新・O嬢の物語
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
新・O嬢の物語 (2003)
THE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES
 映画『 新・O嬢の物語 (2003) THE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』を紹介します。

 映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 新・O嬢の物語 (2003) 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の解説
 ネタバレをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の主なキャスト
■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の主なスタッフ
■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』のあらすじ
■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』のトリビア
■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』のスタッフとキャスト
■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 新・O嬢の物語 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 新・O嬢の物語 (2003 』のポスター、予告編および映画データ
新・O嬢の物語
新・O嬢の物語
このポスターは www.maxam.jp
より引用・加工させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:42
製作国 Country: アメリカ
USA
製作会社
Production Company:
CAE Productions
全米配給会社 Distributer: Cinema Arts Entertainment
Pathfinder Pictures
Phaedra Cinema [us]
全米初公開 Release Date: 2001/02/ (American Film Market)
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/06/26
日本公開情報 : マクザム
ジャンル Genre: ドラマ/エロティック
Drama / Erotic
MPAA Rating 指定: NC-17
日本語公式サイト
http://www.maxam.jp/news/9/ozyou.html
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の解説

 映画『 新・O嬢の物語 (2003) THE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』は『 O嬢の物語 (1975) HISTOIRE D'O / THE STORY OF O 』シリーズの最新版。『 O嬢の物語 』というのは『 エマニエル夫人 (1974) EMMANUELLE 』のジュスト・ジャカン Just Jaeckin 監督作品というだけあって、フランスの文芸エロス映画だったそうだ。その流れを汲んで『 新・O嬢の物語 』もきっと超・アブナイ映画になりそう。原題の「 UNTOLD PLEASURES (直訳:語られない悦楽)」というのも意味深だ。邦題は『 新・O嬢の物語 』と巧くさらりと逃げているナ。

▲TOPへ

■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の主なキャスト

『 新・O嬢の物語 』の元祖である『 O嬢の物語 』は、コリンヌ・クレリー Corinne Clery という肉体派美人とウド・キア Udo Kier
ダンサー・イン・ザ・ダーク (2000) DANCER IN THE DARK
フィアー・ドット・コム (2002) FEAR DOT COM
ドッグヴィル (2003) DOGVILLE 』等
らのキャストで撮影された。

 今回の『 新・O嬢の物語 』はあまりメジャーでない俳優さん・女優さんらしく、知っている名が少ないけど、
バナナ★トリップ (2002) BOAT TRIP
コンフィデンス (2003) CONFIDENCE 』のミシェル・ルーベンや
ソニー (2002) SONNY 』のキャサリン・ランドルフや
リトル★ニッキー (2000) LITTLE NICKY 』のステファニー・チャオの出演映画を確認できた。

▲TOPへ

■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の主なスタッフ

 『 新・O嬢の物語 』のスタッフもあまり知らない人のようだ。『 新・O嬢の物語 』製作のピエール・リシャール・ミラーは
運命の女 (2002) UNFAITHFUL 』に携わっている。あとは、『 新・O嬢の物語 』舞台係のダリル・オーランド・リュ Darryl Orlando Rue が
スパイダーマン2 (2002) SPIDER-MAN 2 』に、
同じく『 新・O嬢の物語 』舞台係のジョン・シュヴァイツァー John Schweitzer が
チャーリーと14人のキッズ (2003) DADDY DAY CARE
ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション (2003) LOONEY TUNES: BACK IN ACTION
ふたりにクギづけ (2003) STUCK ON YOU 』でも舞台裏で仕事をしたのが分かったくらいだ。

▲TOPへ

■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』のあらすじ
※本作『 新・O嬢の物語 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 新・O嬢の物語 』のストーリー。 
 「ご両親は君に“O”という名をつけたの?」 そんな素朴な質問が出るくらい変わった名前“O”。『 新・O嬢の物語 』は舞台をオリジナルの 1975 年版『 O嬢の物語 』のフランスから米国に移し、時代背景も 21 世紀らしくリニューアルされているらしい。

 『 新・O嬢の物語 』のヒロイン、“O”(ダニエル・シアーディ)は、二十代後半の才能ある写真家。前途洋洋のキャリアが待っている筈だった。けれども彼女は経済的に恵まれず、芸術的才能があるにも拘らず道が開けない。恋人のルネ(マックス・パリッシュ)に励まされて、O嬢は無条件で芸術の情熱を追求することを決心する。前衛的写真集を完成するまでは経済問題は考えないようにした。彼女のエネルギーを写真集作りに集中できるように、恋人ルネはある提案をする。それは、O嬢に、実力者であり富豪の後援者スティーヴン卿(ニール・ディクソン)を紹介することだった。

