ベルヴィル・ランデブー
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ベルヴィル・ランデブー (2003)
LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE (原題)
THE TRIPLETS OF BELLEVILLE (国際タイトル)
BELLEVILLE RENDEZ-VOUS (英国題)
 映画『 ベルヴィル・ランデブー (2003) LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE (原題) / THE TRIPLETS OF BELLEVILLE (英題) / BELLEVILLE RENDEZ-VOUS 』を紹介します。

 映画『 ベルヴィル・ランデブー 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の主なスタッフと高評価
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』のあらすじ
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の受賞
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の配給会社
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』のスタッフとキャスト
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ベルヴィル・ランデブー (2003) 』のポスター、予告編および映画データ
ベルヴィル・ランデブー
ベルヴィル・ランデブー
Links:  Official Web Site
Official Web Site

上映時間 Runtime: 1:22
製作国 Country: フランス/ベルギー/カナダ/イギリス France / Belgium / Canada / UK
製作会社
Production Company:
Les Armateurs [fr]
Production Champion [ca]
Vivi Film [be]
France 3 Cinema [fr]
BBC Worldwide [gb]  等
仏米配給会社 Distributer: Celluloid Dreams [fr] (worldwide sales)
Sony Pictures Classics [us] (USA) 等
全仏初公開 Release Date: 2003/06/11
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/12/18 予定
日本公開情報 : クロックワークス
ジャンル Genre: アニメ/コメディ
Animation / Comedy
MPAA Rating 指定: Rated PG-13 for images involving sensuality, violence and crude humor.
日本語公式サイト
http://www.klockworx.com/belleville/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の解説

 映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の「 LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE 」はフランス語の原題、「 THE TRIPLETS OF BELLEVILLE 」は国際英語タイトルで、「ベルヴィルの三人組」「ベルヴィルの三姉妹」とでも訳せる。また、邦題『 ベルヴィル・ランデブー 』になった「 BELLEVILLE RENDEZ-VOUS (直訳:ベルヴィルでのランデブー(ランデヴー・集結・集合)」はイギリスでの題だ。『 ベルヴィル・ランデブー 』という言葉から連想する男女のロマンティックなランデヴーのことではない。

 『 ベルヴィル・ランデブー 』はフランス・ベルギー・カナダ・イギリス合作のアニメである。アニメと言っても、ディズニー Disney に代表される可愛い感じのものでも最新の3DのCGアニメでもない。ポスターでも垣間見ることが出来るように、『 ベルヴィル・ランデブー 』は独特の雰囲気のする、非常にレトロな出来で、大人が鑑賞するに値するアニメーションなのだ。

▲TOPへ

■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の主なスタッフと高評価

○『 ベルヴィル・ランデブー 』製作にはコミックブックのアーティストであるシルヴァン・ショメが監督・脚本を兼任した。アニメでは、我が国の
『 もののけ姫 (1997) PRINCESS MONONOKE 』や
千と千尋の神隠し (2001) SPIRITED AWAY 』や
ハウルの動く城 (2004) HOWL'S MOVING CASTLE
が高く評価されているのと同じくらい、この『 ベルヴィル・ランデブー 』は賞賛されている。

○『 ベルヴィル・ランデブー 』はアニメの描き方だけでなく、音楽面でも大変素晴らしい。歌は
天使の肌 (2002) PEAU D'ANGE (原題) / ONCE UPON AN ANGEL (米題)
等のマシュー・シュディが歌っている。

○『 ベルヴィル・ランデブー 』の音響マシュー・コックス Mathieu Cox
ミッション・クレオパトラ (2002) ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRE (原題) / ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRA (米題)
リロ&スティッチ (2002) LILO & STITCH

○『 ベルヴィル・ランデブー 』のアレック・グース Alek Goosse
ル・ディヴォース/パリに恋して (2003) LE DIVORCE
もいい仕事をしている。

▲TOPへ

■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』のあらすじ
※本作『 ベルヴィル・ランデブー 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 ベルヴィル・ランデブー 』のストーリー。
 映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の舞台はフランス、シャルル・ド・ゴール大統領 Charles de Gaulle ( 1890-1970 / 在任 1958-1969 )の時代。チャンピオンという無口で気難しい孤児がいた。チャンピオンは祖母のマダム・スーザに育てられる。家は鉄道のそばの人里離れた一軒屋。祖母がどんなに可愛がってもチャンピオンは心を開こうとせず、内向的で退屈な毎日を送っていた。ブリュノ Bruno という子犬にも夢中にならなかった。ところが、一つだけ彼が関心を示すものがあった。ツール・ド・フランス Tour de France (毎年開催される長距離自転車レース。フランスと周辺各国を回る)である。

 それに気付いたスーザお祖母ちゃんは、孫チャンピオンに三輪車を買って与える。これがきっかけとなって、チャンピオンは自転車に打ち込む毎日に一変した。スーザお祖母ちゃんは自転車レースのコーチにもなって、チャンピオンを厳しく鍛錬する。チャンピオンが成人して、二人の努力は報われた。チャンピオンは夢にまで見たツール・ド・フランスの選手に選ばれたのだ! ところで、『 ベルヴィル・ランデブー 』のキャラクターは上述したように、ちっとも可愛らしい人物像でない。チャンピオンはというと、デッカイ鼻に、極端に痩せた身体、そして、自転車こぎで鍛え上げた腿(もも)とふくらはぎは物凄く太い。スーザお祖母ちゃんは背は低くて丸っこい体に、内股の歩き方。チャンピオンの成長と共に大きくなったブリュノというワンちゃんでさえ、所謂カワイイ犬の描写でなく、でっぷり太ってもったいぶっている。ブリュノは汽車を見ると吠える習性があるとか。

 なお、この映画『 ベルヴィル・ランデブー 』は台詞は殆どない。英語の文が数回発せられるだけ。それに、フランス語の文も数回言われるが訳さないまま。アニメの芸術性と美しさが、台詞を必要としないのだ。アニメは視覚的な芸術であるという、多くの人が忘れていることをこの『 ベルヴィル・ランデブー 』は実践しているという。一応‘声の出演’は数人いるが、ちょっと声を発するに留まるのだろう。ジャン=クロード・ドンダ(『 アダルト♂スクール (2003) OLD SCHOOL 』でナレーター)がチャンピオンの声優だろうか。ミシェル・ロバン(『 アメリ (2001) AMELIE POULAIN / LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN 』)は一体誰の役の声なのかな。犬だったりして。

 さて、遂にツール・ド・フランスが開会し、チャンピオンも出場して頑張っている。すると、チャンピオンとあと二人くらいの選手が、怪しい詐欺師たちに言葉巧みに連れ去られてしまった。その男達はフランス・マフィアの悪漢で、地下組織の競輪でチャンピオンら優れた自転車選手達を利用して金儲けをしようと企んでいるのだった。孫の一大事を知ったスーザお祖母ちゃんは、愛犬の老ブリュノを連れて、誘拐された孫チャンピオンを探し回る。ワンちゃんに臭いをかがせて必死に追跡するお祖母ちゃん。

 チャンピオン達は特大の貨物船に乗せられて誘拐されたことが分かった。そこで、お祖母ちゃんと老犬ブリュノは大西洋を横断していく。ここで描かれる海は、葛飾北斎の「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」の影響を受けているらしい。船が着いた先は、まるでニューヨーク New York のような大都会で、自由の女神が牛っぽいらしい。こういうところで、この映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の登場人物はデブちゃんが多いと観客に予感させているとか。このNY似の大都市はベルヴィルといって、フランス語「 ベルヴィル Belleville 」を訳せば「美しい町」だ。ここは悪名高いフレンチ・マフィアの本拠地ということになっている。これはアニメという架空の世界であるから、大西洋を渡っても米国というわけではないのだろうと解釈している。

