ヴァージン・スーサイズ
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■レヴュー
ヴァージン・スーサイズ (1999)
ヴァージン・スーサイズ
ヴァージン・スーサイズ

Links:  Official Web Site
Trailers:  Quick Time 5Mb
THE VIRGIN SUICIDES

【解説】
 映画『 ヴァージン・スーサイズ (1999) THE VIRGIN SUICIDES 』は、ジュフリー・ユージェニデスの賞賛された小説をもとに作られた、郊外に暮らす十代の少女たちの美しくもはかない物語である。映画『 ヴァージン・スーサイズ 』はフランシス・フォード・コッポラ監督の愛娘ソフィア・コッポラの脚本・監督で、彼女の初監督作品である。映画『 ヴァージン・スーサイズ 』は、ガーリー・カルチャーを見事に表現した作品で、 70 年代ミシガンの環境汚染をにおわせる。題名の『 ヴァージン・スーサイズ 』を直訳すると、“汚れのない自殺”とか“乙女の自殺”というような意味になる。
 五人姉妹のリズボン家の末娘が自殺した。そして残りの姉妹も…。美しく、個性的で、秘密めいた彼女たちに、あの頃、ぼくらはみな心を奪われ、姉妹のことなら何でも知ろうとした。だがある事件で厳格な両親の怒りを買った姉妹は、自由を奪われてしまった。ぼくらは姉妹を救い出そうとしたが、その想いが彼女たちに伝わることは永遠になかった…。
 映画『 ヴァージン・スーサイズ 』のラックス役のキルスティン・ダンストが、成長していて驚いたが、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」で見せた『冷めた』演技はそのままだった。
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
■『 ヴァージン・スーサイズ (1999) THE VIRGIN SUICIDES 』のデータ
 上映時間 98分
 製作国 アメリカ
 公開情報 東北新社
 初公開年月 2000/04/
 ジャンル ドラマ/青春
 《公開時コピー》ヘビトンボの季節に逝ってしまった5人姉妹。僕たちは残された思い出の破片をかき集める。
 《米国コピーTagline》
【スタッフとキャスト】

監督: ソフィア・コッポラ Sofia Coppola
製作: フランシス・フォード・コッポラ Francis Ford Coppola
    ジュリー・コスタンゾ
    ダン・ハルステッド Dan Halsted
    クリス・ハンレイ Chris Hanley
製作総指揮: フレッド・フックス Fred Fuchs
    ウィリ・バール Willi Bar
原作: ジェフリー・ユージェニデス Jeffrey Eugenides
脚本: ソフィア・コッポラ Sofia Coppola
撮影: エドワード・ラックマン Edward Lachman

出演: キルステン・ダンスト Kirsten Dunst
    ハンナ・R・ホール Hanna R. Hall
    ジェームズ・ウッズ James Woods
    キャスリーン・ターナー Kathleen Turner
    ジョナサン・タッカー Jonathan Tucker
    ジョシュ・ハートネット Josh Hartnett
    チェルシー・スウェイン Chelse Swain
    A・J・クック A.J. Cook
    レスリー・ヘイマン Leslie Hayman
    ダニー・デヴィート Danny DeVito
    マイケル・パレ Michael Pare

声の出演: ジョヴァンニ・リビシ Giovanni Ribisi
ネタばれ御注意!
 このレヴューは「テキストによる映画の再現」を目指して作文しています。よって、ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。
<もっと詳しく>

 彼女たちは全員<なぜ>に対する答えを持っていた。

  ―ジュフリー・ユージェニデス『ヴァージン・スーサイズ』

 1970 年代中ごろのアメリカ、ミシガン。美しい並木通りのあるごくありふれた郊外の町に、五人の美しい姉妹が住んでいた。空想にふけるリズボン姉妹達の避けられない死は、近所の少年たちの心から消し去ることの出来ないものとなった。そしてその思い出は今でも彼らに取り付いて離れない。リズボン姉妹に何が起こったのかは、暗く奇妙で深く心に突き刺さる物語であると同時に、愛と抑制、空想と恐怖、セックスと死、思い出と憧れの物語である。思春期を送るアメリカのティーンエイジャーの不可解で人生が一変するような謎を、張り裂けそうな気持ちで追っていく。この不思議な物語の中心にはその謎があるのだ。

 この謎を探偵の目のように追いかけているのは、ティム・ウェイナー(ジョナサン・タッカー:『 ヴァージン・スーサイズ (1999) THE VIRGIN SUICIDES 』『 テキサス・チェーンソー (2003) THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE 』等)。五人のリズボン家の少女たち、 17 歳のテレーズ(レスリー・ヘイマン)、 16 歳のメアリー(A・J・クック)、 15 歳のボニー(チェルシー・スワン)、 14 歳のラックス(キルスティン・ダンスト:『 若草物語 (1994) LITTLE WOMEN 』『 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (1994) INTERVIEW WITH THE VAMPIRE: THE VAMPIRE CHRONICLES 』『 ジュマンジ (1995) JUMANJI 』『 わたしが美しくなった100の秘密 (1999) DROP DEAD GORGEOUS 』『 ヴァージン・スーサイズ (1999) THE VIRGIN SUICIDES 』『 スパイダーマン (2002) SPIDER-MAN 』『 スパイダーマン2 (2002) SPIDER-MAN 2 』等)、 13 歳のセシリア(ハンナ・R・ホール:『 フォレスト・ガンプ/一期一会 (1994) FORREST GUMP 』等)から、うっとりとするような魔法をかけられたまま彼は成長し、大人になっても彼女たちの劇的な死の答えを探し続けているのだ。

 少女たちは、華やかで明るく、手に入れることの出来ない少年たちの欲望の対象そのものだった。彼女たちの生活は、両親(ジェイムズ・ウッズ、キャサリン・ターナー)の課す厳しい家族の規則によって完全に制限されていた。遠くから少年たちは双眼鏡とぼんやりとした空想を通して、半分開けられた窓の陰から少女たちを見ていた。それから、自分たちの心を揺り動かす出来事を目撃した。天使のようなセシリアが寝室の窓からまっすぐに落ち、庭の柵の棒に刺さって死んだ。セシリアは少し前手首を切る自殺未遂事件を起こしたばかりで、彼女の気持ちを和ませるために、少年たちを誘って行われたホームパーティーの最中の出来事だった。

 セシリアのショッキングな自殺から、リズボン家は外の世界を締め出して深く冷たい記憶の中で生き、ひっそりと静かに生活をしていた。一人の女の子に夢中になることなどありえなかった町一番のプレイボーイ、トリップ・フォンテーン(ジョッシュ・ハートネット:『 ヴァージン・スーサイズ (1999) THE VIRGIN SUICIDES 』『 パール・ハーバー (2001) PEARL HARBOR 』『 ハリウッド的殺人事件 (2003) HOLLYWOOD HOMICIDE 』等)が、ラックス・リズボンに危険なほどマイってしまい、彼女を追いかけ始めるまでは。

 それからトリップは考えられないことをする。彼はラックス・リズボンを学園祭のパーティーに誘った。彼女の両親の許しを得るため、残りのリズボン姉妹も一緒にグループでパーティーに出かけることにしたのだ。それは彼女たちにとって、初めての学校のダンスパーティーだった。トリップは、マリファナ3本でケヴィンと、親父のキャデラックを借りてくるというパーキーと、リズボン姉妹の両親を納得させるための材料である優秀な生徒のジョーの三人をパーティーに出かける仲間に誘った。

 楽しい短い一晩の間に、4人の少年達は誰も経験したことがないくらいにリズボン姉妹と親しくなった。しかし、ラックスとトリップは少し親密になりすぎ、抑制を失って面倒なことになってしまう。ダンスパーティーのキングとクィーンに選ばれ、興奮冷め遣らぬトリップとラックスは、門限を破って校庭で一夜を過ごす。早朝ラックスが目覚めると、そばにトリップの姿はなく、彼女は独りタクシーで家に戻る。

その日以来、リズボン姉妹は永久に家の中に閉じ込められてしまった。学校にも来ず、リズボン夫人に監禁されてしまう。ラックスは、家の屋根の上で無差別に男の子と関係を持つといった、無秩序な生活に落ちぶれていく。それで双眼鏡を通して彼女たちの生活を眺めているティムとその友人たちは、この上ない喜びに眠れない夜を過ごすのだった。しかし、少年たちはもはやリズボン姉妹をただ見ていたいだけではなくなった。彼女たちから発せられる合図を読み取り、彼女たちを救い出そうとするが…。その延長上にあるどうしようもない若さと無邪気さは永遠に失われてしまうのだ。