 パトロンがつけば財政的にグッと楽になり、創作活動に打ち込める。そう考えて承諾したO嬢だが、現実は思ったものとはかけ離れていた。O嬢は仕組まれたエロティシズムの奴隷に陥ることになるのだ。スティーヴン卿はO嬢に、破廉恥なことや恐らくSMプレー等を強要する。『 新・O嬢の物語 』のポスターを見ても一目瞭然、文芸エロスというか、ポルノというか、所謂ソウイウ種類の映画デス。

▲TOPへ

■映画『 新・O嬢の物語 HE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』のトリビア

 この『 新・O嬢の物語 』がアメリカン・フィルム・マーケット American Film Market / AFM で発表されたのは 2001 年 2 月だから、『 新・O嬢の物語 』が日本公開にこぎつけるまで三年以上経過している。アメリカン・フィルム・マーケットは簡単に言えば映画の売買をする国際的な場である。
羊たちの沈黙 (1990) THE SILENCE OF THE LAMBS
ライフ・イズ・ビューティフル (1998) LA VITA E BELLA / LIFE IS BEAUTIFUL
恋におちたシェイクスピア (1998) SHAKESPEARE IN LOVE
ショコラ (2000) CHOCOLAT
イン・ザ・ベッドルーム (2001) IN THE BEDROOM
ギャング・オブ・ニューヨーク (2001) GANGS OF NEW YORK
ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY
ハンテッド (2003) THE HUNTED
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 (2003) THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING 』なんかも、このアメリカン・フィルム・マーケットで取引されて世界に広がって行ったのだ。

 アメリカン・フィルム・マーケットで発表される映画のジャンルは多い順に、
スリラー( 17% -『 ボーン・スプレマシー (2004) THE BOURNE SUPREMACY 』等)、

●コメディ( 15% 強 -『 メダリオン (2003) 飛龍再生 (原題) / THE MEDALLION (英題) 』等)、

●アクション( 15% -『 スタスキー&ハッチ (原題) (2004) STARSKY & HUTCH 』等)だそうで、この三ジャンルが普遍的な人気がある部門だそうだ。

●ホラー(『 マーダー・ライド・ショー (2003) HOUSE OF 1000 CORPSES 』等)は年々台頭してきており、その逆に

●ファミリーもの(『 フォーチュン・クッキー (2003) FREAKY FRIDAY 』等)は人気が下降気味。あとのジャンルは、
●ロマンス(『 コールド マウンテン (2003) COLD MOUNTAIN 』等)、

●SF(『 2046 (2004) 2046 』等)、

●西部劇(『 ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003) OPEN RANGE 』)等、

●ドキュメンタリー(『 運命を分けたザイル (2003) TOUCHING THE VOID 』等)、

●アニメ(『 ハウルの動く城 (2004) HOWL'S MOVING CASTLE 』等)、

●ミュージカル(『 シカゴ (2002) CHICAGO 』等)、

●そして最後にエロティック(『 KEN PARK (2002) KEN PARK 』等)な作品と並ぶ。『 新・O嬢の物語 』は数少ないエロティック部門だけど、こういうのって、好きな人は絶対観るのでしょうネ! 
▲TOPへ
【『 新・O嬢の物語 』のスタッフとキャスト】
監督: フィル・レイルネス Phil Leirness (Directed by)
製作: ピエール・リシャール・ミラー Pierre Richard Muller (producer)
脚本: ロン・ノーマン Ron Norman (Writing credits)
    フィル・レイルネス Phil Leirness (Writing credits)
撮影: フランク・サファート Frank Suffert (Cinematography by)
衣装: ヴァーノン・サイモン Vernon Simon (Costume Design by)

出演: ダニエル・シアーディ Danielle Ciardi as O O嬢
    ニール・ディクソン Neil Dickson as Sir Stephen スティーヴン卿
    マックス・パリッシュ Max Parrish as Rene ルネ
    ミシェル・ルーベン Michelle Ruben as Jacqueline ジャクリーン
    キャサリン・ランドルフ Katherine Randolph as Natalie
    ステファニー・チャオ Stephanie Chao as Beautiful Young Maid

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 新・O嬢の物語 (2003) THE STORY OF O: UNTOLD PLEASURES 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
■映画『 新・O嬢の物語 』の更新記録
2004/06/07新規: ファイル作成
2004/07/12更新: ◆テキスト一部とリンクおよびファイル書式更新:
2004/12/12更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.