ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■映画レヴュー
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997)
THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
 映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK 』をレヴュー紹介します。

 映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』を以下に目次別に紹介する。
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の解説及びポスター、予告編
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の映画データ
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』のスティーヴン・スピルバーグ監督
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』のスタッフとキャスト
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタばれ)です。※ご注意:映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK 』の内容やネタばれがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の結末
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の鑑賞評価: 8つ星 
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の解説及びポスター、予告編
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の解説

 映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK 』の監督スティーヴン・スピルバーグ(『 マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT 』『 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN 』等)はハリウッド新世代のトップ監督であり、あまりにも有名。映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の特撮のILM(インダストリアル・ライト&マジック)を調べてみると、あるわあるわ、歴代のセンセーショナルな映画名がオン・パレードである。「スター・ウォーズ」「E.T.」「インディ・ジョーンズ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ゴースト/ニューヨークの幻」「ターミネーター」「プライベート・ライアン」…ため息が出てくる程のスゴイ映画ばかり。映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の主演ジェフ・ゴールドブラムは独特の雰囲気と演技力で脇役から主演に昇り、「ナッシュビル」「ザ・フライ」「ジュラシック・パーク」「インデペンデンス・デイ」に出演。
 前作「ジュラシック・パーク」では遺伝子研究の成果で恐竜が現代に蘇るという話だったが、映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』はその続編。映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』は、サンディエゴに「恐竜園」を建設して一儲けしようと、恐竜を絶海の孤島から米国に輸送計画を企てる悪役と、それを阻もうとする善玉のパニック映画。
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の映画データ
 上映時間 129分
 製作国 アメリカ
 公開情報 Uni=UIP
 初公開年月 1997/07
 ジャンル SF/パニック
▲TOPへ
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』のスティーヴン・スピルバーグ監督
タクシードライバー (1976) TAXI DRIVER 』(supervising editor)
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
シュレック (2001) SHREK
イン・アメリカ/三つの小さな願いごと (2002) IN AMERICA 』(special thanks) 
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
ターミナル (2004) THE TERMINAL
SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA
▲TOPへ
【『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』のスタッフとキャスト】
監督: スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg
製作: コリン・ウィルソン Colin Wilson
    ジェラルド・R・モーレン Gerald R. Molen
製作総指揮: キャスリーン・ケネディ Kathleen Kennedy
原作: マイケル・クライトン Michael Crichton
脚本: デヴィッド・コープ David Koepp
撮影: ヤヌス・カミンスキー Janusz Kaminski
特撮: ILM ILM
特殊効果: スタン・ウィンストン Stan Winston
音楽: ジョン・ウィリアムズ John Williams

出演: ジェフ・ゴールドブラム Jeff Goldblum イアン・マルコム博士
     リチャード・アッテンボロー Richard Attenborough ジョン・ハモンド
    ジュリアン・ムーア Julianne Moore サラ・ハーディング博士
    ピート・ポスルスウェイト Pete Postlethwaite ローランド・テンボ
    ヴィンス・ヴォーン Vince Vaughn ニック・ヴァン・オーウェン
    アーリス・ハワード Arliss Howard ピーター・ルドロウ
    リチャード・シフ Richaard Schiff エディ・カー
    ヴァネッサ・リー・チェスター Vanessa Lee Chester ケリー・マルコム
    ピーター・ストーメア Peter Stormare ディーター・スターク
    ジョセフ・マッゼロ Joseph Mazzello ティモシー・マーフィ
    アリアナ・リチャーズ Ariana Richards アレクシス・マーフィ
    ハーヴェイ・ジェイソン Harvey Jason アジェイ・シドゥ

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第01段落】  前作の「ジュラシック・パーク」でバイオテクノロジー会社・インジェンが莫大な財を投じた遺伝子研究は成功し、恐竜は現代に蘇ったが、テーマパークのジュラシック・パーク計画は失敗し、崩壊して4年たった。そのとき絶滅したはずの恐竜がコスタリカ沖のイスラ・ソルナ島という絶海の孤島で確認された。この島には秘密の遺伝子工学研究所「サイトB」があり、この施設は実はジュラシック・パーク計画で恐竜をクローン生産する拠点だった。ジュラシック・パークで絶滅したはずの恐竜が4年間ここで放置されているあいだに新たな生態系を作り出し、繁殖したらしい。