 1970 年代の五大湖沿岸の都市ミシガン。ティムたちが姉妹たちの死後に参加したパーティーでは、公害の悪臭のためにマスクをしている人々がいる。姉妹達が暮らしていた住宅街の街路樹は、病気のために伐採される。 1960 年代から 1970 年代にかけて五大湖は環境汚染で悪名高い湖であった。

 末娘のセシリアの日記にも、湖の汚染のことが書かれてあったように思う。セシリアが生きていた時代は、環境汚染に対する市民意識が高まり、五大湖に流される有害化学物質の多くが周辺住民の健康を蝕んでいるのではないかという危機意識が募っていた。今も勿論環境問題のことは心配しているが、私も子供の頃は具体性には甚だしく欠けるが、もっと神経質に環境問題を考えていた。先進国の豊かな生活が、地球環境を犠牲にして成り立っているものだとは知っていたが、自分自身が地球を汚しているという感覚に欠けていたので、メディアの発する情報から、悪者は有害物質を排出する工場を所有している企業だけだと思っていた。その企業の製品を無批判に買っているのは、私たち消費者なのに。そして漠然と、このままアマゾンにある熱帯雨林が伐採されていき地球上に酸素がなくなったらどうしようとか、オゾンホールが日本上空にまで広がったらどうしようとか考えて、不安になり怖くなって姉と一緒に寝てもらうこともあった。環境汚染が激しかったミシガンに暮らしていたセシリアは、もっと敏感に神経質に環境問題を考えていたのではないだろうか。精神的な問題も環境問題も時間が経てば経つほど、大きくなって手におえなくなってしまうということを、少女特有の閉ざされた世界の中でセシリアは感覚的に察知していたのだと思う。そして汚染された魚を食べることも多々あったと思うので、汚染物質を取り込みやすい脂肪成分の溜まり場である生殖器や脳に、もしかしたら問題を抱えていたのかもしれない。母親が妊娠中にその魚を大量に食べていたなら、なおさら影響は大きいだろう。

 1960 年代半ばのミシガン湖でおこった養殖ミンクの生殖異常では、ミシガン州立大学の研究者が、餌にしていた五大湖の魚に含まれる汚染物質を調査した結果、PCB(ポリ塩化ビフェニール)に関係していることを発見した。ミンクはPCBに対して極めて敏感で、ヒトの母乳の乳脂肪に含まれるのと同じレベルのPCBを与えると、子供が生めなくなる。PCBのような残留性化学物質の使用が制限されたあとですら、五大湖沿岸ではミンクは姿を消したままなのだそうだ。ミンクだけでなく、多くの野生生物が、汚染物質による生殖問題を抱えている。そして、汚染物質にまみれればまみれるほど、野生生物の免疫系は衰弱していき、感染症を引き起こして大量死を招いてしまうのだ。

 セシリアもミンクのように"汚染物質"に敏感であった。それは、彼女がホームパーティで少年達が知的障害者の少年をからかっているのを見た後に、自殺をしたことからも分かる。野生生物は自分達が何故絶滅して行くのかを知らない。社会から受ける"汚染物質"が耐性を超えてしまったとき、その汚れた世界になじむことの出来ないセシリアも、はっきりとした理由を意識することなく死んでしまったのだと思う。衝撃的な妹の死と妹の死後に経験したこと…セシリアの自殺を食い物にするマスコミ、冷たい周囲の視線、ボーイフレンドからの裏切り、大好きな街路樹の伐採、そして両親、特に母親からうける精神的・肉体的拘束…が、他のリズボン姉妹達の精神を衰弱させ、彼女達を集団自殺へと駆り立ててしまったのだ。

 そして、穢れた現在を生息地に出来なかった純粋な彼女達を、彼女達と関わった男たちはヴァージン(=マリア様)のように崇拝し続けているのだ。

(■解説とネタばれ:2002/08/24アップ ◆俳優についてリンク更新:2003/10/02)
以上。<もっと詳しく>からスペースを含まず3667文字/文責:幸田幸

【参考資料】
(1) 「ヴァージン・スーサイズ」英語版オフィシャルサイト
(2) 「奪われし未来」シーア・コルボーン、ダイアン・ダマノスキ、ジョン・ピーターソン・マイヤーズ(著)
(3) WWFジャパンホームページ http://www.wwf.or.jp/
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
新作映画情報「読む映画試写会」へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2003 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved