レジェンド・オブ・ゾロ
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
レジェンド・オブ・ゾロ (2005)
THE LEGEND OF ZORRO
 映画『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』を紹介します。

 映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』の主なスタッフ
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』の主なキャスト
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』のあらすじ
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』のトリビア
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』のスタッフとキャスト
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO 』のポスター、予告編および映画データ
レジェンド・オブ・ゾロ
レジェンド・オブ・ゾロ
ポスターはthecia.com.au/
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers: 公式サイトで観られます。
上映時間 Runtime: 2:06
製作国 Country: アメリカ USA
製作会社
Production Company:
Columbia Pictures Corporation
Tornado Productions Inc.
Amblin Entertainment
Spyglass Entertainment
全米配給会社 Distributer: Sony Pictures Entertainment
Columbia Pictures
Spyglass Entertainment
全米初公開 Release Date: 2005/10/28 予定
日本初公開 R. D. in Japan: 2006/01/21 予定
日本公開情報 : 松竹=ブエナビスタ
ジャンル Genre: アクション/アドベンチャー/コメディ/ロマンス/ドラマ/西部劇
Action / Adventure / Comedy / Romance / Drama / Western
MPAA Rating 指定: Rated PG for sequences of violence/peril and action, language and a couple of suggestive moments.
日本語公式サイト
http://www.zorro-movie.com/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』の解説

 『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』は、古くは『 快傑ゾロ (1940) THE MARK OF ZORRO 』『 快傑ゾロ (1958) THE SIGN OF ZORRO 』『 ゾロ (1981) ZORRO, THE GAY BLADE 』等、そして今回の『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) 』の前作『 マスク・オブ・ゾロ (1998) THE MASK OF ZORRO 』等、伝説的ヒーロー「ゾロ」の活劇の大エンターテインメントだ。
 『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグも名を連ね、豪華な製作陣。『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の主人公ゾロには前作と同様、はまり役アントニオ・バンデラス、妻には、二児の母親になってもなお麗しいキャサリン・ゼタ=ジョーンズである。

▲TOPへ

■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』の主なスタッフ

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の監督: マーティン・キャンベル
すべては愛のために (2003) BEYOND BORDERS

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の製作: ローリー・マクドナルド
ザ・リング2 (2005) THE RING TWO 』
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 (2004) LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS
タキシード (2002) THE TUXEDO
タイムマシン (2002) THE TIME MACHINE
グラディエーター (2000) GLADIATOR

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の製作: ウォルター・F・パークス
ロード・トゥ・パーディション (2002) ROAD TO PERDITION
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
レナードの朝 (1990) AWAKENINGS

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の製作: ロイド・フィリップス
レーシング・ストライプス (2005) RACING STRIPES

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の製作総指揮: ゲイリー・バーバー
SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA
『 銀河ヒッチハイク・ガイド (2005) THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY
キャプテン・ウルフ (2005) THE PACIFIER
コニー&カーラ (2004) CONNIE AND CARLA
シービスケット (2003) SEABISCUIT
ブルース・オールマイティ (2003) BRUCE ALMIGHTY
シャンハイ・ナイト (2003) SHANGHAI KNIGHTS
リクルート (2003) THE RECRUIT
ケイティ (2002) ABANDON
サラマンダー (2002) REIGN OF FIRE
コーリング (2002) DRAGONFLY
モンテ・クリスト伯 (2002) THE COUNT OF MONTE CRISTO
アンブレイカブル (2000) UNBREAKABLE
シャンハイ・ヌーン (2000) SHANGHAI NOON

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の製作総指揮: ロジャー・バーンバウム
G.I.ジェーン (1997) G.I. JANE
レインマン (1988) RAIN MAN

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ
SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS
ターミナル (2004) THE TERMINAL
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002) CATCH ME IF YOU CAN
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
シュレック (2001) SHREK
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク (1997) THE LOST WORLD: JURASSIC PARK 』の製作や監督

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の脚本: アレックス・カーツマンとロベルト・オーチー
アイランド (2005) THE ISLAND 』

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の撮影: フィル・メヒュー
80デイズ (2004) AROUND THE WORLD IN 80 DAYS
ザ・コア (2003) THE CORE
悪いことしましョ! (2000) BEDAZZLED

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の編集: スチュアート・ベアード
M:I−2 (2000) MISSION: IMPOSSIBLE 2 / M:I-2
追跡者 (1998) U.S. MARSHALS

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の衣装: グラシエラ・マゾン
夜の女王 (1994) LA REINA DE LA NOCHE

○『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の音楽: ジェームズ・ホーナー
フライトプラン (2005) FLIGHTPLAN
フォーガットン (2004) THE FORGOTTEN
トロイ (2004) TROY
砂と霧の家 (2003) HOUSE OF SAND AND FOG
ミッシング (2003) THE MISSING
すべては愛のために (2003) BEYOND BORDERS
僕はラジオ (2003) RADIO
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY
サハラに舞う羽根 (2002) THE FOUR FEATHERS
ウインドトーカーズ (2002) WINDTALKERS
アイリス (2001) IRIS
ビューティフル・マインド (2001) A BEAUTIFUL MIND
スターリングラード (2000) ENEMY AT THE GATES
タイタニック (1997) TITANIC
アポロ13 (1995) APOLLO 13

▲TOPへ

■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』の主なキャスト

●アントニオ・バンデラス as ドン・アレハンドロ / ゾロ@レジェンド・オブ・ゾロ
シュレック2 (2004) SHREK 2
ジャスティス 闇の迷宮 (2003) IMAGINING ARGENTINA
レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード (2003) ONCE UPON A TIME IN MEXICO
バリスティック (2002) BALLISTIC: ECKS VS. SEVER
フリーダ (2002) FRIDA

●キャサリン・ゼタ=ジョーンズ as エレーナ@レジェンド・オブ・ゾロ
オーシャンズ12 (2004) OCEAN'S TWELVE
ターミナル (2004) THE TERMINAL
ディボース・ショウ (2003) INTOLERABLE CRUELTY
シンドバッド 7つの海の伝説 (2003) SINBAD: LEGEND OF THE SEVEN SEAS
シカゴ (2002) CHICAGO
アメリカン・スウィートハート (2001) AMERICA'S SWEETHEARTS
ハイ・フィデリティ (2000) HIGH FIDELITY

●ルーファス・シーウェル as アルマンド@レジェンド・オブ・ゾロ
娼婦ベロニカ (1998) DANGEROUS BEAUTY / A DESTINY OF HER OWN

●ペドロ・アルメンダリス・Jr. as 知事ドン・ペドロ@レジェンド・オブ・ゾロ
アマロ神父の罪 (2002) EL CRIMEN DEL PADRE AMARO / THE CRIME OF FATHER AMARO / LE CRIME DU PERE AMARO

●ニック・チンランド as マクギヴンズ@レジェンド・オブ・ゾロ
ウルトラヴァイオレット (2005) ULTRAVIOLET
リディック (2004) THE CHRONICLES OF RIDDICK
ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003) TEARS OF THE SUN
ビロウ (2002) BELOW

●マイケル・エマーソン as ハリガン@レジェンド・オブ・ゾロ
ソウ (2004) SAW
運命の女 (2002) UNFAITHFUL

●シュラー・ヘンズリー as パイク@レジェンド・オブ・ゾロ
ヴァン・ヘルシング (2004) VAN HELSING

● Rowley Irlam as 嘲笑する男@レジェンド・オブ・ゾロ
ジョニー・イングリッシュ (2003) JOHNNY ENGLISH
007/ダイ・アナザー・デイ (2002) DIE ANOTHER DAY
28日後... (2002) 28 DAYS LATER
抱擁 (2002) POSSESSION
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (2001) THE MUMMY RETURNS
スリーピー・ホロウ (1999) SLEEPY HOLLOW
エリザベス (1998) ELIZABETH 』等でスタントが多い

●デヴィッド・ミッチー as カウボーイ (voice)@レジェンド・オブ・ゾロ
チームアメリカ★ワールドポリス (2004) TEAM AMERICA: WORLD POLICE 』(voice)

▲TOPへ

■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』のあらすじ
※本作『 レジェンド・オブ・ゾロ 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 レジェンド・オブ・ゾロ 』のストーリー。
 先ず、ゾロとはどういう人物か。カリフォルニア California がスペイン領だった頃、人民は暴君である総督の圧制に苦しんでいた。それを救うのが、黒いマントに黒いハット、黒いマスクで颯爽と剣を操る謎の剣士ゾロ。ゾロは Zorro のイニシャルのZの文字を剣で書き残していく。権威にとってはどうしても捕らえたい敵であり、メキシコ人民衆にとっては救い主であった。

 では、『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の前作『 マスク・オブ・ゾロ (1998) THE MASK OF ZORRO 』のおさらいから。 1821 年、現在のカリフォルニア州一帯に当たる「上部カリフォルニア Alta California 」のスペイン総督ドン・ラファエル・モンテロ(スチュアート・ウィルソン)は、地元の民衆を軍事的に抑圧して、アメリカ西海岸を去ろうとしていた。でも、その前に、最後の公開処刑を執行しようとする。それを妨げて、モンテロ総督の軍と戦い、処刑されそうになっていた人達を救ったのが、謎の剣士ゾロ(アンソニー・ホプキンス)だった。

 ゾロの正体は誰も知らないが、本当はドン・ディエゴ・デ・ラ・ヴェガといった。モンテロ総督はドン・ディエゴつまりゾロの宮殿のような屋敷まであとをつけ、戦い、ディエゴの妻エスペランサ(フリエタ・ロセン)を殺害する。そしてゾロの幼い娘エレーナを奪って自分の娘としてしまう。モンテロ総督は、ドン・ディエゴつまりゾロを投獄してスペインに帰国していった。

 それから二十年が経った。獄中の老いたドン・ディエゴは、元総督モンテロがカリフォルニアに戻ってきて再度権力をものにしようとしていると知る。そこで、ドン・ディエゴは脱獄した。憎きモンテロを殺そうと企てているとき、美しく成長した娘のエレーナ(成人役:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)が、モンテロを実の父親だと信じていることを知って愕然とする。

 自分に代わってモンテロに復讐する人物が必要となり、ドン・ディエゴは地元の若いならず者アレハンドロ・ムリエタ(アントニオ・バンデラス)を引き抜いた。アレハンドロ自身も、兄ホアキン(ヴィクター・リヴァーズ)をモンテロ配下のアメリカ軍のハリソン・ラブ大尉(マット・レッシャー)に殺されたばかりだった。ドン・ディエゴは、二十数年前、このホアキンとアレハンドロ兄弟に小ぜりあいの際に救ってもらった過去がある。そこで、ゾロであるドン・ディエゴはアレハンドロをゾロ後継者にしようと決め、訓練していく。

 アレハンドロはゾロ二代目として剣術も上達していったが、エレーナの魅力にはたまらない。でも所詮、ゾロは黒いマスク姿の謎の人物でいなければならないのだ。そうしている間に、モンテロがカリフォルニア全土を自分のものにする計画を立てていると知り、新ゾロと元ゾロの二人は団結して阻止する。そして、カリフォルニアが連邦国家アメリカの31番目の州になるよう、大暴れして活躍するのだ。同時に、妻を殺され娘を奪われた元ゾロと兄を殺された新ゾロは、モンテロに対して自分たちの復讐を遂げていく。

 元ゾロの娘は、エレーナ・モンテロという立場から救出されて、新ゾロのアレハンドロと恋に落ちて晴れて結婚。そして今回の『 レジェンド・オブ・ゾロ 』と続く。今回の舞台は 1850 年のアメリカ。前作『 マスク・オブ・ゾロ (1998) THE MASK OF ZORRO 』からは製作は六年後だが、劇では十年たっていることになっている。

 今、ドン・アレハンドロ(アントニオ・バンデラス)は家族と共にカリフォルニアのサンフランシスコ San Francisco で静かで平和な暮らしをしている。妻エレーナ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)には、ゾロという秘密の姿は断念してもう危険な目に遭わないようにと約束させられている。だから、亡き兄と同じ名をつけた十歳の息子ホアキン(エイドリアン・アロンソ)にも父親のゾロとしての存在は知らせていない。しかしゾロは、ドン・アレハンドロ・デ・ラ・ヴェガとして、普通人の大人しい暮らしを続けられない。

 今度は、アルマンド(ルーファス・シーウェル)という男がゾロの宿敵となる。カリフォルニアがアメリカの一部になるのを阻止しようと陰謀を企んでいる勢力が現れて、ゾロはそれを見逃すことは出来ない。だから妻子と暫く離れ離れになって、再び向こう見ずな試みをして活躍することに。息子はゾロとしての父親の姿は知らないから、お仕事で家を不在にしていると思っている。妻のエレーナはスタイル抜群で美女であるばかりでなく、今度の『 レジェンド・オブ・ゾロ 』では刀を抜いて活発に愉快にチャンバラを随分するのが見ものだ。

▲TOPへ

■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』のトリビア

【レジェンド・オブ・ゾロのトリビア その1】  『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』の「ゾロ Zorro 」という語は、スペイン語で「 狐 = fox 」の意味。

【レジェンド・オブ・ゾロのトリビア その2】  『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』等の映画「ゾロ」シリーズの英雄ゾロは、ジョンストン・マッカレー Johnston McCulley という米国作家が 1919 年に創作したコミック"Zorro"のキャラクターから。

【レジェンド・オブ・ゾロのトリビア その3】  『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) 』原題の「 THE LEGEND OF ZORRO 」は決定するまで幾つものタイトル候補があった。
"The Mask Of Zorro 2"
"Zorro Unmasked"
"Zorro 2"
"The Return Of Zorro"等である。

【レジェンド・オブ・ゾロのトリビア その4】  『 マスク・オブ・ゾロ (1998) THE MASK OF ZORRO 』に登場していたアンソニー・ホプキンス Anthony Hopkins (
9デイズ (2002) BAD COMPANY
レッド・ドラゴン (2002) RED DRAGON
ハンニバル (2001) HANNIBAL 』等)は『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』には出演しないが、ウェブサイトによってはキャストに誤記しているところもある。

【レジェンド・オブ・ゾロのトリビア その5】  前作で大ヒットの『 マスク・オブ・ゾロ (1998) THE MASK OF ZORRO 』に引き続いて第2弾は 2001 年の 2 月に封切される計画だったが上手くいかず、次は 2002 年に予定されたがこれも無理だった。アントニオ・バンデラスは続編でも出演続投の意向を 2000 年の 5 月に声明していたが、スタジオ側のこういうトラブル続きで一時は降板した。しかし、製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグが説得した甲斐あって、アントニオ・バンデラスは 2003 年に降板を撤回して出演OKを表明。こういう‘難産’の末、第2弾『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』は6、7年後にようやく生まれたのだ。。
▲TOPへ
【『 レジェンド・オブ・ゾロ 』のスタッフとキャスト】
監督: マーティン・キャンベル Martin Campbell (Directed by)
製作: ローリー・マクドナルド Laurie MacDonald (producer)
    ウォルター・F・パークス Walter F. Parkes (producer)
    ロイド・フィリップス Lloyd Phillips (producer)
    ジョン・ガーツ John Gertz (co-producer)
    Amy Lescoe (co-producer)
製作総指揮: ゲイリー・バーバー Gary Barber (executive producer)
    ロジャー・バーンバウム Roger Birnbaum (executive producer)
    スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg (executive producer)
脚本: アレックス・カーツマン Alex Kurtzman (screenplay)
    ロベルト・オーチー Roberto Orci (screenplay)
撮影: フィル・メヒュー Phil Meheux (Cinematography by)
編集: スチュアート・ベアード Stuart Baird (Film Editing by)
衣装: グラシエラ・マゾン Graciela Mazon (Costume Design by)
音楽: ジェームズ・ホーナー James Horner (Original Music by)

出演: アントニオ・バンデラス Antonio Banderas as Don Alejandro de la Vega/Zorro
    キャサリン・ゼタ=ジョーンズ Catherine Zeta-Jones as Elena de La Vega
    ジョヴァンナ・ザカリアス Giovanna Zacarias as Blanca Cortez
    ラウル・メンデス Raul Mendez as Ferroq
    ルーファス・シーウェル Rufus Sewell as Armand
    ペドロ・アルメンダリス・Jr Pedro Armendariz Jr. as Governor Don Pedro
    エイドリアン・アロンソ Adrian Alonso as Joaquin de La Vega
    ニック・チンランド Nick Chinlund as McGivens
    ミッシェル・ボス Michel Bos as Archduke Wilhelm
    マール・カレラ Mar Carrera as Marie
    マイケル・エマーソン Michael Emerson as Harrigan
    シュラー・ヘンズリー Shuler Hensley as Pike
    Rowley Irlam as Sneering Man
    グスターボ・サンチェス・パラ Gustavo Sanchez-Parra as Cortez
    デヴィッド・ミッチー David Michie as Burning Cowboy (voice)

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 レジェンド・オブ・ゾロ (2005) THE LEGEND OF ZORRO 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://www.sonypictures.com/movies/thelegendofzorro/
■映画『 レジェンド・オブ・ゾロ 』の更新記録
2005/08/19新規: ファイル作成
2005/10/13更新: ◆追記
2006/01/05更新: ◆データ追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.