ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■映画レヴュー
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (1993)
THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

【『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の解説】
 映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (1993) THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS 』を紹介します。映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (1993) THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS 』は、映像の天才ティム・バートン(『 PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES 』『 ビッグ・フィッシュ (2003) BIG FISH 』等)が製作・原案・キャラクター設定を担当し、ファンタメーション(超モーション・ストップ・アニメーション)といわれる技術を使って作成したミュージカル。映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』のきめ細やかな映像は、 1993 年アカデミー最優秀視覚効果賞を受賞。映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の音楽はティム・バートン映画に欠かせないダニー・エルフマン(『 シカゴ (2002) CHICAGO 』『 スパイダーマン (2002) SPIDER-MAN 』等)。『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の全曲を作詞作曲している。
 ハロウィンタウンは年に一度ハロウィンのお祭りを人間界に送り出す不思議な町だ。ジャック・スケルトンはその町のかぼちゃの王様で、町の人々に慕われている。ある日彼は森の奥でクリスマスタウンの扉を開け、別世界を体験。すっかりクリスマスが気に入ったジャックは自分でクリスマスをしようとするのだが…。
 映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』のユニークなかわいいキャラクターがとてもスムーズに動くのを見ると、撮影は物凄く大変だったのだろうなぁと、ためいき。
映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタばれ)ご注意:『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の内容やネタばれがお好みでない方は読まないで下さい。
映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の感想(ネタばれご注意)
映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の音楽 ダニー・エルフマン
>>「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)

■「映画の森てんこ森」内にあるティム・バートンが関わる映画。
フランケンウィニー (1984) FRANKENWEENIE
ビートルジュース (1988) BEETLEJUICE
バットマン (1989) BATMAN
シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS
バットマン リターンズ (1992) BATMAN RETURNS
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (1993) THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS
バットマン・フォーエヴァー (1995) BATMAN FOREVER
マーズ・アタック! (1996) MARS ATTACKS! 』
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW
PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES
ヴェロニカ・ゲリン (2003) VERONICA GUERIN 』
(technical assistant: Mill Film) (uncredited)
ビッグ・フィッシュ (2003) BIG FISH
チャーリー・アンド・チョコレート・ファクトリー (原題) (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』等があります。(04/07/11現在)
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
■『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』のデータ
 アニメ映画
 上映時間 76分
 製作国 アメリカ
 公開情報 TS=ブエナ
 初公開年月 1994/10
 ジャンル ファンタジー
 《米国コピーTagline》A ghoulish tale with wicked humour & stunning animation.
【『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』のスタッフとキャスト】
監督: ヘンリー・セリック Henry Selick
製作: ティム・バートン Tim Burton
    デニーズ・ディ・ノヴィ Denise di Novi
原案: ティム・バートン Tim Burton
脚本: キャロライン・トンプソン Caroline Thompson
撮影: ピート・コザチク Pete Kozachik
音楽: ダニー・エルフマン Danny Elfman
 
声の出演: クリス・サランドン Chris Sarandon ジャック・スケルトン
    キャサリン・オハラ Catherine O'Hara サリー/ショック
    ウィリアム・ヒッキー William Hickey フィンケルシュタイン博士
    ダニー・エルフマン Danny Elfman ジャック・スケルトン/バレル など 
    ポール・ルーベンス Paul Reubens ロック
<もっと詳しく>
ネタばれ御注意!
 このレヴューは「テキストによる映画の再現」を目指して作文しています。よって、ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー

【ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 第01段落】  ジャック・スケルトンは、ハロウィンタウンのかぼちゃの王様で、毎年のハロウィンをとり仕切っている。今年のハロウィンも大成功に終わった。しかし、ジャックの心にはなぜか虚しさが残る。毎年、毎年、皆を怖がらせて恐怖に陥れる同じことの繰り返し…。(ハロウィンタウンでは、恐怖は良いこと。)元気のないジャックを陰で見つめているのは、彼を密かに愛するツギハギ人形のサリー。彼女はフィンケルシュタイン博士が自分のメイドとして作った人形で、博士のところで自由のない暮らしをしている。今日も外に出てこられたのは、博士に毒入りのスープを飲ませて眠らせたからだ。

【ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 第02段落】  ジャックはペットの幽霊犬ゼロと一緒に、ハロウィンタウンの近くの森を一晩中さ迷い歩く。すると、変わった不思議な小さな森にやってきた。それぞれの木々に、美しく飾られた祝日を表すドアが付いている。ジャックは近づいていき、もみの木の形になっているドアを開けた。あれあれ、ジャックはクリスマスタウンへと吸い込まれていった。ハロウィンタウンしか知らないジャックは、突然辺りが変わったことに気付く。カラフルな光や雪合戦、甘い夢や楽しい歌声。今まで見たこともないものばかり。そして、彼はそれらがとても気に入り、自分でクリスマスをしてみたいと思う。

【ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 第03段落】  ハロウィンタウンにその考えを持ち帰ったジャックは、クリスマスとは何かを必死に研究する。今まで感じたことのない感覚、見たこともなかった雪や飾りやクリスマスプレゼント。必死で研究した結果、自分なりのクリスマスを考えたジャックは、ハロウィンタウンの皆を集め、クリスマスを行うことを発表する。ハロウィンタウンの住人もクリスマスが何かなんてジャック以上に理解できない。しかし、ジャックの言うことだからと一生懸命協力する。暖炉にかけられる靴下は、驚くべきことに腐ったかび臭い足が入っている。プレゼントといえば虫や病気、しなびた頭が沢山入った箱だなんて!

【ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 第04段落】  その上、ジャックはクリスマスタウンの王様、サンタクロース( Santa Claus )をサンディクローズ( Sandy Claws 砂色の鉤爪)と聞き違えていて、今年のクリスマスは自分がサンディクローズになるという。そこで、トナカイとそりはフィンケルシュタイン博士に、サンディクローズの赤い衣装はサリーに作ってもらうことにし、クリスマスタウンにいるサンタクロースを悪ガキ三人組のロック、ショック、バレルに連れてくるように秘密命令。ジャックは悪ガキ三人組が誘拐したサンタクロースに今年は自分がサンディクローズとなることを告げる。ジャックはサンタクロースを丁重に扱うように言うが、悪ガキ三人組は親分のウーギーブーギーのところへサンタクロースを連れて行く。さあ、ハロウィンタウンのクリスマスは成功するのか。サリーには胸騒ぎがするが…。

◆ここからは、結末まで書いていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


【ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 第05段落】  いよいよ出発。ジャックは愛犬ゼロを連れ立って、骸骨のトナカイが曳くそりに乗り、子供たちにプレゼントを贈るために空へ飛び立つ。しかし、子供たちのもとに届くプレゼントはハロウィンタウンのみんなが作ったコワーイ物ばかり。町はパニック状態に。警察や軍隊が出動してジャックを追う。そしてジャックのトナカイとそりは大砲に撃ち落とされる。

【ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 第06段落】  ジャックはやっと人には器があることがわかる。サンタクロースと彼を助けに行ったサリーが、ウーギーブーギーに捕らえられていることを知ったジャックは、急いでハロウィンタウンに戻る。そして、華麗にウーギーブーギーをやっつける。ジャックはサンタクロースに謝る。サンタクロースは、クリスマスはまだ終わっていないと急いで子供たちに正しいクリスマスプレゼントを贈りに飛び立つ。ジャックはいつも自分のことを思いやってくれていたサリーの愛情に気付き、彼女に告白する。空からサンタクロースからのクリスマスプレゼントである雪がハロウィンタウンに降り注ぐ。

【映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の感想】

【映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の感想 第01段落】  いつものようにレンタルビデオでこの作品を見たが、この映画の後にあった、「フランケンウィニー」( 1984 )は、ちょっとダメだった。同じような体験をした者にとっては、胸が痛くて観ていられない。ティム・バートンも自分の子供の頃の体験をもとにこの 27 分の映画を作ったらしい。気持ちは痛いほど分かるけど、現実にはそんなことはありえないから、やっぱり悲しすぎる。ラストに「スリーピー・ホロウ」( 1999 )での風車が燃えるシーンを髣髴させるところがあり、ティム・バートンの原点を見たような気にもなれたけど…。

【映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の感想 第02段落】  話を「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」に戻そう。ディズニー映画でありながら、ディズニーらしくないところが、さすがティム・バートン!って感じ。TVアニメや映画では悪役として登場することの多いお化けたちをお茶目に可愛く描き、また、自己の限界を知ってその存在意義を確認し、本当はいつも傍にあったのに気付いていなかった幸せを発見するというストーリーは、いつも勧善懲悪のヒーロー物より、子供たちにとっていいのではないかと思う。

【映画『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 』の音楽 ダニー・エルフマン】
 ティム・バートンのほとんどの映画で音楽を担当しているダニー・エルフマン(『 ウィズダム/夢のかけら (1986) WISDOM 』『 ビートルジュース (1988) BEETLEJUICE 』『 バットマン (1989) BATMAN 』『 シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS 』『 バットマン リターンズ (1992) BATMAN RETURNS 』『 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (1993) THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS 』『 マーズ・アタック! (1996) MARS ATTACKS! 』『 ミッション:インポッシブル (1996) MISSION: IMPOSSIBLE 』『 グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち (1997) GOOD WILL HUNTING 』『 メン・イン・ブラック (1997) MEN IN BLACK 』『 スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW 』『 PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES 』『 シカゴ (2002) CHICAGO 』『 レッド・ドラゴン (2002) RED DRAGON 』『 スパイダーマン (2002) SPIDER-MAN 』『 ハルク (2003) THE HULK 』『 スパイダーマン2 (2002) SPIDER-MAN 2 』『 ビッグ・フィッシュ (2003) BIG FISH
チャーリー・アンド・チョコレート・ファクトリー (原題) (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 』等)は、この映画ではジャックの歌声も担当している。彼はロック・バンド<オインゴ・ボインゴ>のリード・シンガーとしても活躍していたので、歌がうまいのは当然なのかな。この映画でグラミー賞にノミネートされている。「ピーウィーの大冒険」( 1985 )でティム・バートンに起用され、映画音楽を始めることになったらしい。「グット・ウィル・ハンティング/旅立ち」( 1997 )、「メン・イン・ブラック」( 1997 )でアカデミー賞にノミネートされており、バートン作品以外でも、幅広く活躍している人気作曲家だ。因みに、「ふたりは最高!ダーマ&グレッグ」<TV>のジェナ・エルフマンの夫がダニー・エルフマンの甥らしい。

以上。
<もっと詳しく>からスペースを含まず3389文字/文責:幸田幸

参考資料:IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      「スリーピー・ホロウ」日本語版オフィシャルサイト
(■解説とネタばれ:2002/08/24アップ ◆俳優についてリンク更新:2003/10/05)
■テキストとリンク一部およびファイル書式更新:2004/07/11
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
新作映画情報「読む映画試写会」へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2004 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved