ノミ・ソング
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ノミ・ソング (2003)
THE NOMI SONG
 映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』を紹介します。

 映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』の主なスタッフ
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』の主なキャスト
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』の音楽
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』のあらすじ
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』の受賞
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』のスタッフとキャスト
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ノミ・ソング 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ノミ・ソング THE NOMI SONG 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』のポスター、予告編および映画データ
ノミ・ソング
ノミ・ソング
ポスターはwww.up4u.net
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers: ここで観られます。
上映時間 Runtime: 1:36
製作国 Country: ドイツ Germany
製作会社
Production Company:
CV Films
Cameo Filmproduktion
Filmstiftung Nordrhein-Westfalen
Zweites Deutsches Fernsehen (ZDF)
arte
全米配給会社 Distributer: Palm Pictures (2005) (USA)
全米初公開 Release Date: 2005/02/04 (limited)
日本初公開 R. D. in Japan: 2005/06/25 予定
日本公開情報 : エレファント・ピクチャー
ジャンル Genre: ドキュメンタリー/音楽
Documentary / Music
MPAA Rating 指定: Not rated.
日本語公式サイト
http://www.elephant-picture.jp/nomi/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』の解説

 『 ノミ・ソング 』とはユニークな題名だが、『 ノミ・ソング 』の「ノミ」とはクラウス・ノミ(1944/01/24 - 1983/08/06)という 1980 年代の特異な男性歌姫の名である。『 ノミ・ソング 』の「ノミ」は顔を真っ白に塗り、男声の最高音域(テノールより高いカウンターテナー)でポップスをオペラのように歌ったアングラのニュー・ウェイブ旗手。映画『 ノミ・ソング 』はそのクラウス・ノミの生涯を映像化したドキュメンタリーで、デヴィッド・ボウイ等、セレブの記録画像も採り入れて展開する。
 『 ノミ・ソング 』の日本の公開時コピーは、<エイズで一番最初に死んだ、天上の歌声を持つ異形の歌姫(ディーヴァ)クラウス・ノミの真実。> また、英語でのキャッチコピーは
He came from outer space to save the human race. (直訳:彼は人類を救うために宇宙からやって来た。)
Man or Martian? New wave or opera? (直訳:人間それとも火星人?ニュー‐ウエーブそれともオペラ?)

▲TOPへ

■映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』の主なスタッフ

 『 ノミ・ソング 』はドイツ生まれのニュー‐ウエーブの旗手であるクラウス・ノミを扱ったドイツ映画だけあって、知っている作品に携わっているスタッフはあまり見つからなかった。

○『 ノミ・ソング 』の監督・製作・脚本: アンドリュー・ホーン

○『 ノミ・ソング 』に何らかの貢献 thanks): Michael Schmid-Ospach (
0:34 レイジ34フン (2004) CREEP

▲TOPへ

■映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』の主なキャスト

●クラウス・ノミ as 本人 記録映像

●デヴィッド・ボウイ as 本人 記録映像
ライフ・アクアティック (2004) THE LIFE AQUATIC WITH STEVE ZISSOU
Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス? (2004) SHALL WE DANCE?
シュレック2 (2004) SHREK 2
ニューヨーク・ミニット (2004) NEW YORK MINUTE
スクール・オブ・ロック (2003) THE SCHOOL OF ROCK
ドッグヴィル (2003) DOGVILLE
アンダーワールド (2003) UNDERWORLD
チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル (2003) CHARLIE'S ANGELS: FULL THROTTLE
しあわせの法則 (2002) LAUREL CANYON 』
ムーンライト・マイル (2002) MOONLIGHT MILE
バンガー・シスターズ (2002) THE BANGER SISTERS
Mr.ディーズ (2002) MR. DEEDS 』
ムーラン・ルージュ (2001) MOULIN ROUGE!
スターシップ・トゥルーパーズ (1997) STARSHIP TROOPERS
トレインスポッティング (1996) TRAINSPOTTING 』等で主に作曲

