リバティーン
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
リバティーン (2004)
THE LIBERTINE
 映画『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』を紹介します。

 映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』って誰のこと?
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』の主なスタッフ
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』の主なキャスト
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』のあらすじ
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』のトリビア
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』のスタッフとキャスト
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 リバティーン 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 リバティーン THE LIBERTINE 』のポスター、予告編および映画データ
リバティーン
リバティーン
ポスターはcinemaclock.com/
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:

公式サイトで観られます。

上映時間 Runtime: 2:10
製作国 Country: イギリス UK
製作会社
Production Company:
Mr. Mudd
Isle of Man Film Commission
First Choice Films 2004
Isle of Man Film Ltd.
全米配給会社 Distributer: Miramax Films
英国初公開 Release Date: 2005/11/18
日本初公開 R. D. in Japan: 2006/04/08 予定
日本公開情報 : メディア・スーツ
ジャンル Genre: ドラマ/歴史劇
Drama / Period
MPAA Rating 指定: Ireland:18 / UK:18 / USA:Not Rated
日本語公式サイト
http://www.libertine.jp/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』の解説

 『 リバティーン 』はイギリスに実在した人物のある程度ホントの伝記。ジョニー・デップが『 リバティーン 』では、 17 世紀のコスチュームにカーリーなロン毛という出で立ちで、女性遍歴の盛んな「リバティーン=放蕩者」な詩人を演じる。『 リバティーン 』では、ジョン・マルコヴィッチが、デップ扮する「リバティーン=放蕩者」の友人で支持者の国王チャールズ2世を、サマンサ・モートンが「リバティーン=放蕩者」の愛人の一人である女優を演じる。

▲TOPへ

■映画『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』って誰のこと?

 『 リバティーン 』の主人公ジョン・ウィルモット即ちロチェスター伯爵 John Wilmot, 2nd Earl of Rochester ( 1647/04/01 - 1680/07/26 )というのは 17 世紀のイギリスの詩人である。彼は英国王チャールズ二世の友人であり、多くの風刺的で卑猥な詩を書いた自由思想家・放蕩(ほうとう)者として知られる。だから、映画のタイトルが「自由思想家・放蕩者」という意味の『 リバティーン The Libertine 』なのである。

 ロチェスター伯爵は相続人である女性と結婚はしたものの、数多くの愛人を作って、いわゆる‘女たらし’だった。『 カサノバ (カサノヴァ) (2005) CASANOVA 』にちょっと相通ずるところがあるかも。ロチェスター伯爵がわずか 33 歳という若さで亡くなった原因は、そんなわけでお酒と梅毒。こういう「リバティーン=放蕩者」をジョニー・デップが演ずるとは!

▲TOPへ

■映画『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』の主なスタッフ

○『 リバティーン 』の監督: ローレンス・ダンモア
聞いたことない監督だと思ったら、 ローレンス・ダンモアは元来、イギリスのグラフィックデザイナーで、『 リバティーン 』が映画監督デビュー作

○『 リバティーン 』の製作: ラッセル・スミス
RIPLEY'S GAME (2002)
仮面の男 (1998) THE MAN IN THE IRON MASK

○『 リバティーン 』の製作: ジェシカ・パーカー
ギャザリング (2002) THE GATHERING

○『 リバティーン 』の製作: マイリ・ベット
ドット・ジ・アイ (2003) DOT THE I

○『 リバティーン 』の製作総指揮: ルイーズ・グッドシル
オペラ座の怪人 (2004) THE PHANTOM OF THE OPERA

○『 リバティーン 』の製作総指揮: ラルフ・カンプ
理想の結婚 (1999) AN IDEAL HUSBAND

○『 リバティーン 』の製作総指揮: コリン・リーヴェンタールとダニエル・J・B・テイラー
秘密のかけら (2005) WHERE THE TRUTH LIES

○『 リバティーン 』の編集: ジル・ビルコック
ロード・トゥ・パーディション (2002) ROAD TO PERDITION
ムーラン・ルージュ (2001) MOULIN ROUGE!
エリザベス (1998) ELIZABETH 』
ロミオ&ジュリエット (1996) WILLIAM SHAKESPEAR'S ROMEO & JULIET / ROMEO + JULIET

○『 リバティーン 』の美術: ベン・ヴァン・オズ
真珠の耳飾りの少女 (2003) GIRL WITH A PEARL EARRING
イッツ・オール・アバウト・ラブ (原題) (2003) IT'S ALL ABOUT LOVE 』
アドルフの画集 (2002) MAX

○『 リバティーン 』の音楽: マイケル・ナイマン
9 Songs ナイン・ソングス (2004) 9 SONGS
恍惚 (2003) NATHALIE... 』
息子の部屋 (2001) LA STANZA DEL FIGLIO (伊題) / THE SON'S ROOM (英題)
ピアノ・レッスン (1993) THE PIANO

▲TOPへ

■映画『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』の主なキャスト

●ジョニー・デップ as ロチェスター伯爵@リバティーン
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト (2006) PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST
ティム・バートンのコープスブライド (2005) TIM BURTON'S CORPSE BRIDE
チャーリーとチョコレート工場 (2005) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY
ネバーランド (2004) FINDING NEVERLAND
フレンチなしあわせのみつけ方 (2004) ILS SE MARIERENT ET EURENT BEAUCOUP D'ENFANTS / AND THEY LIVED HAPPILY EVER AFTER (クレジット無し)』
シークレット・ウインドウ (2004) SECRET WINDOW 』
レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード (2003) ONCE UPON A TIME IN MEXICO
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL
フロム・ヘル (2001) FROM HELL
ショコラ (2000) CHOCOLAT
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW
ナインスゲート (1999) THE NINTH GATE
GO!GO!L.A. (1998) L.A. WITHOUT A MAP (クレジット無し)』
妹の恋人 (1993) BENNY & JOON
シザーハンズ (1990) EDWARD SCISSORHANDS

●サマンサ・モートン as エリザベス・バリー@リバティーン
Jの悲劇 (2004) ENDURING LOVE
CODE46 (2003) CODE 46
イン・アメリカ/三つの小さな願いごと (2002) IN AMERICA 』
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT

●ジョン・マルコヴィッチ as チャールズII世@リバティーン
『 銀河ヒッチハイク・ガイド (2005) THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY
永遠の語らい (2003) A TALKING PICTURE
ジョニー・イングリッシュ (2003) JOHNNY ENGLISH
RIPLEY'S GAME (2002)
HOTEL (2001) HOTEL
ジャンヌ・ダルク (1999) JOAN OF ARC / THE MESSENGER: THE STORY OF JOAN OF ARC
仮面の男 (1998) THE MAN IN THE IRON MASK
『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』のプロデューサーでもある

●ロザムンド・パイク as エリザベス・マレ@リバティーン
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE
007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY

●トム・ホランダー as ジョージ・エセレッジ@リバティーン
パイレーツ・オブ・カリビアン2 (2006) PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST
STAGE BEAUTY (2004)
抱擁 (2002) POSSESSION
ゴスフォード・パーク (2001) GOSFORD PARK
エニグマ (2002) ENIGMA

●ケリー・ライリー as ジェーン@リバティーン
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE
スパニッシュ・アパートメント (2002) L'AUBERGE ESPAGNOLE (原題) / SPANISH APARTMENT (英題)

●ジャック・ダヴェンポート as ハリス@リバティーン
リプリー (1999) THE TALENTED MR. RIPLEY

●スタンリー・タウンゼンド as キーオン@リバティーン
ロイヤル・セブンティーン (2003) WHAT A GIRL WANTS

●フレディー・ジョーンズ as ベタートン@リバティーン
ラヴェンダーの咲く庭で (2004) LADIES IN LAVENDER
モンテ・クリスト伯 (2002) THE COUNT OF MONTE CRISTO

