千年湖
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画レヴュー
千年湖 (2003)
THE LEGEND OF THE EVIL LAKE
 映画『 千年湖 (2003) THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』をレヴュー紹介します。

 映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』のトリビア
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の主なスタッフ
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の主なキャスト
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』のあらすじ
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』のスタッフとキャスト
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 千年湖 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 千年湖 (2003) THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の結末
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の広報
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の歴史を探る「千年湖と新羅の歴史」
■映画『 千年湖 THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の鑑賞評価: 8つ星 
■映画『 千年湖 (2003) THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』のポスター、予告編および映画データ
千年湖
千年湖
ポスターはwww.moviemaster.de/
より用させて頂きました。

Links:  Official Web Site
Trailers:
上映時間 Runtime: 1:32
製作国 Country: 韓国 South Korea
製作会社
Production Company:
Hanmaek Movies
韓国配給会社 Distributer: Cinema Service (2003) (South Korea)
韓国初公開 Release Date: 2003/11/28
日本初公開 R. D. in Japan: 2005/08/06 予定
日本公開情報 : 彩プロ
ジャンル Genre: アクション/アドベンチャー/ドラマ/ファンタジー/ロマンス
Action / Adventure / Drama / Fantasy / Romance
MPAA Rating 指定: Germany:16
日本語公式サイト
http://www.seochon.net/sennenco/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 千年湖 (2003) THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の解説

 『 千年湖 』は韓国の映画で、アクション・アドベンチャー・ドラマ・ファンタジー・ロマンスに歴史・武術・三角関係・ホラーまで味わえる娯楽大作である。究極的には『 千年湖 』はラブ・ストーリーだ。主役はハンサムだし、展開もとっても面白かった。
 『 千年湖 』の韓国語の原題は「 Cheonnyeon Ho 」という。『 千年湖 』英語タイトルは「邪悪な湖の伝説」という意味の「 The Legend of Evil Lake 」と「 The Legend of the Evil Lake 」の二種類見つかり、『 千年湖 』の意味の「 Thousand Years Lake 」「 The Thousand Years Old Lake 」も注釈として紹介されている。『 千年湖 』は、
グリーン・デスティニー (2000) 臥虎藏龍 (原題) / CROUCHING TIGER, HIDDEN DRAGON 』や
MUSA−武士− (2001) MUSA 』や
HERO (2002) HERO (英題) / 英雄 (原題) 』等をミックスしたような、幻想的シーンや武術や魔物のホラーシーンが十分堪能できる。なるほど『 千年湖 』は韓国映画だけど、撮影のリュイ・ユエもアクション監督のユエン・タクも中国人だから、東洋の諸々の要素が混ざって面白いのだ。

▲TOPへ

■映画『 千年湖 (2003) THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』のトリビア

 この映画が『 千年湖 』という由来は、新羅(しらぎ・シルラ Silla )が紀元前 57 年に興り、西暦 935 年に高麗によって滅ぼされたという、約千年にわたって続いた国だったことから。新羅の栄えたこの千年間の初めに悪霊が滅ぼされ、湖に眠っていた悪霊が千年後に目覚める話なのである。

▲TOPへ

■映画『 千年湖 (2003) THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の主なスタッフ

○『 千年湖 』のアクション監督: ユエン・タク
ザ・ワン (2001) THE ONE

○『 千年湖 』の製作総指揮: トーマス・レオン
シルミド/SILMIDO (2003) SILMIDO / 実尾島
 
○『 千年湖 』の音楽: イ・ドンジュン
シュリ (1999) SHURI/SWIRI/SHIRI

▲TOPへ

■映画『 千年湖 (2003) THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』の主なキャスト

●チョン・ジュノ as ビハラン将軍@千年湖
マイ・ボス マイ・ヒーロー (2001) 頭師父一体 / MY BOSS, MY HERO 』等に出演
 チョン・ジュノは
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY
トゥー・ウィークス・ノーティス (2002) TWO WEEKS NOTICE
アバウト・ア・ボーイ (2002) ABOUT A BOY
ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY
ノッティングヒルの恋人 (1999) NOTTING HILL 』等で御馴染みの英国スターに因んで、‘韓国のヒュー・グラント Hugh Grant ’と呼ばれている。

