ホネツギマン
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ホネツギマン (1998)
THE NAKED MAN
 映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』を紹介します。

 映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』を以下に目次的に紹介する。
※「シャイな幸の独り言(画面切替)」エッセイで「ホネツギマンって?」を急遽書いた。<「ホネツギマン」入浴剤騒動とばっちり[Excite エキサイト : ニュース参照]>2004/7/30更新

■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の解説
 ネタバレをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の主なスタッフ
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の視覚効果
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の特撮
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』のあらすじ
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』のスタッフとキャスト
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ホネツギマン 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』のポスター、予告編および映画データ
ホネツギマン
ホネツギマン
Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:33
製作国 Country: アメリカ
USA
製作会社
Production Company:
Naked Man Productions
October Films [us]
全仏配給会社 Distributer: Mars Distribution [fr] (France)
全米初公開 Release Date: 1998/08/
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/秋 予定
日本公開情報 : アルバトロス・フィルム
ジャンル Genre: コメディ/ドラマ
Comedy / Drama
MPAA Rating 指定: Rated R.
日本語公式サイト 調査中
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の解説

 映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』は『 ファーゴ (1996) FARGO 』のコーエン兄弟の弟イーサン・コーエンの脚本なのだけど、タイトル『 ホネツギマン 』と聞いてピンと来るように、何とと言うか、お遊び映画に徹した作品のようだ。『 ホネツギマン 』はもう数年も前の米国映画で、6年後にやっと日本にやってくる。『 ホネツギマン 』主人公は昼はカイロプラクティックの整体師、夜は「ホネツギマン」スーツに身を包んでレスリングで暴れまわる。でも、これには訳が・・・。

▲TOPへ

■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の主なスタッフ

○『 ホネツギマン 』の監督・脚本: J・トッド・アンダーソン
プロフェシー (2002) THE MOTHMAN PROPHECIES
コンフェッション (2002) CONFESSIONS OF A DANGEROUS MIND
ディボース・ショウ (2003) INTOLERABLE CRUELTY
レディ・キラーズ (2004) THE LADYKILLERS
ステップフォード・ワイフ (2004) THE STEPFORD WIVES
で美術部門等を担当していた人。『 ホネツギマン 』の共同脚本のイーサン・コーエンとは仕事上で長い付き合いである。

○『 ホネツギマン 』の製作: ベン・バレンホルツ
ドーン・オブ・ザ・デッド (2004) DAWN OF THE DEAD

○『 ホネツギマン 』の製作: ロバート・グラフ
わたしが美しくなった100の秘密 (1999) DROP DEAD GORGEOUS
グッド・ガール (2002) THE GOOD GIRL
バンガー・シスターズ (2002) THE BANGER SISTERS

▲TOPへ

■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の視覚効果

○『 ホネツギマン 』の特殊効果は
ファーゴ (1996) FARGO
バッファロー'66 (1998) BUFFALO '66 』のポール・マーフィが当たっているし、『 ホネツギマン 』の視覚効果は以下の通りすごいメンバーだ。

○『 ホネツギマン 』の視覚効果: ジャネク・サーズ
1492・コロンブス (1992) 1492 CONQUEST OF PARADISE
マーズ・アタック! (1996) MARS ATTACKS! 』
トゥルーマン・ショー (1998) THE TRUMAN SHOW
マトリックス (1999) THE MATRIX
M:I−2 (2000) MISSION: IMPOSSIBLE 2 / M:I-2
マトリックス リローデッド (2003) THE MATRIX RELOADED
リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い (2003) THE LEAGUE OF EXTRAORDINARY GENTLEMEN
レディ・キラーズ (2004) THE LADYKILLERS

○『 ホネツギマン 』の視覚効果: トラヴィス・バウマン
スターシップ・トゥルーパーズ (1997) STARSHIP TROOPERS
アメリカン・ビューティー (1999) AMERICAN BEAUTY 』『 ロミオ・マスト・ダイ (2000) ROMEO MUST DIE
グリーン・デスティニー (2000) 臥虎藏龍 (原題) / CROUCHING TIGER, HIDDEN DRAGON
パトリオット (2000) THE PATRIOT
PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES
スパイ・ゲーム (2001) SPY GAME
アリ (2002) ALI
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
9デイズ (2002) BAD COMPANY
トリプルX (2002) XXX
フォーン・ブース (2002) PHONE BOOTH
タキシード (2002) THE TUXEDO
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN
X−MEN2 (2003) X-MEN 2
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL
ターミネーター3 (2003) TERMINATOR 3: RISE OF THE MACHINES
悪霊喰 (2003) THE ORDER
マトリックス レボリューションズ (2003) THE MATRIX REVOLUTIONS
ホーンテッド・マンション (2003) THE HAUNTED MANSION
ペイチェック 消された記憶 (2003) PAYCHECK
ヴァン・ヘルシング (2004) VAN HELSING
らが視覚効果をしている。