▲TOPへ

■映画『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』のあらすじ
※本作『 リバティーン 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 リバティーン 』のストーリー。
 映画は先ず、ジョン・ウィルモット即ちロチェスター伯爵に扮したジョニー・デップの語りから始まる。観客に向かって、"Allow me to be frank: you will not like me. (直訳:率直に言わしてもらうなら、あなた方は僕を好きにはならないでしょう。)" そうして舞台は王政復古の時代、 1678 年にさかのぼる。その頃は、チャールズ2世(1630-1685、在位1660-1685)が神経質に君臨し、拘束のない享楽主義と退廃の時代だった。

 オックスフォードシャー州という郊外に放浪していたジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)は、チャールズ2世(ジョン・マルコヴィッチ)にロンドンに呼び戻された。チャールズ2世は芸術を支持し、友人でもあるジョン・ウィルモットという人物の宮廷で披露するウィットある評言がお好みで、また聞きたくなったようである。それに、チャールズ2世の自由主義の治世を祝福する作品をウィルモットが書いてくれると期待もしているのだ。チャールズ2世の自由主義の治世になってからは、清教徒が閉鎖した劇場も再開しているから。こういうチャールズ2世とジョン・ウィルモット即ちロチェスター伯爵との関係は、エリザベス女王 Queen Elizabeth (1533-1603)とウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare (1564-1616)との関係の如くである。

 ウィルモットは、自分のスキャンダラスな行動に異議を申し立てる者は、たとえチャールズ2世でも誰でも心に留めなかった。ウィルモットは美しくて裕福なエリザベス・マレ(ロザムンド・パイク)と結婚している。だというのに、ウィルモットはロンドンに戻るや、所有地にいつも妻を置いてきぼりにしては、お酒を飲み、ロンドンを股にかけて女性遊びをしていた。仲間は、怒りっぽくて意地悪な劇作家の卵ジョージ・エセレッジ卿(トム・ホランダー)と、冗談ばかり言って暇人のチャールズ・サックヴィル(ジョニー・ヴェガス)らだ。この三人とその取り巻きで、お酒はヘベレケになるまで飲み売春婦を買うという暮らしをしていた。

 ある晩、ウィルモットとその連れが芝居を観に行って、女好きのウィルモットは相変わらず、若い女優のエリザベス・バリー(サマンサ・モートン)に‘色目’を使っている。エリザベス・バリーはそれに気づく。ウィルモットは、率直で頑固で経験の浅いその女優をロンドン一の女優に変身させることができると信じ、色々教えてやることにした。例えば、当時の朗読ふうの演技ではなくて真実の気持ちで演技するということを時代錯誤的に教えたりするのだ。そして間もなく、この女優エリザベス・バリーもウィルモットの愛人となった。愛の有無に関係なければ三人目の特定の女性である。売春婦のジェーン(ケリー・ライリー)と、妻エリザベス・マレと、この女優エリザベス・バリーだ。

 後半、ウィルモットは自分自身の不摂生に大いに悩まされるようになると、映画はグッと暗くなる。悲劇的にすらなる。三人の女性<妻と売春婦と愛人>という無茶苦茶な関係を持ちながら、お酒に溺れる生活は続く。そして時が経つにつれ、飲酒をめぐる厳しい問題が起こって、女性達全員は彼にそっぽを向く。ただし、ウィルモットがもはや欲していない女性である妻を除いて、という皮肉さ。ウィルモットは数多くの女性との関係から移った梅毒が進行し、わずか 33 歳という若さで亡くなった・・・。こういう、ジョニー・デップ様が珍しくいいとこなしの役で・・・。

▲TOPへ

■映画『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』のトリビア

【リバティーンのトリビア その1】  『 リバティーン 』は、スティーヴン・ジェフリーズによる原作戯曲を、ステッペンウルフ・シアター・カンパニー Steppenwolf Theatre Company がロンドンのロイヤル・コート劇場 Royal Court Theatre で映画よりも先に舞台劇として 1994年に公演していた。その時はジョン・マルコヴィッチが主人公ロチェスター伯爵を演じていた。

【リバティーンのトリビア その2】  『 リバティーン 』の主人公で実在したジョン・ウィルモット即ちロチェスター伯爵は、バイセクシャル<両性愛>だったが、映画ではあまり触れられていない。

【リバティーンのトリビア その3】  『 リバティーン 』のロケーションは、
イングランドでは:
28日後... (2002) 28 DAYS LATER 』の
コーンウォール州 Cornwall, England, UK

サハラに舞う羽根 (2002) THE FOUR FEATHERS 』の
オックスフォードシャー州ウッドストック Blenheim Palace, Woodstock, Oxfordshire, England, UK

いつか晴れた日に (1995) SENSE AND SENSIBILITY 』の
サマーセット州モンタキュート Montacute House, Montacute, Somerset, England, UK

サマーセット州ウェルズ Wells, Somerset, England, UK

ワーウィックシャー州チャールコート Charlecote Park, Charlecote, Warwickshire, England, UK

アバウト・ア・ボーイ (2002) ABOUT A BOY 』等の
首都ロンドン London, England, UK 、そして

ギャザリング (2002) THE GATHERING 』の
マン島 Isle of Man

ウェールズのポゥイズ州 Tretower Court, Powys, Wales, UK である。
▲TOPへ
【『 リバティーン 』のスタッフとキャスト】
監督: ローレンス・ダンモア Laurence Dunmore (Directed by)
製作: リアン・ハルフォン Lianne Halfon (producer)
    ジョン・マルコヴィッチ John Malkovich (producer)
    ラッセル・スミス Russell Smith (producer)
    ジェシカ・パーカー Jessica Parker (associate producer)
    マイリ・ベット Mairi Bett (line producer)
製作総指揮: チェイス・ベイリー Chase Bailey (executive producer)
    スティーヴ・クリスチャン Steve Christian (executive producer)
    ルイーズ・グッドシル Louise Goodsill (executive producer)
    ラルフ・カンプ Ralph Kamp (executive producer)
    コリン・リーヴェンタール Colin Leventhal (executive producer)
    マーク・サミュエルソン Marc Samuelson (executive producer)
    ピーター・サミュエルソン Peter Samuelson (executive producer)
    ドナルド・A・スター Donald A. Starr (executive producer)
    ダニエル・J・B・テイラー Daniel J.B. Taylor (executive producer)
原作戯曲: スティーヴン・ジェフリーズ Stephen Jeffreys (play)
脚本: スティーヴン・ジェフリーズ Stephen Jeffreys (screenplay)
撮影: アレクサンダー・メルマン Alexander Melman (Cinematography by)
編集: ジル・ビルコック Jill Bilcock (Film Editing by)
美術: ベン・ヴァン・オズ Ben van Os (Production Design by)
音楽: マイケル・ナイマン Michael Nyman (Original Music by)

出演: ジョニー・デップ Johnny Depp as Earl of Rochester
    サマンサ・モートン Samantha Morton as Elizabeth Barry
    ジョン・マルコヴィッチ John Malkovich as King Charles II
    ロザムンド・パイク Rosamund Pike as Elizabeth Malet
    トム・ホランダー Tom Hollander as George Etherege
    ジョニー・ヴェガス Johnny Vegas as Sir Charles Sackville
    ケリー・ライリー Kelly Reilly as Jane
    ジャック・ダヴェンポート Jack Davenport as Harris
    リチャード・コイル Richard Coyle as Alcock
    フランチェスカ・アニス Francesca Annis as Countess
    ルパート・フレンド Rupert Friend as Billy Downs
    クレア・ヒギンズ Claire Higgins as Molly Luscombe
    スタンリー・タウンゼンド Stanley Townsend as Keown
    フレディー・ジョーンズ Freddie Jones as Betterton

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 リバティーン (2004) THE LIBERTINE 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.thelibertine-movie.com/
      Wikipedia: John Wilmot, 2nd Earl of Rochester
       http://en.wikipedia.org/wiki/John_Wilmot,_2nd_Earl_of_Rochester
■映画『 リバティーン 』の更新記録
2005/12/08新規: ファイル作成
2006/04/06更新: ◆データ追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.