●キム・ヒョジン as ジャウンビ(紫雲飛)@千年湖
『 誰にでも秘密がある (2004) EVERYBODY HAS SECRETS 』

●キム・ヘリ as ジンソン女王(真聖女王)@千年湖
『 北京ヴァイオリン (2002) TOGETHER 』

●イ・ハンカ as タリ@千年湖
風のファイター (2004) FIGHTER IN THE WIND

●カン・シニル@千年湖
シルミド/SILMIDO (2003) SILMIDO / 実尾島

▲TOPへ

■映画『 千年湖 (2003) THE LEGEND OF THE EVIL LAKE 』のあらすじ

 『 千年湖 』の冒頭、月は血みどろ。紀元前 57 年、闇と魔術が世を牛耳る時代は終わりを告げた。新羅 Shilla kingdom の最初の王 Emperor Hyokkose が、その闇と魔法界の主アウタを滅ぼしたのだ。アウタは‘偉大なる木 the Great Tree ’を崇拝する邪教であり、悪魔の魔術を駆使する。新羅王はアウタを湖に陥れ、その悪霊のパワーを凍った湖に封じ込めるために、地面に生えている‘偉大なる木’に魔法の剣を突き刺した。剣が突き刺さっている限り、悪霊は閉じ込められるのだ。

 それから約千年後、新羅は9世紀を迎え、西暦 896 年。新羅では大変な騒動が起こっている。反乱が各地で起こり、新羅の真聖女王(キム・ヘリ)の王座は危ない。真聖女王はジンソンと発音。未亡人である女王が頼れるのはただ一人、ビハラン将軍(チョン・ジュノ)という勇敢な戦士のみだ。女王とビハラン将軍は以前、恋人同士だった。女王は王座を護るために別の男と結婚しなければならなかったという過去がある。女王は依然としてビハラン将軍を深く愛しているが、ビハラン将軍には愛する女性、紫雲飛(キム・ヒョジン)がいるので愛を受け入れられない。

 紫雲飛はジャウンビと発音。紫雲飛は百姓の美しい娘である。ビハラン将軍は反乱を鎮めるのに成功して紫雲飛のもとに戻ってきた。ビハラン将軍が望むのは、愛する人と結婚して僻地で平和な暮らしをすることだけだった。女王は嫉妬する。女王の求愛に応えないビハラン将軍を王宮ではよく思わない。王宮では、ビハラン将軍と女王との関係に悪意を抱く他派の者が秘かに策略を企てる。ビハラン将軍を遠方に特殊任務で行かせて、留守中に、将軍の恋人紫雲飛を刺客に襲わせるのだ。

 紫雲飛は暗殺されそうになって逃げ惑い、‘偉大なる木’に突き刺さっていた剣につまずく。この剣こそ、約千年前に湖に悪霊を封じ込めて新羅の国を護ってきた刀剣である。でもそんなことを知らない紫雲飛は身を護ろうとしてその剣を引き抜いてしまった。その瞬間に悪霊は解き放たれて、全てのものが終焉を迎えてしまう。紫雲飛は殺されて湖に沈み、悪霊は彼女の魂を掌握することになった。ビハラン将軍は恋人の死を知って嘆き悲しみ、暗殺を命じたのは誰なのか追究する。そうしている間に、死んだ筈の恋人の紫雲飛に何度も顔を合わせるという事態になった。

 大昔の邪教の魔術師アウタは、湖に封印されて新羅に対して千年間も怨恨を抱いてきた。だから、紫雲飛にアウタの悪霊が取り付き、紫雲飛は悪魔に憑かれたようで気がふれている。ビハラン将軍は恋人を悪霊から放って救出しようと闘うが、勝ち目はない。将軍は恋人の紫雲飛を救おうとし、同時に女王と女王の王国をも護ろうとする。こうして超自然現象やマーシャルアーツが満載の中世の戦いの如くになる。そしてライバル達のたくらみを晴らし、悪霊とも壮絶な戦いをするのだ。

