オールド・ルーキー
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画レヴュー
オールド・ルーキー (2002)
THE ROOKIE
 映画『 オールド・ルーキー (2002) THE ROOKIE 』をレヴュー紹介します。

 映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』を以下に目次別に紹介する。
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の解説及びポスター、予告編
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の映画データ
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の主なキャスト
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』のスタッフとキャスト
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 オールド・ルーキー 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 オールド・ルーキー (2002) THE ROOKIE 』の内容やネネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の結末
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の鑑賞評価: 8つ星 
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の解説及びポスター、予告編
オールド・ルーキー
オールド・ルーキー
Links:  Official Web Site
Trailers:  Quick Time 5.5Mb
Quick Time 13.8Mb
Quick Time 28.4Mb

■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の解説

 映画『 オールド・ルーキー (2002) THE ROOKIE 』は、米国メジャー・リーグ投手のジム・モリスの自伝「 The Oldest Rookie (邦題オールド・ルーキー)」の映画化。映画『 オールド・ルーキー 』は、実際にあった信じられないようなサクセス・ストーリーを、ジョン・リー・ハンコック監督とマイク・リッチの巧みな脚本で観客に涙と感動で魅せる。まさにアメリカン・ドリームそのもの。映画『 オールド・ルーキー 』は、米国民の心を捉え、封切り5週間で興行収入 6000 万ドル(約 72 億円)の大ヒット。
 映画『 オールド・ルーキー 』は、野球好きの少年が、プロの選手になる夢を実現できないまま高校教師になったが、クラブで指導している生徒達に逆に励まされて、 35 歳にしてメジャー・リーグの大投手になった本当の話だ。ジム・モリスの役はデニス・クエイド。左利き、そしてテキサス出身という事が共通して選ばれたのかも。プロになる前の姿も、メジャーの桧舞台に上がった姿も、違和感なく、大変似合って好感を持てた。奥さん役も素敵だったし、子供達は愛くるしくて、家族の愛情と支えと理解があったからこそ、夢を実現できたのだろう。
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の映画データ
 上映時間:128分
 製作国:アメリカ
 公開情報:ブエナ
 アメリカ初公開年月:2002年3月29日
 日本初公開年月:2003年1月18日 予定
 ジャンル:ドラマ/スポーツ
▲TOPへ
■映画『 オールド・ルーキー THE ROOKIE 』の主なキャスト
●デニス・クエイド as ジミー・モリス
オールド・ルーキー (2002) THE ROOKIE
エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN
コールド・クリーク 過去を持つ家 (2003) COLD CREEK MANOR
アラモ (2003) THE ALAMO
デイ・アフター・トゥモロー (2004) THE DAY AFTER TOMORROW
フライト・オブ・フェニックス (2004) FLIGHT OF THE PHOENIX

●ブライアン・コックス as ジミーの父
ボーン・アイデンティティー (2002) THE BOURNE IDENTITY
アダプテーション (2002) ADAPTATION
25時 (2002) 25TH HOUR 』
X−MEN2 (2003) X-MEN 2
トロイ (2004) TROY
ボーン・スプレマシー (2004) THE BOURNE SUPREMACY

●ベス・グラント as ジミーの母
ドニー・ダーコ (2001) DONNIE DARKO
パール・ハーバー (2001) PEARL HARBOR
マッチスティック・メン (2003) MATCHSTICK MEN
キャメロット・ガーデンの少女 (1997) LAWN DOGS
▲TOPへ
【『 オールド・ルーキー 』のスタッフとキャスト】
監督: ジョン・リー・ハンコック John Lee Hancock
製作: マーク・シアーディ Mark Ciardi
    ゴードン・グレイ Gordon Gray
    マーク・ジョンソン Mark Johnson
原作: ジム・モリス Jim Morris
     ジョエル・エンゲル Joel Engel
製作総指揮: フィリップ・ステュアー Philip Steuer
脚本: マイク・リッチ Mike Rich
撮影: ジョン・シュワルツマン John Schwartzman
音楽: カーター・バーウェル Carter Burwell