▲TOPへ

■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の特撮

 映画『 ホネツギマン 』は「ホネツギマン」のジャンプスーツを着て暴れまわるので、結構、撮影の面で大変だったろう。特撮(SFX)は、英国のコンピュータ・フィルム社 Computer Film Company が担当しており、そこは
1492・コロンブス (1992) 1492 CONQUEST OF PARADISE
イングリッシュ・ペイシェント (1996) THE ENGLISH PATIENT
マーズ・アタック! (1996) MARS ATTACKS! 』
トゥルーマン・ショー (1998) THE TRUMAN SHOW
海の上のピアニスト (1999) THE LEGEND OF 1900
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW
ボーン・コレクター (1999) THE BONE COLLECTOR
M:I−2 (2000) MISSION: IMPOSSIBLE 2 / M:I-2
ホワット・ライズ・ビニース (2000) WHAT LIES BENEATH
ケミカル51 (2002) THE 51st STATE (原題) / FORMULA 51 (米題)
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS
ハリー・ポッターと賢者の石 (2001) HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE / HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE
ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY
マリー・アントワネットの首飾り (2001) THE AFFAIR OF THE NECKLACE
バイオハザード (2001) RESIDENT EVIL
プルート・ナッシュ (2002) THE ADVENTURES OF PLUTO NASH
等、豪華な業績を誇っている。

▲TOPへ

■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』のあらすじ
※本作『 ホネツギマン 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 ホネツギマン 』のストーリー。
 映画『 ホネツギマン 』の米国キャッチ・コピーは「 Chiropracter by day. Wrestler by night. (直訳:昼はカイロプラクティック療法士、夜はレスラー)」。ポスターを垣間見ると、その人体の筋肉・内臓丸見えのジャンプスーツが『 インビジブル (2000) HOLLOW MAN 』的に思えるが、全然そんなホラーっぽくないようだ。

 『 ホネツギマン 』主人公はエドワード・ブリス・ジュニア(マイケル・ラパポート)という、カイロプラクティックを学んで医師の免状を取得したばかりの男。カイロプラクティックとは、(脊椎[せきつい]指圧療法.脊椎のゆがみを矯正して健康を保とうとする療法.米国で起こった民間療法.<コンサイス カタカナ語辞典より>)のことだ。脊柱指圧療法だけど、接骨・整骨の「ほねつぎ」と表した方が分かり易いのか、邦題は「ホネツギマン」となっている。

 エドワードは妊娠中の妻キム(アリヤ・バレイキス)を連れ立ち、両親のいる故郷の町に戻る。カイロプラクティック(ホネツギマン)で身を立てて新生活を始めようとしているのだ。カイロプラクティック(ホネツギマン)の医療をする建物も、両親の営んでいる薬局の真向かいに購入して準備万全。実は、父親エド・ブリス(ピーター・トムク)は、息子エドワード・ジュニアに自分の後を継いで薬剤師になってほしかったのだが、息子エドワードは薬というものが人体の中に入っていくという概念が嫌で、父の希望に沿わなかった過去がある。それで勘当されていたのだが、一人前にカイロプラクティックの医師になった今、帰省して両親と仲直りすることも目的だった。

 新妻も紹介して、両親とも和解成立。万事はうまく収まり、暫くは幸福な一家に戻っていた。しかし、ある日、息子エドワードが用事で外出すると、不可解な二人連れの男が父の薬局に入ってくる。それは大手薬局チェーンの一種のマフィアで、店舗かドラッグの流通が問題になっているらしく、一家を惨殺する。その犯人の一人は、スティックス・ヴァローナ(マイケル・ジェッター)という脊髄がやられている身体障害者。機関銃になった松葉づえで乱射するのだ。ここらへんからもう既にマンガチック? もう一人は、ピーナッツバターのサンドイッチをかじっている、エルヴィス Elvis の格好をした部下(ジョン・キャロル・リンチ)だ。