 なお、このあらすじは映画『 千年湖 』を観る前に書いたものです。鑑賞後に書いたレヴューは下記<もっと詳しく>にあります。
▲TOPへ
【『 千年湖 』のスタッフとキャスト】
監督: イ・グァンフン Lee Kwang-hoon (Directed by)
アクション監督: ユエン・タク Yuen Tak (martial arts director)
製作: キム・ヒョンジュン Kim Hyeong-jun (producer)
製作総指揮: トーマス・レオン Thomas Leong (executive producer)
原作: カク・イルロ Kwak Il-ro (Writer 'A Thousand Year-Old Fox')
脚本: ホン・ジュリ Hong Ju-ri (Writing credits)
    イ・スンム (Writing credits)
撮影: リュイ・ユエ Lu Yue (Cinematography by)
    キム・ユンス Kim Yun-su (Cinematography by)
美術: Lim Ib-Deok (Art Direction by)
    Son Wi-deok (Art Direction by)
音楽: イ・ドンジュン Lee Dong-Jun (Original Music by)

出演: チョン・ジュノ Jeong Jun-Ho as General Biharang ビハラン将軍
    キム・ヒョジン Kim Hyo-jin as Ja woon-bi ジャウンビ
    キム・ヘリ Kim Hye-ri as Queen Ji-seong (Chinsong) ジンソン女王
    イ・ハンカ Lee Han-ka as Talwi タリ
    ホ・サン Ho San as General Bang Oh-Rang パン・オーラン将軍
    チャン・ヒョソン Jang Hyo-Seon as Park Hyokkose パク・ヒョクコセ
    カン・シニル Kang Sin-il
    チェ・ウォンスク Choi Won-seok
    キム・ミョンウォン Kim Myeong-won
    パク・ドンミン Park Dong-bin
    チョン・ジュファン Jeong Joo-Hwan
    カン・ヒョンジュン Kang Hyun-Joong
    チャン・ヒョソン Jang Hyo-Seon
    クォン・ヨンミン Kwon Young-Min

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
 私は日本公開前に『 千年湖 』を観る機会に恵まれたのでレヴューします。

■映画『 千年湖 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー

【千年湖 第01段落】  紀元前 57 年、この世は混沌とし、血みどろの赤い月が不気味に照る。地では、邪教を繰る部族のシャーマン、アウタが老樹の神木を崇め奉り、赤い月の下で呪文を唱えている。民衆たちはアウタに従ってひれ伏し、額に怪しいマークのある女性が踊る。すると突然、その女性に矢が命中して、額のマークは消えて女性はアウタの腕の中で絶命した。怒りを露にしたアウタが見上げると、高台には大軍が押し寄せている。

【千年湖 第02段落】  統率された大軍の馬上の兵士達から火の矢が雨のように射られる。そして大軍はアウタの部族を全滅させた。アウタは、なぜ私の民を殺したのか、我々はあの老樹と同じ年月を過ごしてきたのに、と抗議するが、容赦なく葬り去られた。これで、闇と魔術が世を牛耳る時代は終わりを告げた。この闇と魔術の世界を破った大軍こそ、朝鮮を最初に統一した新羅(しらぎ・しら・しんら・シルラ)であった。

【千年湖 第03段落】  新羅の大軍のリーダーが、新羅の初代王となるパク・ヒョクコセ(朴赫居世=赫居世居西干 [朴氏])(チャン・ヒョソン)である。ヒョクコセは神剣を地面に刺した。すると地面は凍りつき、神木は倒れ、アウタの血が流れ出て湖が凍りつく。この神剣が刺さっている限り悪霊は閉じ込められて、新羅の世は安泰だ、とヒョクコセは告げる。

【千年湖 第04段落】  それから約千年後、新羅は9世紀を迎え、西暦 896 年。新羅のジンソン女王(キム・ヘリ)の治世である。ジンソン女王は漢字では真聖女王と書き、実在した歴史上の人物だ。キム・ヘリはさすが元ミス韓国、とっても美しい。当時の服装を時代考証に忠実に従った衣装は艶やかで、ヘアスタイルも高貴な女性はこうだったのかと見とれるボリュームたっぷりの巻き髪のロングヘアだ。

【千年湖 第05段落】  このジンソン女王は独りではこの国を守れない。パン・オーラン将軍(ホ・サン)という実力者もいるが、女王にはもっと忠義な信頼できる人物が唯一いた。それはビハラン将軍(チョン・ジュノ)という勇敢で有能な戦士だ。新羅は今は各地で反乱や謀反が突発していて、それを鎮圧するための大軍を率いるビハラン将軍の功績は抜きん出ている。今も反乱軍と馬上の戦いをして、首や手や脚を切り落とすという凄まじい合戦をしている。ビハラン将軍はこの謀反を抑える戦いにも圧勝して、女王のもとに凱旋した。