出演: デニス・クエイド Dennis Quaid ジミー・モリス
    レイチェル・グリフィス Rachel Griffiths ローリー・モリス
    アンガス・T・ジョーンズ Angus T. Jones ハンター・モリス
    レベッカ・スパイチャー Rebecca Spicher ジェシカ・モリス
    ブライアン・コックス Brian Cox ジミーの父
    ベス・グラント Beth Grant ジミーの母
    トレヴァー・モーガン Trevor Morgan ジミー子役(uncredited)
    キャメロン・バンフィールド Cameron Banfield ジミーの弟
    ジェイ・ヘルナンデス Jay Hernandez ホアキン・ワック・カンポス
    リック・ゴンザレス Rick Gonzalez ルディ・ボニラ
    チャド・リンドバーグ Chad Lindberg ジョー・デヴィッド・ウェスト
    アンジェロ・スピッツィリ Angelo Spizzirri ジョエル・デ・ラ・ガルザ
    ロイス・D・アップルゲイト Royce D. Applegate ヘンリー
    ラッセル・リチャードソン Russell Richardson ブルックス
    ライナー・ショーン Raynor Scheine フランク
    デヴィッド・ブラックウェル David Blackwell カル

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『 オールド・ルーキー 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー
 私は日本公開前に字幕スーパーなしの英語で観たので、わかる範囲でレヴューします。映画データについては調査した時点と公開される時点で異なる場合があります。本作の内容については、語学力と経験・常識不足のため、間違いや勘違いや適切でない表現があるかもしれません。どうかご理解賜りますようお願いいたします。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。
▲TOPへ

【オールド・ルーキー 第01段落】  ここはテキサス州ビッグ・レイクの町。先ずこの町の野球好きの由来からナレーションが始まる。この町からは、二人の名誉ある有名人が輩出した。一人はこの地に富と産業をもたらすことになった原油を足元から掘削した男、そしてもう一人は、誰も信じないような事をやらかした男…。 1923 年、二人の尼さんがある男の夢を信じてあげて、その男に投資した。神父がその事を知って、お金を戻すように言った時はもう遅かった。尼さん達は、毅然とした態度で男を支える。それは、黄色のバラの溢れるほどの量の花びらがテキサスの乾いた大地に舞っていく事で象徴される。…当時、原油を掘り出す間、待ち時間を利用して労働者達は現場の荒野で野球をして楽しんだ。ベーブ・ルース( 1895 年生まれ)の活躍する時代だった。そういう野球の原点があって…。

【オールド・ルーキー 第02段落】  舞台と時代は変わって、 1975 年頃、コネティカット州グロートンの町。中学生くらいの少年ジミー・モリス(子役/トレヴァー・モーガン:
シックス・センス (1999) THE SIXTH SENSE
パトリオット (2000) THE PATRIOT 』)は雪の積もった自宅の庭で弟(キャメロン・バンフィールド)とキャッチボールをしている。野球が大好きという表情で嬉しそう。ここで父(ブライアン・コックス)と母(ベス・グラント)から呼ばれ、引越しすると聞かされる。次の家はヴァージニア州ロアノキ。ジミーは野球で生き生きしている。遠くまで打つし、きつい球を投げる。そしてまたすぐフロリダ州ハリウッドへ。そう、ジミーの父親は海軍勤務だったので、基地から基地へと、短期的に移転することを余儀なくされたのだ。

【オールド・ルーキー 第03段落】  でも、今度の移転はマイッた。 1980 年頃、ジミーは 15 歳くらい。今の野球クラブからシーズン途中で去るのはつらい。それに、移転先テキサス州ブラウンウッドには、高校にも町にも野球というものが存在しないと知る。人生には、野球よりも大切なものがあるんだと、父は説教するが。ブラウンウッドはいかにも石油の町という、だだっ広い黄色の大地に、掘削機がドン・キノーテの風車のように聳え立つ。洋品店で野球用品を購入しようとしても、店の主ヘンリー(ロイス・D・アップルゲイト:
シービスケット (2003) SEABISCUIT
ディボース・ショウ (2003) INTOLERABLE CRUELTY 』)から、この町はフットボールしかしないと聞かされる。でも初老の優しいオジさんタイプのヘンリーは、この地に伝わる冒頭の二人の尼さんの話を、新来者に聞かせてやるのだ。何かを心に感じたジミーは、大地に聳える掘削の塔を打者に見たてて、独り、足を大地に踏みつけ、投球練習を始めるのだ。なお、映画ではシーンはなかったが、高校時代、ジミーは仕方なく?フットボールのクォーターバックで秀でた運動能力を見せつけた。流石、野球でつけた腕前で、 95 ヤードも投げたし、風上に 50 ヤードもパント(手から落としたボールを地に落ちないうちに蹴ること)出来たという。