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第02段落】  この知らせを受けたのがジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)。この老人はインジェン社の会長およびジュラシック・パークの創設者だった人物。ハモンドは自分の屋敷にイアン・マルカム(ジェフ・ゴールドブラム:
ザ・フライ (1986) THE FLY
ニューヨーカーの青い鳥 (1987) BEYOND THERAPY
ジュラシック・パーク (1993) JURASSIC PARK
インデペンデンス・デイ (1997) INDEPENDENCE DAY
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
キャッツ&ドッグス (2001) CATS & DOGS 』等)を呼び出す。マルカムはカオス数学者で、大学をクビになったばかり。ハモンドはマルカムに「恐竜たちはまだ生きている」と言い、「サイトB」の生態観察調査に赴くように依頼する。

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第03段落】  つまり、ジュラシック・パーク以外に、コスタリカ沖の孤島に恐竜の繁殖目的の「サイトB」という施設が存在すること。そしてジュラシック・パーク失敗以降は完全に放置していたのが、恐竜たちは生き延び、調和した生態系を築いていること。その「サイトB」の生態調査をハモンドはマルカムに依頼したわけだ。なぜかと言うと、実はこのイスラ・ソルナ島の秘密が世間にバレそうになっており、バレた場合に備えて、中立な詳細記録が必要だったからだ。そうすれば島の自然な現状を保つよう世論を説得できる隠れ蓑ができるからだ。

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第04段落】  マルカム自身は、大昔に滅んだはずの生物がまだ存在すること自体が異常だと言って、孤島行きを嫌がる。しかし、マルコムの無鉄砲な恋人サラ・ハーディン博士(ジュリアン・ムーア:
妹の恋人 (1993) BENNY & JOON
逃亡者 (1993) THE FUGITIVE
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS
理想の結婚 (1999) AN IDEAL HUSBAND
マグノリア (1999) MAGNOLIA
ハンニバル (2001)HANNIBAL
めぐりあう時間たち (2002) THE HOURS
エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN 』等)が先に島に行ったと聞いて、一刻も早く危険な島から彼女を連れ出すために島に向かうことを決心する。

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第05段落】  マルカムはカメラマンのニック(ヴィンス・ヴォーン:
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
ザ・セル (2000) THE CELL
アダルト♂スクール (2003) OLD SCHOOL
スタスキー&ハッチ (2004) STARSKY & HUTCH 』等)とフィールド装備専門家エディ(リチャード・シフ)を連れて恐竜繁殖地サイトBへ向かう。

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第06段落】  コスタリカ沖のイスラ・ソルナ島は、近隣の島々の現地人たちさえ恐れる島だった。やっと島へ上陸できて恋人サラと合流できた。少しでも早く彼女を説得して救い出さなければ、恐竜のいるというこの島で何が起きるかわからない。その時、お茶目でおマセで好奇心一杯のマルカムの娘ケリー(ヴァネッサ・リー・チェスター)が船に隠れてついてきていることに気づき、マルカムは叱る。(マルカムは白人なのに、 12 歳くらいの娘ケリーはアフリカ系アメリカ人。アメリカは養子制度が行き渡っているから、その見本かな?)

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第07段落】  写真を撮ったりして観察している間に、恐竜はやっぱり現れ、暴れ始める。追われて、走って逃げて、を繰り返す。拠点にするのに搬入してきた宿舎兼研究所のトレーラーに逃げ込めば、窓は割られる、挙句の果てはトレーラーごと崖から落ちそうになる。崖っぷちにぶら下がり、ケリーたちを乗せたままのトレーラーは宙ぶらりん。引き上げようとする仲間の一人は恐竜に食べられてしまう。そんなこんなの恐竜との追いかけっこのシーンが続出する。

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第08段落】  並行して、恐竜ハンターたちの大部隊もイスラ・ソルナ島に上陸する。報酬目当ての連中である。インジェン社の会長およびジュラシック・パークの創設者だった老ハモンドの甥のピーター・ルドロウ(アーリス・ハワード)が、ハモンドから実権を奪って、インジェン社の実質上のオーナーとなったのだ。ハモンドの会社は倒産寸前で、倒産を免れようとして甥は恐竜を生け捕って見せ物にする計画を発表する。そして恐竜ハンターの大部隊を島へ送ったのだ。ピーターはアメリカ国内のサンディエゴに恐竜園を建設しようという野心を抱いている。その建設のための恐竜狩りをここでやろうとしているらしい。捕獲用のジープは走り回り、ヘリコプターは空を飛び交い、恐竜ハンターたちはジャングルを歩き回る。

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第09段落】  恐竜ハンターのローランド・テンボ(ピート・ポスルスウェイト:
ユージュアル・サスペクツ (1995) THE USUAL SUSPECTS
ロミオ&ジュリエット (1996) WILLIAM SHAKESPEAR'S ROMEO & JULIET / ROMEO + JULIET
ブラス! (1996) BRASSED OFF
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK
アリス・イン・ワンダーランド/不思議の国のアリス (1999) ALICE IN WONDERLAND
シッピング・ニュース (2001) THE SHIPPING NEWS 』等)のチームは恐竜を首尾よく捕獲し始めて、檻に入れる。しかし、怒った恐竜たちはすさまじい勢いとパワーで檻を破壊し、ハンターたちを襲いまくる。ステゴザウルス、Tレックス、ラプトル、ガリミムス、ティラノサウルス、ピラニアのようなコンピー、パキケファロサウルス、小型恐竜コンプソグナトス、と特撮の恐竜たちはまるで本物のように動き暴れる。さすがILMの特撮は凄い。

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第10段落】  もはやマルカムたちは観察などとうてい不可能だった。こうして、この孤島で、恐竜をめぐって二つのグループが追跡と逃げっこの繰り返しを開始する。(しかし、この作品は、恐竜を「悪もの」として描いていないことが、従来の動物関連のパニック映画や怪獣映画と異なるらしい。)恐竜は生きるために、近づく人間を食べる。捕まえて動物園のように見世物にして金儲けをしようとする人間の方が「悪もの」だ。恐竜が無邪気に生存しているこの島に人間がいることの方こそが「悪」なのだ、と主人公マルカムは何度も訴える。・・・

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第11段落】  恐竜に追いかけられて、マルカムたちはどうにかヘリコプターで島から脱出する。しかし恐竜ハンターたちはティラノサウルスを必死で仕留める。そして捕獲した恐竜を船でサンディエゴに輸送する。サンディエゴの港ではお祭り騒ぎで待ちかまえるインジェン社のハモンドの甥たちとプレスなど群集。マルカムたちも心配そうに見守っている。そこへ恐竜を乗せた船が到着するが、恐竜が暴れたせいで、港に激突してしまう。

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 第12段落】  船から逃げた恐竜は、人も車も家もビルも踏み潰して街を暴れまわる。人々は逃げ惑い、街はパニック状態に陥る。このままでは街は全壊だ。マルカムは、暴れまわるその親恐竜を、子供の恐竜(これが結構かわいいんだ。羊の子の様な泣き声をして甘えるしぐさがかわいい。)をおとりにして船までおびき寄せ、無事に捕まえて、イスラ・ソルナ島に戻す。インジェン社の「恐竜園」計画は遂に断念させた。ハッピーエンド。

以上。
<もっと詳しく>からスペースを含まず3780文字/文責:幸田幸

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
■映画『 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 』の更新記録
2002/05/24新規: ファイル作成
2003/04/04更新: ◆映画や俳優についてリンク
2004/07/15更新: ◆テキスト一部とリンクおよびファイル書式
2005/03/19更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.