ザ・レース
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ザ・レース (2002)
LE RAID (原題) / THE RACE (英題)
 映画『 ザ・レース (2002) LE RAID (原題) / THE RACE (英題) 』を紹介します。

 映画『 ザ・レース LE RAID /THE RACE 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 ザ・レース LE RAID /THE RACE 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ザ・レース LE RAID /THE RACE 』の解説
 ネタバレをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ザ・レース LE RAID /THE RACE 』の主なスタッフ
■映画『 ザ・レース LE RAID /THE RACE 』のあらすじ
■映画『 ザ・レース LE RAID /THE RACE 』のトリビア
■映画『 ザ・レース LE RAID /THE RACE 』のスタッフとキャスト
■映画『 ザ・レース LE RAID /THE RACE 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ザ・レース 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ザ・レース (2002) LE RAID /THE RACE 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ザ・レース LE RAID /THE RACE 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ザ・レース (2002) LE RAID /THE RACE 』のポスター、予告編および映画データ
ザ・レース
ザ・レース
Links:  Official Web Site
公色サイトはALLOCINE.COM
にリンクしています。
Trailers:  ALLOCINE.COM
のBANDE ANNONCEを
クリックして下さい。
上映時間 Runtime: 1:34
製作国 Country: フランス FR
製作会社
Production Company:
Canal+ [fr]
Gaumont [fr]
Josy Films [fr]
Le Studio Canal+ [fr]
Miroir Magique! [fr]
TF1 Films Productions [fr]
全仏配給会社 Distributer: Gaumont Buena Vista International (GBVI) [fr]
全仏初公開 Release Date: 2002/03/27
日本初公開 R. D. in Japan: 2003/09/27 予定
日本公開情報 : ギャガ・コミュニケーションズ
ジャンル Genre: アクション/コメディ/アドヴェンチャー
Action / Comedy / Adventure
MPAA Rating 指定: 調査中
日本語公式サイト
http://www.gaga.ne.jp/therace/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ザ・レース (2002) LE RAID /THE RACE 』の解説

 『 ザ・レース (2002) LE RAID (原題) / THE RACE (英題) 』は"人間版パリ・ダカール"と言われるアドヴェンチャー・レースを初めて題材にした、フランス発のアクション・コメディ。
 アドヴェンチャー・レースとは、大自然を試合会場にしてしまった壮大な団体競技スポーツ。男女混合の複数名チームが、ランニング、マウテンバイク、カヤック、クライミング、ラフティング、乗馬、水泳、クライミング、インラインスケートなどの競技種目を駆使し、人間の動力だけで大会の規定時間内にゴールに到達するのを競う。気候の変動を察知し、地図とコンパスで地形を読み取り、期間中は勝利のために睡眠を殆ど取らずにゴールを目指すという、体力はもちろん知力と精神力が必要とされる過酷なスポーツだ。ジャメル・ベンサラ監督は 15 歳の時にテレビでこの競技を見て、映画にしてみたいと思ったそうだ。(その時、すぐにストーリーを書き出してみたというから、早熟なこの監督はスゴイ!)

▲TOPへ

■映画『 ザ・レース (2002) LE RAID /THE RACE 』の主なスタッフ

○映画『 ザ・レース 』は、 1976 年生まれのジャメル・ベンサラ監督の長編第二作目だ。『 ザ・レース 』のジャメル・ベンサラ監督は撮影当時弱冠 26 歳だった。
 フレンチ・コメディの作り手フランシス・ヴェベール Francis Veber 監督を敬愛しているベンサラ監督は、弱冠 21 歳で撮影した長編デビュー作、コメディ映画『 LE CIEL, LES OISEAUX ET...TA MERE!(原題)/BOYS ON THE BEACH(英題)(1998) 』(ジャメル・ドゥブーズ Jamel Debbouze 主演)が、低予算にも拘らずフランスでヒットし、アメリカやフランスなどのヨーロッパのインディペンデント映画のための映画祭である Avignon/New York Film Festival でも賞を受けている。「映画はスイス製の時計みたいに精密であるべきだと信じている。脚本から逸脱しないよう全体の構造を考えるべきなんだ」(日本語公式サイトより引用)という監督の言葉どおり、『 ザ・レース 』では一切アドリブはなかったらしい。そういう生真面目さでコメディを作る監督の今後も期待します。

○この若きジャメル・ベンサラ監督の下に集結したのは、
『 グラン・ブルー/オリジナル・バージョン (1988) LE GRAND BLEU(原題)/THE BIG BLUE(英題)』
『 レオン (1994) LEON(原題)/THE PROFESSIONAL(米題)』
『 フィフス・エレメント (1997) THE FIFTH ELEMENT 』
ジャンヌ・ダルク (1999) THE MESSENGER: THE STORY OF JOAN OF ARC(原題)/JEANNE D'ARC(仏題) 』等のプロデューサー、パトリス・ルドゥー、
クリムゾン・リバー (2000) LES RIVIERES POURPRES(原題)/THE CRIMSON RIVERS(米題) 』等のプロダクション・デザイナー、ティエリー・フラマンなど、フランス映画界で活躍するスタッフ達だ。

○映画『 ザ・レース 』の衣装デザインは、
女はみんな生きている (2001) CHAOS 』のカレン・ミュレ・スロー。彼女は、
RONIN (1998) RONIN 』でロバート・デニーロの衣装係、
ジャンヌ・ダルク (1999) THE MESSENGER: THE STORY OF JOAN OF ARC(原題)/JEANNE D'ARC(仏題)
トランスポーター (2002) THE TRANSPORTER 』では映画全体の衣装係、
花咲ける騎士道 (2003) FANFAN LA TULIPE 』では主任衣装係と、そのキャリアをアップさせてきている。

○映画『 ザ・レース 』のスタント・コーディネーターのパトリック・コデルリエも多くの話題になったフランス映画に携わっている仕事人。「映画の森てんこ森」で取り上げた作品では、
RONIN (1998) RONIN 』(uncredited)
橋の上の娘 (1999) LA FILLE SUR LE PONT(原題)/THE GIRL ON THE BRIDGE(英題)
ナインスゲート (1999) THE NINTH GATE 』(uncredited)
YAMAKASI ヤマカシ (2001) YAMAKASI
アメリ (2001) LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN(原題)/AMELIE FROM MONTMARTRE(英題)
リトル・トム (2001) LE PETIT POUCET (原題) / TOM THUMB (英題)
天使の肌 (2002) PEAU D'ANGE(原題)/ONCE UPON AN ANGEL(米題) 』に、彼が参画している。

▲TOPへ

■映画『 ザ・レース (2002) LE RAID /THE RACE 』のあらすじ
※本作『 ザ・レース 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 ザ・レース 』のストーリー。
 サン・ドニ Saint-Denis のマフィアのボス、カルリート(ジェラール・ジュニョー)の下で働くチンピラ、タッキーニ(ロラン・ドゥーチェ)、サミィ(ロシュディ・ゼム)、ヤヤ(アトマン・ケリフ)、カデール(ジュリアン・クルベイ)の4人組。ちょっとした勘違いから、彼らに 400 万ドルのお金が手に入るかもしれない仕事が舞い込む。大金の報酬を得るには、アドヴェンチャー・レースのキャプテンである、若く美しき資産家の娘レオノール・ド・スゴンザック(エレーヌ・ドゥ・フジュロール)を殺害しなければならない。4人組はレオノールのアドヴェンチャー・レース・チームに参加し、パタゴニア Patagonia (南アメリカの南端部、アルゼンチン・チリ両国の南部、ネグロ川以南の地域。「大辞林(国語辞典)」)へと乗り込むのだが…。

 キッツーいスポーツ、アドヴェンチャー・レースをフィーチャーした映画なのだから、スタッフはもちろん、そこで演じる俳優さんもかなり大変。レオノール・ド・スゴンザックを演じたエレーヌ・ドゥ・フジュロールも、映画の撮影のためにジムで4ヶ月間鍛えたそうだ。
青い夢の女 (2000) MORTEL TRANSFERT(原題)/MORTAL TRANSFER(英題) 』等で、セクシーな魅力炸裂の彼女だが、ベンサラ監督からは男っぽさを要求されたらしい。それで、本作では専属の衣装係やメイクアップ・アーティストを持たなかったそうだ。撮影で最も大変だったのは、最新のファッション雑誌についてやその他諸々の女の子的な話をする女友達がいなかったことだと彼女は語っている。因みに 12 月に日本公開予定の
花咲ける騎士道 (2003) FANFAN LA TULIPE 』では、女らしいポンパドール夫人を演じる。