【オールド・ルーキー 第04段落】  そうして、プロ野球選手になる夢を抱き続けて、独りピッチングをし続けて 20 年近く。今、ジミー(デニス・クエイド)はビッグ・レイク市のレーガン郡高校の化学の教師をしている。妻ローリー(レイチェル・グリフィス)とは愛し合い労り合う仲で、夜泣きでぐずる赤ん坊も一人いる。平凡な、いかにも生活の出ている現実的な暮らしだ。レイチェル・グリフィスは「ベスト・フレンズ・ウェディング」( 1997 )等に出演、この「オールド・ルーキー」では、楽しい顔、寂しい顔、苦しい顔、悩める顔、晴れやかな顔、を美しく演じている。

【オールド・ルーキー 第05段落】  大人になったジミー・モリス役のデニス・クエイドは、「エニイ・ギブン・サンデー」( 1999 )でもアメリカン・フットボール界というスポーツの話に出演している。クエイドはテキサス州ヒューストン出身で、しかも左利きという点が、テキサス州出身のジミー・モリス本人と同じだから、配役されるのに有利な材料だったのではないかな。私生活では、メグ・ライアンと再婚して十年で離婚、メグ・ライアンには宝石類全部(女優さんの宝石ってどんなに高価で凄いのかな)と車チェロキーを譲渡し、一人息子は二人で後見するように協議離婚したそうだ。

【オールド・ルーキー 第06段落】  主人公ジミー・モリス本人の本名はジェームズ・サミュエル・モリス James Samuel Morris で、愛称としてジムとかジミーとか呼ばれている。左打ち左投げ。身長 188 cm 、体重 97 kg 。 1964 年1月 19 日テキサス州ブラウンウッド生まれ、今は 38 歳。映画では、そこには 15 歳くらいで移転してきたことになっているが。彼の著書「オールド・ルーキー」は、メジャー二つ目の移籍先のLAドジャーズに在籍中に執筆したものだ。だから、この映画は事実と非常に時間的に近い作品である。

【オールド・ルーキー 第07段落】  また映画に戻るが、ジミーは高校教師をしながらも、幼い息子ハンター(アンガス・T・ジョーンズ:
女神が家(ウチ)にやってきた (2003) BRINGING DOWN THE HOUSE 』)をベージュのピックアップ(いかにもテキサスらしい車種)の助手席に乗せて、独り、ピッチングに励んでいる。野球を奪われてから 20 年もこうして独力で練習し続けているのだ。高校では教鞭をとる傍ら、野球部のコーチをして生徒達の指導に明け暮れているが、このチーム the Reagan County Owls レーガン郡アウルズ(フクロウ)は、負けてばっかりの弱〜いチームだ。生徒の捕手ワック(ジェイ・ヘルナンデス:
トルク (2004) TORQUE
炎のメモリアル (2004) LADDER 49 』)や投手ルディ(リック・ゴンザレス:
しあわせの法則 (2002) LAUREL CANYON 』
アダルト♂スクール (2003) OLD SCHOOL
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS 』)は、コーチであるジミーの本当の強さを知らないし、ジミーも本気で投げる姿を彼らに見せていない。しかし、ワックは、コーチ、本当は凄い剛速球を投げられるのでしょ、と誘導して、ジミーに彼本来の投球をさせる。目を丸くして驚く生徒たち。ジミーの投球は、その頃でも時速 96 マイル(約 154.5 km)を出していた。

【オールド・ルーキー 第08段落】  そんな時、3年前にクラブを結成してから毎年、地区大会まで1勝しかできないアウルズの面々に、激を飛ばして叱る。そして、心から夢を持つということが大切なのだと言って聞かせる。すると、生徒たちは、地区大会で優勝するから、もし優勝したら、コーチもプロのテストに挑戦して、と約束する。生徒たちは、コーチであるジミーの夢を知っているのだ。その日から彼らの練習の熱心さは驚くばかり。訓練の為にジミーは剛速球を投げると、余りの速さに初めはバットを微動だにすることができなかった彼らは、遂にジミーの球を打つことができるようにまで進歩した。大きなお兄ちゃんたちに父親がコーチしている間、6歳くらいの息子ハンターはずっと一緒に行動する。用具を出したり、応援したり、父親の投げる球を見て大喜びしたり。この子役アンガス・T・ジョーンズは本当に愛くるしくて、父親が子供を愛する気持が十分わかるような上手い演技だ。