 マイケル・ジェッターは
パッチ・アダムス (1998) PATCH ADAMS
グリーンマイル (1999) THE GREEN MILE
ギフト (2000) THE GIFT
ウェルカム トゥ コリンウッド (2002) WELCOME TO COLLINWOOD
ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003) OPEN RANGE
ポーラー・エクスプレス (2004) THE POLAR EXPRESS 』等で御馴染み。
ジョン・キャロル・リンチも
グッド・ガール (2002) THE GOOD GIRL
コンフィデンス (2003) CONFIDENCE
ゴシカ (2003) GOTHIKA
で有名である。『 ホネツギマン 』のような変わった作品にも出演するんだなぁ。

 外出から帰ったエドワードは、父の薬局で無残に殺されている家族を見つけて嘆き狂う。父も母(ナンシー・プランク)も妻も全員殺されたと思うのだが、奥さんはどうも殺されなかったようで、それはエドワードには分からないような展開になっているらしい。惨殺に怒りを込めて、エドワードは昼はカイロプラクティック療法士として働き、夜はアルバイトでプロレスラーになって暴れまくる。では、カイロプラクティック療法士とプロレスラーがどういう関係にあるかと言うと、リングで、カイロプラクティック療法を‘技(わざ)’に用いて相手を動けなくして無敵のヒーローになるからだとか。

 レスリングをしている時にホネツギマンのジャンプスーツを着るエドワード。そう、プロレスラーとしての彼の名前が邦題の「ホネツギマン」なのだ。ただし、英語では勿論「ホネツギマン」でなくて、原語タイトルにもなっている「 The Naked Man (直訳:裸の男)」と呼ばれる。このジャンプスーツは相当本物っぽくて気味が悪い。人体が透けて見えてピンク赤の組織や骨・内臓がくっきり浮かび上がる。この格好でリング上で暴れたら、動くから余計にリアルだろう。ホネツギマンになって、レスリングで家族の仇をとったり大手の薬局チェーン阻止のために立ち向かったりするのか? どんな展開になるのかお楽しみに・・・。

 『 ホネツギマン 』は、こういう、娯楽に徹して鑑賞したらいいと思う作品デス。出演は、他に、『 妹の恋人 (1993) BENNY & JOON 』『 チェンジング・レーン (2002) CHANGING LANES 』『 ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター (2002) AUTO FOCUS 』のジョー・グリファシーや、『 9デイズ (2002) BAD COMPANY 』『 モナリザ・スマイル (2003) MONA LISA SMILE 』のジョン・スラッテリー等がいる。
▲TOPへ
【『 ホネツギマン 』のスタッフとキャスト】
監督: J・トッド・アンダーソン J. Todd Anderson (Directed by)
製作: ベン・バレンホルツ Ben Barenholtz (producer)
    ロバート・グラフ Robert Graf (line producer)
脚本: J・トッド・アンダーソン J. Todd Anderson (Writing credits)
    イーサン・コーエン Ethan Coen (Writing credits)
撮影: ジェフ・バークレジ Jeff Barklage (Cinematography by)
    ジム・ザビラ Jim Zabilla (Cinematography by)
編集: マーク・スティーヴンス Mark Stevens (Film Editing by)
音楽: エドワード・バイラス Edward Bilous (Original Music by)
特殊効果: ポール・マーフィ Paul Murphy (Special Effects by)
視覚効果: ジャネク・サーズ Janek Sirrs (Visual Effects by)
    トラヴィス・バウマン Travis Baumann (Visual Effects by)

出演: マイケル・ラパポート Michael Rapaport as Dr. Edward Bliss, Jr.
    マイケル・ジェッター Michael Jeter as Sticks Varona
    ジョン・キャロル・リンチ John Carroll Lynch as Sticks' Driver
    アリヤ・バレイキス Arija Bareikis as Kim Bliss
    レイチェル・リー・クック Rachael Leigh Cook as Delores
    マーティン・フェレロ  Martin Ferrero as Sonny
    ジョー・グリファシー Joe Grifasi as Det. Lt. Albert Karski
    ジョン・スラッテリー John Slattery as Ferris
    ピーター・トムク Peter Thoemke as Ed Bliss, Sr.
    ナンシー・プランク Nancy Plank as Mrs. Marlinda Bliss

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
■映画『 ホネツギマン (1998) THE NAKED MAN 』の更新記録
2004/07/21新規: ファイル作成
2004/7/30更新: ◆エッセイ「ホネツギマンって?」を追加リンク
2004/12/09更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.