父、帰る
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
父、帰る (2003)
VOZVRASHCHENIYE (原題) / THE RETURN (英題)
 映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE (原題) / THE RETURN (英題) 』を紹介します。

 映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE / THE RETURN 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』はロシア映画
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』の日本配給
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』のあらすじ
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』のトリビア
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』のスタッフとキャスト
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 父、帰る 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE / THE RETURN 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 父、帰る (2003) THE RETURN 』のポスター、予告編および映画データ
父、帰る
父、帰る
Links:  Official Web Site
Trailers:

QuickTime

上映時間 Runtime: 1:45
製作国 Country: ロシア Russia
製作会社
Production Company:
Ren Film [ru]
全米配給会社 Distributer: Kino International
全米初公開 Release Date: 2004/02/06 (New York City, New York)
2004/02/14 (Portland International Film Festival)
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/09/11 予定
日本公開情報 : アスミック・エース
ジャンル Genre: ドラマ Drama
MPAA Rating 指定: Argentina:13 / Finland:K-11 / Singapore:PG (theatrical release) / USA:Unrated
日本語公式サイト
http://chichi-kaeru.com/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE / THE RETURN 』の解説

 映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE (原題) / THE RETURN (英題) 』は、 2003 年ヴェネチア映画祭で絶賛され、金獅子賞や最優秀新人作品賞などを受賞、またヨーロッパ映画賞でもディスカバリー賞に輝くなど、かなり評価の高いロシア映画だ。映画『 父、帰る 』は悲しくも美しいロシアの荒野の海岸線などを背景に、余り会話のない映画だそうだが、それがかえって映画を素晴らしいものにしているらしい。映画『 父、帰る 』のロシア語の原題は、「 Возвращение 」で“帰還”という意味。「 VOZVRASHCHENIYE 」は英語で表した「 Возвращение 」の読み方だ。『 父、帰る 』というと、 1917 年(大正 6 )に発表された、菊池寛( 1888-1948 )の戯曲「父帰る」を思い出す。

▲TOPへ

■映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE / THE RETURN 』はロシア映画

 「映画の森てんこ森」内にあるロシア映画解説は
ロシアン・ブラザー (1997) BRAT (原題) / THE BROTHER (英題)
変身 (2002) Prevrashcheniye (原題) / METAMORPHOSIS (英題) 』等があります。

▲TOPへ

■映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE / THE RETURN 』の日本配給

 『 父、帰る 』の日本の配給会社はアスミック・エースで、「映画の森てんこ森」内の 2004 年以降ではこういう作品を扱っている。
HAPPY, TEXAS (1999)
DADDY AND THEM (2001)
25時 (2002) 25TH HOUR 』
ボン・ヴォヤージュ (2003) BON VOYAGE
ぼくセザール10歳半1m39cm (2003) MOI CESAR, 10 ANS 1/2, 1M39 (原題) / I, CESAR (英題)
キャンプ (2003) CAMP
16歳の合衆国 (2003) THE UNITED STATES OF LELAND
コーヒー&シガレッツ (2003) COFFEE AND CIGARETTES
パープル・バタフライ (原題) (2003) 紫胡蝶 / PURPLE BUTTERFLY (英題)
運命を分けたザイル (2003) TOUCHING THE VOID
花咲ける騎士道 (2003) FANFAN LA TULIPE
クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち (2004) CRIMSON RIVERS 2: ANGELS OF THE APOCALYPSE
ザ・リング2 (2004) THE RING 2 』
ミリオンズ (2004) MILLIONS
ダニー・ザ・ドッグ (2005) UNLEASHED / DANNY THE DOG 』等

▲TOPへ

■映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE / THE RETURN 』のあらすじ
※本作『 父、帰る 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 父、帰る 』のストーリー。
 映画『 父、帰る 』はロシア側のフィンランド湾 Gulf of Finland, Russia や、レニングラード州とカレリア共和国の間にあるヨーロッパ最大の湖、ラドガ湖 Lake Ladoga でロケが行われた。僻地ロケや、名前があるのは主人公の 2 人の兄弟だけという数少ないキャストのお蔭で、かなり低予算な映画『 父、帰る 』だが、ズヴャーギンツェフ監督はその最小の設定に、象徴的に神話的・宗教的な要素を深く取り入れている。細部に渡ってありのままを描く映画『 父、帰る 』の世界は、『 惑星ソラリス (1972) SOLARIS 』(『 ソラリス (2002) SOLARIS 』はこの名作のリメイク)等を遺した旧ソ連の巨匠監督アンドレイ・タルコフスキー Andrei Tarkovsky の詩的な世界を彷彿とさせるそうだ。

 現在のロシア北部で母(ナタリヤ・ヴドヴィナ)と祖母(ガリーナ・ペトローヴァ)と暮らす典型的なティーンエイジャー、アンドレイ(ウラジーミル・ガーリン)とワーニャ(ワーニャはイワンの愛称:イワン・ドブロヌラヴォフ)の兄弟は、父の不在を埋め合わすため、幼い頃からお互いの深い絆を育んできた。近所の子供達と喧嘩して走って家に戻ってきた兄弟は、衝撃を受ける。 12 年ぶりに父親(コンスタンチン・ラヴロネンコ:ロシアのビリー・ボブ・ソーントン Billy Bob Thornton 〔
バーバー (2001) THE MAN WHO WASN'T THERE
バンディッツ (2001) BANDITS
WAKING UP IN RENO
ディボース・ショウ (2003) INTOLERABLE CRUELTY
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY
アラモ (2003) THE ALAMO
LEVITY (2003)
プライド 栄光への絆 (2004) FRIDAY NIGHT LIGHTS
がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン (2005) BAD NEWS BEARS 』等に出演〕という顔つきの俳優)が戻ってきていたのだ。不安げな母親に見送られ、兄アンドレイと弟ワーニャは寡黙な父親と一緒に、休暇で釣りに出かけた。

 どんどんロシアの田舎へとトラックを走らせる間、父親には何か別の不思議な使命があるように思われた。兄弟は父親の財布に大金が入っているのを見たし、また、父親は電話で話している相手が誰なのか息子達に教えようとはしなかった。目的地に着くまでは謎は明かされない。

 最初、兄弟は色褪せた写真でしか知らない父親との再会に夢中になったが、お父さんという存在の重さに耐えるようになる。父親は 10 年間親として監督してこなかったことを不器用にも取り戻そうとし、ますます粗暴になった。対立と困難を繰り返している間に、ワーニャとアンドレイはかわるがわる父親に試され、叱られ、細かく調べられ、無視されていると思った。ワーニャは父親を疑い、反抗する。一方、父親とのつながりを強く必要とするアンドレイは、ワーニャから離れ始める。三人が湖の真ん中にあるミステリアスな島に到着した時、ワーニャと父親の気持ちの確かめ合いは、激しい敵意と突然の暴力へとエスカレートしていき…。

▲TOPへ

■映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE / THE RETURN 』のトリビア

 アンドレイを演じた、 15 歳のウラジーミル・ガーリン少年は、映画『 父、帰る 』が撮影された湖で溺れた。
▲TOPへ
【『 父、帰る 』のスタッフとキャスト】
監督: アンドレイ・ズヴャーギンツェフ Andrei Zvyagintsev (Directed by)
製作: ドミートリイ・レスネフスキー Dmitri Lesnevsky (producer)
製作総指揮: エレーナ・コワリョワ Yelena Kovalyova (executive producer)
脚本: ウラジーミル・モイセエンコ Vladimir Moiseyenko (Writing credits)
    アレクサンドル・ノヴォトツキー Aleksandr Novototsky (Writing credits)
音楽: アンドレイ・デルガチョフ Andrei Dergachyov (Original Music by)
撮影: ミハイル・クリチマン Mikhail Krichman (Cinematography by)
編集: ウラジーミル・モギレフスキー  Vladimir Mogilevsky (Film Editing by)
美術: ジャンナ・パコモワ Zhanna Pakhomova (Production Design by)
衣装: アンナ・Barthuly Anna Barthuly (Costume Design by)

出演: ウラジーミル・ガーリン Vladimir Garin as Andrey
    イワン・ドブロヌラヴォフ Ivan Dobronravov as Ivan
    コンスタンチン・ラヴロネンコ Konstantin Lavronenko as Father
    ナタリヤ・ヴドヴィナ Natalya Vdovina as Mother
    ガリーナ・ペトローヴァ Galina Petrova as Grandmother

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE / THE RETURN 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.kino.com/thereturn/index.html
■映画『 父、帰る (2003) VOZVRASHCHENIYE / THE RETURN 』の更新記録
2004/07/24新規: ファイル作成
2005/02/25更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/09/05更新: ◆データ追加
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.