【千年湖 第06段落】  そんなビハラン将軍を女王は微笑んで嬉しそうに迎える。実は、ジンソン女王とビハラン将軍は9年前は恋人同士だった。しかし、女王は王位を守るために別の男ウィホンと結婚しなければならなかった。ウィホンはもう死去していて、女王はいまだにビハラン将軍を愛している。宮中では位を争うものが多く、ビハラン将軍が女王に好まれているのを妬んでいるものも多い。でもビハラン将軍はジンソン女王にどんなに望まれても動じない。なぜなら、愛する女性がいるからだ。女王は嫉妬して、身分の卑しい女のことは忘れなさい、とビハラン将軍に言っても、彼はその女性のもとへ急いで帰るのだった。

【千年湖 第07段落】  彼が馬に乗って何時間もかけて戻った先は、田舎の山間で農業をしている若い女性ジャウンビ(キム・ヒョジン)。ジャウンビは漢字では紫雲飛という綺麗な字だ。ジャウンビは道士の父親と一緒に質素で貧しい暮らしをしている。ジャウンビは、戦場から傷ついて戻った愛するビハラン将軍を薬草で治療してあげる。食事も仲睦まじく一緒に。食べているのはチジミかな? 清らかな泉でジャウンビは水浴した後、ビハラン将軍とジャウンビはベッドシーン…。

【千年湖 第08段落】  後で明かされるが、将軍という地位のビハランと‘百姓女’ジャウンビが愛し合うようになった過程はこうだ。ある日、森の中でビハラン将軍が剣術の鍛錬を独りでしていると、ヘビに噛まれた。それを救ってあげたのがジャウンビだったのだ。それも、ヘビに噛まれた首の傷口から血を吸って自らを危険な目に晒しての上だった。ビハランは心から彼女に感謝して二人は本気で愛し合うようになった。しかし彼女は何ひとつ求めなかった。結婚は望みながらもビハランの将軍の将来を案じて決して口にしないという、節度ある可愛い女性だ。

【千年湖 第09段落】  宮廷では、ジンソン女王には恋されながらも‘百姓女’と事実上‘結婚’しているビハラン将軍を,、保守派は疎ましい存在として捉え、パン将軍らは陰謀を練る。そして反乱がまたムジンサで起きたので、ビハラン将軍を遠方のムジンサまで戦(いくさ)に出征させるように段取りした。その間にある悪事をしでかそうという魂胆で。

【千年湖 第10段落】  ビハラン将軍は田舎のジャウンビの家で戦の身支度をし、愛するジャウンビにしばしの別れを告げて出発した。ジャウンビは、「あなたの身をお守りします」と、自分の長髪の一部を切り取って彼に渡した。こういう相思相愛のカップルを、ビハラン将軍の忠義の部下タリ(イ・ハンカ)が見守る。タリはビハラン将軍の右腕とも言える唯一の信頼できる部下なのである。

【千年湖 第11段落】  こうしてビハラン将軍が遠征している最中を狙って、パン将軍ら陰謀側から、ビハラン将軍の内妻ジャウンビへ刺客が二人送られた。刺客たちは宮廷の護衛部隊に属している男達だ。二人はビハラン将軍が重傷だと偽ってジャウンビをおびき出し、森の中で殺そうとする。ジャウンビは逃げ惑い、捕まってしまうが、刺客は殺す前に女性を犯そうとした。その時、枯葉に埋まって古代の刀剣が刺さっているのを見つけ、ジャウンビはそれを引き抜いて必死の抵抗をする。

【千年湖 第12段落】  刀剣が抜かれた瞬間から、湖も森も空気も様子が奇怪になった。千年前、新羅の初代王パク・ヒョクコセに封印されたシャーマンのアウタの悪霊が、神剣が抜かれたことによって解き放たれてしまったのだ。さてジャウンビは刺客にその神剣も奪われて、逃げ惑ううちに湖の上の断崖に追い詰められた。いやらしい殺し屋の男達二人は間近に迫っている。逃げ場を失ったジャウンビは遂に湖に身を投げた。水中に沈んでいくジャウンビ。アッ、目がカッと見開いたぞ!

