メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005)
LOS TRES ENTIERROS DE MELQUIADES ESTRADA (西題)
LES TROIS ENTERREMENTS DE MELCHIADES ESTRADA (仏題)
THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA (英題)
 映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA 』を紹介します。

 映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の主なスタッフ
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の主なキャスト
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』のあらすじ
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の受賞
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』のトリビア
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』のスタッフとキャスト
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』のポスター、予告編および映画データ
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
ポスターはimpawards.com/
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site英
Official Web Site仏
Trailers:

Windows 160 300

上映時間 Runtime: 2:02
製作国 Country: アメリカ/フランス
USA / France
製作会社
Production Company:
Europa Corp.
The Javelina Film Company
全米配給会社 Distributer: Sony Pictures Classics
全米初公開 Release Date: 2005/12/14 (New York City, New York)
日本初公開 R. D. in Japan: 2006/03/11 予定
日本公開情報 : アスミック・エース
ジャンル Genre: ドラマ
Drama
MPAA Rating 指定: Rated R for language, violence and sexuality.
日本語公式サイト
http://3maisou.com/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の解説

 『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』は目立つタイトルだ。『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』は、トミー・リー・ジョーンズが監督・製作・主演の男のドラマ。メルキアデス・エストラーダという青年を殺されて、主人公は、生前に約束した「故郷の村に埋葬する」ことを果たすために、殺人者と遺体を乗せた馬を連ねてテキサス州からメキシコへ旅する。
 乱雑に砂漠に埋められたのがメルキアデス・エストラーダの1度目の埋葬で、町の墓地に埋葬されたのがメルキアデス・エストラーダの2度目の埋葬で、遺体を墓から掘り出して荒野を南下し約束通りに故郷メキシコで埋葬して、‘メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬’が完了する。

▲TOPへ

■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の主なスタッフ

○『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の監督・製作・出演: トミー・リー・ジョーンズ
『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』はトミー・リー・ジョーンズのビッグスクリーンの映画監督デビュー作である。
下記参照

○『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の製作: エリック・A・ウィリアムズ
アラモ (2003) THE ALAMO

○『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の製作総指揮: リュック・ベッソン
『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』製作には、リュック・ベッソンの会社ヨーロッパ・コープ社が携わっている。
トランスポーター2 (2005) LE TRANSPORTEUR 2 / THE TRANSPORTER 2
ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG
TAXI NY (2004) TAXI
クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち (2004) CRIMSON RIVERS 2: ANGELS OF THE APOCALYPSE
花咲ける騎士道 (2003) FANFAN LA TULIPE
ぼくセザール10歳半1m39cm (2003) MOI CESAR, 10 ANS 1/2, 1M39 (原題) / I, CESAR (英題)
これ以上の幸せはない (2002) LA FELICITA NON COSTA NIENTE (原題) / HAPPINESS COSTS NOTHING (英題)
TAXi 3 (2003) TAXI 3
マッハ! (2003) ONG-BAK / ONG BAK: MUAY THAI WARRIOR
トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER
ブランシュ (2002) BLANCHE
天使の肌 (2002) PEAU D'ANGE (原題) / ONCE UPON AN ANGEL (米題)
ラ・タービュランス (2002) LA TURBULENCE DES FLUIDES (仏題) / CHAOS AND DESIRE (英題)
キス・オブ・ザ・ドラゴン (2001) KISS OF THE DRAGON
YAMAKASI ヤマカシ (2001) YAMAKASI
TAXi 2 (2000) TAXI 2
ジャンヌ・ダルク (1999) JOAN OF ARC / THE MESSENGER: THE STORY OF JOAN OF ARC
TAXi (1997) TAXI

○『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の製作総指揮: ピエランジュ・ル・ポギャム
リュック・ベッソンとコラボが多い。

○『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の脚本: ギジェルモ・アリアガ
21グラム (2003) 21 GRAMS
アモーレス・ペロス (1999) AMORES PERROS

○『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の撮影: クリス・メンゲス
スタンドアップ (2005) NORTH COUNTRY
『 ギャンブル・プレイ (2002) THE GOOD THIEF
堕天使のパスポート (2002) DIRTY PRETTY THINGS

○『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の編集: ロベルト・シルヴィ
微笑みに出逢う街角 (2002) BETWEEN STRANGERS

○『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の美術: メリデス・ボズウェル
バンディッツ (2001) BANDITS
アポロ13 (1995) APOLLO 13

○『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の音楽: マルコ・ベルトラミ
キングダム・オブ・ヘブン (2005) KINGDOM OF HEAVEN
フライト・オブ・フェニックス (2004) FLIGHT OF THE PHOENIX
アイ,ロボット (2004) I, ROBOT
ヘルボーイ (2004) HELLBOY
バイオハザード (2001) RESIDENT EVIL

▲TOPへ

■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の主なキャスト

●トミー・リー・ジョーンズ as ピート・パーキンス
『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の監督・製作も担っている。
ミッシング (2003) THE MISSING
ハンテッド (2003) THE HUNTED
スペース カウボーイ (2000) SPACE COWBOYS
ダブル・ジョパディー (1999) DOUBLE JEOPARDY
追跡者 (1998) U.S. MARSHALS
逃亡者 (1993) THE FUGITIVE

●バリー・ペッパー as マイク・ノートン
25時 (2002) 25TH HOUR 』
グリーンマイル (1999) THE GREEN MILE

●フリオ・セサール・セディージョ as メルキアデス・エストラーダ
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (2003) THE LIFE OF DAVID GALE
エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画 (2002) SERVING SARA
オールド・ルーキー (2002) THE ROOKIE

●ドワイト・ヨアカム as 保安官ベルモント
ハリウッド的殺人事件 (2003) HOLLYWOOD HOMICIDE 』等に出演
WAKING UP IN RENO (2002) 』でプロデューサー

●ジャニュアリー・ジョーンズ as ルー・アン・ノートン
ダンシング・ハバナ (2004) DIRTY DANCING: HAVANA NIGHTS
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY
アメリカン・パイ3: ウェディング大作戦 (2003) AMERICAN WEDDING
N.Y.式ハッピー・セラピー (2003) ANGER MANAGEMENT
フル・フロンタル (2002) FULL FRONTAL
バンディッツ (2001) BANDITS

●メリッサ・レオ as レイチェル
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (2005) HIDE AND SEEK
21グラム (2003) 21 GRAMS

●ヴァネッサ・ボーシェ as マリアナ
アモーレス・ペロス (1999) AMORES PERROS

●メル・ロドリゲス as ゴメス警部
ガーフィールド (2004) GARFIELD: THE MOVIE
ターミナル (2004) THE TERMINAL
デュース・ワイルド (2002) DEUCES WILD

●セシリア・スアレス as ローザ
スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと (2004) SPANGLISH

▲TOPへ

■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』のあらすじ
※本作『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』のストーリー。
 『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の冒頭は、二人のハンターが砂漠で、コヨーテが人間の死体を食べているのに出くわすところから。舞台は米国のメキシコ Mexico 国境近く、テキサス州 Texas の Cibolo 郡。

 若いマイク・ノートン(バリー・ペッパー)は、困窮したこの国境パトロールの仕事に就くために到着したばかり。マイクには非常に魅力的な妻ルー・アン(ジャニュアリー・ジョーンズ)がいるが、オハイオ州シンシナティ Cincinnati , Ohio からテキサスのこの地へ異動したことで妻を宥めることは何もしない。妻は地元のレストランで暇な時間を大部分過ごして、レイチェル(メリッサ・レオ)という正直者のウェイトレスと仲良しになった。

 レイチェルという女性は欲しいものは何でも手に入れる主義の人物で、レストランのオーナーのボブ(リチャード・ジョーンズ)と結婚している。でも、浮気も盛んだ。そのお相手は、粗野で実践的な牧場のカウボーイ親方ピート・パーキンス(トミー・リー・ジョーンズ)と、地元の保安官ベルモント(ドワイト・ヨアカム)だ。ピートは牧場で若いメキシコ人の不法入国者メルキアデス・エストラーダ(フリオ・セサール・セディージョ)を雇っている。一方、保安官ベルモントは、国境パトロールと毎日の犯罪や不法入国といった難しい問題の両方を器用に扱っている。

 ピートがメルキアデス・エストラーダを雇うようになったのは、ある日、メルキアデス・エストラーダが職を探して馬に乗ってきたことから。彼は自分がメキシコから不法入国してきたことを隠し立てしなかった。そんなメルキアデス・エストラーダを、ピートは国境の事なんか気にしないで雇い入れてあげる。それ以来、ピートとメルキアデス・エストラーダは年齢の差を越えて強い絆で結ばれている。また、レイチェルがピートとモーテルで浮気している時は、二人してお節介して、メルキアデス・エストラーダと国境パトロールのマイク・ノートンの妻ルー・アンとを引っ付かせて、ダブルデートしている。

 さて、ここで重大な事件が発生。マイク・ノートンが日課である国境の砂漠地帯のパトロールをしていると、ズボンを下ろしている時に銃声が聞こえてパニックになり、過ってメルキアデス・エストラーダを射殺してしまった。メルキアデス・エストラーダはコヨーテから家畜を守ろうと発砲しただけだったのだ。慌てたマイク・ノートンは急いでメルキアデス・エストラーダの死体をそこの砂漠に埋める。それが、冒頭のシーンのように、見つかって、今度はバンホーン Van Horn の町の墓地に埋葬された。これが‘メルキアデス・エストラーダの2度目の埋葬’である。

 地元の当局は、その事件を裁判沙汰にしないと決定する。なぜなら、‘所詮’死んだのはメキシコからの不法入国者だからだ。保安官ベルモントと、マイク・ノートンの上司ゴメス警部(メル・ロドリゲス)がそういう話をしているのを、レイチェルは立ち聞きした。そして浮気相手のピートに教える。当然、ピートは怒り、国境パトロールのマイク・ノートンが第一級殺人の罪があると考える。

 ピートは行動を起こす。メルキアデス・エストラーダを殺した張本人のマイク・ノートンの自宅に乱入した。そしてマイクの妻のルー・アンを縄で結わいた。ピートは、自身の道徳にかなった正義を貫きたくて、マイクを連れ去る。いわば拉致である。マイクは、砂漠の目に見えない国境線を越えようとしてくる不法入国者を追いかけるのは得意なのだが、一旦捕まえれば、人間扱いしないという男なのだ。女性でも、不法入国すれば追い詰めて顔にパンチを食らわすという人間性のない男。だから余計にピートは腹に据えかねる。

 ここから映画は後半へ。ピートは、マイクにメルキアデス・エストラーダの遺体を町の共同墓地から発掘させた。‘捕虜’であるマイクはピートに引かれて、遺体は馬かラバに乗せられて、メキシコまで進んでいく。これは牧場の親方ピートと若きメルキアデス・エストラーダとの約束を果たすためだった。メルキアデス・エストラーダの身に万一のことがあれば、メキシコの生まれ故郷の村ヒメネス Jiminez に遺体を埋葬するという約束である。その約束を果たす為の道具としてマイクを使うのだ。盲人(レヴォン・ヘルム)がピート一行の旅を助けてくれる。

 マイクは逃走しようとしたけれど、苛酷な大地に阻まれたりガラガラヘビに噛まれたりして首尾よくいかない。そして遂に逃走は諦めると、メルキアデス・エストラーダは殺すつもりで死なせてしまったのではないのだとピートに告白し始める。でも、そんな言い訳にピートは聞く耳を持たない。ピートの意図は、復讐ではなくて、友人への敬愛・名誉なのだ。旅の終わり頃には、マイクは皮肉的で驚異的な方法で、当然の罰を受けている。だから、ラバに乗せられたメルキアデス・エストラーダの遺体と変わらぬくらいの風貌になっているくらい。

 『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』のテーマは、'What goes around, comes around.' だとか。「行ったものは回り回って戻ってくる。」「自分が他人にした事は必ずどこかで戻ってくる。」「自分の言動は必ず将来、自分の身に降りかかる。」「いつかしっぺ返しが来る。」といったニュアンス。 それを、トミー・リー・ジョーンズはお説教じみないで巧みに魅せる。

▲TOPへ

■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』の受賞

◎『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』は、カンヌ映画祭 Festival International du Film de Cannes / Cannes Film Festival で、トミー・リー・ジョーンズが主演男優賞 Best Actor を獲得、及びパルム・ドール Palm D'Or / Golden Palm をノミネートされた。

◎『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』は、同カンヌ映画祭で、ギジェルモ・アリアガが脚本賞 Best Screenplay に輝いた。

▲TOPへ

■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) 』のトリビア

【メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬のトリビア その1】  監督・製作および主役のトミー・リー・ジョーンズ自身も、『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の舞台となったテキサス州西部 West Texas の出身だ。サンサバ郡 San Saba County という所。

【メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬のトリビア その2】  『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』は、パートごとに「章」のタイトルがある。例えば、"The First Burial (最初の埋葬)"とか。

【メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬のトリビア その3】  『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の台詞の半分くらいはスペイン語だ。だから、膨らんでいるヒスパニックの観客層に受けて興行的にも成功した。

【メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬のトリビア その4】  『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の
スペイン語タイトル‘Los Tres entierros de Melquiades Estrada’
フランス語タイトル‘Les Trois enterrements de Melchiades Estrada’
英語タイトル   ‘The Three Burials of Melquiades Estrada’
は、みな邦題と同じ「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」という意味。
▲TOPへ
【『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』のスタッフとキャスト】
監督: トミー・リー・ジョーンズ Tommy Lee Jones (Directed by)
製作: マイケル・フィッツジェラルド Michael Fitzgerald (producer)
    トミー・リー・ジョーンズ Tommy Lee Jones (producer)
    エリック・A・ウィリアムズ Eric A. Williams (line producer)
製作総指揮: リュック・ベッソン Luc Besson (executive producer)
    ピエランジュ・ル・ポギャム Pierre-Ange Le Pogam (executive producer)
脚本: ギジェルモ・アリアガ Guillermo Arriaga (written by)
撮影: クリス・メンゲス Chris Menges (Cinematography by)
編集: ロベルト・シルヴィ Roberto Silvi (Film Editing by)
美術: メリデス・ボズウェル Merideth Boswell (Production Design by)
音楽: マルコ・ベルトラミ Marco Beltrami (Original Music by)

出演: トミー・リー・ジョーンズ Tommy Lee Jones as Pete Perkins
    バリー・ペッパー Barry Pepper as Mike Norton
    フリオ・セサール・セディージョ Julio Cesar Cedillo as Melquiades Estrada
    ドワイト・ヨアカム Dwight Yoakam as Sheriff Belmont
    ジャニュアリー・ジョーンズ January Jones as Lou Ann Norton
    メリッサ・レオ Melissa Leo as Rachel
    ヴァネッサ・ボーシェ Vanessa Bauche as Mariana
    レヴォン・ヘルム Levon Helm as Old Man W/Radio
    メル・ロドリゲス Mel Rodriguez as Captain Gomez
    セシリア・スアレス Cecilia Suárez as Rosa
    イグナチオ・ガダルペ  Ignacio Guadalupe as Lucio
    リチャード・ジョーンズ Richard Jones as Bob

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.sonyclassics.com/threeburials/
■映画『 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 』の更新記録
2005/12/24新規: ファイル作成
2006/02/24更新: ◆データ追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2006 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.