ハムナプトラ2/黄金のピラミッド
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■映画レヴュー
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001)
THE MUMMY RETURNS
 映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』をレヴュー紹介します。

 映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』を以下に目次別に紹介する。
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の解説及びポスター、予告編
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の映画データ
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の主なキャスト
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』のスタッフとキャスト
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の結末
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の感想(ネタばれご注意)
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の鑑賞評価: 8つ星 
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) 』の解説及びポスター、予告編
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド

■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の解説

 映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』は、1999 年に大ヒットを記録した「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」の続編。映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の監督は前作と同じスティーヴン・ソマーズ。ILMのCGIテクノロジーを駆使した、映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の壮大な映像は、前作にも増して見応えあり。映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』は、これでもかっ!といった感じの完全無欠の娯楽大作に仕上がっている。
 結婚したリック(ブレンダン・フレイザー:『 悪いことしましョ! (2000) BEDAZZLED 』『 愛の落日 (2002) THE QUIET AMERICAN 』等)とエヴリン(レイチェル・ワイズ:『 ニューオーリンズ・トライアル (2003) RUNAWAY JURY 』『 THE CONSTANT GARDENER (2005) 』等)には、8歳になる可愛い息子のアレックス(フレディ・ボース)がいる。前作で手に入れた黄金のお陰で、イギリスで豊かな生活を送っていたが、夜な夜なエヴリンが見る夢のために、家族総出でエジプトにある神殿の中を探っていた。その頃、ハムナプトラでは、あのイムホテップ(アーノルド・ヴォスルー)を蘇らせるため、大規模な発掘調査が行われていた。その目的とは…?
 映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』に登場するスコーピオン・キングを演じた、本物のWWFのプロレスラー、ザ・ロックは貫禄ありありでよかった。身長 2.7 メートル、体重2トンという、強烈なキャラクターのスコーピオン・キングを主役にした作品「スコーピオン・キング」が製作されたのも納得!日本では 2002 年6月8日に初公開である。
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) 』の映画データ
 上映時間 140分
 製作国 アメリカ
 公開情報 Uni=UIP
 初公開年月 2001/06/09
 ジャンル アドベンチャー/アクション/ホラー
▲TOPへ
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) 』の主なキャスト
●ブレンダン・フレイザー as リック
ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999) THE MUMMY
悪いことしましョ! (2000) BEDAZZLED
モンキーボーン (2001) MONKEYBONE
『 愛の落日 (2002) THE QUIET AMERICAN
ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション (2003) LOONEY TUNES: BACK IN ACTION

●レイチェル・ワイズ as 妻エヴリン
魅せられて (1996) STEALING BEAUTY
ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999) THE MUMMY
スターリングラード (2000) ENEMY AT THE GATES
アバウト・ア・ボーイ (2002) ABOUT A BOY
コンフィデンス (2003) CONFIDENCE
ニューオーリンズ・トライアル (2003) RUNAWAY JURY
隣のリッチマン (2003) ENVY
コンスタンティン (2004) CONSTANTINE
ナイロビの蜂 (2005) THE CONSTANT GARDENER
▲TOPへ
【『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』のスタッフとキャスト】
監督: スティーヴン・ソマーズ Stephen Sommers
製作: ショーン・ダニエル Sean Daniel
    ジェームズ・ジャックス James Jacks
製作総指揮: ボブ・ダクセイ Bob Ducsay
    ドン・ゼッフェル Don Zepfel
脚本: スティーヴン・ソマーズ Stephen Sommers
撮影: エイドリアン・ビドル Adrian Biddle
編集: ボブ・ダクセイ Bob Ducsay
音楽: アラン・シルヴェストリ Alan Silvestri

出演: ブレンダン・フレイザー Brendan Fraser リック
    レイチェル・ワイズ Rachel Weisz エヴリン
    ジョン・ハナー John Hannah ジョナサン
    アーノルド・ヴォスルー Arnold Vosloo イムホテップ
    フレディ・ボース Freddie Boath アレックス
    パトリシア・ヴェラスケス Patricia Verasquez ミラ/アナクスナムン
    ザ・ロック The Rock スコーピオン・キング
    アドウィーン Adewale ロック・ナー
    ショーン・パークス Shaun Parkes イジー
    アラン・アームストロング Alun Armstrong 大英博物館館長
    オデッド・フェール Oded Fehr アーデス・ベイ

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第01段落】  テーベ紀元前 3067 年。 5000 年前、獰猛な戦士スコーピオン・キング(ザ・ロック)は、世界を支配しようと、大軍を送り出した。7年にわたる戦いが繰り広げられたが、スコーピオン・キングの軍は敗れ、アム・シェアーの聖なる砂漠へ追い払われた。焼け付く太陽に兵士は一人また一人と倒れ、ついにスコーピオン・キングだけが残された。死の間際に彼は闇の神アヌビスに誓いを申し出た。もし彼の命を助け、敵を倒させたなら、魂を捧げようと。アヌビスは申し出を受け、命を助けた。スコーピオン・キングが突然砂漠から現れたサソリに貪り付いたとたん、彼のまわりにオアシスが広がっていく。それがアム・シェアーのオアシスである。アヌビスはスコーピオン・キングに軍を指揮させ、全てを破壊し尽くさせた。アヌビスの軍は無数の直立歩行できる黒いイヌの戦士で構成されている。全てが終わると、アヌビスはスコーピオン・キングを永遠の僕とした。その瞬間、スコーピオン・キングの腕から金のサソリの形をしたブレスレットがはずれる。アヌビスの軍はもときた砂へと戻り、再び目覚める日を静かに待っている。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第02段落】  1933 年、エジプト。リック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)は、妻エヴリン(レイチェル・ワイズ)の夜な夜な見る夢に導かれ、エジプトにある神殿を探っていた。二人の間にできた8歳の息子アレックス(フレディ・ボース)も一緒だ。リックに似て勇敢で、レイチェルに似て聡明であるアレックスは、神殿で発見したことを父リックに教えに来る。パパのイレズミと同じ花枠(カルトゥーシェ)、ピラミッド、眼、二人の王が壁にあったと。しかし、リックは、危険なのでアレックスに奥の神殿にいるように言う。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第03段落】  エヴリンは以前にここに来たことがあるような感覚に捉われていた。そして幻覚を見る。黄金に輝く部屋の奥にある扉が開かれ、古代エジプトの女官が現れる。その開かれた扉の奥にある部屋には、二人の兵士に見守られた箱が置かれている。女官は扉を閉め、特殊な方法で鍵を閉める。突起した部分を右に回してから、左に回す。そこへリックが現れ、エヴリンは我に返る。そこは暗い蜘蛛の巣の張った埃っぽい部屋に戻っている。彼女は幻覚で見たばかりの方法で扉を開き、リックを驚かせる。入った部屋にはスコーピオン・キングの紋章があり、その下にあるのは埃が被っているが、さっき幻覚で見た箱である。この神殿の宝を奪いに来た男が、その箱を開けようとするリックとエヴリンを後ろから覗っている。傍らに吊られていたペンダントが、この箱の鍵であることにリックが気づき、エヴリンが箱を開ける。中には、あのスコーピオン・キングの黄金のブレスレットであるアヌビスの腕輪が納められていた。リックとエヴリンを後ろで見張っていた男は、銃で二人を狙うが、突然地震が起き、神殿が崩れ始める。男は逃げる。リックはその箱を置いていくように言うが、今更遅いとエヴリンは持って帰る気で満々だ。箱の表面には「腕輪を荒らす者は、ナイルの水を飲む」という文字が。壁を突き破り、本当に水が襲ってきた。必死で逃げるリックとエヴリンだが…。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第04段落】  その頃、奥の神殿でいたアレックスは、リックとエヴリンの命を狙った男の仲間二人に見つかり、殺されるかもしれないという危機にいた。しかし、奥からさっきの男が必死の形相で逃げてきたため、三人そろって神殿からズラかって行く。その去り際に、仲間の男がアレックスのいる足場を支えている木をはずしていったため、足場が神殿の柱に倒れかかっていき、次々とドミノ式に柱が倒れていく。うまく地上に降りることのできたアレックスは、柱が倒れるのを防ごうとするが、巨大な柱を支えられるわけがない。柱が壁に激突すると、壁が破かれ、大量の水と共にリックとエヴリンが流されてきた。ほっ、助かった。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第05段落】  “死者の都”ハムナプトラでは、大規模な発掘作業が行われていた。前作の「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」( 1999 )で、リックによって闇に葬られたイムホテップ(アーノルド・ヴォスルー:『 ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999) THE MUMMY 』『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』『 エージェント・コーディ (2003) AGENT CODY BANKS 』等)のミイラを発掘するためだ。この作業の黒幕は、大英博物館の館長(アラン・アームストロング)。イムホテップの最愛の人アナクスナムン(パトリシア・ヴェラスケス)の生まれ変わりである女性ミラ(パトリシア・ヴェラスケス二役)の姿もある。そこにさっきの神殿から逃げてきた三人組が現れる。彼らは大英博物館の館長から、あのアヌビスの腕輪を奪ってくることを依頼されていたのだ。三人組のリーダー格の男は、腕輪がロンドンに持ち去られたことを話す。その話を聞く者の中には、ハムナプトラを守る使命を持った秘密結社の男アーデス・ベイ(オデッド・フェール)の姿が。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第06段落】  ロンドンの自宅の豪邸に戻ってきたリックとエヴリン一家。二人は前回の作品で手に入れた財宝で、豊かに暮らしていた。家に戻ってきたばかりなのに、エヴリンの心はもう砂漠の失われたオアシス、アム・シェアーに飛んでいる。スコーピオン・キングの指揮する軍は 5000 年毎に目覚め、誰かが彼を殺さなければ世界を滅ぼすという伝説がある。ラムセス4世、アレクサンダー大王、シーザー、ナポレオンといった野心を持った歴史上の人物達が、アム・シェアーに挑んできたが、誰も成功した者はいないらしい。難攻不落のレベルが高すぎるほど、エヴリンの気持ちは高鳴る。それに今度のことは、ずっと昔から自分たちに関わっているような気がするのだ。エヴリンが今回のことに関係する夢を見始めたのは、6週間前のエジプト新年の日。それもスコーピオンの年だ。何かあるかもしれない、リックはエヴリンの身を案じる。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第07段落】  持ち帰った箱が気になるアレックスは、箱を開け、中に入っている腕輪をはめてしまう。すると腕輪から映像が発せられ、眼前に黄金のピラミッド、砂漠、オアシス、カルナクの神殿が広がる。アレックスが腕輪をはずそうとしても、はずせない。どうしよう、パパとママに怒られる!