【千年湖 第13段落】  戦場で激戦をしていたビハラン将軍は勝利を遂げるや否や、空の怪しい気配から‘妻’の身に何か凶事が起きたのではないかと嫌な予感がした。それですぐ馬を走らせてジャウンビの家まで飛んで帰った。その頃、ジャウンビの父は森で顔に傷を負った馬上の二人の男とすれ違っていた。そしてあの古い神剣を差しているのを見ると、ヌッと舞い上がって男の腰から神剣を抜き取った。この父親は道士というだけあって、フツーの人間ではなさそう。特別な力を持っている、

【千年湖 第14段落】  ビハラン将軍とジャウンビの父は森の中をジャウンビを探し求める。ビハラン将軍は彼女の靴の片方が落ちているのと、プレゼントした勾玉のペンダントが落ちているのを見つけた。これで、彼女は死んだ、殺されたのだと知って落胆この上ない。湖に入ってまで狂ったようにジャウンビを探す。部下のタリはその悲痛な光景に心を痛め、将軍を慰める。

【千年湖 第15段落】  一方、ジャウンビの父はあの神剣を祭って、呪文を唱えている。そしてビハラン将軍にこう教える。千年前のヒョクコセの封印が破られたこと。新羅以前に部族を率いるシャーマンだった殺された族長アウタの怨念がこの世を彷徨っていること。ヒョクコセの子孫はヒョクコセの命を受けて封印を守って千年間引き継いできたこと。そして驚くべき事実は、ジャウンビの父はその末裔であること。それで、娘のジャウンビにも継がせる筈だったのだ。

【千年湖 第16段落】  ジャウンビは護衛部隊の男達に殺されたと父親から知らされたビハラン将軍は、仇討ちをしに宮廷へ向かう。すると、途中で忍者のような三人組に襲われた。それでも屈しないで宮廷に行き、護衛部隊に怒りを持って詰問する。お前達が勝手にしたのか、それとも女王が命じたのかと問いただすが、相手にされない。そして剣を差したまま女王に訊きに行く。すると、剣を持って女王陛下に近づくとは何事かと、ビハラン将軍は宮廷の保守派の男達に責められた。

【千年湖 第17段落】  そうしていると、宮廷の中で、ジャウンビの刺客の一人で彼女をレイプしようとした護衛部隊の男が虐殺された。犯人は死んだ筈のジャウンビである。でもあの優しく可憐なジャウンビとは人相がまるで変わって、般若のような恐ろしい顔つきである。額にはマークがある。着物も血にまみれ、目は白くて異様な形相。これは、湖に封印されていた悪霊がジャウンビの中に入り込んだためだった。宮中は大騒ぎになって魔物ジャウンビを追う。けれどそのパワーは人間には太刀打ちできない凄さなので、護衛部隊の男達はどんどん殺されていく。ジャウンビの復讐に燃える心とアウタの悪霊の新羅への復讐心が合体して、どうしようもない力で皆殺しにしていく。

【千年湖 第18段落】  この後、ビハラン将軍がこれまでと打って変わった燃える思いを露(あらわ)にして、ジンソン女王に近づいた。恋人が死んだからもう心移りしたの? すると、それは魔物ジャウンビの化身であった。悪霊はどんなことでもなすすべがあるのだ。新羅への復讐心を女王にもぶつけ、お前たちは変わっていない、人のかけがえのないものを奪う、と魔物ジャウンビは訴える。そして女王が魔物ジャウンビに殺されそうになると、ジャウンビの父親が現れて、悪霊に娘の体から出て行くように唱える。でも悪霊は強いからビクともしない。

【千年湖 第19段落】  本物のビハラン将軍も現れて、そのジャウンビはもはや別人だと認める。ジャウンビの父親は、ヒョクコセ王よ、この神剣で魔物を退治せよ、と唱え、タリがその神剣で魔物ジャウンビを刺す。それでも悪霊ジャウンビは逃げるが、タリと父親は追いかけて斬りつける。魔物を倒すのは今しかない。けれど、ビハラン将軍には、弱ったジャウンビの眼差しは本来のジャウンビのものだった。だから彼女を自分が救うのだと宣言する。逃げたジャウンビは湖の中に逃げ込もうとするが入れない。意識を失って、湖の縁に倒れこんだ。

