タイタニック
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■映画レヴュー
タイタニック (1997)
TITANIC
 映画『 タイタニック (1997) TITANIC 』をレヴュー紹介します。

 映画『 タイタニック TITANIC 』を以下に目次別に紹介する。
■映画『 タイタニック TITANIC 』の解説及びポスター、予告編
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 タイタニック TITANIC 』の映画データ
■映画『 タイタニック TITANIC 』の主なキャスト
■映画『 タイタニック 』のように泣ける(?)ロマンス映画レヴュー
■映画『 タイタニック TITANIC 』のスタッフとキャスト
■映画『 タイタニック TITANIC 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 タイタニック 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 タイタニック (1997) TITANIC 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 タイタニック TITANIC 』の結末
■映画『 タイタニック TITANIC 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の鑑賞評価: 8つ星 
■映画『 タイタニック (1997) TITANIC 』の解説及びポスター、予告編
タイタニック
タイタニック

Links:  Official Web Site
■映画『 タイタニック TITANIC 』の解説

 映画『 タイタニック (1997) TITANIC 』のキャッチコピーが「運命の恋。誰もそれを裂くことはできない。」 映画『 タイタニック 』は、豪華客船の史上最大の海難事故の実話に悲恋をからめたスペクタクル・ロマン超大作。
 映画『 タイタニック 』の監督・製作・脚本はジェームズ・キャメロン。アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「トゥルーライズ」「ターミネーター1・2」及び「アビス」「ランボー/怒りの脱出」等のSFアクション路線を突っ走る。映画『 タイタニック 』は封切り前は悪口をたたかれていたが、『 タイタニック 』がいざリリースされると、劇場は超満員。『 タイタニック 』は記録的な興行収入で大成功となった。
 映画『 タイタニック 』は、1997 年のアカデミー賞で、作品賞・監督賞・撮影賞・主題歌賞" My Heart Will Go On "・音楽賞・美術賞・衣装デザイン賞(カラー)・視覚効果賞・音響効果賞・音響賞・編集賞を総なめにした。歌姫、セリーヌ・ディオンの『 タイタニック 』主題歌が愛に力と勢いを与えている。
 なにしろ『 タイタニック 』主演のレオナルド・ディカプリオ(『 アビエイター (2004) THE AVIATOR 』等)がいい。『 タイタニック 』で世界中の女性を虜にしてしまった。この金髪の青い目の青年、ニックネームはレオ、英語の発音ならばリオ。
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 タイタニック (1997) TITANIC 』の映画データ
 上映時間 189分
 製作国 アメリカ
 公開情報 FOX
 初公開年月 1997/12
 ジャンル ドラマ/ロマンス/パニック
 《公開時コピー》運命の恋。誰もそれを裂くことはできない。
 《米国コピーTagline》
▲TOPへ
■映画『 タイタニック (1997) TITANIC 』の主なキャスト
●レオナルド・ディカプリオ as ジャック・ドーソン @『 タイタニック 』
『 ギルバート・グレイプ (1993) WHAT'S EATING GILBERT GRAPE 』< 1994 年アカデミー助演男優賞ノミネート>
クイック&デッド (1995) THE QUICK AND THE DEAD
ロミオ&ジュリエット (1996) WILLIAM SHAKESPEAR'S ROMEO & JULIET / ROMEO + JULIET
タイタニック (1997) TITANIC
仮面の男 (1998) THE MAN IN THE IRON MASK
ギャング・オブ・ニューヨーク (2001) GANGS OF NEW YORK
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN
アビエイター (2004) THE AVIATOR 』等に出演、
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 (2004) THE ASSASSINATION OF RICHARD NIXON 』で製作総指揮

