スカーレット・レター
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■映画レヴュー
スカーレット・レター (1995)
THE SCARLET LETTER
 映画『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』をレヴュー紹介します。

 映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』の主なスタッフ
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』の主なキャスト
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』のあらすじ
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』の受賞
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』のトリビア
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』のスタッフとキャスト
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 スカーレット・レター 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』の結末
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の鑑賞評価: 8つ星 
■映画『 スカーレット・レター THE SCARLET LETTER 』のポスター、予告編および映画データ
スカーレット・レター
スカーレット・レター
Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 2:15
製作国 Country: アメリカ USA
製作会社
Production Company:
Allied Stars Ltd.
Cinergi Pictures Entertainment Inc.
Hollywood Pictures
Lightmotive
Moving Pictures
全米配給会社 Distributer: Buena Vista Pictures
全米初公開 Release Date: 1995/10/13
日本初公開 R. D. in Japan: 1996/01
日本公開情報 : 東宝東和
ジャンル Genre: ドラマ/ロマンス
Drama / Romance
MPAA Rating 指定: Rated R for violence and sexuality.
日本語公式サイト 調査中
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』の解説

 映画『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』は、ナサニエル・ホーソン著の 1850 年の小説「緋文字」の映画化。『 スカーレット・レター 』の意味「緋文字」の由来は、デミ・ムーア扮するヒロインが姦通して、神の道に背いた者の見せしめの罰として、赤い“A”という文字のアップリケを胸に付けることが強制されたことから。“A”は「adultery(姦通)」の頭文字なのだ。『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』は原作と違ってアメリカ映画らしくハッピーエンドで、新天地で新しい人生をやり直すために旅立って終わる。
 似た邦題の『 スカーレットレター (2004) 朱紅文字 / THE SCARLET LETTER 』という韓国映画もある。また、『 四月の雪 (2005) APRIL SNOW 』と米国映画『 スカーレット・レター 』における不倫と姦通については、別ファイル「四月の雪」を作ってあります。

▲TOPへ

■映画『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』の主なスタッフ

○『 スカーレット・レター 』の監督・製作: ローランド・ジョフィ

○『 スカーレット・レター 』の製作: アンドリュー・G・ヴァイナ
ターミネーター3 (2003) TERMINATOR 3: RISE OF THE MACHINES
アイ・スパイ (2002) I SPY

○『 スカーレット・レター 』の製作: ロバート・F・コールズベリー
光の旅人 K−PAX (2001) K-PAX

○『 スカーレット・レター 』の製作総指揮: ドディ・ファイド
炎のランナー (1981) CHARIOTS OF FIRE

○『 スカーレット・レター 』の製作総指揮: トーヴァ・レイター
トラブル IN ベガス (2004) ELVIS HAS LEFT THE BUILDING

○『 スカーレット・レター 』の編集: トム・ノーブル
トゥームレイダー2 (2003) LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE
サラマンダー (2002) REIGN OF FIRE

○『 スカーレット・レター 』の美術: ロイ・ウォーカー
リプリー (1999) THE TALENTED MR. RIPLEY

○『 スカーレット・レター 』の美術: ロザリンド・シングルトン
タイタニック (1997) TITANIC

○『 スカーレット・レター 』の衣装: ガブリエラ・ペスクッチ
ブラザーズ・グリム (2005) THE BROTHERS GRIMM
チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY
ヴァン・ヘルシング (2004) VAN HELSING
真夏の夜の夢 (1999) WILLIAM SHAKESPEARE'S A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM
娼婦ベロニカ (1998) DANGEROUS BEAUTY / A DESTINY OF HER OWN

○『 スカーレット・レター 』の音楽: ジョン・バリー
マダガスカル (2005) MADAGASCAR
エニグマ (2002) ENIGMA

▲TOPへ

■映画『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』の主なキャスト

●デミ・ムーア as ヘスター@スカーレット・レター
チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル (2003) CHARLIE'S ANGELS: FULL THROTTLE
G.I.ジェーン (1997) G.I. JANE
ゴースト/ニューヨークの幻 (1990) GHOST 』等に出演
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー (2002) AUSTIN POWERS IN GOLDMEMBER
オースティン・パワーズ (1997) AUSTIN POWERS: INTERNATIONAL MAN OF MYSTERY 』等でプロデューサー

●ゲイリー・オールドマン as アーサー@スカーレット・レター
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (2005) HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE
バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004) HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN
ハンニバル (2001) HANNIBAL
エアフォース・ワン (1997) AIR FORCE ONE

●ロバート・デュヴァル as ロジャー@スカーレット・レター
ウォルター少年と、夏の休日 (2003) SECONDHAND LIONS
ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003) OPEN RANGE
ジョンQ−最後の決断− (2002) JOHN Q

●エドワード・ハードウィック as ジョン@スカーレット・レター
オリバー・ツイスト (2005) OLIVER TWIST
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY
エニグマ (2002) ENIGMA
エリザベス (1998) ELIZABETH 』

●ロバート・プロスキー as ホレス@スカーレット・レター
デス・トゥ・スムーチー (2002) DEATH TO SMOOCHY

●ジョーン・プロウライト as ハリエット@スカーレット・レター
アイ・アム・デビッド (2004) I AM DAVID
女神が家(ウチ)にやってきた (2003) BRINGING DOWN THE HOUSE

●エリック・シュウェイグ as Metacomet @スカーレット・レター
ミッシング (2003) THE MISSING

▲TOPへ

■映画『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』のあらすじ

 アメリカ独立戦争前の 17 世紀のマサチューセッツの封建的な清教徒の村で、医者の夫ロジャー・チリングワース(ロバート・デュヴァル)の若妻ヘスター(デミ・ムーア)と牧師アーサー・ディメスデール(ゲイリー・オールドマン)が恋に落ちて子まで生む。『 スカーレット・レター 』は、戒律が厳しく姦通が重罪だった時代を舞台に、牧師と人妻があらゆる迫害から互いの愛を貫き通すラブロマンス・大恋愛ドラマでもある。

▲TOPへ

■映画『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』の受賞

 『 スカーレット・レター 』は、ラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞) 1996 Razzie Awards のワースト・リメイク・続編賞 Worst Remake or Sequel を頂戴しちゃっている。

▲TOPへ

■映画『 スカーレット・レター (1995) THE SCARLET LETTER 』のトリビア

【スカーレット・レターのトリビア その1】  原作ナサニエル・ホーソン著の「緋文字」は何作も映画化されている。そしてこの『 スカーレット・レター 』も、物語は原作に全部が全部、忠実というわけではない。だから、この映画『 スカーレット・レター 』を観て学校のレポートを書いたり試験で答えたりしたら間違ってしまいますよ、なんて米国では言われていた。

【スカーレット・レターのトリビア その2】  『 スカーレット・レター 』のエンディングを変えることについて、デミ・ムーアはハッピーエンドになっても構いませんと繰り返し言っていた。映画『 スカーレット・レター 』の原作「緋文字」を読んでいる人はそんなに多くないから、と。

【スカーレット・レターのトリビア その3】  『 スカーレット・レター 』でパールの役をしている子達は、実生活でデミ・ムーアの娘たちである。
 次女 スカウト・ラルー・ウィリス Scout LaRue Willis as Young Pearl
バンディッツ (2001) BANDITS 』に出演
 三女 タルーラ・ベル・ウィリス Tallulah Belle Willis as Infant Pearl
隣のヒットマンズ 全弾発射 (2004) THE WHOLE TEN YARDS
バンディッツ (2001) BANDITS 』に出演

 デミ・ムーアとブルース・ウィリス Bruce Willis (
シン・シティ (2005) SIN CITY
ホステージ (2005) HOSTAGE
隣のヒットマンズ 全弾発射 (2004) THE WHOLE TEN YARDS
チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル (2003) CHARLIE'S ANGELS: FULL THROTTLE
ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003) TEARS OF THE SUN
バンディッツ (2001) BANDITS
アンブレイカブル (2000) UNBREAKABLE
シックス・センス (1999) THE SIXTH SENSE
マーシャル・ロー (1998) THE SIEGE 』)との間の娘たちだ(結婚期間は 1987 -2000)。

【スカーレット・レターのトリビア その4】  『 スカーレット・レター 』の映画音楽はエンニオ・モリコーネ Ennio Morricone (
レーシング・ストライプス (2005) RACING STRIPES
キル・ビル Vol.2 (2004) KILL BILL: VOL. 2
キル・ビル (2003) KILL BILL: VOLUME 1
ぼくは怖くない (2003) IO NON HO PAURA (原題) / I'M NOT SCARED (英題)
マレーナ (2000) MALENA 』等)と
エルマー・バーンスタイン Elmer Bernstein (
華氏911 (2004) FAHRENHEIT 9/11
ギャング・オブ・ニューヨーク (2001) GANGS OF NEW YORK
エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN
バンディッツ (2001) BANDITS 』等)も作曲したが、ジョン・バリーのものが使われた。
▲TOPへ
【『 スカーレット・レター 』のスタッフとキャスト】
監督: ローランド・ジョフィ Roland Joffe (Directed by)
製作: ローランド・ジョフィ Roland Joffe (producer)
    アンドリュー・G・ヴァイナ Andrew G. Vajna (producer)
    ジョナサン・コーニック Jonathan Cornick (associate producer)
    ロバート・F・コールズベリー Robert F. Colesberry (co-producer)
製作総指揮: ドディ・ファイド Dodi Fayed (executive producer)
    トーヴァ・レイター Tova Laiter (executive producer)
原作: ナサニエル・ホーソン Nathaniel Hawthorne (novel The Scarlet Letter)
脚本: ダグラス・デイ・スチュワート Douglas Day Stewart (screenplay)
撮影: アレックス・トムソン Alex Thomson (Cinematography by)
編集: トム・ノーブル Thom Noble (Film Editing by)
美術: ロイ・ウォーカー Roy Walker (Production Design by)
    ロザリンド・シングルトン Rosalind Shingleton (Set Decoration by)
衣装: ガブリエラ・ペスクッチ Gabriella Pescucci (Costume Design by)
音楽: ジョン・バリー John Barry (Original Music by)

出演: デミ・ムーア Demi Moore as Hester Prynne ヘスター
    ゲイリー・オールドマン Gary Oldman as Rev. Arthur Dimmesdale アーサー
    ロバート・デュヴァル Robert Duvall as Roger Chillingworth ロジャー
    リサ・ジョリフ=アンドー Lisa Jolliff-Andoh as Mituba ミツバ
    エドワード・ハードウィック Edward Hardwick as Gov. John Bellingham ジョン
    ロバート・プロスキー Robert Prosky as Horace Stonehall ホレス
    ロイ・ドートリス Roy Dotrice as Rev. Thomas Cheever トーマス
    ジョーン・プロウライト Joan Plowright as Harriet Hibbons ハリエット
    マルコム・ストーリー Malcolm Storry as Maj. Dunsmuir ダンスミア
    エリック・シュウェイグ Eric Schweig as Metacomet

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 スカーレット・レター 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
■映画『 スカーレット・レター 』の更新記録
2005/09/12新規: ファイル作成
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.