柔道龍虎房
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
柔道龍虎房 (2004)
柔道龍虎榜 (原題) / THROW DOWN (英題)
 映画『 柔道龍虎房 (2004) 柔道龍虎榜 (原題) / THROW DOWN (英題) 』を紹介します。

 映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』の主なスタッフ
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』の主なキャスト
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』のあらすじ
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』の受賞
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』のトリビア
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』のスタッフとキャスト
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 柔道龍虎房 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 柔道龍虎房 (2004) 柔道龍虎榜 (原題) / THROW DOWN (英題) 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 柔道龍虎房 THROW DOWN 』のポスター、予告編および映画データ
柔道龍虎房
柔道龍虎房
ポスターはstanleyng.net/
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:

公式サイトで観られます。

上映時間 Runtime: 1:35
製作国 Country: 香港 Hong Kong / China
製作会社
Production Company:
China Star Entertainment
Milky Way Image Co. Ltd.
One Hundred Years of Film Co. Ltd.
全米配給会社 Distributer: Tai Seng Entertainment (2005) (USA)
香港初公開 Release Date: 2004/07/
日本初公開 R. D. in Japan: 2006/05/13 予定
日本公開情報 : ステップ・バイ・ステップ=デックスエンタテインメント
ジャンル Genre: アクション/サスペンス/青春
Drama / Action / Gangster
MPAA Rating 指定: Singapore:PG
日本語公式サイト
http://www.judo-ryukobo.com/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 柔道龍虎房 (2004) THROW DOWN 』の解説

 『 柔道龍虎房 』は「『 姿三四郎 』の黒澤明監督に捧ぐ」と映画の終わりに出てくる華流映画。『 柔道龍虎房 』の公開時コピーも、“姿三四郎”黒澤明監督に捧ぐ 泣いてもいいから前を見ろ!というくらい。『 柔道龍虎房 』はそんな柔道の精神と三人の男女主人公たちのアクション・サスペンス・青春・夢などを描いた香港のドラマだ。タイトル『 柔道龍虎房 』もポスターも強烈だぁ〜。中国題の原題は「柔道龍虎榜」と書き、「 Yau doh lung fu bong 」「 Rudao Longhu Bang 」と発音する。邦題『 柔道龍虎房 』は「じゅうどうりゅうこぼう」と読む。

▲TOPへ

■映画『 柔道龍虎房 (2004) THROW DOWN 』の主なスタッフ

○『 柔道龍虎房 』の監督・製作: ジョニー・トー 杜h峰
イエスタデイ、ワンスモア (2004) 龍鳳門 (原題) / YESTERDAY ONCE MORE (英題)
ブレイキング・ニュース (2004) 大事件 (原題) / BREAKING NEWS (英題) 』
マッスルモンク (2003) 大隻[イ老] (原題) / RUNNING ON KARMA / AN INTELLIGENT MUSCLE MAN(英題)
ターンレフト・ターンライト (2003) 向左走・向右走 (原題) / TURN LEFT, TURN RIGHT (英題)
PTU (2003) PTU
フルタイムキラー 全職殺手 (2001) FULLTIME KILLER

○『 柔道龍虎房 』のアクション指導: ユエン・ブン 元彬
ブラックマスク2 (2001) 黒侠II (原題) / BLACK MASK 2: CITY OF MASKS (英題)
天上の剣 The Legend of ZU (2001) 蜀山伝 / THE LEGEND OF ZU

○『 柔道龍虎房 』の製作: スティーヴン・ラム
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (2005) INITIAL D
HERO (2002) HERO (英題) / 英雄 (原題)

○『 柔道龍虎房 』の製作総指揮: チャールズ・ヒョン 向華強
ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ 烈火風雲(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地雄覇)(1993) 黄飛鴻鐡雎門蜈蚣 (原題) / CRAWS OF STEEL / THE LAST HERO IN CHINA

○『 柔道龍虎房 』の編集: デヴィッド・リチャードソン
沈黙の聖戦 (2003) BELLY OF THE BEAST
ハウス・オブ・ザ・デッド (2003) HOUSE OF THE DEAD

○『 柔道龍虎房 』の音楽: ピーター・カム 金培達
ワンナイト イン モンコック (2004) 旺角黒夜 / ONE NIGHT IN MONGKOK / ONE NITE IN MONGKOK
シルバーホーク (2004) 飛鷹 (原題) / SILVER HAWK (英題)

○『 柔道龍虎房 』のスタッフはジョニー・トー監督とコラボ作品が多いので、割愛してあります。

▲TOPへ

■映画『 柔道龍虎房 (2004) THROW DOWN 』の主なキャスト

●アーロン・クォック 郭富城 as トニー@柔道龍虎房
ディバージェンス −運命の交差点− (2005) 三岔口 (原題) / DIVERGENCE (英題)