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第08段落】  リックとエヴリンがエジプトに行っている間、自分の家のように二人の家を使っていたエヴリンのダメ兄ジョナサン(ジョン・ハナー)。今日も女を連れて家に戻ってきたが、エジプトからやってきた大英博物館の館長一行に、リックと間違えられて捕らえられてしまう。腕輪の在処を訊かれるが、知っているわけがない。ジョナサンは、命をつなぎ止めるために色々でたらめを言うが、ミラに毒蛇を突きつけられ、絶体絶命の危機。そこへ本物のリックがやってくる。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第09段落】  腕輪がはずれないことをエヴリンに隠すアレックスは、箱の鍵が見つからないと嘘を言う。そんな二人のところへ、館長側の人間であるアフリカの部族の男ロック・ナー(アドウィーン)一味がやってくる。もちろん狙いは、目の前にある箱だ。エヴリンは「うちから出て行きなさい」と剣をとる。そこへ、アーデスが現れる。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第10段落】  リックとエヴリンの豪邸で乱闘が繰り広げられる。二階ではリックとジョナサンが撃ちまくられる機関銃から必死で逃げ、一階ではエヴリンとアーデスがロック・ナー達と戦う。なぜかエヴリンは戦うコツがわかっていて善戦するが、箱と一緒に連れ去られてしまう。ちょうど外に出たリックとジョナサンは、エヴリンが車に乗せられ連行されるのを目撃するが、機関銃で襲われたため、後を追うことができない。リックは怒りの矛先を突然現れたアーデスに向けるが、アーデスは「友よ」とリックに語りかけ、エヴリンはこの人物のもとにいるとある男の写真を見せる。「こいつ知ってる、大英博物館の館長だ」とアレックス。リック、アーデス、ジョナサン、アレックスの4人は、大英博物館へと向かう。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第11段落】  腕輪を奪われたと残念がるアーデスに、「心配ないよ」とアレックスは自分の腕にはまる腕輪を見せるが、アーデスから「これで地獄の扉が開かれた」と聞かされ、息をのむ。大英博物館へと向かう車の中で、アーデスは経緯を話す。腕輪が誰かの腕にはめられてから7日後にスコーピオン・キングとアヌビスの軍が目覚め、世界を滅ぼす。しかし、スコーピオン・キングを倒した者は、再びアヌビスの軍を地下に戻すか、軍で世界を支配することができるのだ。大英博物館の館長たちは、ハムナプトラからイムホテップを掘り起こし、彼を目覚めさせてスコーピオン・キングを倒させようと考えているのだ。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第12段落】  リックはアレックスとジョナサンを車に残し、アーデスと一緒に銃を持って博物館に乗り込む。銃の準備をするとき、リックの手首に花枠のイレズミを見つけたアーデスは、そのイレズミは聖なる印で、リックが人類の守護者、神の戦士メジャイだと言う。しかしリックは、これはカイロで孤児の時に入れたものだと否定する。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第13段落】  博物館の中では、イムホテップを目覚めさせる儀式が行われていた。イムホテップに捧げる生け贄として、手足をロープで縛られたエヴリンが板の上に載せて連れてこられた。館長が呪文を唱え、イムホテップのミイラを中心に取り囲んだ男達が、跪いて頭を上げたり下げたりしている。博物館に収容されるミイラもその儀式のおかげで目覚めてきた。儀式の全貌を見おろせるところで、リック達はイムホテップが目覚める光景を目の当たりにするが、リックは「この間まで、こんなのびっくりだったよ」と落ち着いた一言。イムホテップは完全に復活した姿ではなく、まさに動くミイラの姿だ。