●ケイト・ウィンスレット as ローズ・デウィット・ブカター @『 タイタニック 』
いつか晴れた日に (1995) SENSE AND SENSIBILITY
タイタニック (1997) TITANIC
エニグマ (2002) ENIGMA
アイリス (2001) IRIS
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (2003) THE LIFE OF DAVID GALE
エターナル・サンシャイン (2004) ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND
ネバーランド (2004) FINDING NEVERLAND
▲TOPへ
■「映画の森てんこ森」にある『 タイタニック 』のように泣ける(?)ロマンス映画レヴュー
シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS
マディソン郡の橋 (1995) THE BRIDGES OF MADISON COUNTY
イングリッシュ・ペイシェント (1996) THE ENGLISH PATIENT
ロミオ&ジュリエット (1996) WILLIAM SHAKESPEAR'S ROMEO & JULIET / ROMEO + JULIET
恋におちたシェイクスピア (1998) SHAKESPEARE IN LOVE
アンナと王様 (1999) ANNA AND THE KING
マレーナ (2000) MALENA
ムーラン・ルージュ (2001) MOULIN ROUGE!
エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN
めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS
イザベル・アジャーニの惑い (2002) ADOLPHE
コールド マウンテン (2003) COLD MOUNTAIN 』等があります。
▲TOPへ
【『 タイタニック 』のスタッフとキャスト】
監督: ジェームズ・キャメロン James Cameron
製作: ジェームズ・キャメロン James Cameron
    ジョン・ランドー Jon Landau
製作総指揮: レイ・サンキーニ Rae Sanchini
脚本: ジェームズ・キャメロン James Cameron
撮影: ラッセル・カーペンター Russell Carpenter
美術: ピーター・ラモント Peter Lamont
編集: ジェームズ・キャメロン James Cameron
音楽: ジェームズ・ホーナー James Horne 

出演: レオナルド・ディカプリオ Leonardo DiCaprio ジャック・ドーソン
    ケイト・ウィンスレット Kate Winslet ローズ
    ビリー・ゼイン Billy Zane カル
    キャシー・ベイツ Kathy Bates モリー・ブラウン
    フランシス・フィッシャー Frances Fisher ルース
    ビル・パクストン Bill Paxton ブロック
    バーナード・ヒル Bernard Hill エドワード・J・スミス船長
    ジョナサン・ハイド Jonathan Hyde
    ヴィクター・ガーバー Victor Garber
    デヴィッド・ワーナー David Warner
    ダニー・ヌッチ Danny Nucci
    ジャネット・ゴールドスタイン Jenette Goldstein
    スージー・エイミス Suzy Amis
    グロリア・スチュアート Gloria Stuart

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『 タイタニック (1997) TITANIC 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー

【タイタニック 第01段落】  美しく年老いた白髪の女性ローズ(グロリア・スチュアート)の回想形式で物語『 タイタニック 』は始まる。 1912 年4月 14 日、豪華客船タイタニック号は氷山に激突し、凍える北大西洋に沈没、犠牲者1500人以上を出す海難史上最大の事故となった。ローズはタイタニック号の生存者約 700 名のうちの一人である。

【タイタニック 第02段落】  20 世紀の終わり頃。現代、年頃の孫娘とペットとともに平和に暮らすローズの元に、彼女が若い頃に遭遇したタイタニック号海難事故の際の、海に沈んだ財宝探しの許可依頼が舞い込む。財宝を見つけようとしているのはラベット(ビル・パクストン:
アポロ13 (1995) APOLLO 13
タイタニック (1997) TITANIC
フレイルティー/妄執 (2001) FRAILTY
サンダーバード (2004) THUNDERBIRDS 』)。タイタニック号海難場所は、北大西洋、だだっ広い海原の上に探検艇が準備OKで待機している。そこへ乗りこんでくる老女ローズ。タイタニック号はこの海の下 2.5 マイル(約4 km )の所に眠っている。孫娘に自分の宝石の話をしているうちに、数十年前の記憶がありありと蘇ってくる・・・

【タイタニック 第03段落】  1912 年4月 10 日。タイタニック号海難事故の悲劇のほんの四日前である。イギリスのサウザンプトン港の界隈の労働者の溜まり場でジャック・ドーソン(レオナルド・ディカプリオ)という若者が、仕事仲間とポーカーに興じている。みんな、よれよれの服で生活苦が顔ににじみ出ている、労働者階級の連中だ。ジャックは一応、画家を志望しているが、こんなご時世、働かなければ、食べていけない。彼には身寄りもないようだ。彼は不定期貨物船などで世界中を旅しながらお金を稼いで、どうにか暮らしている。

【タイタニック 第04段落】  この賭けポーカーのゲーム。勝てば二人に豪華客船タイタニック号の3等切符が当たるのだ。タイタニック号の行き先は新天地アメリカ。運命の分かれ道、ジャックは勝ってしまった。もう一人はジャックの親友、イタリア系のファブリツィオ・デ・ロッシ(ダニー・ヌッチ)だ。サウザンプトン港は、タイタニック号の巨大な船体に今、正に乗りこもうとする人達であふれかえっていた。相棒ファブリツィオと、ジャックは着の身着のまま、タイタニック号の乗り込み口まで駆けて行く。二人は殺虫剤DDTを体中にばら撒かれ、桟橋を渡ってタイタニック号の3等客室の方に乗船する。

【タイタニック 第05段落】  タイタニック号はホワイト・スター・ライン社の「夢の豪華客船」とうたわれ、当時の最大にして最新の設備を誇る超豪華客船だった。このタイタニック号は今回が処女航海だった。タイタニック号の乗客は大きく分けて二分された。一方は観光と贅沢目的の上流階級で、上デッキの1等客室へ。もう一方は、移民として新天地アメリカへ渡ろうとしている労働者階級で、船底の3等客室だった。

【タイタニック 第06段落】  タイタニック号に乗船して間もなく、下デッキにいたジャックが目を上げると、上デッキに美しい女性が見えた。まだ若い美人だ。憂いのある顔でなにやら物思いにふけっているようだ。ふと、目と目が合う。女性はデッキから去ってしまう。この女性こそ、ジャックの悲恋の相手となる 17 歳のローズ・デウィット・ブカター(ケイト・ウィンスレット)だった。

【タイタニック 第07段落】  ローズは上流階級の母親ルース・デウィット・ブカター(フランシス・フィッシャー:『 砂と霧の家 (2003) HOUSE OF SAND AND FOG 』)とタイタニック号1等客室の乗客だった。しかし、上流であっても、実は、父親が死亡して、破産状態になっており、そのためにローズは、無理やりに資産家キャル・ホッカリー(ビリー・ゼーン)の婚約者にさせられていた。彼女はこの婚約者は大嫌いだったが、彼も今回のタイタニック号の航海に同行している。母親はプライドが高く、保守的な考え方の持ち主で、娘を自由にさせてくれなかったのだ。だからローズは生きるのがいやになっている。

【タイタニック 第08段落】  ある晩、婚約者にも母親にも辛く当たられたローズは、タイタニック号の船首から海へ投身自殺しようとする。でも、なかなか身を投げられない。そこに、ジャックがその姿を見つけ、そばに寄って来る。真剣な顔で止めようとはしない。ジャックは何と、自分の靴や靴下まで脱ぎ始めるではないか。そして、ローズに言う。「海の中は冷たいぞ。飛び込むなら、一緒に付き合ってやるよ。」 冗談ぽく言うジャックに、初め訝しそうにしていたローズは、穏やかな心に戻り、青年の言うことを聞いて、柵からデッキ内に戻ってきた。

【タイタニック 第09段落】  お互い名前だけは教え合って、ローズはまたタイタニック号1等客室に戻される。ジャックはそれからは、タイタニックの船内を歩いては、ローズの散歩する姿を捜し求めた。そして、連れと歩いているローズの腕を陰から引っ張って、二人の行動に移る。この二人、なかなか行動的なのだ。手を繋いで、キャッキャッ言いながら、タイタニック号内を走り回り、惹かれ合っていく。船底の3等部分まで連れていって、陽気な踊りの仲間に入ったりして、ローズは明るい自分を取り戻していく。

【タイタニック 第10段落】  恋する二人は神々しくさえ見える。セリーヌ・ディオンの『 タイタニック 』主題歌をBGMに、二人はタイタニック号の船首で海と空に向かって明るい笑顔を放つ。ローズはタイタニック号の進路方向に両手を大きく広げ、彼女を支えるジャック。有名なシーンだ。全ては二人の為にある、という純愛の輝かしい二人の世界がそこにあった。(でも実際は船首に立って、そんなことしたら自殺行為だそうです。風圧等で一瞬に死んでしまうらしい。)

【タイタニック 第11段落】  ある晩のタイタニック号のディナーに、ローズはジャックを1等客室のダイニングルームまで招待することにした。でもジャックには着る服がない。そんな彼に味方する太っ腹な女性客モリー・ブラウン(キャシー・ベイツ:
タイタニック (1997) TITANIC
アバウト・シュミット (2002) ABOUT SCHMIDT
コーリング (2002) DRAGONFLY 』)がいた。この女性、ローズの母親達と同じグループで上流階級だったが、元来上流でなくて、いわゆる成り上がりだったので、皆に馬鹿にされていた。しかし、ここで、良いところを見せられた。ジャックにタキシードを都合してあげるのだ。貧しい者の気持ちがわかる、貧しい者の味方だ。観客は急にこの女性をひいき目で見るようになる。