●マーティン・シーン as 本人 記録映像
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN
シン・レッド・ライン (1998) THE THIN RED LINE 』 (thanks)
『 地獄の黙示録 (1979) APOCALYPSE NOW 』

●アン・マグナソン as 本人
16歳の合衆国 (2003) THE UNITED STATES OF LELAND

●ケニー・シャーフ as 本人
ポロック・2人だけのアトリエ (2000) POLLOCK

▲TOPへ

■映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』の音楽

 『 ノミ・ソング 』には、クラウス・ノミ自身がカウンターテナー(男声の最高音域)の独特な歌唱法でオペラ的なポップスを歌うのは言うに及ばず、フル・バンドを従えて“The Cold Song”のパフォーマンスも見せる。
 他にも、 Wire 、The Marbles 、The Bongos 、Pylon 、The Mumps 、Chi Pig 、David Bowie らの音楽が収められている

▲TOPへ

■映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』のあらすじ
※本作『 ノミ・ソング 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 ノミ・ソング 』のストーリー。
 この映画『 ノミ・ソング 』は、ノミの友人と共演者たちがノミの死後22年目に追憶してできたノミの生涯の物語である。

 クラウス・ノミは 1944/01/24 にドイツのバイエルンアルプス Bayrischen Alpen / Bavarian Alps で生まれた。本名はクラウス・スパーバー Klaus Sperber といい、初めから「ノミ」という苗字ではない。「ノミ Nomi 」というステージネームは、愛読書のSF雑誌「オムニ Omni 」のアナグラム anagram (替え字:『 ダ・ヴィンチ・コード (2006) THE DA VINCI CODE 』参照)としてできた芸名なのである。

 ノミが年少の時エルヴィス・プレスリー(『 トラブル IN ベガス (2004) ELVIS HAS LEFT THE BUILDING 』参照)のキング・クレオール・アルバム Elvis Presley's King Creole album を買ってお金を使ってしまったのをノミの母親が怒ったという話もある。母親は代わりにマリア・カラス Maria Callas のレコードを買ってあげたそうだ。ショービズ界に入る前は、クラウス・ノミはドイツのクラシックオペラをカウンターテナーで歌っていた。だから元来、歌唱の基本がしっかりと出来ている本格的に歌の巧い正統派だったのか。

 クラウス・ノミは 1970 年代の中盤にアメリカ合衆国に移住して、ニューヨーク New York City のペーストリー(焼き菓子)のシェフとして、また、ナイトクラブの歌手として働いた。シェフとしても優秀だったのだが、砂糖アレルギーがあって、味をみたら直ちに吐き出さねばならなかったという。だから料理は向いていないので歌の方の道を選んだのかな。

 ノミが街を歩いているのを見るのを怖がった人は多い。兎に角、見た目が変わっていたのだ。でも、それは時代の先端を行っていたわけで、当時のニュー・ウェイブ New Wave (パンク‐ロック系の新しいロック・ミュージックの形)やニューロマンティック運動 new Romantic Movement に多大な影響を与えた。デヴィッド・ボウイは 1979 年にクラウス・ノミを、超人気TV番組「サタデー・ナイト・ライヴ Saturday Night Live 」のバックコーラスに雇い、二人は共演する機会に恵まれる。

 ノミは両性的な宇宙からのエイリアン、歌舞伎のようなロボット道化師とでも形容できそうな非常にショッキングな姿で歌った。顔は真っ白に塗りたぐり、黒のハイライトで不気味な味がする。そのノミの外観と同様に、ノミの歌つまりノミ・ソングも奇妙だった。彼本来のオペラという歌唱法でニュー・ウェイブを歌う。その声は物凄く高く、ファルセット(裏声)はまるで女性のように高かった。ノミの初期の共演者は隣人だったので、ノミが歌を練習しているのを窓を通してよく聞こえたという。窓はニューヨークの St. Mark's Place という所に面していたので、そこから響く強烈な声は感動ものだったようだ。

 ノミはニュージャージー New Jersey でメタルバンドの“Twisted Sister”を始めた。そしてまたヨーロッパに戻って大成功を収めたが、短期だった。エイズAIDS (HIVがプラス)という病気(『 イエスタデイ (原題) (2004) YESTERDAY 』『 めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS 』参照)にかかってしまうからだ。彼を知る人からは、エイズという病気自体も怖くてノミの見舞いにいけなかったという苦い思い出話も出てくる。当時はエイズは現在よりもずっと未知の病気で理解がなかったから、友人も支持者も怖がってノミに近づかなくなってしまう。ノミはニューヨークで39歳の若さで淋しく逝った。ノミはエイズで一番初めに死んだゲイのアーティストだと言われている。

 『 ノミ・ソング 』は記録映像と写真の非常に稀なものを含んでいるドキュメンタリーで、実際、ノミの初期のヴィデオというものは大変レアものなのである。ノミのオリジナル・バンドのメンバー達からノミの話を聞くし、ノミの叔母であるトゥルーディ・スパーバーが祖国ドイツにおり、キッチンや庭園にいる彼女の声を電話で聞かせもする。

▲TOPへ

■映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』の受賞

◎『 ノミ・ソング 』は、ベルリン国際映画祭 2004 Berlin International Film Festival でアンドリュー・ホーン監督が、最優秀ドキュメンタリー賞 Teddy Best Documentary Film に輝いた。
▲TOPへ
【『 ノミ・ソング 』のスタッフとキャスト】
監督: アンドリュー・ホーン Andrew Horn (Directed by)
製作: アンドリュー・ホーン Andrew Horn (producer)
    トーマス・メルテンス Thomas Mertens (producer)
    アネット・ピザカーン Annette Pisacane (producer)
    Ilona Ziok (producer)
    アン・イーヴン Anne Even (producer: Arte)
脚本: アンドリュー・ホーン Andrew Horn (Writing credits)
撮影: マーク・ダニエルズ Mark Daniels (Cinematography by)
編集: アンジェラ・クリストリープ Angela Christlieb (Film Editing by)
    Guido Krajewski (Film Editing by)
    Eric Schefter (Film Editing by)
美術: ルース・ペイサー Ruth Peyser (Art Direction by)

出演: クラウス・ノミ Klaus Nomi as Himself (archive footage) 本人 記録映像
    デヴィッド・ボウイ David Bowie as Himself (archive footage) 本人 記録映像
    トーマス・ゴットチョーク Thomas Gottschalk as Himself (archive footage) 本人 記録映像
    マーティン・シーン Martin Sheen as Himself (archive footage) 本人 記録映像
    アン・マグナソン Ann Magnuson as Herself
    ガブリエレ・ラファティ Gabriele Lafari as Herself
    デヴィッド・マクダーモット David McDermott as Himself
    ペイジ・ウッド Page Wood as Himself
    トニ・フレール Tony Frere as Himself
    マン・パリッシュ Man Parrish as Himself
    クリスチャン・ホフマン Kristian Hoffman as Himself
    ロン・ジョンソン Ron Johnsen as Himself
    ケニー・シャーフ Kenny Scharf as Himself
    Anthony Scibelli as Himself
    アラン・プラット Alan Platt as Himself
    エイドリアン Adrian as Himself
    ジョセフ・エリアス Joseph Arias as Himself
    カルヴィン・チャーチマン Calvin Churchman as Himself
    ジェイ・ジェイ・フレンチ Jay Jay French as Himself
    Michael Halsband as Himself
    Janus as Herself
    パメラ・ローゼンタール Pamela Rosenthal as Herself
    Ira Siff as Himself
    Trude Sperber as Herself (voice)

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ノミ・ソング (2003) THE NOMI SONG 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.thenomisong.com/
■映画『 ノミ・ソング 』の更新記録
2005/06/20新規: ファイル作成
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.