【オールド・ルーキー 第09段落】  アウルズは地区大会に勝ち進んでいく。エルヴィス・プレスリー等の陽気な歌が流れて、明るく楽しい勝ちっぷり。TVでメジャー・リーグの試合を見てもそうであるように、試合開始に先だってアメリカ国家を斉唱する。それに、青空に翻る星条旗。これもやはりアメリカ、アメリカ!この映画をブッシュ大統領も大いに気に入ったということも肯けよう。そしてとうとう、地区大会の決勝。最終回、ピッチャーのルディが渾身の力をこめて投げる…。三振!遂にやった。アウルズは優勝という夢を実現した。喜びと自信を噛み締めて、一人一人ジミーと握手して去っていく彼らは、口々に言う。「今度はコーチの番ですよ。」 1999 年の春のことだった。

【オールド・ルーキー 第10段落】  その頃ジミーは三人の子持ちになっていた。二人目はジェシカ、愛称ジェシー(レベッカ・スパイチャー)で4歳くらいの、これまた可愛らしい女の子。三人目はジェイミーという女の赤ちゃん。家族は愛しい存在で、泣いてはあやし、眠った子にはキスをし、愛情いっぱいの家庭だ。 1999 年の6月19日、丁度、妻ローリーが外出の間、ジミーはプロ球団の入団テストを受けに行く。泣きわめく赤ん坊も含んで三人の子連れは、誰が見たってテストを受けに来た人には見えない。つまり、生活が出ていて、年をとっているわけだ。他の受験者は半分ほどの年齢の若者ばかり。それが、いざピッチングをテストすると、ウォームアップもなしで(子供のオシメを替えたりあやしたりの世話で)、いきなり物凄い球を投げたのだ。球団側は驚異の目で彼に注目する。ジミーは何球も何球も投げさせられた。そのどれも、時速 98 マイル(約 157.7 km)あった。

【オールド・ルーキー 第11段落】  ピザ2箱を土産に帰宅したジミーは、妻に今日のテストで剛速球を投げられたことを嬉しく自慢して報告する。でも妻ローリーはそんなに興奮して聞いてくれない。彼女は、友達夫婦的な仲の良さで、夫の悩みを聞いたり、励ましたり、喧嘩したり、ごく自然な態度で生活を共有しているから、思い上がったり思慮が浅いタイプではない。だからこそ真剣に悩むのだ。ローリーは夜、ジミーの父に電話をかけて、スカウトが夫に会いたがっている旨を沈んだ声で話す。一方、ジミー本人も、父の家に寄って、どうしたらいいか分からないのだとアドヴァイスを求める。すると父は、自分のやりたいことをするのはいいことだ、と答えてやる。父は勿論、息子のプロ選手になるという子供時代からの夢を十分知っている。そして、これまでそれが叶えられていないということも。

【オールド・ルーキー 第12段落】  妻ローリーは、子供もいるのにどうやって食べていけるの、と言って喧嘩状態。そういう雰囲気に、ジミーは諦めかけた。しかし、スヤスヤ眠る長男ハンターの寝室に貼ってある、父の野球のユニフォーム姿の何枚もの写真を目にした時、心は固まった。「あの子は、誰もできないことをダディが叶えるのを待っているわ。だから、おやりなさい。」と夫に告げて、ジミーを送り出す。

【オールド・ルーキー 第13段落】  ジミーは大きなバッグ一つで、マイナーのサザン・リーグのフロリダ・オーランドーズ軍へ向かう。背番号9のユニフォームで、プロ選手としての始まりだ。球場は家庭的で、応援も賑やかでフレンドリー。ここでビッグ・ニュースは、ジム・モリス選手"本物"が、このオーランドーズ軍のアンパイアの役でカメオ出演していること!凄いなァ!!!暫くすると、マイナーのインターナショナル・リーグのノース・カロライナ・ダーハム・ブルズ軍で背番号は 15 。家族から離れて3ヶ月間、たった独りの生活。それに、アメリカはプロ野球は移動がきついと聞く。ジミーも、よれよれのチェックのシャツに疲れ果てた顔で、移動のチャーター・バスに乗っている。寂しさと弱気とで、遠い地から妻に電話をかけると、妻に勇気付けられるのだ。そして愛しい子供達の声と手紙に支えられる。・・・

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


【オールド・ルーキー 第14段落】  疲れ果てて孤独で異郷にいる時、チームの上司から「君は最高のリリーフ・ピッチャーだ」と評価される。さらに、酒場のTVに、自分のことがスポーツ番組で取り上げられているのを見て、自分ながらびっくりする。世間で自分を評価し始めてくれているのだと。「教師だったのを投げ打って、マイナー・リーグで今頑張っている男がいます。」インタヴューされているジミーのユニフォーム姿も映っている。故郷のテキサスの田舎町では、妻子も、学校の野球チーム・アウルズのワックら教え子達も、町のおじさん連中のカル(デヴィッド・ブラックウェル)達も、みんな目を細くしてTVに釘付けになっている。

【オールド・ルーキー 第15段落】  それから間もなく、遂に、夢の夢、メジャー・リーグへの昇進が決まった。 1999 年の 9 月 17 日、ダーハム・ブルズ軍から二人、メジャーへ抜擢されたのだ。一人はスティーヴ・コックス、もう一人はジム・モリスだ。昇格先は、フロリダ州セント・ピーターズバーグに本拠地スタジアムであるトロピカーナ・フィールドを持つ、タンパ・ベイ・デヴィル・レイズ軍だ。ジミーは早速、喜びの声を故郷の妻に電話する。妻ローリーは夫の快挙に心から祝いの声を伝える。息子ハンターは、一言「クール!」高校の生徒たちは号外を印刷して、朗報は町中に広がる。

【オールド・ルーキー 第16段落】  タンパ・ベイ・デヴィル・レイズは、テキサス・レンジャーズと対戦することになった。ジミーにとって、故郷テキサスに戻れてプレーするというのは、チームのフロント陣のルーキーに対する配慮か、或いは幸運か。そう、ジム・モリスは 35 歳のオールド・ルーキーなのだ。テキサス・レンジャーズの本拠は、テキサス州アーリントンのレンジャー・スタジアム。スティーヴ・コックスと連れ立って足を運び入れたジミーは、その堂々とした、神々しいまでに崇高なスタジアムに息を呑む。あぁ、これがメジャーなのか…。ロッカールームもマイナーと全然違うのにジミーは感動する。とにかく立派。広く、機能的で、各人のロッカーも充実している。黄色いバラと、 MORRIS の名のついたタンパ・ベイのユニフォームが背番号 63 で、自分のロッカーに輝いて用意されている。感動シーンだ。今メジャーで活躍している日本選手たちの顔が目に浮かんできて、本当に偉いんだなぁ、とつくづく感じた。野茂選手、イチロー選手、佐々木選手、長谷川選手、新庄選手、石井選手、吉井選手、伊良部選手、大家選手、…(順不同)。それに、これから渡米する松井選手。

【オールド・ルーキー 第17段落】  タンパ・ベイ・デヴィル・レイズ対テキサス・レンジャーズの試合が始まった。何万人もの観衆の大歓声。その中には、妻子と、年老いた両親と、故郷の町の生徒や知り合いの連中が、大挙してジミーの晴れ姿を見に来ている。でも、ルーキーだから、出番はないかな。本人も皆もそう思っていたらしい。すると、ブルペンに電話が鳴り、ジム・モリスはウォームアップせよと。こういう出番の指示は、このように電話で連絡が来るのかって、面白かった。ジミーがウォームアップに出ると、妻子がフェンスぎりぎりの所に来て応援の言葉をかける。数ヶ月ぶりに会う妻子にジミーは感激。年取ったルーキーが感動しているのを、ガムを噛み噛み横目で見ているお茶目なチームメート。・・・

【オールド・ルーキー 第18段落】  そしてまた電話。登板の指示だ。いよいよマウンドに上がるジミー。「ジム・モリス、メジャー・リーグ・デビュー!」と球場のアナウンス。観客席の妻ローリーは立ち上がり、涙、母親も涙、故郷の連中も手を叩いて歓声。故郷の英雄が、人生で初めてメジャー・リーグのユニフォームに身を包むのを最高に喜ぶみんな。そして、運命の1球目、ストライク。目にも見えないほどの剛速球で、いきなり時速 98 マイル(約 157.7 km)。どの球も成功し、三振にうちとった。そして試合終了。タンパ・ベイ・デヴィル・レイズの勝利。ジム・モリスはメジャー・デビューを完璧なリリーフで飾ったのだ。因みに、相手のテキサス・レンジャーズの打者はロイス・クレイトン、捕手はジョン・フラハティだったそうだ。

【オールド・ルーキー 第19段落】  勝利を導いたオールド・ルーキーに取材陣が殺到する。ここで、ジミーがメジャー選手になったという象徴が、服装だ。いつもチェックのよれシャツにコットン・パンツの彼が、選手出口から黒のジャケットにタイを締めて現れたのだ。夢が美しく叶った証拠。父親が遠慮して向こうの方に立っている。子供時代から色々親子の葛藤があったが、あの父親が見に来てくれていたのだ。二人は抱き合い、ジミーはウィニング・ボールを父に捧げる。妻とは固く抱擁する。す・る・と…ビッグ・レイクの田舎町の見覚えのある顔々が、顔面いっぱいの笑顔で祝福してくれているではないか。ウルウルになるシーンだ。…映画のストーリーはここまで。

▲TOPへ

【オールド・ルーキー あとがき】  その後のジミーは、タンパ・ベイ・デヴィル・レイズの 2000 年のレギュラーに左腕投手として正式に契約してもらい、時速 100 マイル(約 161 km)という速球を上手いコントロールで投げてチームの勝利に貢献した。しかし、 36 歳になったジム・モリスは以前からの肘の故障が悪化して、 2000 年の 11 月、タンパ・ベイ・デヴィル・レイズを解雇され、ロサンゼルス・ドジャーズに入団した。この原作「 The Oldest Rookie 」を執筆したのはドジャーズにいた時だ。ということは 2001 年初頭かと推測する。なぜなら、ジム・モリスは、ドジャーズ軍に移籍した後、間もなくして引退せざるをえなくなったからだ。体はもうぼろぼろになっていたらしい。そして映画公開がたった1年後だ。何と言う早業!

【オールド・ルーキー あとがき】  夢のメジャー・プレーヤーに這い登ったことに満足している。引退が早かったことにはジム・モリスは悔やんでいないそうだ。一時は家族と数ヶ月も別居し、結婚生活も危機に面した時もあったので、これ以上メジャー・リーグに在籍していたら、一番大切なものを失っていただろうから。現在、ジム・モリスは講演活動して自分の経験を語っているという。それにしても、 35 歳でメジャー・リーグに入れたというのは、遅いには違いないが、 1999 年の春に生徒チームを地区優勝に導いて、その瞬間から、約束のプロ入団テスト挑戦、そしてマイナーを経て、同年の9月にもうメジャー昇格。そうして 2001 年初旬に引退。よく考えてみると、二年足らずにこれだけをやり遂げた、誠に密度の濃い野球人生だ。だから、冒頭のナレーションで、テキサスが誇る「誰も信じないような事をやらかした男」なのだろう。

【オールド・ルーキー あとがき】  星条旗がたなびく故郷のレーガン郡高校には、背番号 63 の MORRIS のタンパ・ベイのユニフォームと優勝トロフィ、それに彼がコーチをしていたアウルズのチーム写真が飾られている。…そして、尼さん二人が向こうを向いて広大な大地を去って行く。辺りには黄色のバラの花びらが。そう言えば、この黄色は、生徒チームのアウルズのチームカラーだったっけ。キャップもソックスもアンダーウェアも。そしてメジャー・デビューの彼のロッカーには黄色のバラ一輪。
 なお、不慣れな野球界の話なので、チーム名や選手名、野球関係用語等に間違いがあるかもしれません。ご容赦ください。

以上。

<もっと詳しく>からスペースを含まず7932文字/文責:幸田幸

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://disney.go.com/disneypictures/rookie/index.html
      Jim Morris, The Rookie, Preface, Chapter 1, Click2Flicks
       http://www.awesomestories.com/movies/the_rookie/the_rookie_ch1.htm
■映画『 オールド・ルーキー 』の更新記録
2002/11/15新規: ファイル作成
2004/12/29更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/03/30更新: ◆データ追加
2005/10/06更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.