 『 バティニョールおじさん (2002) MONSIEUR BATIGNOLE 』で、監督・製作・脚本・出演をこなすジェラール・ジュニョー、
パリの確率 (1999) PEUT-ETRE(原題)/MAYBE(米題) 』等のロラン・ドゥーチェ、
クリムゾン・リバー (2000) LES RIVIERES POURPRES(原題)/THE CRIMSON RIVERS(米題) 』等のディディエ・フラマン、
ミッション:クレオパトラ (2002) ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRE(原題)/ASTERIX & OBELIX: MISSION CLEOPATRA(米題) 』等のモス・ディフらが出演し、楽しいフランス映画を作り上げている。

▲TOPへ

■映画『 ザ・レース (2002) LE RAID /THE RACE 』のトリビア

 本作のベンサラ監督と同じように、"弱冠26歳"という枕詞の付いた監督と言えば、
ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson 監督( 1970 年 1 月 1 日生まれ:
ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS 』監督/製作/脚本[ 26 歳の時に撮影]、
マグノリア (1999) MAGNOLIA 』監督/脚本、
パンチドランク・ラブ (2002) PUNCH-DRUNK LOVE 』監督/製作/脚本など)とか、

スティーヴン・ソダーバーグ Steven Soderbergh 監督( 1963 年 1 月 14 日生まれ:
『 セックスと嘘とビデオテープ (1989) SEX, LIES AND VIDEOTAPE 』監督/脚本[ 26 歳の時に撮影]、
エリン・ブロコビッチ (2000) ERIN BROCKOVICH 』監督、
オーシャンズ11 (2001) OCEAN'S ELEVEN 』監督/撮影、
ウェルカム トゥ コリンウッド (2002) WELCOME TO COLLINWOOD 』製作、
エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN 』製作総指揮、
コンフェッション (2002) CONFESSIONS OF A DANGEROUS MIND 』製作総指揮、
ソラリス (2002) SOLARIS 』監督/脚本/撮影
フル・フロンタル (2002) FULL FRONTAL
オーシャンズ12 (2004) OCEAN'S TWELVE
愛の神、エロス (2004) EROS 』など)を思い浮かべる。このお二人の監督の賞歴は本当にスゴイ。
▲TOPへ
【『 ザ・レース 』のスタッフとキャスト】
監督: ジャメル・ベンサラ Djamel Bensalah (Directed by)
製作: パトリス・ルドゥー Patrice Ledoux (producer)
脚本: ジャメル・ベンサラ Djamel Bensalah (screenplay)
    ジル・ローラン Gilles Laurent (screenplay)
撮影: パスカル・ジェネッソー Pascal Gennesseaux (Cinematography by)
美術: ティエリー・フラマン Thierry Flamand (Production Design by) 
編集: ファブリス・ルオー Fabrice Rouaud (Film Editing by)
音楽: バリー・アダムソン Barry Adamson (Original Music by)
衣装: ティエリー・デレトル Thierry Delettre (Costume Design by)
    カレン・ミュレ・スロー Karen Muller Serreau (Costume Design by)
スタント・コーディネーター: パトリック・コデルリエ Patrick Cauderlier (stunt coordinator)

出演: エレーヌ・ドゥ・フジュロール Helene de Fougerolles as Leonore de Segonzac レオノール・ド・スゴンザック
    ロシュディ・ゼム Roschdy Zem as Sami サミィ
    ロラン・ドゥーチェ Lorant Deutsch as Tacchini タッキーニ
    アトマン・ケリフ Atmen Kelif as Yaya ヤヤ
    ジュリアン・クルベイ Julien Courbey as Kader カデール
    ジョジアーヌ・バラスコ Josiane Balasko as Madame Jo マダム・ジョー
    ジェラール・ジュニョー Gerard Jugnot as Carlito カルリート
    ディディエ・フラマン Didier Flamand as Lino リノ
    モス・ディフ Mouss Diouf as Capitaine ONU ONUのキャプテン

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ザ・レース (2002) LE RAID /THE RACE 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(仏語版)
       http://www.allocine.fr/film/fichefilm_gen_cfilm=29179.html
■映画『 ザ・レース 』の更新記録
2003/08/30新規: ファイル作成
2004/05/03更新: ◆書式とテキスト一部手直し
2005/03/05更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.