ペッピーノの百歩
表紙目次読む映画試写会レヴュー観たい度映画予告編エッセイ日誌試写会情報リンク集
映画人解説・レヴュー一覧表映画ゲーム思い出映画ブロードバンド(B)版旅行の森てんこ森
映画の森てんこ森■読む映画試写会■映画解説
ペッピーノの百歩 (2000)
I CENTO PASSI (原題) / THE HUNDRED STEPS (英題)
 映画『 ペッピーノの百歩 (2000) I CENTO PASSI (原題) / THE HUNDRED STEPS (英題) 』を紹介します。『 ペッピーノの百歩 』の日本公開は2004年06月19日だ。

 映画『 ペッピーノの百歩 (2000) I CENTO PASSI  / THE HUNDRED STEPS 』以下に目次的に紹介する。
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』のポスター、予告編および映画データ
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の解説
 ネタバレをお好みでない方はこの解説をご覧下さい。
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の主なスタッフ
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』はイタリア映画
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の日本配給
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』のフランス配給
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』のあらすじ
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の受賞
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』のスタッフとキャスト
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の<もっと詳しく>
 <もっと詳しく>は映画『 ペッピーノの百歩 』の「テキストによる映画の再現」レヴュー(あらすじとネタバレ)です。※ご注意:映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の内容やネタバレがお好みでない方は読まないで下さい。
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の更新記録

>>
「映画解説・レヴュータイトル一覧表」へ(画面の切り替え)
幸の観たい度: 8つ星 
■映画『 ペッピーノの百歩 (2000) THE HUNDRED STEPS 』のポスター、予告編および映画データ
ペッピーノの百歩
ペッピーノの百歩
これはドイツ版のポスターです。
Links:  Official Web Site
上映時間 Runtime: 1:44
製作国 Country: イタリア
Italy
製作会社
Production Company:
Radiotelevisione Italiana (RAI) [it]
Rai Cinemafiction [it]
Tele+ [it]
Titti Film [it]
全伊配給会社 Distributer: Istituto Luce [it]
全伊初公開 Release Date: 2000/09/01
日本初公開 R. D. in Japan: 2004/06/19
日本公開情報 : 樂舎
ジャンル Genre: 犯罪/ドラマ/サスペンス
Crime / Drama / Suspense
MPAA Rating 指定: Argentina:13 / Australia:M / Brazil:14 / France:U / Germany:12 / Italy:T
日本語公式サイト
http://home.m02.itscom.net/rakusha/pep/
●スチルはnostalgia.com、予告編はcinemaclock.comより許諾をえて使用しています。
Filmography links and data courtesy of The Internet Movie Database & Nostalgia.com.
Filmography links and data courtesy of CinemaClock Canada Inc.
▲TOPへ
■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の解説

 映画『 ペッピーノの百歩 (2000) I CENTO PASSI (原題) / THE HUNDRED STEPS (英題) 』は、地元でマフィア反対運動をしたが為に殺されたシチリアの青年ペッピーノの話。「べっぴんの」ではなく、パピプペポの「ペッピーノ」だ。『 ペッピーノの百歩 』のイタリア語原題も英題も「百歩」という意味。マフィアのドンの屋敷からたった百歩の所にペッピーノの自宅があったので『 ペッピーノの百歩 』という題なのだろう。でも『 ペッピーノの百歩 』は、マフィア撲滅へのペッピーノの歩みを進めた貴重な百歩として象徴したタイトルではないかとも思われる。この映画『 ペッピーノの百歩 』は日本では樂舎が配給する。『 ペッピーノの百歩 』の樂舎の公式サイトを見ると興味がわく。『 ペッピーノの百歩 』とはチョッと違うがギャング撲滅では近日公開の『 ヴェロニカ・ゲリン (2003) VERONICA GUERIN 』がある。『 ベロニカ・ゲリン 』もこの『 ぺっピーの百歩 』も実話に基づいている。映画『 ペッピーノの百歩 』を観てみたい。因みに『 ペッピーノの百歩 』のイタリア語の発音は“イ・チェント・パッシ”だ。

▲TOPへ

■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の主なスタッフ

 『 ペッピーノの百歩 』の出演者は地元シチリア最大の町パレルモ Palermo付近から全員が集められた。配役のファビオラ・バンツィ
ぼくは怖くない (2003) IO NON HO PAURA (原題) / I'M NOT SCARED (英題) 』等
が上手に配して、実話を基にしたストーリーを盛り立てる。

▲TOPへ

■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』はイタリア映画

 『 ペッピーノの百歩 』は
これ以上の幸せはない (2002) LA FELICITA NON COSTA NIENTE (原題) / HAPPINESS COSTS NOTHING (英題)
法王の銀行家 ロベルト・カルヴィ暗殺事件 (2002) I BANCHIERI DI DIO - IL CASO CALVI (原題) / THE BANKERS OF GOD - THE CALVI AFFAIR (英題)
等を製作した Rai Cinemafiction 社らが作り、

幸せになるためのイタリア語講座 (2000) ITALIENSK FOR BEGYNDERE (原題) / ITALIAN FOR BEGINNERS (英題)
エニグマ (2002) ENIGMA
でも携わった Istituto Luce というイタリア配給会社による。

▲TOPへ

■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の日本配給

 日本では、『 ペッピーノの百歩 』は
女王フアナ (2001) JUANA LA LOCA (原題) / MAD LOVE (米題)
等を扱うミニシアター系の配給会社「樂舎」による。
 配給会社としての「樂舎」は初めてだが、「樂舎」は、幸が取り上げたいくつかの映画の宣伝企画をしている会社だとは知っていた。「樂舎」は、話題の映画
エレファント (2003) ELEPHANT
を共同配給した「エレファント・ピクチャーズ」のような姿勢で、世界で佳作とされたミニシアター系の上質な映画配給を目指しているらしい。「エレファント・ピクチャーズ」から幸にして頂いているように、この映画『 ペッピーノの百歩 』のプレス用のパンフとヴィデオ送ってほしいなぁ〜て今思っています。「樂舎」さん、よろしくお願いします。m(_ _)m

▲TOPへ

■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』のフランス配給

 『 ペッピーノの百歩 』のフランス配給会社は、
ハッピー、テキサス (原題) (1999) HAPPY, TEXAS
プリンセス&ウォーリアー (2000) DER KRIEGER UND DIE KAISERIN (原題) / THE PRINCESS AND THE WARRIOR (米題)
ゴスフォード・パーク (2001) GOSFORD PARK
セレンディピティ (2001) SERENDIPITY
ブリジット・ジョーンズの日記 (2001) BRIDGET JONES'S DIARY
8人の女たち (2002) 8 FEMMES (原題) / 8 WOMEN (英題)
NARC ナーク (2002) NARC
アバウト・ア・ボーイ (2002) ABOUT A BOY
グッド・ガール (2002) THE GOOD GIRL
シティ・オブ・ゴッド (2002) CIDADE DE DEUS / CITY OF GOD / GOD'S TOWN
スパニッシュ・アパートメント (2002) L'AUBERGE ESPAGNOLE (原題) / SPANISH APARTMENT (英題)
マグダレンの祈り (2002) THE MAGDALENE SISTERS
永遠のモータウン (2002) STANDING IN THE SHADOWS OF MOTOWN
かげろう (2003) LES EGARES (原題) / STRAYED (英題)
ジョニー・イングリッシュ (2003) JOHNNY ENGLISH
スイミング・プール (2003) SWIMMING POOL
ブラウン・バニー (2003) THE BROWN BUNNY
世界でいちばん不運で幸せな私 (2003) JEUX D'ENFANTS (原題) / LOVE ME IF YOU DARE (英題) 』等、非常に大きな力を持つ Mars Distribution 社だ。

▲TOPへ

■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』のあらすじ
※本作『 ペッピーノの百歩 』のあらすじは、日本公開前に幸田幸が書いたものです。作成現時点で出来るだけ正確な情報を心掛けていますが、データや内容に誤りや適切でない表現があるかもしれません。どうか宜しくご了解いただきお読みくださいますようお願いいたします。本コンテンツの複写や転用等はお控えください。また、リンクやメールをいただく場合はここを必ずお読みくださいますように。映画会社や配給会社や宣伝担当会社からの情報提供はこちらをお読みください。
▲TOPへ

 さて、映画『 ペッピーノの百歩 』のストーリー。
 『 ペッピーノの百歩 』の舞台は 1960〜1970 年頃、イタリアはシチリアの小さな村チニーシ Cinisi, Sicily である。シチリアは麻薬密売の取引の上で重要な本拠地であった。マフィア Mafia が村や町を完全に牛耳っており、どの家庭も何らかの点でマフィアの仕事に関与していた。 1948 年、そんなチニーシの村で父親ルイジ・インパスタート(ルイジ・マリア・ブッルアーノ)と母親フェリーチャ(ルチア・サルド:『 マレーナ (2000) MALENA 』)の間に生まれたのがペッピーノ・インパスタート(子役:ロレンツォ・ランダッツォ)である。ポスターを見ると、
ニュー・シネマ・パラダイス (1989) NUOVO CINEMA PARADISO / CINEMA PARADISO
の少年トト(サルヴァトーレ・カシオ Salvatore Cascio )のように利発そうで可愛い子役だ。

 また、この映画『 ペッピーノの百歩 』はマフィアの絡む作品だけれど、マフィア映画の代表作
ゴッドファーザー (1972) THE GODFATHER 』シリーズとは全く趣を異にしている。他に、
ユージュアル・サスペクツ (1995) THE USUAL SUSPECTS
ロミオ・マスト・ダイ (2000) ROMEO MUST DIE
アナライズ・ユー (2002) ANALYZE THAT
インファナル・アフェア (2002) 無間道 (原題) / INFERNAL AFFAIRS (英題)
インファナル・アフェア 無間序曲 (2003) 無間道II (原題) / INFERNAL AFFAIRS II (英題)
インファナル・アフェア 終極無間 (2003) 無間道III (原題) / INFERNAL AFFAIRS III (英題)
ザ・ボディガード (2002) AVENGING ANGELO 』
ロード・トゥ・パーディション (2002) ROAD TO PERDITION
テッセラクト (2003) THE TESSERACT
コニー&カーラ (2004) CONNIE AND CARLA
等も世界規模に広がるマフィア組織が関連しているけど、やっぱり娯楽作品だ。『 ペッピーノの百歩 』は全然異なる雰囲気の映画だろう。

 『 ペッピーノの百歩 』のペッピーノ少年の生まれ育ちはマフィアの本拠地シチリアで、当然父親もマフィアの仕事の一端を担っている。しかし、ペッピーノ少年はマフィアの危険性を早くから感じ取って、弟ジョヴァンニ(子役:ルイジ・ビッレチ)に警告している。そして、自宅からマフィアのボス、ガエターノ・バダラメンティ(トニー・スペランデオ)の邸宅までの距離を何歩あるかと測ってみるのだ。それが‘百歩’だったのだろう。そして、ペッピーノの成長過程で、二つの事件が彼の道を決定付けた。一つは、マフィアである叔父がマフィアの一員に殺されたこと。もう一つは、ペッピーノが共産主義の扇動家と親しくなったことだ。

 父親としたら、賢く育つ息子ペッピーノには、将来マフィアの幹部になってもらいたいと希望を託している。マフィアに仕事を貰っているし、ドンの家とも目と鼻の先という近さである。それにも拘らず、ペッピーノ(成人役:ルイジ・ロ・カーショ)は青年になって、マフィア反対の意志がますます強くなる。先ず、地元の人達に、自分達の土地を飛行場に使うことに対して抗議するよう組織作りをする。やがて地下組織のラジオ局「ラジオ・アウト Radio Aut 」を設立してマフィアに対して嫌がらせし、チニーシの村のマフィアをからかったり抗議したりして対抗していった。そのツケは当然、両親や弟(成人役:パオロ・ブリグリア)に振りかかる。

 ペッピーノは今から 26 年前の 1978 年、 30 歳の時、地方議会の議員選挙戦に立った。町議会で真っ向からマフィア撲滅に向けて戦っていくつもりだったのだ。当選は確実視されていた。しかし、選挙の二日前にペッピーノは殺される。けれども当時の記録としては単なる事故死として片付けられた。その後、今度は自殺ということにされた。それが、二十年後になってようやく、マフィアのドン、ガエターノ・バダラメンティはペッピーノ・インパスタート殺しを指図した廉(かど)で裁判にかけられるように進展した。裁判は 27 回も行なわれて、遂に近年、ガエターノ・バダラメンティは終身刑を宣告されるに至ったのである。

 ペッピーノが殺された 1978 年当時は、「赤い旅団 the Red Brigade 」という闇の暴力組織がキリスト教民主党の政治家アルド・モーロ Aldo Moro を誘拐殺人している。その事件は、マフィアがペッピーノを殺したのと同じ週だったそうだ。そういう背景もあって、イタリアではこのペッピーノ・インパスタートは巨大犯罪シンジケートに立ち向かって犠牲者となった英雄として大きな評価を得ており、今でもずっとヒーローなのだ。彼の‘殉死’は、マフィアのイタリア社会への影響を終結させる運動の契機となったのである。

 俳優達はメジャーでなく、パレルモの人達だから、知っている映画に出演している人は少ない。アンドレア・ティドナは
ライフ・イズ・ビューティフル (1998) LA VITA E BELLA / LIFE IS BEAUTIFUL 』、レナ・グソルセンは
娼婦ベロニカ (1998) DANGEROUS BEAUTY / A DESTINY OF HER OWN 』に出ているようだ。

▲TOPへ

■映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の受賞

 『 ペッピーノの百歩 』は 2000 年ヴェネチア国際映画祭 Venice Film Festival で作品賞や脚本賞等に輝いた。 2001 年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 David di Donatello Awards でも主演男優賞・衣装デザイン賞・脚本賞・助演男優賞などを受賞。その年のダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では
マレーナ (2000) MALENA
息子の部屋 (2001) LA STANZA DEL FIGLIO (伊題) / THE SON'S ROOM (英題) 』等も話題を集めていた。

 また、『 ペッピーノの百歩 』は 2001 年ゴールデン・グローブ Golden Globes でも外国語映画賞にノミネートされたが、
グリーン・デスティニー (2000) 臥虎藏龍 (原題) / CROUCHING TIGER, HIDDEN DRAGON 』に負けている。因みにその年度のゴールデン・グローブは
エリン・ブロコビッチ (2000) ERIN BROCKOVICH
グラディエーター (2000) GLADIATOR
ショコラ (2000) CHOCOLAT
ダンサー・イン・ザ・ダーク (2000) DANCER IN THE DARK
ハイ・フィデリティ (2000) HIGH FIDELITY
リトル・ダンサー (2000) BILLY ELLIOT
デンジャラス・ビューティー (2001) MISS CONGENIALITY
等が各賞で競い合った年のことである。『 ペッピーノの百歩 』が日本で封切られるのは四年も経ってのことだ。
▲TOPへ
【『 ペッピーノの百歩 』のスタッフとキャスト】
監督: マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ Marco Tullio Giordana (Directed by)
製作: ファブリツィオ・モスカ Fabrizio Mosca (producer)
脚本: クラウディオ・ファーヴァ Claudio Fava (Writing credits)
    マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ Marco Tullio Giordana (Writing credits)
    モニカ・ザペッリ Monica Zapelli (Writing credits)
編集: ロベルト・ミッシローリ Roberto Missiroli (Film Editing by)
配役: ファビオラ・バンツィ Fabiola Banzi (Casting by)
撮影: ロベルト・フォルツァ Roberto Forza (Cinematography by)

出演: ルイジ・ロ・カーショ Luigi Lo Cascio as Peppino Impastato ペッピーノ・インパスタート
    ルイジ・マリア・ブッルアーノ Luigi Maria Burruano as Luigi Impastato ルイジ・インパスタート
    ルチア・サルド Lucia Sardo as Felicia Impastato フェリーチャ・インパスタート
    パオロ・ブリグリア Paolo Briguglia as Giovanni Impastato ジョヴァンニ・インパスタート
    ロレンツォ・ランダッツォ Lorenzo Randazzo as Peppino bambino ペッピーノ子役
    ルイジ・ビッレチ Luigi Billeci as Giovanni bambino ジョヴァンニ子役
    トニー・スペランデオ Tony Sperandeo as Gaetano Badalamenti ガエターノ・バダラメンティ
    アンドレア・ティドナ Andrea Tidona as Stefano Venuti ステファノ・ヴェヌーティ
    アントニーノ・ブルスケッタ Antonino Bruschetta as Cugino Anthony アンソニー
    パオラ・パーチェ Paola Pace as Cosima コジーマ
    ピッポ・モンタルバーノ Pippo Montalbano as Cesare Manzella チェザレ・マンツェッラ
    クラウディオ・ジョエ Claudio Gioe as Salvo Vitale サルヴォ・ヴィターレ
    ドメニコ・チェンタモーレ Domenico Centamore as Vito ヴィート
    ガスパレ・クチネッラ Gaspare Cucinella as Zio Gasparo ガスパーロ
    レナ・グソルセン Lena Guthorsen as Theresa テレサ

▲TOPへ
<もっと詳しく>

ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。

 映画『 ペッピーノの百歩 THE HUNDRED STEPS 』の「テキストによる未公開映画の再現」レヴューは、現在まだ書けておりません・・・。

参考資料:「映画の森てんこ森」映画タイトル集
       http://www.coda21.net/eiga_titles/index.htm
      IMDb
      allcinema ONLINE
      Nostalgia.com
      CinemaClock.com
      FilmUp http://www.filmup.com
■映画『 ペッピーノの百歩 』の更新記録
2004/05/15新規: ファイル作成
2004/07/09更新: ◆テキストとリンク一部およびファイル書式
2004/12/12更新: ◆一部テキスト追記と書式変更
2005/10/13更新: ◆追記
▲TOPへ
幸田 幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2003-2005 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.