【千年湖 第20段落】  ビハラン将軍は重い傷を負った彼女を抱えて家に寝かせる。刀傷は多数で深く、その介抱をしながら昔のことを思い起こすのだ。ジャウンビはヘビに噛まれて生死を彷徨った彼の命の恩人なのだから。だからこそ、どうしても彼女を救いたい。暫くしてジャウンビは意識を取り戻した。本来の人間のジャウンビである。かと思うと、魔物ジャウンビになったりもする。道士である父親は神剣を地面に立てて祈祷に専念。

【千年湖 第21段落】  その頃、宮廷では、保守派によるビハラン将軍の直臣タリへの拷問が行われていた。ビハラン将軍の居所を教えろと迫っているのだ。どんな惨い拷問にもタリは耐えている。すると、あの女が魔物でビハランを初めから狙っていたとすれば、ビハランを助けられるのはお前しかいない、というようなことをそそのかされ、とうとうタリは屈してしまったのか。山道をタリに先導されて護衛部隊の連中の馬が走り抜けている。ビハラン将軍の唯一の忠義の部下タリも寝返ったか。

【千年湖 第22段落】  タリはさんざん拷問を受けた後なので、途上で力尽きて落馬した。そして、ビハラン将軍たちは湖にいるから早く追うようにとパン将軍に言って、こと切れた。しかし、これはお芝居だった。タリは、裏切ったように見せかけて彼らと行動を共にしたけれど、本当は、ビハラン将軍のことを心配しているジンソン女王に頼まれてしたことだった。森の中で女王は女官一人にお供されてタリと合流し、タリに案内されてジャウンビの家まで急ぐ。

【千年湖 第23段落】  ジャウンビの家では本来のジャウンビと悪霊・魔物との壮絶な戦いが行われている。正常かどうかは、額のマークの有無で分かるのだ。魔物になっている時はマークが出ていて、本来の人間の時はマークは消える。ビハラン将軍は始終、彼女の傍らに付き添って勇気付け、ジャウンビの父親は悪魔払いの儀式の準備に余念がない。今夜は月が出る。恨みの篭った血のような真っ赤な月だ。その月に闇がかかる時間、魔物は完全な力を得るという。神剣でもその力は妨げられないのだ。ジャウンビが本来の彼女に戻れるのは、今夜の月を避けられた場合のみ。避けられなければ、姿はジャウンビでも中身はアウタに変身してしまうのだ。

【千年湖 第24段落】  ジャウンビの父親の呪(まじな)いのような悪魔払いのような儀式は、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の怪談「耳なし芳一」みたいだった。『 千年湖 』では、部屋の壁一面や幕にサンスクリット語(梵語)だろうか、呪文を書きまくって、ジャウンビが外に出て月を見ないようにするのだ。実際、ジャウンビは魔物として目覚めて出て行こうとしても、突っぱねられる。今夜の赤い月さえ避けられれば魔物に打ち勝つのだからと、ビハラン将軍も父親も頑張る。

【千年湖 第25段落】  と、その時、ジンソン女王の一行三人が到着した。そしてタリが様子を見に行きますと言って、呪文の書きまくってある幕を開けてしまったのだ! 悪気はなかったとは言え、何という最悪のタイミング。ジャウンビはその隙間から出て行ってしまう。つまり、月を避けることは出来なかった結果、ジャウンビはまた魔物として飛んでいってしまった。この世はもう、魔物に支配されてしまう。ジャウンビは湖に飛び込んでいった。・・・

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


 恐れ入りますが、これ以上のネタバレと結末は、今回、日本公開前に特別に映画を観せていただいた()彩プロ配給会社への配慮として、以下のようなモザイクタイル処理をしていますので、どうかご理解くださいますように。結末は本作日本公開後に明かすつもりですが、出来るだけ映画をご覧になってからお読みいただければ幸いです。なお、本作品についてのご質問等のメールにはお答えできませんのでご容赦ください。

千年湖 ネタバレ処理01

千年湖 ネタバレ処理02

以上。
<もっと詳しく>からスペースを含まず6940文字/文責:幸田幸

▲TOPへ

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト
       http://www.seochon.net/sennenco/
      moviemaster.de [Frank Ehrlacher] (German)
       http://www.moviemaster.de/index.htm?archiv/film/film.php?nr=3555
■映画『 千年湖 』の更新記録
2005/06/23新規: ファイル作成
2005/07/12更新: ◆レヴュー作成
2005/07/13更新: ◆ネタバレ・モザイクタイル処理
2005/07/16更新: ◆テキスト一部追記とリンク更新
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.