タイフーン TYPHOON
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
タイフーン TYPHOON (2005)
THE TYPHOON
 映画『 タイフーン TYPHOON (2005) THE TYPHOON 』を紹介します。

 映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』の主なスタッフ
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』の主なキャスト
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』のあらすじ
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』のトリビア
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』のスタッフとキャスト
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 タイフーン TYPHOON 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 タイフーン TYPHOON (2005) THE TYPHOON 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 タイフーン TYPHOON THE TYPHOON 』のポスター、予告編および映画データ
タイフーン TYPHOON
タイフーン TYPHOON
ポスターはen.wikipedia.org/
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:

上映時間 Runtime: 2:04
製作国 Country: 韓国
South Korea
製作会社
Production Company:
CJ Entertainment Inc.
Jininsa Film
全米配給会社 Distributer: DreamWorks SKG (USA)
韓国初公開 Release Date: 2005/12/
日本初公開 R. D. in Japan: 2006/04/08 予定
日本公開情報 : 東映
ジャンル Genre: アクション/アドベンチャー/ドラマ
Action / Adventure / Drama
MPAA Rating 指定: South Korea:15
日本語公式サイト
http://www.typhoon-movie.jp/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 タイフーン TYPHOON (2005) THE TYPHOON 』の解説

 『 タイフーン TYPHOON 』は『 PROMISE (2005) 無極 / THE PROMISE / MASTER OF THE CRIMSON ARMOR 』出演のチャン・ドンゴン主演の韓国映画。『 タイフーン TYPHOON 』の韓国語の原題は「Taepung」という。
 『 タイフーン TYPHOON 』では、少年時代に北朝鮮から韓国へ亡命しようとして果たせなくて辛い目に遭った男が海賊(チャン・ドンゴン)になり、復讐を誓って朝鮮半島を核の脅威で消滅させようとする。一方、韓国の海軍将校(イ・ジョンジェ)はそれを阻止する側。北朝鮮と韓国の緊張という永遠のテーマに、こういう二人の対比を描きながら、『 007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY 』等の007ジェームズ・ボンド的な作品となっているのが『 タイフーン TYPHOON 』だ。
 『 タイフーン TYPHOON 』は制作費が韓国最高だし、『 タイフーン TYPHOON 』封切後五日間で韓国の興行成績の記録を塗り替えた大ヒット作である。

▲TOPへ

■映画『 タイフーン TYPHOON (2005) THE TYPHOON 』の主なスタッフ

○『 タイフーン TYPHOON 』の監督・脚本: クァク・キョンテク
『 トンケの蒼い空 (2003) MUTT BOY 』
『 チャンピオン (2002) CHAMPION 』
『 友へ チング (2001) CHINGU 』

○『 タイフーン TYPHOON 』の製作: ヤン・ジュンギョン
マイ・ブラザー (2004) MY BROTHER

○『 タイフーン TYPHOON 』の撮影: ホン・ギョンピョ
『 ブラザーフッド (2004) TAE GUK GI / BROTHERHOOD 』

○『 タイフーン TYPHOON 』の音楽: キム・ヒョンソク
マイ・ブラザー (2004) MY BROTHER
猟奇的な彼女 (2001) MY SASSY GIRL / BIZARRE GIRL 』

▲TOPへ

■映画『 タイフーン TYPHOON (2005) THE TYPHOON 』の主なキャスト

●チャン・ドンゴン as シン@タイフーン TYPHOON
PROMISE (2005) 無極 / THE PROMISE / MASTER OF THE CRIMSON ARMOR 』
『 ブラザーフッド (2004) TAE GUK GI / BROTHERHOOD 』

●イ・ジョンジェ as カン・セジョン@タイフーン TYPHOON
オー! ブラザーズ (2004) OH! BROTHERS

●イ・ミヨン as チェ・ミョンジュ@タイフーン TYPHOON
イエスタデイ 沈黙の刻印 (2002) YESTERDAY 』や
ライターをつけろ (2002) BREAK OUT / SPARK THE LIGHTER 』等のキム・スンウ Kim Seung-Woo は元夫

●デヴィッド・マッキネス as ソムチャイ@タイフーン TYPHOON
ドイツ系スコットランド系アメリカ人と韓国人のハーフ

●デヴィッド・ノ as レザージャケット@タイフーン TYPHOON
テコンドーで四段、柔道で初段の腕前
マトリックス リローデッド (2003) THE MATRIX RELOADED

●チャタポン・パンタナアンクーン as トト@タイフーン TYPHOON
タイの首都バンコク生まれで、幼少時から二十年間アメリカで育った。だから Lewis Phantana として知られている。帰国して芸能生活を始める。
七人のマッハ!!!!!!! (2004) BORN TO FIGHT
マッハ! (2003) ONG-BAK / ONG BAK: MUAY THAI WARRIOR

▲TOPへ

■映画『 タイフーン TYPHOON (2005) THE TYPHOON 』のあらすじ
※本作『 タイフーン TYPHOON 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 タイフーン TYPHOON 』のストーリー。
 『 タイフーン TYPHOON 』は
シルミド/SILMIDO (2003) SILMIDO / 実尾島
『 ウェルカム・トゥ・トンマッコル (2005) WELCOME TO DONGMAKGOL 』
『 JSA (2000) JSA: JOINT SECURITY AREA 』
シュリ (1999) SHURI / SWIRI / SHIRI 』等と同様、北朝鮮と韓国の関係が焦点に絞られる。