【タイタニック 第12段落】  初めて垣間見る上流階級の連中。ローズの母親と女友達のモリー・ブラウン、ローズの婚約者のホックリー、
ホックリーの召使いスパイサー・ラブジョイ(デヴィッド・ワーナー:
PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES
キス・オブ・ライフ (2003) KISS OF LIFE
ラヴェンダーの咲く庭で (2004) LADIES IN LAVENDER 』)といったローズの取り巻きや、ホワイト・スター・ライン社の社長J・ブルース・イスメイ(ジョナサン・ハイド)、
E・J・スミス船長(バーナード・ヒル:
真夏の夜の夢 (1999) WILLIAM SHAKESPEARE'S A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM
ゴシカ (2003) GOTHIKA
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003) THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING
ウィンブルドン (2004) WIMBLEDON 』)、
タイタニック号の主任設計者であり建造責任者トーマス・アンドリュース(ヴィクター・ガーバー:
キューティ・ブロンド (2001) LEGALLY BLONDE
エバーラスティング 時をさまようタック (2002) TUCK EVERLASTING 』)などを紹介される。ジャックは、そんな上流階級のお高い姿勢にも負けずに、ジョークを飛ばして、堂々と遣り合う。

【タイタニック 第13段落】  ディナーが一段落すると、二人は目配せしてその場から姿を消す。またキャーキャー言いながら、手を握り合い、タイタニック号船内を駆け回る。そして、船底の荷物室。金持ちたちの渡米荷物に交じり、フォードの新車も積みこまれている。その中に入り込み、二人は結ばれる。車のガラスが熱気で曇っている。そして、ローズの客室に二人で入って、ローズの裸体のデッサンをするジャック。そう言えば、ジャックは画家志望だったっけ。

【タイタニック 第14段落】  ローズといい仲になってきているジャックの存在が、婚約者ホックリーには面白くない。どうにかしてジャックを落とし込めたい。それで、忠実で冷酷な召使いラブジョイを使って、ジャックのコートのポケットに別の客の懐中時計を入れさせ、ジャックを泥棒に仕立て上げる。さらに悪いことには、ジャックはデッキでこのカシミアの黒いコートを「拝借」していたのだ。ジャックははめられて、タイタニック号の中で逮捕され、船底の監禁室で手錠をはめられ、閉じ込められてしまう。

【タイタニック 第15段落】  そうこうして航海半ばの4月 14 日、タイタニック号は寒い北大西洋を西に進路をとっていた。そのとき、甲板の一船員が叫ぶ。「氷山だぁ〜!」 舵を切って、正面衝突は避けたが、タイタニック号は氷山と側面を接触。物凄い衝撃が船内を駆け巡る。頭をぶつけて流血する者、鉄板の下敷きになる者、機械に挟まれて動けなくなる者。そこへ亀裂から海水が流れ込んでくる。

【タイタニック 第16段落】  上の1等乗客は優雅に食事会をして、こんな最中でも、まだ実感が沸いていない。なぜなら「タイタニック号は絶対に沈まない」と宣伝されていたからだ。まだまだ余裕たっぷりに、他人事のように振舞っている。一方、船底の3等乗客は上へ、上へ、と、死に物狂いでデッキ上に出ようとする。海水は容赦なく下層部に押し寄せているからだ。しかも、浸水の蔓延を防ぐために、タイタニック号の下層部は要所要所、鉄の扉で遮断される仕組みになっていた。逃げたくても鉄の扉で閉じ込められ、溺れ死んでいく3等の労働者達。家族連れも、男性女性の一人ものも。

【タイタニック 第17段落】  タイタニック号はその優雅な巨体をじわじわと海中に沈め始めている。ジャックはその船底の監禁室の中だ。しかも手錠で部屋に繋がれている。ドアの隙間から足元に水がひたひたと入ってきた。絶体絶命のジャック。しかし、恋のキューピッドはジャックを簡単には死なせない。ローズが血相を変えてジャックを探しまくっているのだ。上へ上へ、水のない方へと逃げる他の人達と逆方向に、ローズは下へ下へ、しかも、海水がひざ上から腰まで迫っている方向へ、恋する人を救いに走る。

【タイタニック 第18段落】  遂にジャックの居場所に辿りついた。感動する二人の顔。実は、あの懐中時計とコート事件の際、ローズはジャックを誤解して喧嘩別れになっていたのだ。でも、愛の力は誤解なんぞ吹き飛ばす。手錠のカギが見つからない。ローズは胸まで迫る海水の中を、廊下まで何か探しに行き、斧を見つけてきた。チェーンを力いっぱい叩き切るローズ。キャメロン監督はヒロインを力強い設定でタイタニックの映画作りしているそうだが、ここでも例外でなかった。

【タイタニック 第19段落】  二人は手を取り合って逃げる。水はもう背の高さまで来ている。髪の毛も長いドレスも水浸しになりながら、とうとうデッキの上に出ることが出来た。そこは逃げ惑う人々で地獄のようだった。救命ボートの取り合いが始まる。優先はタイタニック号1等の女性・子供・老人からだ。乗務員も救命ボートの取り扱いに不慣れで、ロープが切れてボートが横転してしまったり、無理に乗り込もうとする3等の男性客を、乗務員がピストルで撃ち殺したりという、修羅場があますことなく描かれる。

【タイタニック 第20段落】  ローズの婚約者は金の力を使って、男性なのにボートに首尾よく忍び込む。そしてジャックに、向こうのボートに君の分をとっておいたから、とウソまでつく始末。1等の女性客はどんどんボートに乗り移っていく。ローズは、この大混乱の中、母親に呼ばれて、いったんはボートに乗り移った。ジャックは叫ぶ。「生きるんだ。どんなことがあっても、行き抜くんだ!」ボートのロープが下ろされ始めた。船に残ったジャックと目を見つめ合うローズ。一生の別れだ。観る方は本気で涙が出てしまう。と、その時、ローズは救命ボートから人々を掻き分けて、船の本体の柵にしがみつく。絶叫する母親。ローズはジャックを選んだ。 ・・・

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


【タイタニック 第21段落】  タイタニック号の巨体はどんどん角度を大きくして海中に沈んでいく。船お抱えの音楽隊は、ここで解散の許可が出るが、この数人の紳士達は自らの意志で、賛美歌を演奏して、最期まで務めを果たす。パニックの乗客達と、この優雅に奏でられる旋律が、対比で描かれる。

【タイタニック 第22段落】  タイタニック号船体の前半分が沈んでいくと、それにつられて後ろ半分の船体は直角に海面からそびえ立つ形になる。その最後尾に二人はしがみついている。CGは上手い。船体は 90 度の絶壁になって、百メートルもの高さから悲鳴を上げながら落下していく人達。そ・し・て…、船は真中から二つにちぎれる。二人のしがみついている高さから、船体はドーンと海面に向かって落下。 1912 年4月 15 日未明、タイタニック号は完全に沈没した。海中に投げ出される二人。渦が発生して、なかなか水面に出ることが出来ない。ローズが顔を出せた。見まわすが、ジャックはちっとも出てこない…。

【タイタニック 第23段落】  あ〜、ジャックは死んでしまった…。「タイタニック」はヒロインは生き残って、レオナルド・ディカプリオは死んでしまうと知っていたので、ああぁ、ここで死ぬのか…と思った。すると、ジャックが浮き上がってきた!二人は抱きついて、何かしがみつくものを探す。木の板を見つけ、ローズを乗せられた。でもジャックはしがみつけるだけだ。4月の凍える大西洋だ。歯をカチカチ言わせて、全身寒さで震えるジャック。

【タイタニック 第24段落】  …数時間たった。深いもやの中、救助隊のボートがサーチライトを灯してゆっくり海上をいく。辺りは凍死した人達が浮かんでいる。何十、何百という凍死体。寒さで気を失っていたローズは、ハッと気がつく。助けが来た!とジャックに喜んで伝えようとする。すると、ジャックは真っ白い顔になって、手を木の板の端に乗せたまま、冷たく凍って息絶えていた。ローズは自分だけ板に乗せて救ってくれた彼を最高に愛しい眼差しで見つめ、そっと彼の両手を板から放す。静かな冷たい海中に沈んでいくディカプリオ。ここで、二度目に泣いてしまう。

【タイタニック 第25段落】  「生きるんだ。どんなことがあっても、行き抜くんだ!」とジャックに言い聞かされていたことを思い出し、ローズは発奮する。凍えて声も出ないのだが、あらん限りの力を使って救助隊に無事、救われた。

【タイタニック 第26段落】  回想シーンが終わって、舞台はまた現代。探検チームが海底に沈むタイタニック号から、デッサンを持って上がってくる。何十年もの歳月を、画帳は船室の中で眠り続けていたのだ。そこに、ジャックの描いた、若き日のローズの裸身があった。思わず目を吸い寄せられる白髪のローズ。彼女は孫娘に、若き日のロマンスを誇り高く語るのだった。

以上。
<もっと詳しく>からスペースを含まず6550文字/文責:幸田幸

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.titanicmovie.com
■映画『 タイタニック 』の更新記録
2002/02/07新規: ファイル作成
2004/07/12更新: ◆テキストとリンク一部およびファイル書式
2005/01/04更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/03/19更新: ◆一部テキスト追記
2005/04/04更新: ◆データ追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.