 ベルヴィルの住民はみんな鼻が大きい。フレンチ・マフィアの連中は不恰好で、肩をいからして、悪人は太っていなくて、ひどく長方形の顔と決まって描かれている。このベルヴィルという大都市で、スーザお祖母ちゃんはと老犬ブリュノは勝手が分からず、おまけに夜の闇も迫ってきたので心細い。二人(一人と一匹)は、NYのブルックリン橋 Brooklyn Bridge みたいな橋の下で途方に暮れていると、それを見つけてくれたのが、この映画のタイトルにもなっている「 LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE 」或いは「 THE TRIPLETS OF BELLEVILLE 」、そう、「ベルヴィルの三人組(三姉妹)」である。

 三姉妹と言っても若くない。昔、フレッド・アステア Fred Astaire の時代に歌って踊ってショーをしたパフォーマーの三人組なのだ。今ではお婆さんになっているけど、まだまだやる気十分のベルヴィルの三姉妹。彼女達がスーザお祖母ちゃんと老犬ブリュノの力になって、浚われたチャンピオン探しを手伝ってくれる。ベルヴィルの三姉妹の容姿は、背が高くて、手足がいやにひょろ長く、魔女のような感じだそうだ。手榴弾で蛙を捕まえて楽しみ、不快極まる方法でその蛙を食べるというのだから、ホント、‘鬼ばば’風だろう。

 どういうわけか、スーザお祖母ちゃんつまりマダム・スーザは、ベルヴィルの三姉妹の一座に加わってショーをする。すると、最初のショーで、孫のチャンピオンは地下のナイトクラブに囚われの身になっていることを嗅ぎ付ける。フレンチ・マフィアのゴッドファーザー(『 ゴッドファーザー (1972) THE GODFATHER 』参照)自身の許(もと)に拉致されているようだ。フレンチ・マフィアは、バーチャルの競輪ゲームでギャンブルをしていて、自転車運転技術の卓越したツール・ド・フランスの選手達を使って大儲けするわけだ。江戸っ子のお祖母ちゃんを連想させるような元気一杯のマダム・スーザは、ベルヴィルの三姉妹という奇怪なトリプレットに応援してもらって、愛犬ブリュノと共に大切な孫の行方を探す。そうして孫に再会できるからタイトルが『 ベルヴィル・ランデブー 』というのだろう。こういうプロットで、レトロの芸術的なアニメでコミカルに見せてくれる映画だ。

▲TOPへ

■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の受賞

 『 ベルヴィル・ランデブー 』は世界の色々な権威ある映画賞を獲得している。

・2003 年NY批評家協会賞 New York Film Critics Circle Awards ではアニメーション賞に輝く。
この時は
エレファント (2003) ELEPHANT 』と
ジェリー (2002) GERRY 』のハリス・サヴィデス Harris Savides が撮影賞を受賞している。

・2004 年LA批評家協会賞 Los Angeles Film Critics Association Awards では、『 ベルヴィル・ランデブー 』は音楽賞とアニメーション賞に輝いた。この時は
アメリカン・スプレンダー (2003) AMERICAN SPLENDOR 』が最優秀作品賞を獲得した。

・同様にアメリカで、 2004 年アカデミー賞 Academy Awards では、『 ベルヴィル・ランデブー 』は歌曲賞ノミネート、長編アニメ賞もノミネートに終わった。この時は
ファインディング・ニモ (2003) FINDING NEMO 』が長編アニメ賞を受賞、
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003) THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING 』が作品賞等の複数受賞している。
コールド マウンテン (2003) COLD MOUNTAIN 』も健闘していた。

・米国の 2004 年映画音響編集者賞 Motion Picture Sound Editors では『 ベルヴィル・ランデブー 』の音響に携わったエリク・ド・フォス Erik de Vos
ポーリーヌ (2001) PAULINE & PAULETTE (原題) / PAULINE AND PAULETTE (英題) 』等
とローラン・カリオ Laurent Quaglio
ナインスゲート (1999) THE NINTH GATE
宮廷料理人ヴァテール (2000) VATEL
ウーマン・トラップ (仮題) (2003) TRILOGY 』=『 ゴッド・ディーバ (2004) IMMORTEL AD VITAM
がアニメ音響賞を受賞した。この時のアニメ音響賞では、
ファインディング・ニモ (2003) FINDING NEMO
ブラザー・ベアー (2003) BROTHER BEAR
ジャングル・ブック2 (2003) THE JUNGLE BOOK 2
シンドバッド 7つの海の伝説 (2003) SINBAD: LEGEND OF THE SEVEN SEAS
等がノミネートされていた。

