ラスト サムライ
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ラスト サムライ (2003)
THE LAST SAMURAI
 映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』を紹介します。

 映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』の解説
 ネタばれをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』の主なスタッフ
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』の音楽
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』の主なキャスト
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』のあらすじ
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』のトリビア
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』のスタッフとキャスト
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ラスト サムライ 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタばれ)です。※ご注意:映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』の内容やネタばれがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ラスト サムライ THE LAST SAMURAI 』の更新記録
詳しい「ラスト サムライ」の歴史的背景(明治維新)については、ここをクリック・・・。

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』のポスター、予告編および映画データ
ラスト サムライ
ラスト サムライ
Links:  Official Web Site
Trailers:  Official Web Site
上映時間 Runtime: 2:34
製作国 Country: アメリカ USA
製作会社
Production Company:
Samurai Pictures [us]
Bedford Falls Productions
Cruise-Wagner Productions [us]
Radar Pictures Inc. [us]
Warner Bros. [us]
全米配給会社 Distributer: Warner Bros. [us]
全米初公開 Release Date: 2003/12/05
日本初公開 R. D. in Japan: 2003/12/06 予定
日本公開情報 : ワーナー
ジャンル Genre: ドラマ/アドベンチャー/時代劇
Action / Adventure / Drama / War
MPAA Rating 指定: Rated R for strong violence and battle sequences.
日本語公式サイト
http://www.lastsamurai.jp/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』の解説

 映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』の舞台は、1870年代後半の明治維新直後の日本。映画『 ラスト サムライ 』は、ワーナー・ブラザースが全世界に配給する、ハリウッド史上初めて「武士道精神」をテーマに据えた作品だ。日本を舞台に製作・主演する、いまだ嘗てなかった本格的エンターテイメント超大作と言えよう。映画『 ラスト サムライ 』の公開が待ち遠しい。(2003/08/14アップ時のコメントです。)

▲TOPへ

■映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』の主なスタッフ

○『 ラスト サムライ 』の監督は
マーシャル・ロー (1998) THE SIEGE 』『戦火の勇気』のエドワード・ズウィック。

○『 ラスト サムライ 』の脚本は
グラディエーター (2000) GLADIATOR 』のジョン・ローガンが担当する。

▲TOPへ

■映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』の音楽

○音楽は、あの有名なハンス・ジマー:
レインマン (1988) RAIN MAN
シン・レッド・ライン (1998) THE THIN RED LINE
シュレック (2001) SHREK 』 (special thanks)
グラディエーター (2000) GLADIATOR
M:I−2 (2000) MISSION: IMPOSSIBLE 2 / M:I-2
ハンニバル (2001) HANNIBAL
パール・ハーバー (2001) PEARL HARBOR
スピリット (2002) SPIRIT: STALLION OF THE CIMARRON
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL
ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003) TEARS OF THE SUN
マッチスティック・メン (2003) MATCHSTICK MEN
ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI
恋愛適齢期 (2003) SOMETHING'S GOTTA GIVE
シュレック2 (2004) SHREK 2 』 (special thanks)
キング・アーサー (2004) KING ARTHUR
サンダーバード (2004) THUNDERBIRDS
シャーク・テイル (2004) SHARK TALE
スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと (2004) SPANGLISH
バットマン ビギンズ (2005) BATMAN BEGINS 』

▲TOPへ

■映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』の主なキャスト

レインマン (1988) RAIN MAN
『 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (1994) INTERVIEW WITH THE VAMPIRE 』
マグノリア (1999) MAGNOLIA 』
M:I−2 (2000) MISSION: IMPOSSIBLE 2
NARC ナーク (2002) NARC
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー (2002) AUSTIN POWERS IN GOLDMEMBER 』
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT 』
コラテラル (2004) COLLATERAL
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS 』のトム・クルーズがオールグレン大尉を演じる。

 オールグレン大尉に大きな精神的影響を与える勝元盛次役の渡辺謙( 2004/05/03 追記: 2004 年アカデミー助演男優賞ノミネート、おめでとうございます!)をはじめ、大尉に剣道を教える武道の達人民尾(うじお)役に真田広之、勝元の妹たか役に小雪、天皇役には中村七之助、武道の師匠・中尾役に菅田俊、無口な侍役に福本清三、財閥出身の参議・大村役に原田眞人など、トム・クルーズ以外の主要なキャストはすべて日本人俳優が演じているのが、これまでの作品とは大きく異なっている。

▲TOPへ

■映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』のあらすじ

 映画『 ラスト サムライ 』の主人公、アメリカ南北戦争の英雄ウッドロー・オールグレン大尉(トム・クルーズ)が、明治天皇の軍隊を訓練するため、ウインチェスター銃や西洋式の大砲の扱いを教えに日本にやって来た。明治新政府は、侍の藩=領地を廃止し県制を敷く、いわゆる廃藩置県を実施し、地租改正を行い、徴兵令の実施と、次々に改革を行っていった。250 年以上に亘って続いた徳川幕藩体制封建時代から脱却し、欧米諸国型中央集権国家の新政府を確立するには、武士の存在は無用だった。そんな時代の流れの中で、各藩に所属していた武士の誇りと「侍」への拘り(こだわり)が、明治政府への反乱となって表面化してくる。日本史上の「士族反乱」へと時代は展開していく。

 オールグレン大尉が負傷し、反乱士族に捕らえられた時、反乱士族の指導者である勝元盛次(渡辺謙)と出会う。オールグレンは彼の「侍」魂の気高さと揺ぎ無い信念に大きく影響される。「侍」の哲学である、自らの生死の処し方と潔(いさぎよ)さを通して、アメリカの南北戦争の勝者ウッドロー・オールグレン大尉と明治維新の敗者である反乱士族勝元盛次の2人は、いつしか友情の固い絆で結ばれる。そして、時代の大きな渦は、全ての侍の運命をも容赦なく飲み込み、政府軍と反乱士族の最後の戦いが始まるのだ。ラスト・サムライ「侍の魂」を貫くためには、潔く滅んでゆく運命を選ぶしかないのか...。

▲TOPへ

■映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』のトリビア

詳しい「ラスト サムライ」の歴史的背景(明治維新)については、ここをクリック・・・。
▲TOPへ
【『 ラスト サムライ 』のスタッフとキャスト】
監督: エドワード・ズウィック Edward Zwick (Directed by)
製作: トム・クルーズ Tom Cruise (producer)
    トム・エンゲルマン Tom Engelman (producer)
    スコット・クルーフ Scott Kroopf (producer)
    ポーラ・ワグナー Paula Wagner (producer)
    エドワード・ズウィック Edward Zwick (producer)
    マーシャル・ハースコヴィッツ Marshall Herskovitz (producer)
製作総指揮: テッド・フィールド Ted Field (executive producer)
    チャールズ・マルヴェヒル Charles Mulvehill (executive producer)
    リチャード・ソロモン Richard Solomon (executive producer)
    ヴィンセント・ウォード Vincent Ward (executive producer)
脚本: ジョン・ローガン John Logan (Writing credits)
    エドワード・ズウィック Edward Zwick (Writing credits)
    マーシャル・ハースコヴィッツ Marshall Herskovitz (Writing credits)
撮影: ジョン・トール John Toll (Cinematography by)
音楽: ハンス・ジマー Hans Zimmer (Original Music by)

出演: トム・クルーズ Tom Cruise as Capt. Woodrow Algren
    ビリー・コノリー Billy Connolly as Sgt. Zebulah Grant
    トニー・ゴールドウィン Tony Goldwyn as Col. Benjamin Bagly
    ティモシー・スポール Timothy Spall as Simon Graham
    渡辺謙 Ken Watanabe as Katsumoto
    真田広之 Hiroyuki Sanada as Ujio
    小雪 Koyuki as Taka
    中村七之助 Shichinosuke Nakamura as Emperor
    菅田俊 Shun Sugata as Nakao
    福本清三 Seizo Fukumoto as Silent Samurai
    原田眞人 Masato Harada as Ohmura

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ラスト サムライ (2003) THE LAST SAMURAI 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      公式サイト(英語版)
       http://lastsamurai.warnerbros.com/home.php
■映画『 ラスト サムライ 』の更新記録
2003/08/14新規: ファイル作成
2004/05/03更新: ◆書式とテキスト一部手直し
2005/03/08更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/12/04更新: ◆データ追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.