狼たちの鎮魂歌(レクイエム)
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003)
GLI INDESIDERABILI (原題) / THE UNDESIRABLES (英題)
 映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003) GLI INDESIDERABILI (原題) / THE UNDESIRABLES (英題) 』を紹介します。

 映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) GLI INDESIDERABILI / THE UNDESIRABLES 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) GLI INDESIDERABILI 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) THE UNDESIRABLES 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) GLI INDESIDERABILI 』の主なスタッフ
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) THE UNDESIRABLES 』の主なキャスト
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) GLI INDESIDERABILI 』の原作
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) THE UNDESIRABLES 』のあらすじ
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) GLI INDESIDERABILI 』のトリビア
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) THE UNDESIRABLES 』のスタッフとキャスト
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) GLI INDESIDERABILI 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003) GLI INDESIDERABILI / THE UNDESIRABLES 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) THE UNDESIRABLES 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) GLI INDESIDERABILI 』のポスター、予告編および映画データ
狼たちの鎮魂歌(レクイエム)
狼たちの鎮魂歌(レクイエム)
ポスターはwww.frameonline.it
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:35
製作国 Country: イタリア Italy
製作会社
Production Company:
Rodeo Drive, Digital Film, with the contribution of the Ministry for the Cultural Assets and Activities
伊国配給会社 Distributer: Metacinema [it]
伊国初公開 Release Date: 2003/11/14
日本初公開 R. D. in Japan: 2005/07/09 予定
日本公開情報 : タキコーポレーション
ジャンル Genre: ドラマ/犯罪
Drama / Crime
MPAA Rating 指定: Not rated.
日本語公式サイト
http://www.taki-c.co.jp/ookami/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003) GLI INDESIDERABILI 』の解説

 邦題『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』と聞くと復讐かなんかのアクション映画かと思いがち。『 レクイエム (2004) WAKE OF DEATH / AFTER DEATH 』や『 ブルー・レクイエム (2004) LE CONVOYEUR (原題) / CASH TRUCK (英題) 』のように「レクイエム」がついているから。でも、『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』は実話の小説の映画化で、イタリア系米国人たちがマフィアかと疑われ本国イタリアに強制送還された内容の結構シリアスなギャング映画である。『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』のイタリア語原題「 GLI INDESIDERABILI 」も英語タイトル「 THE UNDESIRABLES 」や「 THE UNDESIRABLE ONES 」も「好ましからざる者たち」「望ましくない者たち」という彼らにつけられたレッテルである。主演はヴィンセント・ギャロ。

▲TOPへ

■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003) THE UNDESIRABLES 』の主なスタッフ

 『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』はハリウッド映画でなくてイタリア映画なので、あまり知っているスタッフは見つからなかった。

○『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』の音楽: ニコラ・ピオヴァーニ
灯台守の恋 (2004) L'EQUIPIER (仏題) / THE LIGHT (英題)
ピノッキオ (2002) PINOCCHIO
息子の部屋 (2001) LA STANZA DEL FIGLIO (伊題) / THE SON'S ROOM (英題)
ライフ・イズ・ビューティフル (1998) LA VITA E BELLA / LIFE IS BEAUTIFUL

○『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』の特撮: フランコ・ガリアーノとティベリオ・アンジェローニ
理想の女(ひと) (2004) A GOOD WOMAN
THE MERCHANT OF VENICE (2004)
ペッピーノの百歩 (2000) I CENTO PASSI (原題) / THE HUNDRED STEPS (英題)

○『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』の製作秘書: フェデリコ・サンタンジェロ
隣のリッチマン (2003) ENVY
トスカーナの休日 (2003) UNDER THE TUSCAN SUN

○『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』のイタリアの配給会社: メタシネマ
SEPTEMBER TAPES (2004)

▲TOPへ

■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003) GLI INDESIDERABILI 』の主なキャスト

●ヴィンセント・ギャロ as アントニーノ@狼たちの鎮魂歌(レクイエム)
ブラウン・バニー (2003) THE BROWN BUNNY
GO!GO!L.A. (1998) L.A. WITHOUT A MAP 』
バッファロー'66 (1998) BUFFALO '66
 ヴィンセント・ギャロは米国ニューヨーク州バッファロー Buffalo, New York 生まれだけど、両親はイタリアのシチリア島 Sicily 出身だ。だからイタリア系アメリカ人 Italian-American というこの映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』にまさにピッタリの配役。

●ヴィンセント・スキャヴェリ as フランク・フリジェンティ@狼たちの鎮魂歌(レクイエム)
デス・トゥ・スムーチー (2002) DEATH TO SMOOCHY

▲TOPへ

■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003) THE UNDESIRABLES 』の原作

 『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』は、第2次世界大戦終結後まもなく、「Century XIX」という雑誌の記者ジャン・カルロ・フスコが実際に目にして著した実録小説の映画化である。

▲TOPへ

■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003) GLI INDESIDERABILI 』のあらすじ
※本作『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』のストーリー。
 第2次世界大戦からほんの数年後の 1951 年、アメリカ合衆国の調査委員会はマフィアの存在を証明することは不成功に終わった。そこで、犯罪や政治面で悪い影響を及ぼすと危惧されたイタリア系アメリカ人の百数十人(数百人という情報もあり)を、はっきりマフィアだからという理由もないのに、祖国イタリアへ追放した。当時の上院議員 Kefauver がそういうイタリア系アメリカ人たちを、イタリア語で「 GLI INDESIDERABILI 」=英語で「 THE UNDESIRABLES 」「 THE UNDESIRABLE ONES 」、つまり「好ましからざる者たち」「望ましくない者たち」と呼び名をつけての上である。

 因みに、マフィア Mafia とは:<米国の秘密犯罪組織.全米とカナダを24地区に分け,それぞれにボスがいて麻薬・賭博(とばく)などでかせいでいる.組織は全部で5千人,年間売り上げは5−6百億ドルという.もとイタリアでシチリア島の独立をめざした秘密結社だったが,19世紀末から20世紀にかけて米国に移住,次第に勢力をのばした.(三省堂辞典より)> 悪名高いのはアル・カポネ Alphonse Capone 愛称 Al Capone (1899-1947)だろう。マフィアの別称はコーザ-ノストラ Cosa Nostra (我らのもの)という。

 米国民になっている筈なのに故国イタリアへ強制送還された者たちはそりゃ困る。住む家もないし友人もいない。ツテもないから仕事も上手く見つけられない。戦後間もないイタリアの復興もままならない。それに、何よりもお金が無い。そういうイタリア系アメリカ人の主人公がアントニーノ(ヴィンセント・ギャロ)とも呼ばれるトニー・ベンダンドだ。彼らはイタリア北西部の港市ジェノバ Genoa に先ず到着して、シチリア島 Sicily の小さな村や、シチリア北東部の港市パレルモ Palermo や、ナポリ Napoli / Naples 等を舞台に活動を繰り広げ始める。貧困でありアナーキストつまり無政府主義者である彼らの言動を、ジャーナリストのジャン・カルロ・フスコ(アントニオ・カターニア)がリアルタイムで記録するという形になっているのだ。

 ヴィンセント・ギャロはギャングっぽい服装で、雰囲気も’50年代のギャングそのもの。『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』の撮影は上記のイタリアの各地で二ヶ月以上を費やして行われた。『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』はイタリア映画だから当然だが、台詞はイタリア語だ。ヴィンセント・ギャロは実生活でもイタリア系アメリカ人だから、両親がイタリア語を話す以上、ヴィンセント・ギャロも話せるのだろうネ。『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』のギャングの犯罪の展開の中で、ヴィンセント・ギャロ扮するアントニーノはアグネスカ(ヴィオランテ・プラシド)を誘惑してロマンスも見られそう。

▲TOPへ

■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003) THE UNDESIRABLES 』のトリビア

【狼たちの鎮魂歌(レクイエム)のトリビア その1】  ヴィンセント・ギャロは本名 Vincent Vito Gallo といい、イタリアの苗字「 Gallo 」は英語で「 Rooster (おんどり/気取り屋)」という意味だ!