●ルイス・クー 古天樂 as シト・ポウ@柔道龍虎房
天上の剣 The Legend of ZU (2001) 蜀山伝 / THE LEGEND OF ZU

●レオン・カーフェイ 梁家輝 as レイ・アコン@柔道龍虎房
THE MYTH/神話 (2005) 驚天傳奇 (原題) / THE MYTH (英題)
美しい夜、残酷な朝 (2004) THREE... EXTREMES
花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクトII (2004) 千機變II (原題) / TWINS EFFECT 2 / THE HUADU CHRONICLES: BLADE OF THE ROSE

●ジョーダン・チャン 陳小春 as シウモンのエージェント@柔道龍虎房
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (2005) INITIAL D

●チェリー・イン 應釆兒 as シウモン@柔道龍虎房
フルタイムキラー 全職殺手 (2001) FULLTIME KILLER

●ロー・ホイパン 盧海鵬 as 師匠チェン・ヤッサム@柔道龍虎房
PTU (2003) PTU

●カルヴァン・チョイ as 師匠の息子チン@柔道龍虎房

●チョン・シウファイ 張兆輝 as 柔道の小覇王でヤクザのマン@柔道龍虎房
ブレイキング・ニュース (2004) 大事件 (原題) / BREAKING NEWS (英題) 』
マッスルモンク (2003) 大隻[イ老] (原題) / RUNNING ON KARMA / AN INTELLIGENT MUSCLE MAN(英題)

●ジャック・カオ 高捷 as シウモンの父親@柔道龍虎房

●カリーナ・ラウ 劉嘉玲@柔道龍虎房
2046 (2004) 2046
インファナル・アフェア 終極無間 (2003) 無間道III (原題) / INFERNAL AFFAIRS III (英題)
インファナル・アフェア 無間序曲 (2003) 無間道II (原題) / INFERNAL AFFAIRS II (英題)

●ラム・シュー 林雪@柔道龍虎房
カンフーハッスル (2004) 功夫 (原題) / KUNG FU HUSTLE (英題)
ベルベット・レイン (2004) 江湖 (原題) / BLOOD BROTHERS (英題)

▲TOPへ

■映画『 柔道龍虎房 (2004) THROW DOWN 』のあらすじ
※本作『 柔道龍虎房 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 柔道龍虎房 』のストーリー。
 元柔道チャンピオンだったシト・ポウ(ルイス・クー)は、今では酔いどれてナイトクラブのマスターをしている。シト・ポウは35歳くらい。どんな理由で柔道を辞めたかは定かでない。シト・ポウは大勢のボスたちに多額の借金があり、不法ギャンプルをしたり盗みを働いたりして返済に充てている。ある時、そんな荒んだ暮らしのシト・ポウのナイトクラブに、トニー(アーロン・クォック)という40歳くらいの流れ者が現れる。トニーは誰にでも柔道の勝負を挑む男だ。当然、伝説の柔道家であるシト・ポウにも勝負を挑んだ。でもシト・ポウはそんな男の相手をする時間もする気もない。

 結局、トニーはそのナイトクラブで働き始めることになった。また、シウモン(チェリー・イン)という若い女性はホームレスで、このナイトクラブに歌手として雇ってもらいたくてやって来た。シウモンは日本で歌手として成功したい夢を抱いている。こうして、シト・ポウとトニーとシウモンというおかしな三人組が共同生活を送ることになった。トニーは柔道を放棄しているシト・ポウに、柔道をやり直すようにしきりに勇気付ける。

 シト・ポウの以前の師匠チェン・ヤッサム(ロー・ホイパン)は、弟子集めに四苦八苦しているようだ。師匠の息子チン(カルヴァン・チョイ)の助っ人となって道場を盛り上げてもらいたいので、師匠チェンはシト・ポウに戻ってきて欲しい。シト・ポウは師匠チェンの元生徒であり凄い経歴の持ち主だからだ。シト・ポウには柔道引退生活は止めて、来たる柔道選手権に道場代表として復帰出場してもらいたいと、師匠チェンは期待する。

 そんな時、レイ・アコン(レオン・カーフェイ)という野獣のような柔道家が、シト・ポウと試合したがっていると分かる。これには過去の深い訳がありそうで、二年前、シト・ポウはレイ・アコンとの初対戦に姿を現さなかったのだ。だからレイ・アコンは長い間ずっと、シト・ポウと一勝負したいと思っているのだ。当時は光り輝いていたチャンピオン、シト・ポウは、今は落ちぶれたやる気のない男に成り下がって、レイ・アコンとの対戦を拒絶する。こんなシト・ポウがやる気を戻して、もう一度柔道着に身を包んで戦うには、自分自身のトラウマに打ち勝つしかないのだ。

▲TOPへ

■映画『 柔道龍虎房 (2004) THROW DOWN 』の受賞

◎『 柔道龍虎房 』は台湾金馬奨 2004 Golden Horse Film Festival で、ヤウ・ナイホイ、イップ・ティンシン、オー・キンイーの三人が脚本賞 Best Screenplay Originally Written for the Screen 受賞に輝いた。

◎『 柔道龍虎房 』は香港映画批評家協会賞 2005 Hong Kong Film Critics Society Awards で HKFCS Award Film of Merit を授与された。

▲TOPへ

■映画『 柔道龍虎房 (2004) THROW DOWN 』のトリビア

【柔道龍虎房のトリビア その1】  『 柔道龍虎房 』は「『 姿三四郎 (1965) 』の黒澤明監督に捧ぐ  Dedicated to Akira Kurosawa 」とエンドロールで出てくるのは、世界中のメディアによく知られている。でも、やはり外国人、「 Sanshiro Sugata 」とちゃんと表記できているサイトもあれば、「 Sanjuro 」なんて間違っているサイトもあった!

【柔道龍虎房のトリビア その2】  『 柔道龍虎房 』の主な配役名は漢字ではこう書く:
トニー ・・・ 皮褸
シト・ポウ ・・・ 司徒寶
レイ・アコン ・・・ 李亞岡
シウモン ・・・ 小夢
師匠 チェン・ヤッサム ・・・ 師父 鄭一[王+深の旁]
(師匠の息子の)チン ・・・ 阿正
▲TOPへ
【『 柔道龍虎房 』のスタッフとキャスト】
監督: ジョニー・トー 杜h峰 Johnny To (Directed by)
アクション指導: ユエン・ブン 元彬 Yuen Bun (action choreographer)
製作: ジョニー・トー 杜h峰 Johnny To (producer)
    スティーヴン・ラム Stephen Lam (producer)
製作総指揮: チャールズ・ヒョン 向華強 Charles Heung (executive producer)
脚本: ヤウ・ナイホイ 游乃海 Yau Nai-Hoi (Writing credits)
    イップ・ティンシン 葉天成 Yip Tin-Shing (Writing credits)
    オー・キンイー 歐健兒 Au Kin-Yee (Writing credits)
撮影: チェン・シウキョン 鄭兆強 Cheng Siu-Keung (Cinematography by)
編集: デヴィッド・リチャードソン David Richardson (Film Editing by)
音楽: ピーター・カム 金培達 Peter Kam (Original Music by)
挿入歌:ポーラ・チョイ 徐小鳳 Paula Tsui (Song‘柔道龍虎榜’by)

出演: アーロン・クォック 郭富城 Aaron Kwok as Tony
    ルイス・クー 古天樂 Louis Koo as Szeto Bo
    レオン・カーフェイ 梁家輝 Tony Leung Ka Fai as Kong
    ジョーダン・チャン 陳小春 Jordan Chan as Mona's agent
    チェリー・イン 應釆兒 Cherrie Ying as Mona
    ロー・ホイパン 盧海鵬 Lo Hoi-Pang as Master Cheng
    カルヴァン・チョイ 蔡一智 Calvin Choi Yat-Chi as Jing
    チョン・シウファイ 張兆輝 Cheung Siu-Fai as Brother Savage
    ジャック・カオ 高捷 Jack Kao as Mona's dad
    カリーナ・ラウ 劉嘉玲 Carina Lau
    ラム・シュー 林雪 Lam Suet

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 柔道龍虎房 (2004) 柔道龍虎榜 (原題) / THROW DOWN (英題) 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト
       http://www.judo-ryukobo.com/
      MovieMartyr.com - Suffering for your cinema
       http://www.moviemartyr.com/2004/throwdown.htm
      Love HK Film
       http://www.lovehkfilm.com/reviews/throwdown.htm
      DVD Times
       http://www.dvdtimes.co.uk/content.php?contentid=12869
      Asian Cinema Drifter
       http://www.acdrifter.com/Asian-Movie-Review/81/Throwdown.html
      柔道龍虎榜
       http://www.stanleyng.net/21072004.htm
      柔道龍虎榜
       http://www.stanleyng.net/21072004.htm
      柔道龍虎榜(Yahoo!香港電影)
       http://hk.movies.yahoo.com/040620/28/11cj0.html
■映画『 柔道龍虎房 』の更新記録
2006/04/18新規: ファイル作成
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2006 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.