・フランスの 2004 年セザール賞 Cesar Awards では、『 ベルヴィル・ランデブー 』は音楽賞を獲得、作品賞にもノミネート。この時は
みなさん、さようなら (2003) LES INVASIONS BARBARES (原題) / THE BARBARIAN INVASIONS (英題) 』が最優秀作品賞を獲得した。

▲TOPへ

■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の配給会社

・『 ベルヴィル・ランデブー 』の日本配給クロックワークス
10億分の1の男 (2001) INTACTO
少林サッカー (2001) SHAOLIN SOCCER / 少林足球 (原題)
らくだの涙 (2003) DIE GESCHICHTE VOM WEINENDEN KAMEL (独題) / THE STORY OF THE WEEPING CAMEL (英題)
マッハ! (2003) ONG-BAK
地球で最後のふたり (2003) LAST LIFE IN THE UNIVERSE

・『 ベルヴィル・ランデブー 』の米国の配給会社SPC
フィオナが恋していた頃 (1998) THIS IS MY FATHER
グリーン・デスティニー (2000) 臥虎藏龍 (原題) / CROUCHING TIGER, HIDDEN DRAGON
プリンセス&ウォーリアー (2000) DER KRIEGER UND DIE KAISERIN (原題) / THE PRINCESS AND THE WARRIOR (米題)
ポロック・2人だけのアトリエ (2000) POLLOCK
私の小さな楽園 (2000) ME YOU THEM (英題) / EU TU ELES (原題)
ハッピー・フューネラル (2001) BIG SHOT'S FUNERAL / THE FUNERAL OF THE FAMOUS STAR / 大腕 (原題)
しあわせの法則 (2002) LAUREL CANYON 』
スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする (2002) SPIDER
ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター (2002) AUTO FOCUS
家族のかたち (2002) ONCE UPON A TIME IN THE MIDLANDS
バレエ・カンパニー (2003) THE COMPANY
グッバイ、レーニン! (2003) GOOD BYE, LENIN!
ボン・ヴォヤージュ (2003) BON VOYAGE
猟人日記 (2003) YOUNG ADAM
死ぬまでにしたい10のこと (2003) MY LIFE WITHOUT ME
LOVERS (2004) 十面埋伏 (原題) / HOUSE OF FLYING DAGGERS (英題)
▲TOPへ
【『 ベルヴィル・ランデブー 』のスタッフとキャスト】
監督: シルヴァン・ショメ Sylvain Chomet (Directed by)
脚本: シルヴァン・ショメ Sylvain Chomet (written by)
製作: ディディエ・ブルュネル Didier Brunner (producer)
    ヴィヴィアーヌ・ヴァンフルテレン Viviane Vanfleteren (producer)
    ポール・カデュー Paul Cadieux (co-producer)
    レジス・ゲゼルバッシュ Regis Ghezelbash (associate producer)
    コリン・ローズ Colin Rose (associate producer)
音楽: ブノワ・シャレ Benoit Charest (Original Music by)
    マシュー・シュディ Mathieu Chedid (song)
 
声の出演: ジャン=クロード・ドンダ Jean-Claude Donda
    ミシェル・ロバン Michel Robin
    モニカ・ヴィエガ Monica Viegas
    ベアトリス・ボニファッシ Beatrice Bonifassi as Triplets (singing voice)
    リナ・ブドロール Lina Boudreault as Triplets (voice)
    メリ=ルー・ゴーシェ Mari-Lou Gauthier as Triplets (voice)
    ミシェール・コーシュトゥー Michele Caucheteux
    シャルル・ラントン Charles Linton (singing voice)

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(仏語版)
       http://www.lestriplettesdebelleville.com/
■映画『 ベルヴィル・ランデブー 』の更新記録
2004/06/23新規: ファイル作成)
2004/11/11更新: ◆データ一部
2004/12/10更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.