ステップフォード・ワイフ
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ステップフォード・ワイフ (2004)
THE STEPFORD WIVES
 映画『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』を紹介します。

 映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の監督
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の主なスタッフ
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の主なキャスト
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の原作
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』のあらすじ
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』のスタッフとキャスト
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ステップフォード・ワイフ 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』のポスター、予告編および映画データ
ステップフォード・ワイフステップフォード・ワイフ
Links:  Official Web Site
Trailers: QuickTime
上映時間 Runtime: 1:33
製作国 Country: アメリカ USA
製作会社
Production Company:
Paramount Pictures [us]
Scott Rudin Productions [us]
De Line Pictures [us]
DreamWorks SKG [us]
全米配給会社 Distributer: Paramount Pictures [us]
DreamWorks Distribution LLC [us]
DreamWorks SKG [us]
United International Pictures (UIP)
全米初公開 Release Date: 2004/06/11
日本初公開 R. D. in Japan: 2005/02/05 予定
日本公開情報 : UIP
ジャンル Genre: コメディ/ドラマ/スリラー/ミュージカル
Comedy / Drama / Thriller / Musical
MPAA Rating 指定: Rated PG-13 for sexual content, thematic material and language.
日本語公式サイト
http://www.stepfordwife.jp/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の解説

 映画『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』は、ベストセラー作家であるアイラ・レヴィンの一作品の映画化だ。小説「 ステップフォードの妻たち (邦題) / THE STEPFORD WIVES (原題) 」(ハヤカワ文庫NV)が下敷きになっている。本作『 ステップフォード・ワイフ 』は、その2回目のリメイクとなる。『 ステップフォード・ワイフ 』の映画ジャンルはコメディ・ドラマ・スリラー・ミュージカルだ。
 映画『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』は、何といっても豪華キャスト。オーストラリアの人間国宝ニコール・キッドマンが『 ステップフォード・ワイフ 』の主役だ。そこにベット・ミドラー、クリストファー・ウォーケン、グレン・クロースが脇を固め映画『 ステップフォード・ワイフ 』を盛り立てる。

▲TOPへ

■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の監督

【映画『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』の監督フランク・オズ】
 1944 年 5 月 25 日イギリスはイングランド・ヒアフォード Hereford, England, UK 生まれ。 1962 年にオークランド市立大学 Oakland City College を卒業し、翌年にジム・ヘンソン Jim Henson ( 1936-1990 )の駆け出したばかりのマペット・グループに人形使いとして参加。オズは『 サタデー・ナイト・ライブ Saturday Night Live 』の第一シーズンのキャストの一人で、ジョン・ベルーシ John Belushi ( 1949-1982 )やダン・エイクロイド Dan Aykroyd (『 パール・ハーバー (2001) PEARL HARBOR 』『 スコルピオンの恋まじない (2001) THE CURSE OF THE JADE SCORPION 』等)と共に“ブルース・ブラザーズ The Blues Brothers ”などに登場した。

 1976 年に『 マペット・ショー The Muppet Show 』が放送された後、フランク・オズはジム・ヘンソンの組織の副社長となり、ミス・ピギー Miss Piggyフォジー・ベア Fozzie Bear 等の演技に責任を持った。『マペット・ショー』でエミー賞に 5 度ノミネートされ、その内、1978 年に 1 度受賞している。マペット以外の声の出演では、“スター・ウォーズ Star Wars ”シリーズのヨーダ Yoda なんかも担当。

 また、『 リトルショップ・オブ・ホラーズ (1986) LITTLE SHOP OF HORRORS 』を皮切りに、人間が出演する映画の監督業にも進出。コメディ路線だったが、ロバート・デ・ニーロ Robert DeNiro (
タクシードライバー (1976) TAXI DRIVER
レナードの朝 (1990) AWAKENINGS 』『 RONIN (1998) RONIN
アナライズ・ユー (2002) ANALYZE THAT
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ (2005) HIDE AND SEEK 』等に出演、
アバウト・ア・ボーイ (2002) ABOUT A BOY 』等のプロデューサー)主演の『 スコア (2001) THE SCORE 』で犯罪サスペンスものを手がける。そしてこの度、アイラ・レヴィンのSFホラー小説を映画化するのだが、その作品『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』には、オズ監督の色んな要素が詰め込まれるようだ。美女ニコール・キッドマンを主演に、コメディあり、ミュージカルありの楽しいホラーになりそうな感じ。

▲TOPへ

■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の主なスタッフ

○『 ステップフォード・ワイフ 』の他のスタッフ
 1975 年の『 THE STEPFORD WIVES 』でもプロデューサーを務めたエドガー・J・シェリック、シェリックと共に『 ステップフォード・タウンの謎 (1980) REVENGE OF THE STEPFORD WIVES 』をプロデュースしたスコット・ルーディン(
トゥルーマン・ショー (1998) THE TRUMAN SHOW
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW
アンジェラの灰 (1999) ANGELA'S ASHES
ズーランダー (2001) ZOOLANDER
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (2001) THE ROYAL TENENBAUMS
アイリス (2001) IRIS
チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES
めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS 』< 2003 年アカデミー作品賞ノミネート>
スクール・オブ・ロック (2003) THE SCHOOL OF ROCK
ヴィレッジ  (2004) THE VILLAGE 』等)が製作を務める。

○『 ステップフォード・ワイフ 』の製作総指揮は、
『 羊たちの沈黙 (1991) THE SILENCE OF THE LAMBS 』< 1992 年アカデミー作品賞受賞>
チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES
白いカラス (2003) THE HUMAN STAIN 』等のロナルド・M・ボズマンら。

○『 ステップフォード・ワイフ 』の音楽は、
ブラス! (1996) BRASSED OFF 』(musician uncredited)
『 インデペンデンス・デイ (1996) INDEPENDENCE DAY 』
007/ワールド・イズ・ノット・イナフ (1999) THE WORLD IS NOT ENOUGH
ズーランダー (2001) ZOOLANDER
クン・パオ:燃えよ鉄拳 (2002) KUNG POW: ENTER THE FIST
チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES
イナフ (2002) ENOUGH
007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY 』等のデイヴィッド・アーノルド。

○『 ステップフォード・ワイフ 』の配役は、
エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN
シカゴ (2002) CHICAGO
アップタウン・ガールズ (2003) UPTOWN GIRLS 』等のローラ・ローゼンタールと、キャサリン・ロス主演の一作目の方でも同職を務めたジュリエット・テイラー(
タクシードライバー (1976) TAXI DRIVER
アンジェラの灰 (1999) ANGELA'S ASHES
スコルピオンの恋まじない (2001) THE CURSE OF THE JADE SCORPION
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (2003) THE LIFE OF DAVID GALE 』等)。

○『 ステップフォード・ワイフ 』の特殊効果のアニメは、
スターシップ・トゥルーパーズ (1997) STARSHIP TROOPERS 』等のピーター・ケーニヒが担当。

▲TOPへ

■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の主なキャスト

●ニコール・キッドマン as ジョアンナ
ムーラン・ルージュ (2001) MOULIN ROUGE! 』< 2002 年アカデミー主演女優賞ノミネート>
めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS 』< 2003 年アカデミー主演女優賞受賞>
ドッグヴィル (2003) DOGVILLE
白いカラス (2003) THE HUMAN STAIN 』
コールド マウンテン (2003) COLD MOUNTAIN
ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES
バース (2004) BIRTH
奥さまは魔女 (2005) BEWITCHED
ザ・インタープリター (2005) THE INTERPRETER 』等

●ベット・ミドラー as ボビー
『 ローズ (1979) THE ROSE 』< 1980 年アカデミー主演女優賞ノミネート>
『 フォー・ザ・ボーイズ (1991) FOR THE BOYS 』< 1992 年アカデミー主演女優賞ノミネート>)

●クリストファー・ウォーケン
『 ディア・ハンター (1978) THE DEER HUNTER 』< 1979 年アカデミー助演男優賞受賞>
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW
アメリカン・スウィートハート (2001) AMERICA'S SWEETHEARTS
マリー・アントワネットの首飾り (2001) THE AFFAIR OF THE NECKLACE
カンガルー・ジャック (2003) KANGAROO JACK
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN 』< 2003 年アカデミー助演男優賞ノミネート>
ジーリ (2003) GIGLI
ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン (2003) THE RUNDOWN 』
『 マイ・ボディガード (2004) MAN ON FIRE 』等と

●グレン・クローズ
ガープの世界 (1982) THE WORLD ACCORDING TO GARP 』< 1983 年アカデミー助演女優賞ノミネート>
『 再会の時 (1983) THE BIG CHILL 』< 1984 年アカデミー助演女優賞ノミネート>
『 ナチュラル (1984) THE NATURAL 』< 1985 年アカデミー助演女優賞ノミネート>
『 危険な情事 (1987) FATAL ATTRACTION 』< 1988 年アカデミー主演女優賞ノミネート>
『 危険な関係 (1988) DANGEROUS LIAISONS 』< 1989 年アカデミー主演女優賞ノミネート>)
マーズ・アタック! (1996) MARS ATTACKS! 』
エアフォース・ワン (1997) AIR FORCE ONE
ピノッキオ (2002) PINOCCHIO
ル・ディヴォース/パリに恋して (2003) LE DIVORCE 』等はステップフォードの夫婦。

●ジョン・ロヴィッツは、ベット・ミドラー演じるボビーの夫。

●『 リトル★ニッキー (2000) LITTLE NICKY 』等のロジャー・バートは、オカマを演じる。

●『 わたしが美しくなった100の秘密 (1999) DROP DEAD GORGEOUS
チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES
エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN
エレファント (2003) ELEPHANT
カレンダー・ガールズ (2003) CALENDAR GIRLS 』等のマット・マロイや、美人カントリー歌手のフェイス・ヒル
パール・ハーバー (2001) PEARL HARBOR 』)も出演。

▲TOPへ

■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』の原作

【映画『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』の原作者アイラ・レヴィン】
 1929 年 8 月 27 日ニューヨーク New York 生まれ。 15 歳の時に作家を志した彼は、早くからその才能を開花させる。ニューヨーク大学 New York University で哲学と英語を専攻し、 1950 年に学位を取得。 1953 年に徴兵。除隊後、 24 歳でデビュー小説「 死の接吻 (邦題) / A KISS BEFORE DYING (原題) 」がアメリカ探偵作家クラブ賞の新人賞を受賞。舞台デビューを果たした 25 歳の脚本作品「 NO TIME FOR SERGEANTS 」( 1958 年には『軍曹さんは暇がない』で映画化)でも脚光を浴びた。

 世界的なベストセラー作家であるアイラ・レヴィンの作品には、『死の接吻』( 1956 年と 1991 年の 2 度)、ロマン・ポランスキー Roman Polanski 監督(『 ナインスゲート (1999) THE NINTH GATE 』『 戦場のピアニスト (2002) THE PIANIST 』等)の『 ローズマリーの赤ちゃん (1968) ROSEMARY'S BABY 』、『 デストラップ・死の罠 (1982) DEATH TRAP 』、フィリップ・ノイス Phillip Noyce 監督(『 ボーン・コレクター (1999) THE BONE COLLECTOR 』『 愛の落日 (2002) THE QUIET AMERICAN 』等)の『 硝子の塔 (1993) SLIVER 』等、映画化されたものも多い。

 小説「 ステップフォードの妻たち (邦題) / THE STEPFORD WIVES (原題) 」(ハヤカワ文庫NV)は、 1975 年に初めて映画化。本作『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』は、そのリメイクとなる。一作目は、主演女優のキャサリン・ロス Katharine Ross (近年では『 ドニー・ダーコ (2001) DONNIE DARKO 』等)が、 1976 年サターン・アウォードの女優賞に輝くほど話題になったようだ。続編も作られ、『 ステップフォード・タウンの謎 (1980) REVENGE OF THE STEPFORD WIVES 』や『 THE STEPFORD CHILDREN (1987) 』等がTVで放映された。アイラ・レヴィンは、 2003 年アメリカ探偵作家クラブ賞の巨匠賞を獲得している。

▲TOPへ

■映画『 ステップフォード・ワイフ THE STEPFORD WIVES 』のあらすじ
※本作『 ステップフォード・ワイフ 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 ステップフォード・ワイフ 』のストーリー。
 ジョアンナ(二コール・キッドマン)と夫のウォルター(マシュー・ブロデリック)は、上流階級が住まう美しい郊外の町ステップフォードに越してきた。すぐにジョアンナは近所の奥様方に不自然で奇妙な印象を持つようになる。個性がないとも思える穏やかな性格の彼女たちは、みんな完璧な奥様すぎるのだ。そんな中、ジョアンナの新しい友達ボビー(ベット・ミドラー)は例外で、風変わりで、風刺的。ジョアンナはボビーと一緒にご近所の調査を始め、ステップフォードの妻たちについて不自然な事実を発見してしまう。なんと彼女たちはロボットだった…!ステップフォードの夫たちは、人間の妻たちを、役に立ち、性的に従順で、人格に目立った特徴のないサイボーグと取り替えていたのだ。ジョアンナとボビーもそんなロボットに取り替えられてしまうのだろうか?
▲TOPへ
【『 ステップフォード・ワイフ 』のスタッフとキャスト】
監督: フランク・オズ Frank Oz (Directed by)
製作: ドナルド・デ・ライン Donald De Line (producer)
    ガブリエル・グリュンフェルト Gabriel Grunfeld (producer)
    スコット・ルーディン Scott Rudin (producer)
    エドガー・J・シェリック Edgar J. Scherick (producer)
製作総指揮: ロナルド・M・ボズマン Ronald M. Bozman (executive producer)
    ケリ・リン Keri Lyn (executive producer)
    ケリ・セリッグ Keri Selig (executive producer)
原作: アイラ・レヴィン Ira Levin (book)
脚本: ポール・ラドニック Paul Rudnick (screenplay)
撮影: ロブ・ハーン Rob Hahn (Cinematography by)
美術: ジャクソン・デ・ゴヴィア Jackson De Govia (Production Design by)
音楽: デイヴィッド・アーノルド David Arnold (Original Music by)
配役: ローラ・ローゼンタール Laura Rosenthal (Casting by)
    ジュリエット・テイラー Juliet Taylor (Casting by)
特殊効果: ピーター・ケーニヒ Peter Konig (animation)

出演: 二コール・キッドマン Nicole Kidman as Joanna Eberhart
    ベット・ミドラー Bette Midler as Bobbie Markowe
    マシュー・ブロデリック Matthew Broderick as Walter Eberhart
    クリストファー・ウォーケン Christopher Walken as Dale Coba
    フェイス・ヒル Faith Hill as Sarah Sunderson
    グレン・クロース Glenn Close as Dr. Emily Francher
    ロジャー・バート Roger Bart as Roger Bannister
    ジョン・ロヴィッツ Jon Lovitz as Dave Markowe
    ニック・リーディ Nick Reidy as Ben Markowe
    マット・マロイ Matt Malloy as Herb Sunderson

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.stepfordwivesmovie.com/
■映画『 ステップフォード・ワイフ 』の更新記録
2004/03/31新規: ファイル作成
2004/05/03更新: ◆書式とテキスト一部手直し
2004/07/12更新: ◆テキスト一部とリンクおよびファイル書式
2005/03/01更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/05/24更新: ◆データ追加
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.