例の箱を開けた館長とロック・ナーは、箱の中身が野球選手の像になっているのに驚く。「あの女が死ぬのを楽しんで」と、ミラはイムホテップに贈り物だとエヴリンを見せる。エヴリンが燃え盛る火の中に落とされそうになったとき、リックが助けに来る。リックが彼女を抱いて物陰に隠れたとたん、上階にいるアーデスが機関銃を撃ちまくる。リックはエヴリンに銃を渡し、二人で戦う。リックとエヴリンとアーデスが逃げようとしたとき、イムホテップは呪文を唱えながら壷を持ち上げ、そのふたを開けた。「また、あいつらか。もうイヤだ!」4体のミイラがリック達を追ってくる。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第14段落】  博物館の外に出たリック達だが、車にジョナサンとアレックスの姿がない。するとジョナサンが運転する二階建てバスが迎えにやってきた。ジョナサンは博物館から銃声が聞こえてきたとき、車を出そうとしたが、恐怖と緊張の余り、車にさしたキーを折ってしまったのだ。ロンドンの街を暴走する、リック達を乗せた二階建てバス。その後ろからは、イムホテップが放ったミイラが追ってくる。リックとアーデスはミイラに向かって銃を撃ちまくる。奴等は銃を一発撃ち込まれたくらいでは死なないのだ。なんとかミイラをやっつけることができたが、二階建てバスの屋根はブッとんでしまった。ホッとしたリックとエヴリンはキスを交わすが、その隙にアレックスを奪われてしまう。アレックスが乗せられた車をリックは走って追うが、奴等の仕業でロンドン橋がはね上がり、追うことができない。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第15段落】  カルナクの神殿を目指してエジプトのカイロを走る列車の中、アレックスはイムホテップに会わせられる。イムホテップはアレックスに新しい事実を教える。腕輪をしたアレックスにはイムホテップをアム・シェアーへと導く役割があり、腕輪には呪いがあることを。腕輪をしてから7日目のスコーピオン・キングが目覚める日、その日の太陽が昇るまでにアム・シェアーにあるピラミッドに入らなければ、腕輪をしたアレックスの命は腕輪に吸い取られてしまうのだ。その呪いと仮面をはずしたイムホテップのミイラ顔にビビるアレックス。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第16段落】  前作、映画の設定では9年前に、それを見つけたアメリカ人が全員ひどい死に方をした箱を、例の盗賊3人が列車に持ってくる。館長にその箱を博物館から奪ってくるように依頼されていたのだが、「この箱を開ける者は亡者に殺される」と書かれた箱があまりにも不吉なため、3人の盗賊は請負額を釣り上げようする。あっさりとそれを受け入れたミラは、報酬を渡すからと3人をイムホテップのいる部屋に連れていく。3人が部屋に入ってしまうと、ミラは急いで部屋のドアを閉めて鍵をかける。戸惑う3人の前に、ミイラのイムホテップが現れる。銃を撃つが、もちろんイムホテップには効かない。3人の中で一番恐がりの男スパイヴィーは、ドアの小さな窓から箱を開けるようにミラから言われ、まんまと策略にはまって箱を開けてしまう。その結果、盗賊3人はイムホテップに精気を吸い取られてしまい、イムホテップは完全に復活する。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第17段落】  再び砂漠に戻ったリック達。イムホテップからアレックスを助け出すには、奴等の目的地であるカルナクに先回りしなければならない。速く行くには空路が一番だ。リックはパイロットである昔からの友人?イジー(ショーン・パークス)を尋ねる。嫌がるイジーに、報酬として黄金の<オシリスのしゃく>を渡すと現物を見せて説き伏せる。リック達が乗るのは、飛行機ではなく飛行船だ。船に大きな風船をつけたような形の飛行船に乗り、出発進行!

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第18段落】  アレックスの見張り役に飽き飽きしているロック・ナー。アレックスは彼にトイレに連れてきてもらった。列車のトイレはキタナイ!床も腐りかけている。便器のふたを開けると、下には走りすぎていく地面。閃いたアレックスは、便器を床から外し、トイレにあったレバーをひっぱって列車の操縦士に急ブレーキをかけさせると、床にできた穴から脱出をする。一目散に目の前にあった神殿のような建築物の中に逃げ込んでいくアレックス。しかし、彼が丁度降り立った場所こそがカルナクだった。そして、魔力を持つイムホテップからは逃れることができない。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第19段落】  夜、カルナクの神殿でイムホテップはアナクスナムンの生まれ変わりのミラに、太古の記憶を蘇らせた。丁度同じ時、飛行船の上でもエヴリンが過去の幻覚を見ていた。セティ王の面前で、武術の戦いを繰り広げる王の娘フェルネタリ(レイチェル・ワイズ二役)と王の妻となるアナクスナムン。フェルネタリはまさにエヴリンにそっくり。エヴリンは古代エジプトの姫の生まれ変わりだったのだ。戦いの軍配はアナクスナムンに上がるが、二人の見事な戦いぶりに感激した王は、フェルネタリにアヌビスの腕輪を守る役割を仰せつける。フェルネタリはバルコニーから、父親の妻アナクスナムンがイムホテップとキスをしているのを目撃。父王がやってくると、イムホテップは隠れ、アナクスナムンは何事もなかったように振る舞う。ところが、イムホテップは父王の背後に迫り、王の剣を抜いた。フェルネタリは王の兵士メジャイに父を助けるように言うが、もう遅い。父王はアナクスナムンとイムホテップに殺害される。しかし、裏切り者の二人の許に王の兵士達がやってくる。イムホテップは連れ去られ、アナクスナムンは自害する。アナクスナムンのその時の気持ちが蘇ったミラは、自分のお腹を剣で突き刺す。その横で呪文を唱えるイムホテップ。二人の前にできた死後の世界の入り口からアナクスナムンの霊が出てくると、ぐったりとしたミラにとりつく。息絶えたはずのミラの体は、アナクスナムンとなって息を吹き返し、再び出会えたイムホテップの姿を見て喜ぶ。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第20段落】  飛行船では、エヴリンが自分の前世の記憶をみんなに説明する。アーデスは今エヴリンとリックがこのような状況に置かれているのは、何千年も前からの定めだと言い、リックが神の戦士メジャイの生まれ変わりであることに確信を持つ。偶然だと言い放つリックに「友よ、偶然と運命の境は微妙だ」と告げる。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第21段落】  やっとカルナクに辿り着いたリック達だが、アレックスがマークに残した次の目的地である神殿の砂城を見つけ、すぐにまたイムホテップたちを追う。利口なアレックスが行く先々で砂城を作っていったおかげで、リック達は迷うことはなかった。飛行船はアレックスを求めて、ナイルの上流へと遡って行く。そんな飛行船に気づいたイムホテップは、魔力を使ってナイルの水を操り、飛行船を大量の水で襲う。イジーの操縦で必死に逃げた飛行船が辿り着いた先は、幻のオアシス、アム・シェアー。リックは望遠鏡で黄金のピラミッドの存在を確認する。しかし、ほっとしたのも束の間、イムホテップの水が迫ってくる。逃げようとした飛行船だったが、エンストになり、遂に呑み尽くされてしまう。飛行船は壊れてしまうが、流石ハリウッド映画、みんな無事である。飛行船の修理をイジーに言いつけて、リック、エヴリン、アーデス、ジョナサンの4人は、未だ誰も生きて戻ったことはないというアム・シェアーの奥地にある黄金のピラミッドを目指して進んでいく。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第22段落】  アレックスもイムホテップ一行とアム・シェアーのジャングルの中を歩いていた。すると怪しげな雰囲気。背の高い草が揺れたかと思うと、次々と兵士達が倒れていく。彼らを襲うのは、ピグミー・ミイラ。小さいが恐ろしく獰猛だ。アム・シェアーまで辿り着いたらもうアレックスは必要ない。小憎らしいアレックスをいつか殺そうと思っていたロック・ナーは、この混乱に乗じてアレックスをやってしまおうとする。逃げるアレックス。追うロック・ナー。あっパパだ!パパ助けて!アレックスの危機を知ったリックは、二人を追う。そして危機一髪!アレックスを救うと、一目散で逃げていく。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第23段落】  アレックスはやっとエヴリン、ジョナサンに会えた。アム・シェアーから立ち去ろうとする大人たちに、アレックスは腕輪の呪いのことを聞かせる。陽が昇るまでに黄金のピラミッドの中に入らなければ、アレックスの命はない。4人は恐ろしいピグミー・ミイラのいるジャングルの中を、黄金のピラミッド目指して、疾走する。ピラミッドは近づいてきたが、陽も昇ってきた。リックはアレックスを抱きかかえ、全力疾走。間一髪のところで、ピラミッドに入ることができた。「パパってものも、ラクじゃない。」と息を切らせてつぶやくリック。アレックスの手から腕輪がはずれ、父子は抱き合う。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第24段落】  後から追ってきたエヴリンとジョナサンは、ピラミッドの中にいるアレックスとリックを見て安心して喜ぶが、安堵の気持ちで背後から迫る危険に気が付かなかった。エヴリンはアナクスナムンに刺され、ジョナサンはイムホテップに吹き飛ばされる。リックはエヴリンに駆け寄るがどうすることもできない。エヴリンは「アレックスを…。愛してるわ。」という言葉を遺して息絶える。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第25段落】  ピラミッドの中に入ったイムホテップは、魔力を奪われる。闇の神アヌビスはイムホテップが人間のように戦うことを望んでいるのだ。エヴリンを失い怒りに燃えるリックも、彼女の仇を討つため、世界を救うため、ピラミッドに足を踏み入れる。博物館の館長は、アレックスから離れた腕輪を自分の腕につけ、アヌビスの軍を解放させるために、大きなサソリの形をした黄金の壁面の穴に腕輪をつけた手を入れる。しかし、穴に入れた館長の手は骨だけに。これで全てが始まった。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第26段落】  イムホテップは「スコーピオンを殺す」と意気込み、戦いの部屋に入って行こうとするが、人間並みの力しか持たない彼の身を案じるアナクスナムンは止めようとする。イムホテップはアナクスナムンに熱いキスをして、部屋の中へと走っていく。黄金の銅鑼を打つイムホテップを狙うのは、リック。二人の死闘が繰り広げられる。砂漠ではアーデスの秘密結社の軍団が、解放されたアヌビスの軍と戦っている。アレックスはエヴリンを生き返らせるために、アナクスナムンの持っている「死の本」を使えばいいことに気づき、ジョナサンにエヴリンを抱きかかえさせてピラミッドの中に入る。そしてジョナサンがアナクスナムンの気をそらしている間に、本を奪い、横たえたエヴリンの側でその本を読む。エヴリンの教えでアレックスは古代エジプト語が読めるのだ。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第27段落】  「弱い者いじめはダメよ」と、アナクスナムンがジョナサンにとどめを刺そうとした手を掴んだのは、生き返ったエヴリン。今度は彼女がアナクスナムンの相手になる。アレックスとジョナサンはリックの戦っている部屋へと向かう。リックと結婚して、彼の戦いのテクニックを身につけたエヴリンは、パワー・アップしていた。アナクスナムンはイムホテップのいる部屋へと逃げ、エヴリンはその後を追う。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第28段落】  戦うリックとイムホテップの前に、上半身が人間、下半身がサソリのスコーピオン・キングが現れる。強烈なスコーピオン・キングを見て、イムホテップは「私は家来だ」と跪き、「奴があなたを殺そうと」とスコーピオン・キングの注意をリックに向けさせる。スコーピオン・キングから逃げるリックの前に、手を失って茫然自失となった館長が都合良く現れ、スコーピオン・キングに連れ去られて八つ裂きにされる。スコーピオン・キングの気がそれたその時、リックは壁画に自分と同じイレズミをもつ男がオシリスのしゃくを槍に変えてスコーピオン・キングに突き刺しているのを見る。これがスコーピオン・キングにとどめを刺す方法だと知ったリック。こうなったら、自分が神の戦士メジャイの生まれ変わりだと信じるしかない。オシリスのしゃくを持ったジョナサンとアレックスに、それが槍になると教えるが、スコーピオン・キングがリックを追ってきた。リックはスコーピオン・キングと戦う。やっとオシリスのしゃくを槍に変え、ジョナサンがスコーピオン・キングに槍を放とうとしたが、その槍はイムホテップに奪われてしまう。イムホテップがスコーピオン・キングに向け槍を投げた。世界はイムホテップのものになってしまうのか?