 映画『 タイフーン TYPHOON 』で、チェ・ミョンシン、略してシン(チャン・ドンゴン)は北朝鮮に住んでいたが、飢餓と圧政から新生活を求めて、幼い頃、家族全員で先ず中国 China へ脱国した。そして北京 Beijing のオーストリア大使館 Austrian embassy へ駆け込んで、韓国への亡命を図った。すると韓国は、中国との外交上の問題を懸念して、シンの一家の亡命を拒否し、北朝鮮へ秘かに送還してしまう。

 シンの一家はもう一度、韓国への密入国を試みる。けれども、両親は北朝鮮の国境警備兵に射殺されてしまう。シンと姉チェ・ミョンジュはかろうじて逃走できた。しかし、その後の二人の生活は悲惨を極めた。怯えて隠れながらの苦しい逃避行。姉ミョンジュは、中国人の農夫にレイプまでされてしまう。それは、弟シンに食べさせようと、団子を盗もうとした時だった。

 クァク・キョンテク監督はこう言っている。北朝鮮人が脱国しようとする現実はもっともっと悲惨である、と。クァク・キョンテク監督は9歳の時、家族と共に北朝鮮の監獄に送られたという実体験があるのだ。監督の祖父が反政府活動の廉で告発されたためだった。また、中国の輸送船で働くように売られた北朝鮮の女性は、韓国の乗務員達数人に絶えずレイプされて、挙げ句の果てには、死ぬと海に投げ捨てられたという事件も、クァク・キョンテク監督は『 タイフーン TYPHOON 』のプレス上映の際に触れている。

 こういう辛苦を味わったシンは、成長すると海賊となった。そして幼い時からの復讐心をじっと心に抱き続けている。彼の陰謀はただ一つ。核廃棄物を爆破して朝鮮半島全体を消滅させること。‘北’も‘南’も両国だ。何故かというと、韓国はシン一家の亡命を拒否したから。そして北朝鮮は両親を殺したからだ。朝鮮半島を核の嵐に染めようという極めて危険な計画である。

 シンは海賊として高度の訓練を経たならず者たちの一団を率いている。デヴィッド・マッキネス、デヴィッド・ノ、チャタポン・パンタナアンクーンらだろうか。そしてシンは行動に移すチャンスを狙っている。映画では先ず船をハイジャック。こうして、彼はテロリストとなって朝鮮半島消滅へのシナリオを実行しようとするのだ。やがて、この陰謀は韓国当局の知るところとなった。韓国は、海軍大尉のカン・セジョン(イ・ジョンジェ)を、シンの計画阻止へと送った。これから、二人の両極の主人公、シンとカン・セジョンは対抗していく。

 『 タイフーン TYPHOON 』には銃撃戦、爆破、カーチェイス、特殊効果、恐ろしい嵐、といったアクションが満載。ラストではナイフでの決闘もある。ロマンスはなくて、こういうマッチョな緊張感が大部分を占めていく。ただ、一つだけ感傷的で感動的なシーンも用意されている。それは、離れ離れになって二十年後に、やっと姉チェ・ミョンジュ(成人役:イ・ミヨン)と弟シンは再会できたこと。でも、その時、姉にはもう数ヶ月の余命しかなかった・・・。

▲TOPへ

■映画『 タイフーン TYPHOON (2005) THE TYPHOON 』のトリビア

【タイフーン TYPHOONのトリビア その1】  『 タイフーン TYPHOON 』のロケーションは、『 オールド・ボーイ (2003) OLDBOY 』も撮影された韓国の釜山(プサン)Busan, South Korea とタイ Thailand とロシアのウラジオストク Vladivostok, Russia である。

【タイフーン TYPHOONのトリビア その2】  『 タイフーン TYPHOON 』の米国配給はドリームワークス社で、『 タイフーン TYPHOON 』は米国のメジャーな配給会社に扱われる最初の韓国映画である。

【タイフーン TYPHOONのトリビア その3】  『 タイフーン TYPHOON 』の公式な制作費は $15,000,000 ($1=¥ 110 換算で16億5千万円)と言われているが、実際にはもっと数億円高くかけているという噂だ。
▲TOPへ
【『 タイフーン TYPHOON 』のスタッフとキャスト】
監督: クァク・キョンテク Kwak Kyung-Taek (Directed by)
製作: ヤン・ジュンギョン Yang Joong-kyung (producer)
    パク・ソングン Park Seong-keun (producer)
脚本: クァク・キョンテク Kwak Kyung-Taek (Written by)
撮影: ホン・ギョンピョ Hong Gyung-pyo (Cinematography by)
音楽: キム・ヒョンソク Kim Hyung-suk (Original Music by)

出演: チャン・ドンゴン Jang Dong-gun as Choi Myung Sin
    イ・ジョンジェ I Jeong-Jae as Gang Se-jong
    イ・ミヨン I Mi-Yeon as Choi Myeong-ju
    デヴィッド・マッキネス David McInnis as Somchai
    デヴィッド・ノ David No as Leather Jacket
    チャタポン・パンタナアンクーン Chatthapong Pantanaunkul as Toto

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 タイフーン TYPHOON (2005) THE TYPHOON 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(海外版)
       http://www.typhoonthemovie.com/
      'Typhoon' Tells Story of N.Korean Defector
       http://abcnews.go.com/Entertainment/wireStory?id=1551632
      DreamWorks Invests in a Korean "Typhoon"
       http://www.rottentomatoes.com/news/comments/?entryid=273794
      Typhoon (film) From Wikipedia, the free encyclopedia
       http://en.wikipedia.org/wiki/Typhoon_(film)
■映画『 タイフーン TYPHOON 』の更新記録
2006/02/21新規: ファイル作成
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2006 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.