【狼たちの鎮魂歌(レクイエム)のトリビア その2】  『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』は悪いレッテルを貼ってイタリア系アメリカ人たちをイタリアへ強制送還する内容だから米国はウレシク思わない為か、英語での情報は殆ど無くて参った参った…。情報源はイタリアのサイトなので難しかった、トホホ。

【狼たちの鎮魂歌(レクイエム)のトリビア その3】  『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』のように祖国へ戻らされる話は
エレニの旅 (2004) ELENI (仏題) / TRILOGY: THE WEEPING MEADOW (英題) 』
タッチ・オブ・スパイス (2003) POLITIKI KOUZINA (原題) / A TOUCH OF SPICE (英題) 』等がある。
▲TOPへ
【『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』のスタッフとキャスト】
監督: パスクァーレ・シメカ Pasquale Scimeca (Directed by)
製作: ガリアーノ・ファソ Galliano Juso (producer)
    マルコ・ポッチオーニ Marco Poccioni (producer)
    マルコ・ヴァルサニア Marco Valsania (producer)
原作: ジャン・カルロ・フスコ Gian Carlo Fusco (novel)
脚本: パスクァーレ・シメカ Pasquale Scimeca (Writing credits)
    アンナ・ボナイウート Anna Bonaiuto (Writing credits)
撮影: パスクァーレ・マリ Pasquale Mari (Cinematography by)
編集: Babak Karimi (Film Editing by)
特撮: フランコ・ガリアーノ Franco Galiano (Special Effects by)
    ティベリオ・アンジェローニ Tiberio Angeloni (Special Effects by)
製作秘書: フェデリコ・サンタンジェロ Federico Santangelo (production secretary)
音楽: ニコラ・ピオヴァーニ Nicola Piovani (Original Music by)

出演: ヴィンセント・ギャロ Vincent Gallo as Antonino 'Tony' Bendando
    ヴィンセント・スキャヴェリ Vincent Schiavelli as Frank Frigenti
    マルチェロ・マッツァレッラ Marcello Mazzarella as Lily Valentino
    フランコ・スカルダティ Franco Scaldati as Charlie Mincucci
    Gianni Colini Baldeschi as Giuseppe Valente
    アントニオ・カターニア Antonio Catania as Giancarlo Fusco
    マリカ・ココ Marica Coco as Katie
    ペッペ・ランツェッタ Peppe Lanzetta as Saver Li Fonzi
    ヴィオランテ・プラシド Violante Placido as Agneska
    アルバニアン・ヴィンセンツォ Albanian Vincenzo as Lu Grisafi

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) (2003) GLI INDESIDERABILI / THE UNDESIRABLES 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      FRAMEONLINE: Incontro con Vincent Gallo
       http://www.frameonline.it/ArtN15_VincentGallo.htm
      FRAMEONLINE: Gli indesiderabili
       http://www.frameonline.it/Rec_Indesiderabili.htm
      Gli Spietati - Gli Indesiderabili
       http://www.spietati.it/archivio/recensioni/rece-
2003-2004/rece-2003-2004-i/indesiderabili.htm
      Corsera.it - Informazione e notizie online - CINEMA, SCIMECA RACCONTA 'GLI INDESIDERABILI' CACCIATI DAGLI USA
       http://www.corsera.it/modules.php?name=News&file=article&sid=20031107173237
      Gli indesiderabili
       http://www.vigata.org/bibliografia/indesiderati.shtml
■映画『 狼たちの鎮魂歌(レクイエム) 』の更新記録
2005/05/26新規: ファイル作成
2005/07/02更新: ◆データ追加
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.