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第29段落】  砂漠でのアヌビスの軍との戦いは、破滅的だ。アーデスの軍は一度はアヌビスの軍を打ち払うことができたが、アヌビスの軍には終わりがない。勝利に一息付いたアーデスの眼に、地平線の向こうからアヌビスの大軍が押し寄せてくるのが見える。もうダメなのか? ・・・

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第30段落】  そんなはずはない。リックが飛んできた槍を掴み、危機一髪のところでスコーピオン・キングに突き刺す。その瞬間、今にもアーデスの軍に襲いかかろうとしていたアヌビスの軍は黒い砂となって消え失せた。喜ぶアーデスたちは、ピラミッドから大量の黒い砂が吹き上がるのを見る。その砂には苦しむスコーピオン・キングの顔が浮かび上がっている。そして舞い上がったかと思うと、またピラミッドの中に吸い込まれていった。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第31段落】  ピラミッドはもうすぐ崩れ落ちる。上から尖った大きな石がどんどん落ちてくる。ピラミッドの下には死後の世界が広がり、死者たちによってリックとイムホテップがその中へと引きずられようとしていた。リックはエヴリンに早く逃げるように叫ぶが、降りしきる大石の中をエヴリンはリックを助けるために走る。そして、床の裂け目にぶら下がるリックを見事に助けあげる。それを横で見ているイムホテップは、アナクスナムンに自分を助けに来るように言うが、アナクスナムンは逃げてしまった。イムホテップは悲しげに「アナクスナムン」とつぶやいた後、潔く死後の世界へと落ちていった。逃げたアナクスナムンも、床の裂け目に落ち、死後の世界へ。

【ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 第32段落】  ピラミッドの中にどんどん緑のオアシスが吸い込まれていく。外に出たリックたちはピラミッドの頂上に登るが、ピラミッドはどんどんオアシスと共に地面の下へと沈んでいく。そこに飛行船を修理したイジー参上!皆飛行船に乗り込もうとするが、ジョナサンが逆さ吊りになってしまう。しかし、ジョナサンはピラミッドのてっぺんに、ものすごい宝物が置かれているのを見た。寸前のところでその宝を奪う。砂漠の中に完全にピラミッドは沈んでしまい、砂埃がもうもうと上がる。リックたちの乗った飛行船は?その黄土色の砂埃の中から、飛行船が出てきた。やった!助かった。
 地上には別れを告げるアーデスの姿。そしておきまりのヒーローとヒロインのキス。盛りだくさんのハッピー・エンド。

▲TOPへ

【映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の感想】

【映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の感想 第01段落】  ヒロインが死んでしまっても、安心して観ることのできる、超ハリウッドな映画だった。最近私の中で赤丸急上昇なのが、エヴリンを演じたレイチェル・ワイズ。美しく知性的で、尚且つキュートでセクシー。ちょっとこんな魅力的な人は他に見当たらない。アクションができる女優さんだとは思っていなかったので、宮殿でのアナクスナムンとの戦闘シーンは、驚きだった。アナクスナムン役のパトリシア・ヴェラスケスと、5ヶ月間古代日本の武術を特訓したらしい。

【映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 』の感想 第02段落】  インディ・ジョーンズで描かれた家族は父と子だけだったが、この映画では父・母・子のファミリーが描かれていて、より有り得なさがアピールされ、面白かった。それにしても、イムホテップが可哀想だった。愛に純粋な人なのにね。

以上。
<もっと詳しく>からスペースを含まず11025文字/文責:幸田幸

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
■映画『 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS 』の更新記録
2002/11/07新規: ファイル作成
2004/07/11更新: ◆テキストとリンク一部およびファイル書式
2005/03/16更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/04/29更新: ◆データ追加
2006/02/16更新: ◆データ追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.