ジャケット
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ジャケット (2005)
THE JACKET
 映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』を紹介します。映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』は 2005/02/24 の時点で邦題が分からなかったので「ザ・ジャケット (原題)」としておいたら『 ザ・ジャケット 』に決まり、更に変わって『 ジャケット 』に確定した。

 映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』を以下に目次的に紹介する。
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の解説
 ネタバレをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の主なスタッフ
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の主なキャスト
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』のあらすじ
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』のトリビア
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』のスタッフとキャスト
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ジャケット 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』のポスター、予告編および映画データ
ジャケット
ジャケット
Links:  Official Web Site
Trailers: QuickTime
上映時間 Runtime: 1:42
製作国 Country: アメリカ USA / イギリス UK
製作会社
Production Company:
Mandalay Pictures [us]
Warner Independent Pictures [us]
Section Eight Ltd. [us]
VIP 2+3 Medienfonds [de]
全米配給会社 Distributer: Warner Independent Pictures [us]
Warner Bros. Pictures Inc. [us]
全米初公開 Release Date: 2005/01/23 (Sundance Film Festival)
2005/03/04
日本初公開 R. D. in Japan: 2006/05/20 予定
日本公開情報 : 松竹
ジャンル Genre: スリラー Thriller
MPAA Rating 指定: Rated R for violence, language and brief sexuality/nudity.
日本語公式サイト
http://www.jacket-movie.jp/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の解説

 映画『 ジャケット 』は、ジョージ・クルーニー&スティーヴン・ソダーバーグらVIPなプロデューサー、『 戦場のピアニスト (2002) THE PIANIST 』でオスカー俳優となったエイドリアン・ブロディと、『 パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL 』で人気の英国女優キーラ・ナイトレイというキャスティングで 2005 年サンダンス映画祭でプレスから熱い注目を浴びたゴシック・スリラー。『 ジャケット 』監督は英国出身のジョン・メイバリー。
 『 ジャケット 』で、 1991 年湾岸戦争の退役軍人ジャック・スタークス(エイドリアン・ブロディ)は、身に覚えのない罪で精神異常の犯罪者が収監される精神病院へ送られる。そこで奇妙で残酷な治療を受けたジャックは、時空を超えてしまうのだが…。
 『 ゴシカ (2003) GOTHIKA 』の解説でも書いたが、ゴシック・ホラーやゴシック・スリラーとは一体どういうジャンルなのだろうか?映画『 ジャケット 』との共通点は精神異常を取り扱っているというところなんだけど…?

▲TOPへ

■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の主なスタッフ

○『 ジャケット 』の監督: ジョン・メイバリー
 鬼才監督、故デレク・ジャーマン Derek Jarman ( 1942-1994 )に見つけ出されたジョン・メイバリー監督は、『 リメンバランス/記憶の高速スキャン (1993) REMEMBERANCE OF THINGS FAST 』で、 1994 年LA批評家協会賞インディペンデント/エクスペリメンタル賞やベルリン国際映画祭ドキュメンタリー賞を受賞したイギリス・ロンドン出身監督。 1958 年生まれ。
 監督&脚本作品『 愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像 (1998) LOVE IS THE DEVIL: STUDY FOR A PORTRAIT OF FRANCIS BACON 』では、同名の哲学者( 1561-1626 )の子孫であるイギリスの画家フランシス・ベーコン Francis Bacon ( 1909-1992 )の生涯を描いた。この映画の音楽を担当したのは、坂本龍一。

○『 ジャケット 』の製作: ジョージ・クルーニー
<出演作品>
フェティッシュ (1996) CURDLED 』(uncredited)
シン・レッド・ライン (1998) THE THIN RED LINE
オーシャンズ11 (2001) OCEAN'S ELEVEN
ウェルカム トゥ コリンウッド (2002) WELCOME TO COLLINWOOD
ソラリス (2002) SOLARIS
ディボース・ショウ (2003) INTOLERABLE CRUELTY
コンフェッション (2002) CONFESSIONS OF A DANGEROUS MIND 』(監督)等
オーシャンズ12 (2004) OCEAN'S TWELVE
グッドナイト&グッドラック (2005) GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK
シリアナ (2005) SYRIANA 』等
<製作作品>
ウェルカム トゥ コリンウッド (2002) WELCOME TO COLLINWOOD
エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN
オーシャンズ12 (2004) OCEAN'S TWELVE
グッドナイト&グッドラック (2005) GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK

○『 ジャケット 』の製作: ピーター・グーバー
レインマン (1988) RAIN MAN
あなたにも書ける恋愛小説 (2003) ALEX AND EMMA

○『 ジャケット 』の製作: スティーヴン・ソダーバーグ
『 セックスと嘘とビデオテープ (1989) SEX, LIES AND VIDEOTAPE 』< 1989 年カンヌ国際映画祭パルムドール&FIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞受賞、 1990 年アカデミー脚本賞ノミネート>
『 トラフィック (2000) TRAFFIC 』< 2001 年アカデミー監督賞受賞>
エリン・ブロコビッチ (2000) ERIN BROCKOVICH 』< 2001 年アカデミー監督賞ノミネート>
オーシャンズ11 (2001) OCEAN'S ELEVEN
エデンより彼方に (2002) FAR FROM HEAVEN 』 (executive producer)
フル・フロンタル (2002) FULL FRONTAL
コンフェッション (2002) CONFESSIONS OF A DANGEROUS MIND 』 (executive producer)
ソラリス (2002) SOLARIS
オーシャンズ12 (2004) OCEAN'S TWELVE
愛の神、エロス (2004) EROS
グッドナイト&グッドラック (2005) GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK
シリアナ (2005) SYRIANA 』等

○『 ジャケット 』の製作総指揮: ベン・コスグローヴ
ウェルカム トゥ コリンウッド (2002) WELCOME TO COLLINWOOD

○『 ジャケット 』の製作総指揮: マーク・キューバン
『 ジャケット (2005) THE JACKET 』等

○『 ジャケット 』の製作総指揮: ジェニファー・フォックス
『 ジャケット (2005) THE JACKET 』等

○『 ジャケット 』の製作総指揮: アンドレアス・グロッシュ
モンスター (2003) MONSTER
Re:プレイ (2003) THE I INSIDE
パニッシャー (2004) THE PUNISHER 』(co-producer)
コントロール (2004) CONTROL

○『 ジャケット 』の製作総指揮: Ori Marmur
『 ジャケット (2005) THE JACKET 』等

○『 ジャケット 』の製作総指揮: クリス・ロバーツ
パニッシャー (2004) THE PUNISHER

○『 ジャケット 』の製作総指揮: ピーター・E・ストラウス
『 ジャケット (2005) THE JACKET 』等

○『 ジャケット 』の製作総指揮: トッド・ワグナー
『 ジャケット (2005) THE JACKET 』等

○『 ジャケット 』の脚本: トム・ブリーカー
『 ジャケット (2005) THE JACKET 』等

○『 ジャケット 』の脚本: マーク・ロッコ
『 ジャケット (2005) THE JACKET 』等

 俳優アレックス・ロッコ Alex Rocco (『 カントリー・ベアーズ (2002) THE COUNTRY BEARS 』等)の息子。

○『 ジャケット 』の脚本: マッシー・タジェディン
レオポルド・ブルームへの手紙 (2002) LEOPOLD BLOOM / LEO

○『 ジャケット 』の音楽: ブライアン・イーノ
トレインスポッティング (1996) TRAINSPOTTING 』(song "Deep Blue Day")
ムーラン・ルージュ (2001) MOULIN ROUGE! 』(song "Heroes")
息子の部屋 (2001) LA STANZA DEL FIGLIO (伊題) / THE SON'S ROOM (英題) 』(song "By This River")
28日後... (2002) 28 DAYS LATER 』 (song "An Ending (Ascent)")
シークレット・ウインドウ (2004) SECRET WINDOW 』(song "Once in a Lifetime")

○『 ジャケット 』の撮影: ピーター・デミング
オースティン・パワーズ (1997) AUSTIN POWERS: INTERNATIONAL MAN OF MYSTERY
フロム・ヘル (2001) FROM HELL
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー (2002) AUSTIN POWERS IN GOLDMEMBER
ツイステッド (2004) TWISTED
ハッカビーズ (2004) I HEART HUCKABEES / I LOVE HUCKABEES

○『 ジャケット 』の編集: エマ・E・ヒコックス
ウォーク・トゥ・リメンバー (2002) A WALK TO REMEMBER
ブルークラッシュ (2002) BLUE CRUSH
ダンス・レボリューション (2003) HONEY
モディリアーニ 真実の愛 (2004) MODIGLIANI

○『 ジャケット 』の美術: アラン・マクドナルド
ケミカル51 (2002) THE 51st STATE (原題) / FORMULA 51 (米題)

○『 ジャケット 』の衣装: ダグラス・ホール
DADDY AND THEM (2001)
ウォーク・トゥ・リメンバー (2002) A WALK TO REMEMBER
WAKING UP IN RENO (2002)

▲TOPへ

■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の主なキャスト

☆エイドリアン・ブロディ as ジャック・スタークス@ジャケット
シン・レッド・ライン (1998) THE THIN RED LINE
マリー・アントワネットの首飾り (2001) THE AFFAIR OF THE NECKLACE
戦場のピアニスト (2002) THE PIANIST 』< 2003 年アカデミー主演男優賞受賞>
ヴィレッジ (2004) THE VILLAGE
キング・コング (2005) KING KONG

☆キーラ・ナイトレイ as ジャッキー@ジャケット
ベッカムに恋して (2002) BEND IT LIKE BECKHAM
ラブ・アクチュアリー (2003) LOVE ACTUALLY
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003) PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL
キング・アーサー (2004) KING ARTHUR
DOMINO ドミノ (2005) DOMINO
プライドと偏見 (2005) PRIDE & PREJUDICE
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト (2006) PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST

☆クリス・クリストファーソン as ドクター・ベッカー@ジャケット
『 ソングライター (1984) SONGWRITER 』< 1985 年アカデミー音楽賞ノミネート>
『 ブレイド (1998) BLADE 』
PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES
『 ブレイド2 (2002) BLADE II 』
ブレイド3 (2004) BLADE: TRINITY

☆ジェニファー・ジェイソン・リー as ドクター・ローレンソン@ジャケット
ロード・トゥ・パーディション (2002) ROAD TO PERDITION
イン・ザ・カット (2003) IN THE CUT
マシニスト (2004) THE MACHINIST

☆ダニエル・クレイグ as マッケンジー@ジャケット
エリザベス (1998) ELIZABETH 』
ロード・トゥ・パーディション (2002) ROAD TO PERDITION
シルヴィア (2003) SYLVIA

☆ケリー・リンチ as ジーン@ジャケット
チャーリーズ・エンジェル (2000) CHARLIE'S ANGELS

☆ブラッド・レンフロ as 見知らぬ人@ジャケット
デュース・ワイルド (2002) DEUCES WILD

☆ジェイク・ブローダー as ドクター・モーガン@ジャケット
ビヨンド the シー 夢見るように歌えば〜 (2004) BEYOND THE SEA

▲TOPへ

■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』のあらすじ
※本作『 ジャケット 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 ジャケット 』のストーリー。
 映画『 ジャケット 』の始まりは 1991 年の湾岸戦争 the Gulf War 。海軍軍曹のジャック・スタークス(エイドリアン・ブロディ)は頭を撃たれ、逆行性健忘症 retrograde amnesia (事故が起こった時より以前のことまで健忘してしまう)になる。除隊後、身寄りのないジャックには行く場所が無いが、生まれ故郷のヴァーモント Vermont 州(米国北東部の州)に戻ることにした。

 9 ヵ月後、雪のヴァーモント州をヒッチハイクしながらさ迷い歩いているところ、ジャックは故障したピックアップトラックに遭遇する。運転していた母親ジーン(ケリー・リンチ)と、その 8 歳の娘ジャッキーが道端で立ち往生している。母親ジーンは酔っ払って混乱しているので話すことができない。ジャックは娘のジャッキーに近づき、車の故障を直して助けてあげた。

 ヒッチハイクを続けたジャックは、カナダとの国境に向かうと言う若い男のステーション・ワゴンに乗せてもらう。しばらくすると、州警察がそのステーション・ワゴンを道の片側に寄せさせた。ジャックは瞬間的に失神する。一年先の映像がフラッシュする。ジャックは小さな町の裁判所にいる。州警察官を殺した罪で有罪となったジャックには、犯罪者の精神病院送りの刑が言い渡された。しかし、ジャックには何が起こったのかという記憶がない。それに彼は精神異常者ではない。一体何が起こったのか?

 その病院には、精神病院を舞台にした映画『 カッコーの巣の上で (1975) ONE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST 』に登場するキャラクターみたいな人たちが収容されていて、その中央には一匹狼の医師がいる。その医師はベッカー(クリス・クリストファーソン)といい、ガラガラ声で汚らしく、異常なセラピーの考えをいくつか持っている。真夜中、ベッカーと彼の部下達に地下の死体公示所に連行されたジャックは、投薬されて拘束服のジャケットに縛られる。ジャックはそのまま金属の長いトレイの上に置かれて引き出しの中に滑り入れられた。

 ある理由で、このジャケットを着てこの引き出しの中に閉じ込められると、ジャックは交互に現実を体験する。暗闇と薬の影響だろうか、戦争から警官の射殺の記憶がちらちらし始める。そしてその過去はジャックを未来へと導いた。気が付くとジャックは 2007 年にいる。その時から 15 年も先だ。場所はヴァーモント州の、とあるダイナー。ジャックはそこでジャッキーというウェイトレス(キーラ・ナイトレイ)に出会う。ジャックを不憫に思ったジャッキーは、彼に一晩眠る場所を見つけてあげようとする。その日はちょうどクリスマス・イヴで、ホームレス用のシェルターはどこもいっぱいだった。そこでジャッキーはジャックを自宅のカウチで寝かせてあげることにする。

 あの若い男のステーション・ワゴンに乗せてもらうという不運な出来事のちょうど前に、ジャックはジャッキーに会っていたと気付く。ジャッキーは、ジャックが助けたあの時の 8 歳の少女だ。ジャッキーは今でもはっきりと覚えているあの時の男性が、どうして年を取っていないのかと不思議に思う。しかもジャック・スタークスは死んでいる。ジャックは自らの死を知るが、誰がどのようにして彼を殺したのかは分からない。ジャックを救えるのは、ジャッキーなのだろうか?

▲TOPへ

■映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』のトリビア

(^ー^*) エイドリアン・ブロディが『 ジャケット 』のジャック・スタークス役に決まる前、
マーク・ウォールバーグ Mark Wahlberg (
ブギーナイツ (1997) BOOGIE NIGHTS
『 スリー・キングス (1999) THREE KINGS 』
PLANET OF THE APES 猿の惑星 (2001) PLANET OF THE APES
ハッカビーズ (2004) I HEART HUCKABEES / I LOVE HUCKABEES
フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い (2005) FOUR BROTHERS 』等)と

コリン・ファレル Colin Farrell (
マイノリティ・リポート (2002) MINORITY REPORT
フォーン・ブース (2002) PHONE BOOTH
リクルート (2003) THE RECRUIT
デアデビル (2003) DAREDEVIL
ヴェロニカ・ゲリン (2003) VERONICA GUERIN 』
S.W.A.T. (2003) S.W.A.T.
ダブリン上等! (2003) INTERMISSION
アレキサンダー (2004) ALEXANDER
ニュー・ワールド (2005) THE NEW WORLD 』等)の二人も考えられていた。

(^_^;) キーラ・ナイトレイは、アル中の役を獲得したのを、オーディション中にかかっていた食中毒のおかげだと思っている。
▲TOPへ
【『 ジャケット 』のスタッフとキャスト】
監督: ジョン・メイバリー John Maybury (Directed by)
製作: ジョージ・クルーニー George Clooney (producer)
    ピーター・グーバー Peter Guber (producer)
    スティーヴン・ソダーバーグ Steven Soderbergh (producer)
製作総指揮: ベン・コスグローヴ Ben Cosgrove (executive producer)
    マーク・キューバン Mark Cuban (executive producer)
    ジェニファー・フォックス Jennifer Fox (executive producer)
    アンドレアス・グロッシュ Andreas Grosch (executive producer)
    Ori Marmur (executive producer)
    クリス・ロバーツ Chris Roberts (executive producer)
    ピーター・E・ストラウス Peter E. Strauss (executive producer)
    トッド・ワグナー Todd Wagner (executive producer)
脚本: トム・ブリーカー Tom Bleecker (story)
    マーク・ロッコ Marc Rocco (story)
    マッシー・タジェディン Massy Tadjedin (screenplay)
音楽: ブライアン・イーノ Brian Eno (Original Music by)
撮影: ピーター・デミング Peter Deming (Cinematography by)
編集: エマ・E・ヒコックス Emma E. Hickox (Film Editing by)
美術: アラン・マクドナルド Alan MacDonald (Production Design by)
衣装: ダグラス・ホール Douglas Hall (Costume Design by)

出演: エイドリアン・ブロディ Adrien Brody as Jack Starks
    キーラ・ナイトレイ Keira Knightley as Jackie
    クリス・クリストファーソン Kris Kristofferson as Dr. Becker
    ジェニファー・ジェイソン・リー Jennifer Jason Leigh as Dr. Lorenson
    ダニエル・クレイグ Daniel Craig as Mackenzie
    ケリー・リンチ Kelly Lynch as Jean
    ブラッド・レンフロ Brad Renfro as The Stranger
    ジェイク・ブローダー Jake Broder as Dr. Morgan

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタばれがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ジャケット (2005) THE JACKET 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      Yahoo! Movies
      eFilmCritic Reviews
      公式サイト(英語版)
       http://wip.warnerbros.com/thejacket/
■映画『 ジャケット 』の更新記録
2005/02/24新規: ファイル作成
2005/02/26更新:◆解説とネタバレおよび俳優についてリンク
2005/10/13更新: ◆追記
2006/01/09更新: ◆タイトル変更
2006/02/17更新: ◆タイトル変更
2006/04/12更新: ◆データ追加
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2006 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.