Sound 』のオーストリアの配給会社は Polyfilm Verleih GmbH で、
ベルリン・フィルと子どもたち (2004) RHYTHM IS IT! 』
アメリカン・スプレンダー (2003) AMERICAN SPLENDOR
ドッグヴィル (2003) DOGVILLE
ククーシュカ ラップランドの妖精 (2002) KUKUSHKA (原題) / THE CUCKOO (英題)
永遠のモータウン (2002) STANDING IN THE SHADOWS OF MOTOWN 』等を扱っている。

【Touch the Soundのトリビア その2】  『 Touch the Sound 』のスイスの配給会社は Look Now! で、
ソン・フレール ―兄との約束― (2003) SON FRERE (原題) / HIS BROTHER (英題)
バッファロー'66 (1998) BUFFALO '66 』等を扱っている。
▲TOPへ
【『 Touch the Sound 』のスタッフとキャスト】
監督: トーマス・リーデルシェイマー Thomas Riedelsheimer (Directed by)
製作: トレヴァー・デイヴィス Trevor Davies (producer)
    レスリー・ヒルズ Leslie Hills (producer)
    シュテファン・テルツ Stefan Tolz (producer)
撮影: トーマス・リーデルシェイマー Thomas Riedelsheimer (Cinematography by)
編集: トーマス・リーデルシェイマー Thomas Riedelsheimer (Film Editing by)
音楽: フレッド・フリス Fred Frith (Original Music by)
    エヴリン・グレニー Evelyn Glennie (Original Music by)
音響: グレゴール・クシェル Gregor Kuschel (sound)
    フーベルトゥス・ラート Hubertus Rath (sound re-recording mixer)
    クリストフ・フォン・シェ−ンブルク Christoph von Schönburg (sound designer)
    マルク・フォン・Stürler Marc von Stürler (sound)
照明: テレセ・アンデション Therese Andersson (Gaffer)

出演: エヴリン・グレニー Evelyn Glennie as Herself
    フレッド・フリス Fred Frith as Himself
    オラシオ・エルナンデス as Himself
    The Fogmaster Jason as Performer
    鬼太鼓座 Ondekoza

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 Touch the Sound (2004) TOUCH THE SOUND 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      So-net より情報
       http://www.touchthesound.jp/press/
      公式サイト(英語版)
       http://www.touch-the-sound.com/
      公式サイト(日本版)
       http://www.touchthesound.jp/
■映画『 Touch the Sound 』の更新記録
2006/03/06新規: ファイル作成
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2006 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.