オーメン
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
オーメン (2006)
THE OMEN
 映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』を紹介します。

 映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の主なスタッフ
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の主なキャスト
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』のあらすじ
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』のトリビア
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』のスタッフとキャスト
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 オーメン 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』のポスター、予告編および映画データ
オーメン
オーメン
ポスターはcinemaclock.com/
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:

Quick Time
300k
  500k  700k

上映時間 Runtime: 1:50
製作国 Country: アメリカ
USA
製作会社
Production Company:
Twentieth Century Fox Film Corporation
全米配給会社 Distributer: Twentieth Century Fox Film Corporation
全米初公開 Release Date: 2006/06/06 予定
日本初公開 R. D. in Japan: 2006/06/06 予定
日本公開情報 : FOX
ジャンル Genre: ドラマ/ホラー/スリラー
Drama / Horror / Thriller
MPAA Rating 指定: Finland:K-15 / UK:15
日本語公式サイト
http://www.foxjapan.com/movies/omen/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の解説

 『 オーメン 』はスゴイ!世界同時公開なのだ。それも、『 オーメン 』の悪魔の子ダミアンの生まれた6月6日午前6時に因んで、6が三つ並んだ 2006年6月6日に公開という徹底振り。『 オーメン 』は当初は日本では6月10日公開という情報だったけど、海外と肩を並べて6月6日公開になれた。
 『 オーメン 』は『 オーメン (1976) THE OMEN 』を皮切りとするオカルト・ホラー「オーメン」シリーズのリメイクである。怖いものは何度作っても怖いもの見たさで観てしまうから。今回の『 オーメン 』主役は、リーヴ・シュレイバー、ジュリア・スタイルズ、ミア・ファロー、デヴィッド・シューリスら。『 オーメン 』の悪魔の子ダミアンには新人シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック君が扮する。『 オーメン (2006) THE OMEN 』の公開時コピーは<人類は、ダミアンの最後の遊び相手。06年06月06日。未来が終わる…>で、『 オーメン (2006) THE OMEN 』の英語のキャッチコピーは< His Day Will Come.>

▲TOPへ

■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の主なスタッフ

○『 オーメン 』の監督・製作: ジョン・ムーア
フライト・オブ・フェニックス (2004) FLIGHT OF THE PHOENIX

○『 オーメン 』の製作: グレン・ウィリアムソン
エターナル・サンシャイン (2004) ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND
ロード・トゥ・パーディション (2002) ROAD TO PERDITION
シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS

○『 オーメン 』の製作総指揮: ジェフリー・ストット
あなたにも書ける恋愛小説 (2003) ALEX AND EMMA

○『 オーメン 』の脚本: デヴィッド・セルツァー
コーリング (2002) DRAGONFLY

○『 オーメン 』の撮影: ジョナサン・セラ
ガール・ネクスト・ドア (2004) THE GIRL NEXT DOOR

○『 オーメン 』の編集: ダン・ジマーマン
ディック&ジェーン 復讐は最高! (2005) FUN WITH DICK AND JANE
フライト・オブ・フェニックス (2004) FLIGHT OF THE PHOENIX
ハットしてキャット (2003) THE CAT IN THE HAT
ジャスト・マリッジ (2003) JUST MARRIED
コーリング (2002) DRAGONFLY
ギャラクシー・クエスト (1999) GALAXY QUEST
パッチ・アダムス (1998) PATCH ADAMS

○『 オーメン 』の美術: パトリック・ラム
バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』
ヴェロニカ・ゲリン (2003) VERONICA GUERIN 』

○『 オーメン 』の配役: スージー・フィギス
プルートで朝食を (2005) BREAKFAST ON PLUTO
チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY
戦場のアリア (2005) JOYEUX NOEL (原題) / MERRY CHRISTMAS (英題)
『 銀河ヒッチハイク・ガイド (2005) THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY
運命を分けたザイル (2003) TOUCHING THE VOID
『 ギャンブル・プレイ (2002) THE GOOD THIEF
ハリー・ポッターと賢者の石 (2001) HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE / HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW
フル・モンティ (1997) THE FULL MONTY
ピアノ・レッスン (1993) THE PIANO

○『 オーメン 』の音楽: マルコ・ベルトラミ
アンダーワールド:エボリューション (2006) UNDERWORLD: EVOLUTION
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005) THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA
ウェス・クレイヴン’s カースド (2005) CURSED
フライト・オブ・フェニックス (2004) FLIGHT OF THE PHOENIX
アイ,ロボット (2004) I, ROBOT
ヘルボーイ (2004) HELLBOY
バイオハザード (2001) RESIDENT EVIL

○『 オーメン 』のテーマ曲: ジェリー・ゴールドスミス
キングダム・オブ・ヘブン (2005) KINGDOM OF HEAVEN
タイムマシン (2002) THE TIME MACHINE
ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション (2003) LOONEY TUNES: BACK IN ACTION
トータル・フィアーズ (2002) THE SUM OF ALL FEARS
ラスト・キャッスル (2001) THE LAST CASTLE
インビジブル (2000) HOLLOW MAN
追跡者 (1998) U.S. MARSHALS
エアフォース・ワン (1997) AIR FORCE ONE

▲TOPへ

■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の主なキャスト

●リーヴ・シュレイバー as ロバート・ソーン@オーメン
クライシス・オブ・アメリカ (2004) THE MANCHURIAN CANDIDATE
トータル・フィアーズ (2002) THE SUM OF ALL FEARS
ニューヨークの恋人 (2001) KATE & LEOPOLD 』等に出演
僕の大事なコレクション (2005) EVERYTHING IS ILLUMINATED 』では監督と脚本

●ジュリア・スタイルズ as キャサリン・ソーン@オーメン
ボーン・スプレマシー (2004) THE BOURNE SUPREMACY
モナリザ・スマイル (2003) MONA LISA SMILE
ボーン・アイデンティティー (2002) THE BOURNE IDENTITY

●ミア・ファロー as ベイロック夫人@オーメン
『 ローズマリーの赤ちゃん (1968) ROSEMARY'S BABY / LE BEBE DE ROSEMARY 』

●デヴィッド・シューリス as キース・ジェニングス@オーメン
ニュー・ワールド (2005) THE NEW WORLD
キングダム・オブ・ヘブン (2005) KINGDOM OF HEAVEN
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004) HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN
タイムライン (2003) TIMELINE
セプテンバー・テープス (原題) (2004) SEPTEMBER TAPES

●ピート・ポスルスウェイト as ブレナン神父@オーメン
イーオン・フラックス (2005) AEON FLUX
ナイロビの蜂 (2005) THE CONSTANT GARDENER
ダーク・ウォーター (2004) DARK WATER
微笑みに出逢う街角 (2002) BETWEEN STRANGERS
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
ブラス! (1996) BRASSED OFF
ロミオ&ジュリエット (1996) WILLIAM SHAKESPEAR'S ROMEO & JULIET / ROMEO + JULIET
ユージュアル・サスペクツ (1995) THE USUAL SUSPECTS

●マイケル・ガンボン as カール・ブーゲンハーゲン@オーメン
レイヤー・ケーキ (2004) LAYER CAKE
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (2005) HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (2004) SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW
BEING JULIA (2004
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004) HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN
シルヴィア (2003) SYLVIA
ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003) OPEN RANGE
ゴスフォード・パーク (2001) GOSFORD PARK
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW

●エイミー・ハック as ダミアンの乳母@オーメン
フロム・ヘル (2001) FROM HELL

●ジョヴァンニ・ロンバルド・ラディス as スピレット神父@オーメン
ギャング・オブ・ニューヨーク (2001) GANGS OF NEW YORK

▲TOPへ

■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』のあらすじ
※本作『 オーメン 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 オーメン 』のストーリー。
 6月6日午前6時。イタリアの駐ローマ米国大使館に勤める外交員ロバート・ソーン(リーヴ・シュレイバー)の妻キャサリン(ジュリア・スタイルズ)は、ローマの病院で赤ちゃんを出産する。しかし、生まれた赤ん坊は直ちに殺害され、それを知らない父ロバート・ソーンは、死産だったのだと信じる。丁度同じ日、同じ時刻、6月6日午前6時に、別の女性が赤ん坊を出産して母親は死亡した。

 妻キャサリンには赤ちゃんが死んだなんて伝えられず、夫ロバート・ソーンは、母親に死なれたその赤ん坊を代わりに引き取った。妻キャサリンには真実を告げずに、実の子だと偽って、自分たちの子として愛情たっぷりに育てていく。その子にはダミアンと名付けた。そしてソーン一家は新しい任務地イギリスに移転して、ダミアン(2歳の役:トーマス・ウーラー)は成長していく。外交官というハイソな環境ゆえ、ソーン夫妻はダミアンも同様に人生のエリートコースを進むのだと期待していた。

 けれど、不吉な出来事が起こってくる。ダミアン(少年役:シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック)の五歳の誕生日パーティでのこと。派手に行われていたパーティの最中に、ダミアンの乳母(エイミー・ハック)が招待客たちの面前で自殺したのだ。これは、6月6日午前6時に生まれたダミアンはキリストの敵、悪魔の子であるという戦慄の真実の始まりであった。これから恐ろしく忌まわしい出来事が続出していく。

 しかし、ロバートは初めは全然そんなこと信じない。勿論、妻キャサリンにも絶対に伝えない。でも、その不気味な子ダミアンはキャサリンにつきまとい、もうその不吉な言動を止めることはできなかった。キャサリンは不運で不可解な事故に遭って、遂に死んでしまう。妻に死なれて、ロバートはやっと決意した。悪魔の子ダミアンが世界を破滅しないうちにダミアンを殺してしまおうと。

 ロバートはブレナン神父(ピート・ポスルスウェイト)と地元の報道写真家キース・ジェニングス(デヴィッド・シューリス)に奨励されて、悪魔を退治するという‘聖戦’に挑む。二人はロバートに重要な導きをしてくれるが、ロバートは独力で行動しなければならないという。ロバートに立ち向かうのは‘邪悪’のパワーと、ダミアンの新しい家政婦ベイロック夫人(ミア・ファロー)である。また、ダミアンには、常にロットワイラー種の犬がついている・・・。

▲TOPへ

■映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』のトリビア

【オーメンのトリビア その1】  『 オーメン 』のキャサリン・ソーン役は、当初はレイチェル・ワイズ Rachel Weisz (
ナイロビの蜂 (2005) THE CONSTANT GARDENER
コンスタンティン (2004) CONSTANTINE
隣のリッチマン (2003) ENVY
ニューオーリンズ・トライアル (2003) RUNAWAY JURY
コンフィデンス (2003) CONFIDENCE
アバウト・ア・ボーイ (2002) ABOUT A BOY
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS
スターリングラード (2000) ENEMY AT THE GATES 』等)にオファーされていた。でも、ちょうどレイチェル・ワイズは妊娠中だったので断った。そりゃそうだよね、オカルトものはお腹の赤ちゃんによくないもの。

【オーメンのトリビア その2】  『 オーメン 』のキャサリン・ソーン役は他には、
ローラ・リニー Laura Linney (
エミリー・ローズ (2005) THE EXORCISM OF EMILY ROSE
愛についてのキンゼイ・レポート (2004) KINSEY
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY
ミスティック・リバー (2003) MYSTIC RIVER
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (2003) THE LIFE OF DAVID GALE
プロフェシー (2002) THE MOTHMAN PROPHECIES
トゥルーマン・ショー (1998) THE TRUMAN SHOW 』)

ホープ・デイヴィス Hope Davis (
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (2004) PROOF
ドゥーマ (2005) DUMA
マタドール (原題) (2005) THE MATADOR
アメリカン・スプレンダー (2003) AMERICAN SPLENDOR
アバウト・シュミット (2002) ABOUT SCHMIDT 』)

アリシア・ウィット Alicia Witt (
ママが泣いた日 (2005) THE UPSIDE OF ANGER
トゥー・ウィークス・ノーティス (2002) TWO WEEKS NOTICE 』)

が挙げられていたが、ベイロック夫人役のベテラン女優ミア・ファローが推したジュリア・スタイルズに決まった。

【オーメンのトリビア その3】  『 オーメン 』のキース・ジェニングス役は、当初はジェームズ・ネスビット James Nesbitt (
マッチポイント (2005) MATCH POINT
ミリオンズ (2004) MILLIONS 』)の予定だったが、ジョン・ムーア監督はデヴィッド・シューリスに決めた。

【オーメンのトリビア その4】  『 オーメン 』のロケーションは:
☆クロアチア Croatia

☆アイルランドのダブリン Dublin, County Dublin, Ireland

イタリアのローマ Rome, Lazio, Italy

イタリアのバジリカータ州マテーラ Matera, Basilicata, Italy

チェコのプラハ Prague, Czech Republic
▲TOPへ
【『 オーメン 』のスタッフとキャスト】
監督: ジョン・ムーア John Moore (Directed by)
製作: ジョン・ムーア John Moore (producer)
    グレン・ウィリアムソン Glenn Williamson (producer)
製作総指揮: ピーター・カン Peter Kang (executive producer)
    ハッチ・パーカー Hutch Parker (executive producer)
    ジェフリー・ストット Jeffrey Stott (executive producer)
脚本: デヴィッド・セルツァー David Seltzer (Writing credits)
撮影: ジョナサン・セラ Jonathan Sela (Cinematography by)
編集: ダン・ジマーマン Dan Zimmerman (Film Editing by)
美術: パトリック・ラム Patrick Lumb (Production Design by)
配役: スージー・フィギス Susie Figgis (Casting by)
    Jessica Horuathova (Casting by)
音楽: マルコ・ベルトラミ Marco Beltrami (Original Music by)
テーマ曲: ジェリー・ゴールドスミス Jerry Goldsmith (themes)

出演: リーヴ・シュレイバー Liev Schreiber as Robert Thorn ロバート・ソーン
    ジュリア・スタイルズ Julia Stiles as Katherine Thorn キャサリン・ソーン
    ミア・ファロー Mia Farrow as Mrs. Baylock ベイロック夫人
    デヴィッド・シューリス David Thewlis as Keith Jennings キース・ジェニングス
    ピート・ポスルスウェイト Pete Postlethwaite as Father Brennan ブレナン神父
    マイケル・ガンボン Michael Gambon as Carl Bugenhagen カール・ブーゲンハーゲン
    シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック Seamus Davey-Fitzpatrick as Damien Thorn ダミアン・ソーン
    トーマス・ウーラー Tomas Wooler as Damien - 2 Years Old 2歳のダミアン
    エイミー・ハック Amy Huck as Nanny 乳母
    カルロ・サバティーニ Carlo Sabatini as Cardinal Fabretti 枢機卿ファブレッティ
    プレドラグ・ビエラク Predrag Bjelac as Vatican Observatory Priest バチカンの聖職者
    ジョヴァンニ・ロンバルド・ラディス Giovanni Lombardo Radice as Father Spiletto スピレット神父

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 オーメン (2006) THE OMEN 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.theomenmovie.com/
      Horror.com
       http://www.horror.com/php/article-1256-1.html
■映画『 オーメン 』の更新記録
2006/05/28新規: ファイル作成
2006/06/11更新: ◆リンク追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2006 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.